マッサージクッションおすすめランキング7選|ルルドなど人気製品を徹底検証
ランキング
the360.life編集部
the360.life編集部/Test by MONOQLO編集部

マッサージクッションおすすめランキング7選|ルルドなど人気製品を徹底検証

肩こりや腰痛にお悩みのみなさま、朗報です! どこでも使えるコンパクトさ、そして5000円前後という価格帯。いつでもどこでも、あの辛さを和らげてくれる名品を探すべく、Amazonで人気7製品を購入し、比較テストしてみたところ、遂に我々にピッタリな1台を発見いたしました! マッサージクッションやマッサージシートをお探しの方はぜひチェックしてください!

テストするモノ批評誌
MONOQLO
辛口レビュー雑誌。生活用品や家具、ガジェットに加え、保険やクレジットカードなどのサービスも比較検証する。


ホーム 場所を取らない電動マッサージャー7製品を徹底比較

身体のコリがたまっていくと頭痛や倦怠感など、つらい症状につながってしまうこともあります。そのためには定期的なケアが書かせませんが、「整体に通いたいけど時間がない」「マッサージチェアを置きたいけど、場所が……」といった方も多いでしょう。

そこで今回は、手軽に使えるマッサージクッションやマッサージシートなどの電動マッサージャー7製品をセレクトし、揉みほぐし力、使用感をチェックしてみました。

ホーム おすすめのマッサージャーの選び方

マッサージシートやマッサージクッションなどのマッサージャーを購入したいけれど、何を基準に選べばいいのかわからないという方は多いのではないでしょうか?
まずはマッサージャーを選ぶ際に注目したい基本のポイントについてみていきましょう!

大きさはちょうど良い?

マッサージャーを購入する際に初めに注目したいのは「大きさ」です。自分の体とフィットするのか、部屋に置いた際のインテリアとしてどうかなど、気をつけたいポイントがいくつかあるので、ここから紹介していきます。

マッサージャーの説明欄にある本体サイズは基本的に、幅、高さ、奥行きが記載されています。この大きさも大切ですが、「マッサージ」をするためのものとして何よりも気にしておきたいのは、中に入っているもみ玉の数と間隔の大きさです。マッサージされて気持ちがいい場所は人によって変わってくるため、自分の体にあったものを選ばないと効果を得にくくなります。

しかし、説明欄で「本体サイズ」を知ることはできても、もみ玉について知ることはなかなかできませんよね?ここで役に立ってくれるのがネットに載っている口コミです。自分と同じ性別や体型の方の口コミで「よかった」と言うものを購入の候補にするのがおすすめです。

本体サイズを基準に選ぶ際のポイントは、自分の部屋に置いた際に他の家具や部屋の広さと比べてバランスが悪くないかと言う点です。本体サイズを調べずに買ったら案外大きくて部屋が窮屈になってしまった、なんてことも起こりうるので十分注意しましょう。

欲しい機能はついてる?

マッサージャーはマッサージをしてくれるものですが、マッサージを心地よいものにするために最近では様々な機能がついているものが多くなりました。

よりリラックスしたい方や冷え性の方におすすめなのがヒーター機能です。体をもみほぐしながらじんわり温めてくれるのです。

どこでも気軽にマッサージャーを使いたいという方におすすめなのが「コードレスタイプ」です。このタイプのものを購入すると、コンセント付近の決まった場所でなくベッドの上など好きな場所でマッサージができるのが嬉しいポイントです。

他にも、マッサージの強さを調節する機能やタイマー機能なども心地よいマッサージを楽しむにはおすすめです。

カバーの洗濯はできる?

