【バズレシピ】極上の口溶け「サーモンしゃぶしゃぶ」を電気鍋で作ってみた!
ベストアイデア
the360.life編集部
the360.life編集部/Test by 家電批評編集部
公開日: 2020年10月17日

【バズレシピ】極上の口溶け「サーモンしゃぶしゃぶ」を電気鍋で作ってみた!

人気店で食べたあのメニューや、SNSでよく見かけるあの料理。“話題のアレ”を、雑誌『家電批評』が再現してみました。今回は「活躍の幅が広すぎる!」と人気のシロカの電気鍋「おりょうりケトル ちょいなべ」で、「サーモンしゃぶしゃぶ」を作ってみました!

本音でテストする家電購入ガイド
家電批評
家電専門誌。スマホ、イヤホンなどのガジェットから、テレビや冷蔵庫などの大型家電まで、実際にテストしてレビューする本格テスト雑誌。

※情報は『家電批評』2020年9月号掲載時のものです。価格が変動している場合や在庫切れしている場合があります。
<外部サイトでご覧の方へ>
「the360.life(サンロクマル)」のオリジナルページでは商品のリンク付き記事を公開中です。

キッチン 食べてみたい!“話題のアレ”を作ってみました

あのお店で人気のメニューや、テレビやネットでよく目にする料理。食べてみたい! と思うような、そんな“話題のアレ”を、雑誌『家電批評』が実際に作ってみました。ここでは、再現したレシピと、調理におすすめの製品をご紹介します。

キッチン 電気鍋でふわっとトロける 「サーモンしゃぶしゃぶ」

サーモンはお刺身もいいけれど、冷たいものより温かいものが恋しい。そんなときに作ってみたいのが「サーモンしゃぶしゃぶ」です。

口溶けはふわっと絹のようで、サーモンの味はギュッと凝縮しておいしい! サーモンの濃厚な味わいを楽めます。

気になるレシピを調べてみたところ、難しい手順は一切なく材料さえあれば、誰でも簡単に作れることがわかりました!

鍋と卓上コンロを準備するのが面倒なので、電気鍋さえあればラク~に即しゃぶしゃぶ! 今回使ったシロカ「おりょうりケトル ちょいなべ」なら、温度調節もできます。好きに火入れできて手間ナシ! ひとり鍋やふたり鍋で大活躍します。

「サーモンしゃぶしゃぶ」のレシピ

【サーモンしゃぶしゃぶ】

再現度:刺身の新しい食べ方
難易度:野菜を切ればすぐできる
おいしさ:明日もやりたい!

<材料:>
サーモン刺身……適量
水菜……適量
ポン酢……適量

<作り方>
1 :ちょいなべでお湯を沸騰させる。
2 :サーモン刺身をしゃぶしゃぶし、ポン酢でいただく。

キッチン シロカ「おりょうりケトル ちょいなべ」

シロカ
おりょうりケトル ちょいなべ
実勢価格:1万2100円

●サイズ/W282×H183×D182mm
●重量/1.8kg
シロカ「おりょうりケトル ちょいなべ」は、40~100℃まで気軽に温度調節できる電気鍋。上部が独立し、お手入れもカンタンです。しゃぶしゃぶはもちろん、1人分鍋に最適なサイズなので気軽に楽しめます!

このちょいなべは、2019年の家電批評・オブ・ザ・イヤー調理家電部門で1位になった逸品。お鍋以外にもケトルとして使えるので、これからの季節に大活躍します。
注ぎ口が付いているところがポイント! 

▼家電批評・オブ・ザ・イヤーの時の紹介記事はこちら
以上、「サーモンしゃぶしゃぶ」のレシピと、おすすめの調理家電のご紹介でした。トロける口溶けのサーモンしゃぶしゃぶが、ちょいなべを使うだけでいつでも簡単にできます。気になった人は、ぜひ試してみてくださいね。

キッチン 『家電批評』2020年9月号

『家電批評』
2020年9月号
『家電批評』2020年9月号の特集「このキッチン家電がすごい!」では他にもさまざまなベスト&プロ愛用のキッチン家電や美味しい再現レシピを紹介しています。

ぜひ、記事を参考にしてみてください。

the360.life(サンロクマル)は、テストするモノ誌『MONOQLO』、『LDK』、『家電批評』から誕生したテストする買い物ガイドです。広告ではない、ガチでテストした情報を毎日お届けしています。
  • facebook
  • twitter
  • LINE
  • hatena
  • pocket

関連記事