「一軒家」向けWi-fiルーターおすすめ2選|間取りに合ったベストを厳選
選び方
the360.life編集部
the360.life編集部/Test by MONOQLO編集部
公開日: 2020年11月19日

「一軒家」向けWi-fiルーターおすすめ2選|間取りに合ったベストを厳選

Wi-Fiルーターはもはや生活の必需品。使う場所に応じて速くて快適に使えるものを選びたいですよね。そこで、全46台を検証した中から間取り別に最適なルーターを紹介。今回は、一軒家・戸建て向けWi-fiルータおすすめ2選です!

テストするモノ批評誌
MONOQLO
辛口レビュー雑誌。生活用品や家具、ガジェットに加え、保険やクレジットカードなどのサービスも比較検証する。


※情報は『MONOQLO』2020年10月号掲載時のものです。価格が変動している場合や在庫切れしている場合があります。

パソコン Wi-Fiを選ぶ前にまずは知っておきたい8大ポイント

テレワークが浸透し、お家時間が長くなったことをきっかけに家のWi-fi環境を一新したくなった人も多いのではないでしょうか。ただ、あまりに多くの製品が出ているため、どれを選べばいいかわからないですよね。

そこで、過去に46製品を比較した中から間取り別にベストな結果をお伝えしたいと思います。その前に知っておきたいのがルーターの選び方のポイントです。

▼Wi-fiルーターの選び方の8大ポイント

1:5年おきに登場する「規格」
2:2種類の「帯域」
3:製品によって搭載されている「付加機能」
4:「ストリーム数」(アンテナ数)の多さ
5:家の環境に合った 「アンテナ選び」
6:「IPv6」=最新の通信方式
7:広い空間をカバーするなら「メッシュネットワーク」
8:狙い目は1万円以下の4ストリームモデル

▼上記の詳しい解説はこちらの冒頭で確認!
最新の規格かどうかなどを確認したら、各間取りで最適なタイプをチェックしましょう。

パソコン [測定方法]各間取りで最適なルーターをピックアップ

今回は46台のWi-fiルーターを集めて木造2階建ての一軒家で約80時間かけて検証。2階の「書斎」に設置したWi-Fiルーターにパソコン2台をつなぎ「書斎」「ベッドルーム」、1階の「リビング」「キッチン」の4地点で、パソコン間の通信速度をチェックしました。

そのデータを分析し、「ワンルーム」「2LDK」「一軒家」と間取りごとに最適なルーターを導き出しました。

▼測定ポイント
1:書斎
2:ベッドルーム
3:キッチン
4:リビング

パソコン [一軒家での選び方]「速い」だけでは広い家はカバーしきれない!

一軒家でのルーター選びで重要なのは、やはり「つながりやすさ」です。選び方のポイントはこちらになります。

ポイント:複数台で弱点をカバーし合う「メッシュWi-Fi」が安定する

どれだけ通信速度が速いハイスペックなルーターでも、一台だけでは家中を安定してカバーすることができません。「リビングだと速いけど、自室からつなげるとちょっと遅くなる」なんてことが起こりストレスを感じます。

▼一軒家の特徴
・間取りが広くなるほど死角が発生する
・高速ルーター1台だけではカバーしきれない

そこで、活躍するのがメッシュWi-Fi。メッシュWi-Fiは複数台で弱点をカバーし合うため安定して通信を行うことができ、どのポイントで計測してもほぼ同じ数値が出るのが特徴です。
メッシュWi-Fiはサテライトを経由するため、どうしても高速ルーターほどの通信速度が出ず数値的には見劣りしますが、極端に遅くなるポイントはないので「この部屋だけ遅い」ということは起こりにくくなります。

間取りや広さに合わせてサテライトを追加購入することもできるので、家族がいろいろな場所でWi-Fi を使うのであれば絶対にメッシュの方が快適です!

