Webカメラのおすすめランキング6選|オンライン会議に最適な5000円以下のベストは?
ランキング
the360.life編集部
the360.life編集部/Test by 家電批評編集部
公開日: 2021年11月25日

Webカメラのおすすめランキング6選|オンライン会議に最適な5000円以下のベストは?

リモートワークが浸透し、Zoomなどで行うWEB会議が急増。Webカメラのニーズが高まっていますが、口コミだけではどれを選べばいいかわからないですよね。そこで5000円以下で購入できる人気のWebカメラ6製品の画質やマイク性能などを比較。リアルに自宅からオンライン会議に参加する想定で、使いやすいおすすめを探しました!

本音でテストする家電購入ガイド
家電批評
家電専門誌。スマホ、イヤホンなどのガジェットから、テレビや冷蔵庫などの大型家電まで、実際にテストしてレビューする本格テスト雑誌。


※検証情報は『家電批評』2020年5月号掲載時のものです。価格が変動している場合や在庫切れしている場合があります。

パソコン 自宅に備えるべきWEBカメラとは?

WEBカメラを使ったビデオ会議のイメージ
テレワーク用に自宅の環境を整えるなら、用意しておくと便利なのがWEBカメラ。

最近ではリモートワークに切り替える企業が増え、WEB会議が浸透。より快適な会議のためてにパソコンに後付けするWEBカメラのニーズも高まっていますが、タイプや特徴も様々。音がちゃんと聞こえるのか、高画質なのかなど、選び方に悩んでしまいますよね。

そこで、雑誌『家電批評』では、自宅でも使いやすい製品を見つけるべく、おおよそ5000円以下までで購入できるWEBカメラの人気モデル6製品を集めて比較しました。

パソコン 使いやすいWEBカメラを選ぶポイントは?

WEBカメラを使ったビデオ会議のイメージ2
WEBカメラはZoomなどミーティングツールを使った社内外のオンライン会議(ビデオ会議、テレビ会議)のほか、オンライン飲み会や離れて暮らす家族との会話などプライベートの用途でも重宝します。また、ネット配信をする際にもあると便利でしょう。

WEBカメラの機能はさまざま。用途によって使い勝手のいいものを選びましょう。

選び方1:音質の良さに注目

ほとんどのカメラがマイク内蔵です。マイクの性能はピンキリなので音質のクリアさは要チェック。

選び方2:会議用ならちょうどいい画角を

主に自宅でのリモートワークで使うなら、ちょうどいい画角のカメラを選ぶこともキモ。60度程度では画面いっぱいに顔が映ってしまい、100度以上になると部屋の隅々までが映ります。個人の場合は65°以上、大人数での会議で使うなら画角は90°以上と広めがいいでしょう。

選び方3:画質の良さは用途に合わせる

「100万画素」という画素数や「1080p」という解像度でチェック。特にこだわりがなければ100万画素で十分で、画角の広さや鮮明度まで求めるなら300万画素が目安に。1080pとはHDTVの中では最も画質が高い規格のこと。720pでも高画質と言えます。

選び方4:効率を考えるならオートフォーカス

画質がキレイでもピントを合わせるのが面倒に感じるなら、素早いフォーカスを備えたカメラを選ぶのが正解。

選び方5:録画や動画配信をするならフレームレートもチェック

フレームレートとは1秒あたりのフレーム数のことで、この数値が大きければ大きいほど映像がなめらかになります。参考までに、会議ツールZoomで最大フレームレート設定にした場合は「30fps」での会話が可能。気にになる人は設定を確認しておきましょう。

パソコン 自宅から参加を想定してWEBカメラをテスト

今回は自宅でのリアルな使用状況を想定し、「家電批評」編集部の複数の編集部員がノートパソコンに接続して50~100cmの距離でテレビ通話にて検証。「映像」「音声」「画角」をチェックしました。映像については、通常の蛍光灯下、逆光、スポット照明での総合評価です。

また、ちょうどいい画角とフォーカスの位置を重視。60度程度では画面いっぱいに顔が映ってしまうため、最適な角度は80度前後として評価しました。仕事で必要な時に効率的に使えることを考え、オートフォーカス機能があるかどうかも、評価となるポイントです。

テストしたのはAmazonや楽天市場などでおおよそ5000円までで購入できる以下の人気メーカーの6製品です。

・eMeet「NOVA WEBカメラ」
・LOGITUBO「HDウェブカメラ1080P」
・サンワサプライ「CMS-V45S」
・ロジクール「C270n HD Webcam」
・エレコム「UCAM-C750FBBK」
・バッファロー「BSW 500MBK」

