【Apple新製品】隙のない構成!「iPad Air 第4世代」がライトユーザー注目の理由|専門家が解説
選び方
the360.life編集部
the360.life編集部/Test by 家電批評編集部
公開日: 2020年10月19日

【Apple新製品】隙のない構成!「iPad Air 第4世代」がライトユーザー注目の理由|専門家が解説

2020年9月、アップル恒例の新製品発表会が行われました。そこで、雑誌『家電批評』では、AppleWatchやiPadはどこがパワーアップしたのか、新サブスクはアリなのかなど、専門家に解説してもらうことに。今回注目したのは「iPad Air 第4世代」です。

フリーライター
小枝祐基 氏
スマホ・PC・Mac関連の書籍や記事執筆を精力的に行うフリーライター。
本音でテストする家電購入ガイド
家電批評
家電専門誌。スマホ、イヤホンなどのガジェットから、テレビや冷蔵庫などの大型家電まで、実際にテストしてレビューする本格テスト雑誌。


※情報は『家電批評』2020年11月号掲載時のものです。価格が変動している場合や在庫切れしている場合があります。

スマートフォン 2020年9月に発表されたApple新製品を専門家が解説!

2020年9月、アップル恒例の新製品発表会が行われました。AppleWatchやiPadの新モデル、新サブスクと発表会はなかなかのボリューム。ということで、雑誌『家電批評』がAppleの新製品ニュースをお届け! 専門家に率直な感想を伺い、Appleの新製品を解説してもらいました。

今回は、「iPad Air 第4世代」のご紹介です。

スマートフォン ツイッタートレンドを席巻した新仕様「iPad Air 第4世代」

iPad Air 第4世代
実勢価格:
Wi-Fiモデル/6万9080円~
Wi-Fi + Cellularモデル/8万5580円~

サイズ・重量:W178.5×H247.6×D6.1mm・458g(Wi-Fi)、460g(Wi-Fi+Cellular)
チップ:A14 Bionic
画面サイズ:10.9インチ(2360×1640ピクセル)
ストレージ:64GB、256GB
カメラ:12MP広角カメラ、7MP FaceTime HDカメラ
スピーカー:2基
Wi-Fi:802.11ax Wi-Fi 6、同時デュアルバンド(2.4GHz/5GHz)、MIMO対応HT80
iPadシリーズでは、iPad Airと無印のiPadに新モデルが登場しました。

新モデルとなる「iPad Air 4」は前面のホームボタンが廃止され、10・9インチのオールスクリーンLiquidRetinaディスプレイを採用。iPad Proのような高級感あふれる外観に生まれ変わりました。

チップはiPhone 12にも採用されるであろう「A14 Bionic」が搭載され、前モデルと比べると40%もパフォーマンスが上がっています。

接続端子はUSB-Cに変更され、外部機器の接続がより手軽になりました。トラックパッド搭載の「Magic Keyboard」や第2世代「Apple Pencil」にも対応し、隙のない構成です。

スマートフォン ポイント1:超広角はないけど前後2カメラの構成に

メインカメラは超広角ではなく、12メガピクセルの広角カメラを採用。フロントのFaceTime HDカメラは7メガピクセルで、前後2カメラの構成となっています。

スマートフォン ポイント2:Magic Keyboardに対応

発売時に大きな話題となった、トラックパッド付きの「Magic Keyboard」に対応。もちろん、これまでと同様に「Smart Keyboard Folio」も利用できます。

スマートフォン ポイント3:Touch IDが使える

ホームボタンは廃止されましたが、トップボタンにTouch IDを内蔵。顔認証ではなく指紋認証を残したのは、マスク装着が続くアフターコロナを見据えてのことでしょう。

スマートフォン ポイント4:ApplePencilも第2世代に

Lightning端子が廃止されたことにより、対応のApple Pencilが第2世代へと変更。側面にマグネットで装着して充電できるので、より手軽です。

スマートフォン ポイント5:Apple女子もニッコリの5色展開

新たにグリーンとスカイブルーが追加され、従来からのシルバー・スペースグレイ・ローズゴールドと合わせてカラーバリエーションは5色に拡大。発表会でも推されていたスカイブルーに人気が集まりそうです。

スマートフォン 【専門家の率直な感想】ライトユーザーに最適!

唯一ラインナップ刷新となったAirですが、要は廉価版Proという気も。ストレージラインナップの少なさはやや不満ですが、6万9080円からの価格はなかなかのインパクトです。

小枝祐基 氏 フリーライター
小枝祐基 氏のコメント

Touch IDが電源ボタンと一体になりましたが、Proとの差別化のうまい落とし所かなと思います。
ちなみに、「iPad Air 第4世代」がProとちょっと違うのは、以下のような点。
iPadに超高性能カメラはいらない、高すぎるモバイルは気を使う、そろそろ新型が欲しい、などのニーズで「iPad Air 第4世代」への注目度は高く、「ライトユーザーに最適!」と言えそうです。

以上、2020年9月に発表されたApple新製品「iPad Air 第4世代」のご紹介でした。

気になった人は、ぜひチェックしてみてくださいね。

▼iPadProとPro以外の違いは? 初めてiPad購入を検討しているならこちら

the360.life(サンロクマル)は、テストするモノ誌『MONOQLO』、『LDK』、『家電批評』から誕生したテストする買い物ガイドです。やらせなし、ガチでテストしたおすすめ情報を毎日お届けしています。
  • facebook
  • twitter
  • LINE
  • hatena
  • pocket

関連記事