そこで、家中どこにいても安定感バツグンの「一軒家向けWi-fiルータおすすめ2選」をご紹介します。

パソコン 初めてのメッシュに! BUFFALO「WRM-D2133HS/W1S」

[メッシュWi-Fiルーター]
BUFFALO
WRM-D2133HS/W1S
実勢価格:2万2173円
最大転送速度:5GHz/1733Mbps、2.4GHz/400Mbps
無線LAN規格:11a/b/g/n/ac
BUFFALO「WRM-D2133HS/W1S」は、抜群の安定感とコスパの良さが他 製品と比べても際立っています。

実測値はダウンロード最速が550Mbpsと「実使用で問題ない」程度の速さですが、全ての計測ポイントでほぼ同じ速度を出した数少ない製品。サテライトが1機しか付属していませんが、2万円台とメッシュWi-Fiとしては購入しやすい価格もオススメポイントのポイントです。

ベストの理由:「爆速」よりも「そこそこ安定」の方がストレスフリー

実測値が速くても速い箇所と遅い箇所の差があると、その差によって体感的に遅く感じます。一軒家ならメッシュのようにどのポイントでも同じ速度の方がいいでしょう。

ベストの理由:同スペック帯と比べてお得!

全てのポイントで安定した数値が2.4GHz帯でも5GHz帯でも測定されました。Wi-Fi5 の数値としてはトップに近い数値です。

▼5GHz(BUFFALO)
書斎:554.5Mbps
ベッドルーム:548.13Mbps
リビング:550.65Mbps
キッチン:551.32Mbps

▼2.4GHz(BUFFALO)
書斎:154.15Mbps
ベッドルーム:150.98Mbps
リビング:142.17Mbps
キッチン:145.69Mbps

同じくメッシュWi-FiのGoogle「Google Nest Wifi」 (実勢価格:3万1900円)の数値はこちら。

▼5GHz(Google)
書斎:557.8Mbps
ベッドルーム:556.96Mbps
リビング:544.76Mbps
キッチン:393.85Mbps

▼2.4GHz(Google)
書斎:153.01Mbps
ベッドルーム:146.27Mbps
リビング:148.33Mbps
キッチン:120.89Mbps

GoogleもBUFFALOと同等の数値を記録。ただWi-Fi5としては優秀なのですが、価格だけ比べるとスマートスピーカー機能の分かちょっとお高め。約1万円の差は大きいです。

ベストの理由:専用アプリで設定もカンタン!

メッシュWi-Fiは初期設定に手間がかかることがあります。今回のテストでも中継機をうまく認識できずセットアップがなかなか進まない機種がありました。

その点「WRM-D2133HS/W1S」は専用アプリで視覚的に分かりやすく、スムーズに中継機を認識することができました。

「WRM-D2133HS/W1S」なら「この部屋だけ遅い!」という悩みとはおさらばできますよ!

パソコン 最速派はコレ! BUFFALO「WXR-5950AX12」

BUFFALO
WXR-5950
AX12
実勢価格:3万2220円
最大転送速度:5GHz/4803Mbps、2.4GHz/1147Mbps
無線LAN規格:11a/b/g/n/ac/ax
BUFFALO「WXR-5950AX12」は、速度No.1で家中のポイントを爆速にしてくれるので「やっぱり速い方がいい」という人にオススメです。

今回はキッチンでの実測値がガクッと落ちてしまい、惜しくもベストを逃しましたが、その実力は疑う余地もなく本物といえます。

遠くはやや苦手、でも家中のポイントが爆速に!

▼5GHz
書斎:1450.19Mbps
ベッドルーム:1421.42Mbps
リビング:1195.99Mbps
キッチン:924.42Mbps

▼2.4GHz
書斎:190.06Mbps
ベッドルーム:188.36Mbps
リビング:187.4Mbps
キッチン:170.62Mbps

今回のテストでもっとも電波が届きにくかったキッチンでの実測値はやはり下がってしまいました。といっても900Mbpsで十分速いです!

アンテナ調整をすれば弱点克服も可能!

写真のようにアンテナをセットすれば、家全体に満遍なく電波を飛ばせます。広範囲をカバーする爆速ルーターならコレ一択です。

弱い箇所をピンポイント狙いも可能!

アンテナを1組ずつ電波を飛ばしたい場所に合わせてセッティングすれば、弱い場所もカバーすることができます。弱い場所に対して水平に向けるのがポイントです。

以上「一軒家向けWi-fiルータおすすめ3選」をご紹介しました。家中どこにいても安定感を求めたい、メッシュを試してみたいという人はぜひ参考にしてくださいね。

the360.life(サンロクマル)は、テストするモノ誌『MONOQLO』、『LDK』、『家電批評』から誕生したテストする買い物ガイドです。やらせなし、ガチでテストしたおすすめ情報を毎日お届けしています。
  • facebook
  • twitter
  • LINE
  • hatena
  • pocket

関連記事