AirPodsProのアップデートがすごい! 目玉の“空間オーディオ”を『家電批評』検証
選び方
the360.life編集部
the360.life編集部/Test by 家電批評編集部
公開日: 2020年12月06日

AirPodsProのアップデートがすごい! 目玉の“空間オーディオ”を『家電批評』検証

家で過ごす時間が増えている昨今、気になるのがテレビやオーディオなどの新製品ではないでしょうか。そこで、雑誌『家電批評』が家族のために買い換えたくなる先端AV家電をご紹介! 今回は、音が立体的に聴こえるAirPodsProの神アプデ「iOS 14/iPadOS 14」です。

オーディオライター
ゴン川野 氏
オーディオを、カメラを得意とするライター。自作からハイエンドまで守備範囲は広く、平面型のヘッドホンとハイブリッド型のイヤホンを愛用中。
東京音研放送サービス代表
原田裕弘 氏
長年AM・FMラジオ局のスタジオ、中継、収録ミキサーを担当。局外中継、収録の際にはヘッドホンミキシングをしてきたため、ヘッドホン・イヤホンには強いこだわりを持ち、愛用機はモディファイして使用中。
本音でテストする家電購入ガイド
家電批評
家電専門誌。スマホ、イヤホンなどのガジェットから、テレビや冷蔵庫などの大型家電まで、実際にテストしてレビューする本格テスト雑誌。


※情報は『家電批評』2020年11月号掲載時のものです。価格が変動している場合や在庫切れしている場合があります。

AV機器 2020年の総決算! ぜったい欲しくなる最新AV家電

なかなか出かけづらい今日この頃。家でゆっくり過ごすとなれば、この機会にAV家電類を充実させてしまうのもいいかもしれません。

高画質4Kテレビや憧れのホームシアター、ハイスペックなオーディオ類など、いま導入すれば自宅で心ゆくまで楽しめてしまいます。

日々さまざまな最新家電を紹介している雑誌『家電批評』では、そんなみなさんの物欲を直撃してしまいそうな、オーディオ&ビジュアルの新製品をピックアップします。

AV機器 AirPods Pro最新OSの目玉“空間オーディオ”とは?

アップル
iOS 14/iPadOS 14

自動切り替え、空間オーディオ
対応機種:iPhone SE(第1世代)・iPhone 6s以降の機種 iPod touch(第7世代):iPad Pro 12.9インチ(第1~4世代)・iPad Pro 11インチ(第1&2世代)・iPad Pro 10.5インチ&9.7インチ・iPad(第5~7世代)・iPad mini(第5世代)・iPad&mini4・iPad Air(第3世代)・iPad Air 2
iOS14やiPadOS14と共にリリースされたAirPods Proのアップデート。これ本当にすごいんです。

その目玉が「空間オーディオ」。一言で書けばステレオだった音が立体的に聞こえるようになるというものです。アップルの動画配信サービス「アップルTV+」で配信されている「ドルビーアトモス」やサラウンド対応の作品しか体感できませんが、このためにアップルTV+に加入する価値があります。

空間オーディオをオンにするとイヤホンで聴いているのにスピーカーで聴いているような「音に包まれる感」に感動を覚えます。左右の広がりだけだったのが前後や上下に音が響き渡るんです。

空間オーディオを体験するには最新OSのアップル「iOS 14/iPadOS 14」にアップデートした機種が必要です。iPhoneでは6s以降、iPadなら第5世代以降に発売された機種が対象。AirPods Proをペアリングしておけば自動でAirPods Proがアップデートされます。

AV機器 “空間オーディオ”が体感できるアップル「AirPods Pro」

アップル
AirPods Pro
実勢価格:3万580円

完全ワイヤレス、Bluetooth、NC、マイク
重量:左右各5.4g バッテリー持続時間:最大4.5時間(NC ON時) 接続:lightning Bluetoothバージョン: Bluetooth5.0
アップル「AirPods Pro」は、擬似的な5.1ch音響が体感できます。ON/OFFも簡単です。

映像と合わせるとわかる空間オーディオ

驚くことにProに内蔵されているセンサーによって、頭の方向と画面の位置を認識し、それに合わせてサラウンドを整えます。Dolby Atmos作品だと頭の位置で音場が動きます。
左を向いてもiPadの方向から聞こえる!
画面の正面では左右のバランスは通常です。
右側を向いてもiPadの方向から音が聞こえます!

ゴン川野 氏 オーディオライター
ゴン川野 氏のコメント

包まれている感じがすごい。イヤホンだから手軽に体感できて◎

原田裕弘 氏 東京音研放送サービス代表
原田裕弘 氏のコメント

臨場感が下手なサウンドバーより実感できます!

接続先の自動切り替え

iOS14とiPadOS 14で最新世代のAirPodsを使うと、iPhoneとiPad間で接続を自動切り替えできるようになりました。

※対応機種 iPhone・iPad・Mac
iPhoneで聴いていてもiPadで曲を流すと自動で切り替わります。

オートカスタマイズで設定もらくらく

iOS 14、iPadOS 14には自分の耳に合わせて聞こえ方を選べる機能も追加されています。

AV機器 【まとめ】アップル「iOS 14/iPadOS 14」は神アップデート!

アップル「iOS 14/iPadOS 14」の真骨頂は、例えば、映像を見ながら頭を左に動かしても、空間オーディオを無効にすると聞こえ方に変化は起こりません。

しかし、空間オーディオが有効だと頭の向きにかかわらずiPadから音がします。まるでテレビの前にサウンドバーを置いているみたい。これだけの体験が無料のアップデートとは、すごすぎます。
以上、「iOS 14/iPadOS 14」をご紹介しました。AirPods Proユーザーはぜひ使ってみてください!

▼人気の完全ワイヤレスイヤホンを徹底比較!

the360.life(サンロクマル)は、テストするモノ誌『MONOQLO』、『LDK』、『家電批評』から誕生したテストする買い物ガイドです。やらせなし、ガチでテストしたおすすめ情報を毎日お届けしています。
  • facebook
  • twitter
  • LINE
  • hatena
  • pocket

関連記事