ベッド枕と同じように、マッサージャーのカバーも清潔に保ちたいですよね。マッサージの際にじんわりと汗をかくようなことがある上に、汗以外にも日常的に使用することで汚れが蓄積されてしまいます。そのため、カバーが洗濯できるのかどうかということは購入にあたって必ずチェックしたいポイントです。もし、既に購入したマッサージャーがカバー洗濯不可のものであれば上からタオルなどで覆って使用するのがおすすめです。

さらに、カバーのバリエーションがいくつかあると部屋の雰囲気によって付け替えられるため、インテリアに馴染んでくれるという嬉しいポイントがあります。カバーを付け替えると気分転換にもなりますよ。

ホーム 手もみ気分でリラックスできる 小型の人気モデルをテスト

今回は3つのポイントで電動マッサージャーを比較しました。
[テスト方法]
マッサージ力のほかにほぐせる部位や範囲といった使いやすさ、日常用としては気になる動作音を比較してみました。

マッサージ力
コリを揉みほぐす力をチェック。「もみ玉タイプ」はほぐす力が強く 、「振動タイプ」はこわばりを和らげる機能があります。即効性なら前者、じわじわほぐしてくれるのは後者です。

使いやすさ
様々な部位に使えたり、強弱が調整できたりと、自由度が高いものだと評価がアップします。ヒーターやバンドなど+αの機能もしっかりチェックしました。

動作音
オフィスで使うなら、静音性のあるものをチョイスしたいところです。振動タイプは動作音がやや大きめですが、自宅での使用ならそれほど気にしなくてもいいかもしれません。利用シーンに合わせてチェックしてみましょう。

S評価 ピンポイントでほぐせて、 強さ調整もできるNo.1モデル

オムロン:クッション:マッサージャ:HM-341:マッサージ
オムロン
マッサージクッション
HM-341
実勢価格:5122円
サイズ:約幅390×高さ105×奥行265㎜(本体カバーあり)
重量:約1.6㎏
[テスト評価]
マッサージ力:5点
使いやすさ:5点
動作音:4点

凝っている部位を探りながら位置を調整でき、力加減はもみ玉カバーの付け外しや体重のかけ方で微妙に調節できるすぐれものマッサージャー。

様々な部位のコリに対応しますし、ヒーターのオン・オフも選択できます。使う人や季節を問わず、幅広いシーンでオススメできる点も高評価につながりました。
コリやすい首や肩のほぐしから、脚のだるさまで対応。首・肩・腰に使う時は壁や椅子にもたれながら、下半身に使う場合は床と脚の間に挟んで使用します。どの部位もまんべんなく揉みほぐされました!
ヒーター機能をオンにしたら、寒い時期でもぬくぬく快適。ヒーターが赤く光るので、ひと目でわかりやすいのも小ワザが効いています。
カバーは簡単に洗えるので、いつでも清潔をキープできます。手入れしやすいぶん長期間にわたって愛用できるので、結果としてコスパもよくなるという好循環に。

A評価 上半身のコリにはアルインコ 腰から背中を集中的にケア

アルインコ:どこでもマッサージャー:モミっくす:Re・フレッシュ:マッサージ
アルインコ
どこでもマッサージャー
モミっくす Re・フレッシュ
実勢価格:5327円
サイズ:幅395×高さ610×奥行390㎜ 
重量:3.3㎏
[テスト評価]
マッサージ力:5点
使いやすさ:5点
動作音:4点

旅館のマッサージチェアのような本格派のマッサージャー。独自の3つ玉構造は回転がなめらかで、左右に3つずつあるもみ玉が、回転方向を変えながら上下する作りになっています。

背面は高さが610㎜もあり、背中全体をくまなく揉みほぐしてくれました。素材はUPF(紫外線保護係数)50+と優秀で紫外線を通しにくく、高い耐水性も確認できました。使い勝手も秀逸です。
もみ玉が上下に32㎝も稼働するので、腰から肩甲骨までしっかり届きます。もみ玉が上下にムーブするのはこれだけ。

背中全体を一気にもみ上げる全身コース、上部・下部の集中ケアコースからマッサージのパターンを選ぶこともできます。
取り付けが簡単で安定感に優れているのもポイントです。背面の中央と上部にはゴムバンドが付いていて、イスにセットしたときにズレにくいんです。イスを使わず、壁に立てかけて使うこともできますよ。

A評価 使いやすいデザインと静音性 オフィスで効果を発揮!

