家ごはん格上げ! あこがれ調理家電おすすめ2選|キッチン家電オールスター
選び方
the360.life編集部
the360.life編集部/Test by 家電批評編集部
公開日: 2020年09月29日

家ごはん格上げ! あこがれ調理家電おすすめ2選|キッチン家電オールスター

おうち時間を最大限に幸せなものにするためには、食生活の最強パートナーともいえる「キッチン家電」選びも大切です。そこで、「うまい」「ラクチン」「楽しい!」 を叶える最強キッチン家電を、雑誌『家電批評』がセレクト。今回は家ごはんを確実に格上げする、バーミキュラ「ライスポット」とパナソニック「ロティサリーグリル&スモーク」の紹介です。

本音でテストする家電購入ガイド
家電批評
家電専門誌。スマホ、イヤホンなどのガジェットから、テレビや冷蔵庫などの大型家電まで、実際にテストしてレビューする本格テスト雑誌。


※情報は『家電批評』2020年9月号掲載時のものです。価格が変動している場合や在庫切れしている場合があります。

キッチン 本気でオススメ!「キッチン家電」のオールスター集めました

自宅で過ごす時間が増え、おうちごはんを充実させる動きが加速しています。気軽に外食ができない今だからこそ、優秀な「キッチン家電」の力を借りて、いつもとちょっと違うおいしいごはん作りに挑戦してみませんか?

そこで注目したいのが、ネットを疑う家電購入ガイド『家電批評』が厳選・検証した、ホットプレートや炊飯器、コーヒーメーカーなど、キッチン家電やキッチンツールのオールスターたち。

今回は、ぜいたくなごはんが炊ける「ライスポット」と、焼き豚や燻製料理を作れて1台4役をこなす「ロティサリーグリル&スモーク」をご紹介します。

キッチン 米に時間をかける幸せ ライスポット(セット)

バーミキュラ
ライスポット(セット)
実勢価格:8万7780円
サイズ・重量/W331×D296×H208mm・約6.9kg
消費電力/1350W
バーミキュラ「ライスポット(セット)」は、2016年12月の発売以降一大ブームを巻き起こしたデザイン性の高い鉄鍋系IH炊飯器。米本来の味を引き出すこだわりの設計が満載されています。

ごはんの食感は、シャッキリとした歯ごたえがありながら、ふんわり感も残り、味は噛めば噛むほど米の甘みと旨みが存分に感じられます。見た目は米粒がピンと立っていて、ほどんど崩れていないのが特徴です。かためのごはんを好む人には確実にオススメ!
表面はツヤツヤしていて、見た目は透明感があります。香りは薄めですが、芯まで火が通った弾力のあるごはんは旨みたっぷり。
IHでホーロー鍋の底だけ加熱する方式を採用しています。ポトフなどの煮込みものも手軽に調理できます。

キッチン お店の味を自宅で再現! ロティサリーグリル&スモーク

パナソニック
ロティサリーグリル&スモーク
NB-RDX100
実勢価格:2万5500円
サイズ・重量/W40.5×D41.6× H28.0cm・8.6kg
消費電力/1350W
パナソニック「ロティサリーグリル&スモーク」は、グリル・燻製・オーブン・トースターの機能を搭載した「1台4役のマルチユース」。お店のグリルさながら、塊肉を回転させながら炙ることができます!

焼き豚を作れば、表面はカリカリ、中はしっとりとした食感に仕上がり、味も絶品。ローストビーフを作れば、レアからウェルダンまで好みの焼き上がりを選択でき、お店顔負けの味を再現できます。

お店みたいな逸品が自宅で作れる!

自宅でやるには何かと面倒な燻製料理も可能で、プロレベルの仕上がりになります。
手間がかかるローストビーフや極上の焼き豚も自宅でできます!
塊肉は回転しながら炙り焼き。でき上がりに1時間以上かかる焼き豚も、火加減をチェックしなくてOK。放っておけばお酒のアテができるなんて驚きです!
この手の家電はお手入れが面倒そうですが、かごとかご受けについた油を洗剤で洗い流すだけと、意外と簡単でした。

以上、「ライスポット」と「ロティサリーグリル&スモーク」のご紹介でした。
家での調理が楽しくなるあこがれ家電、確実におうちごはんを格上げします。気になる方はぜひチェックしてみてくださいね。

the360.life(サンロクマル)は、テストするモノ誌『MONOQLO』、『LDK』、『家電批評』から誕生したテストする買い物ガイドです。やらせなし、ガチでテストしたおすすめ情報を毎日お届けしています。
  • facebook
  • twitter
  • LINE
  • hatena
  • pocket

関連記事