それでは、以上の点を総合的に評価し、決定したランキングを発表します!
※価格は主にAmazon販売価格(2021年11月現在)です。変動している場合や在庫切れしている場合があります。

記事1位BEST 映像がキレイで通話も高音質!eMeet「NOVA WEBカメラ」

eMeet
NOVA
WEBカメラ
実勢価格:3999円

サイズ:W98×H65×D48mm
重量:204g
最高画質:1080p
フレームレート:30fps
有効画素数:200万画素
マイク:ノイズキャンセリング、ステレオマイク
▼検証結果
音声      :◎
映像      :◎
画角      :◎(78°)
オートフォーカス:あり

1位となったのは、面倒な設定いらずで、フルHD対応の映像も音声もキレイだったeMeet「NOVA WEBカメラ」でした。

階調(色や明るさの濃淡の段階数)が高く、解像度が高く感じられました。ビデオ通話の音声も聞き取りやすく、検証者4人ともが高評価。強い照明でも白飛びせず、表情がしっかり伝わる動画を配信することができます。

【リアルに使ってみた】良い感じに補正してくれる

eMeet「NOVA WEBカメラ」の比較テストの様子
使いやすい画角が魅力です。コントラストが強すぎる場面でも良い感じに補正してくれます。

家電批評編集部員 プロが本音でテストする家電購入ガイド
家電批評編集部員のコメント

表情豊かにみえるのでWEBの面接にも良さそうです。(松岡)
三脚穴付きで設置性もバッチリ。360°回転するので、角度は上下左右に調整可能です。
オートフォーカスの性能も高く、少し離れたり、カメラを移動させたりしてもすぐにピント調整もしてくれて言うことなしです。

記事2位BEST 盛れてる画が撮れるLOGITUBO「HDウェブカメラ1080P」

LOGITUBO「HDウェブカメラ1080P」の製品画像
LOGITUBO 
HDウェブカメラ1080P
実勢価格:4999円

マイク:デュアルデジタルノイズキャンセリング
最高画質:1080p
フレームレート:30fps
有効画素数:200万画素
▼検証結果
音声      :◎
映像      :◎
画角      :○(100°)
オートフォーカス:なし

2位はLOGITUBO「HDウェブカメラ1080P」。フルHDの広視覚ガラスレンズを搭載していて、画角は100度と広め。レンズとスタンドは、360℃回転できるので、どの場所でも使用することができます。

また、手動フォーカスでピントを合わせれば明るくキレイな映像で、かなり盛れます。音声も問題ありません。

【リアルに使ってみた】ピント調整に気をつければキレイ

LOGITUBO「HDウェブカメラ1080P」比較テストの様子
ピント調整に気をつければすごくキレイな画面になります。なんとなく雰囲気ある画面になるな、という印象です。

記事3位BEST 音質にやや難あり サンワサプライ「CMS-V45S」

サンワサプライ「CMS-V45S」の製品画像
サンワサプライ
CMS-V45S
実勢価格:4655円

サイズ:W57×D20×H27mm(スタンド部分を除く)
重量:90g
最高画質:1080p
フレームレート:30fps
有効画素数:200万画素
▼検証結果
音声      :×
映像      :○
画角      :○(65°)
オートフォーカス:あり

3位は、オートフォーカスでピントを自動調整してくれるサンワサプライ「CMS-V45S」。少し白飛びしやすいものの、毛穴が見えるほどの解像感でした。カメラ用の三脚穴があるので、市販のカメラ用三脚に取り付けて使うこともできます。

カメラ本体にマイクが内蔵されていますがノイズがあるので、ヘッドセットを用意するなど、マイクと併用して使うのがおすすめです。

【リアルに使ってみた】ピント合えば画像はめちゃキレイ

サンワサプライ「CMS-V45S」比較テストの様子
毛穴も写ってしまうくらいピント合えばめちゃキレイです。ピント合わせが若干鈍いのと、音質が良くないのは残念。

記事4位 とりあえずならこれ!ロジクール「C270n HD Webcam」

ロジクール「C270n HD Webcam」の製品画像
ロジクール
C270n 
HD Webcam
実勢価格:1782円

サイズ:W70×H32×D69mm
重量:71g
最高画質:720p
フレームレート:30fps
マイク:ノイズキャンセリング、モノラル
▼検証結果
音声      :○
映像      :○
画角      :○(60°)
オートフォーカス:なし