アテックス:家庭用電気マッサージ器:ルルド:マッサージクッションSS:マッサージ
アテックス
家庭用電気マッサージ器 
ルルド マッサージクッションSS
実勢価格:4298円
サイズ:幅260×高さ125×奥行260㎜ 
重量:約1.3㎏
[テスト評価]
マッサージ力:4点
使いやすさ:4点
動作音:4点

大人気のルルドも高評価。一見普通のクッションのようですが、揉みほぐしパワーは見た目以上。動作音は静かなので、仕事中にもこっそり使えるでしょう。コリに合わせて全身に使える万能タイプです。
裏面は丸みを帯びたピラミッド状になっていて、面が多いため角度がつけやすいのがポイント。様々な体勢にフィットしてズレにくいんです。
力加減を強めにしたかったらカバーをめくって、優しいマッサージがしたい日はカバーをオン。その日のコリ具合によって簡単に強弱を調整できます。

B評価 コードレスのツカモトエイムは 車や旅先でもフルに活躍します

ツカモトエイム:ポルト:ぶるぶるロールクッション:AIM-CU07:マッサージ
ツカモトエイム
ポルト ぶるぶるロールクッション AIM-CU07
実勢価格:3218円
サイズ:幅460×高さ80×奥行270㎜ 
重量:0.45㎏
[テスト評価]
マッサージ力:3点
使いやすさ:4点
動作音:3点

中のビーズが身体にフィットして様々なフォルムを変えるマッサージャー。伸ばしても丸めても使えるので、様々なシーンに対応してくれそうです。
2つのジップが付いているので、マッサージ部の圧迫感も調整できます。電池式で軽量のため、持ち運びも簡単。ドライブ時にむくんだ足の血行改善、エコノミークラス症候群対策にも使えそうです。
休憩中の仮眠用枕にもおすすめ。細かな振動で血行を促してくれるので、ドライブの休憩中にも打ってつけです。

B評価 強弱の振動が自在のツインバード 背中から太ももをほぐします

ツインバード:シートマッサージャー:マッサージ
ツインバード
シートマッサージャー
実勢価格:3500円
サイズ:幅470×奥行50×高さ900㎜ 
重量:1.3㎏
[テスト評価]
マッサージ力:3点
使いやすさ:3点
動作音:3点

寝ながら使えるマッサージャーですが、強モードはしっかりした振動があります。床にバイブレーションが響きやすい点は注意が必要かも。自宅用にするのが無難かもしれません。
ほぐせる部位は太もも・腰・背中の3つ。それぞれ単体でオン・オフすることも可能です。
体勢はお好みで、強さも強弱の2タイプが選べます。がんこなコリを徹底的にほぐしたい方に最適です。

C評価 コードレスで軽い点は評価 首巻きタイプのacquasea

acquasea:電動式U型マッサージャー:マッサージ
acquasea
電動式U型マッサージャー
実勢価格:1840円
サイズ:約幅310×高さ100×奥行300㎜ 
重量:0.18㎏
[テスト評価]
マッサージ力:3点
使いやすさ:3点
動作音:2点

ビーズクッションで触り心地はバッチリですが、首に巻くと振動が骨に響くのが難点でした。

C評価 頭部専用のエレコムは 目元をリフレッシュ

エレコム:エクリア:アイフレッシュ:HCM-FEA01IV:マッサージ
エレコム
エクリア アイフレッシュ
HCM-FEA01IV
実勢価格:3979円
サイズ:幅810×奥行10×高さ85㎜ 
重量:0.136㎏
[テスト評価]
マッサージ力:3点
使いやすさ:2点
動作音:4点

押せるツボは頭部だけというピンポイント型のマッサージャー。エアーでバンドが膨らみ、突起が頭部のツボを刺激する仕組みで、押された箇所がやや痛みを感じることも。

以上、小型で使いやすく、何よりコリをバッチリほぐしてくれるおすすめのマッサージャーをご紹介しました! 寒い季節は、血行不良から身体がコリやすくなります。コリをほぐしたいはもみ玉タイプを、血行不良の人は振動タイプをチェックして、日々のケアに役立ててください。

360.lifeは、テストするモノ誌『MONOQLO』、『LDK』、『家電批評』から誕生したテストする買い物ガイドです。広告ではない、ガチでテストした情報を毎日お届けしています。
  • facebook
  • twitter
  • LINE
  • hatena
  • pocket

関連記事