4位のロジクール「C270n HD Webcam」は、安価でも輪郭がはっきり出る映像です。内臓のノイズリダクションマイクにより声がクリアに伝わり、大きな音声です。お値段が手頃なのでお試しにはピッタリ。

暗い環境での使用でも照明条件を自動で調節してくれますが、色味は少し黄色が強い印象でした。

【リアルに使ってみた】コントラストの調整が自然

ロジクール「C270n HD Webcam」比較テストの様子
720pながら解像感も十分にあるし、少し光の強いうところで撮ってもコントラストの調整が自然です。若干黄味がかかって見える傾向にありますが、表情も見やすいです。

記事5位 ピントがちょっと遠めだったエレコム「UCAM-C750FBBK」

エレコム「UCAM-C750FBBK」の製品画像
エレコム
UCAM-C750FBBK
実勢価格:2909円

サイズ:約W60×H39×D55.3mm(ケーブルを含まず)
重量:約68g(ケーブルを含む)
最高画質:1080p
フレームレート:30fps
有効画素数:500万画素
マイク:モノラル
▼検証結果
音声      :○
映像      :△
画角      :○(66°)
オートフォーカス:なし

5位のエレコム「UCAM-C750FBBK」は、マイク内蔵で、パソコンに接続するだけですぐに使うことができます。また、テレビ電話や動画撮影だけでなく、2000万画素の静止画を撮影して送信することも可能。

ただし、映像は固定フォーカスで1.5mぐらい離れないとピントが合いませんでした。声も遠くに聞こえます。

【リアルに使ってみた】ピントをうまく合わせられず

ロジクール「C270n HD Webcam」比較テストの様子
自宅での検証ではPCの50cm前だとピントがうまく合いませんでした。

記事6位 家では使いにくい バッファロー「BSW 500MBK」

バッファロー「BSW 500MBK」の製品画像
バッファロー
BSW
500MBK
実勢価格:3943円

サイズ:W80×H51×D50mm
重量:約110g
最高画質:1080p
フレームレート:30fps
有効画素数:200万画素
▼検証結果
音声      :△
映像      :△
画角      :△(120°)
オートフォーカス:なし

6位は、120°の広視野角レンズを採用しているバッファロー「BSW 500MBK」。開閉自在のプライバシーシャッターが、万が一の盗撮や消し忘れによる画像流出を防止してくれます。レンズの汚れや、傷を防ぐこともできるので安心です。

しかし、120°の画角はやはり広すぎます。会議室など大人数で使うときならおすすめですが、自宅から参加の場合は見える範囲が広いので部屋の掃除が大変そう……。また、彩度が高すぎて白飛びしやすいのが気になりました。

【リアルに使ってみた】自宅からでは部屋の隅々まで映りすぎ

バッファロー「BSW 500MBK」比較テストの様子
自宅で1人で使うには部屋全体が写りすぎました。大人数の会議用にはいいでしょう。

パソコン WEBカメラのポイントは画角とフォーカスでした

以上、5000円以下で探す人気のWEBカメラ6製品のご紹介でした。

「これは肌が綺麗に見える!」という声が一番多かったのはLOGITUBO「HDウェブカメラ1080P」ですが、ピント合わせを手動で行うのが少々面倒です。というわけで、素早いフォーカスと高精細な映像・音声を備えたeMeet「NOVA WEBカメラ」が総合評価でベストとなりました。

「eMeet」の良かったポイントまとめ

・1人で参加する会議にちょうどいい画角
・オートフォーカス
・音質良好
・1080pのフルHD画質
・360°回転

▼6製品のWEBカメラの特徴の比較
WEBカメラの比較まとめ
自宅で一人でオンライン会議に参加するのが主な用途であれば、適度な画角とオートフォーカスで選びましょう。WEBカメラ選びの参考にしてみてくださいね!

パソコン WEBカメラの売れ筋ランキングもチェック!

WEBカメラのAmazon・楽天の売れ筋ランキングは、以下のリンクからご確認ください。

the360.life(サンロクマル)は、テストするモノ誌『MONOQLO』、『LDK』、『家電批評』から誕生したテストする買い物ガイドです。やらせなし、ガチでテストしたおすすめ情報を毎日お届けしています。
  • facebook
  • twitter
  • LINE
  • hatena
  • pocket

関連記事