料理家が選ぶ電子レンジ炊飯器おすすめランキング14選|人気商品を徹底比較
ランキング
加藤 真也
加藤 真也/Test by the360.life編集部
公開日: 2020年09月26日

料理家が選ぶ電子レンジ炊飯器おすすめランキング14選|人気商品を徹底比較

一食分のために炊飯器の準備をするのがめんどくさい、部屋が狭くて炊飯器を置きたくない。そんな人におすすめなのが「電子レンジ用炊飯器」。その都度食べる分だけ短時間で炊けたり、なかには余ったご飯をそのまま冷蔵庫で保存できるものもあったりと、何かと便利なアイテムです。今回は、料理家協力のもと、使いやすくて美味しくお米を炊ける電子レンジ炊飯器をランキング化しました!

LAB.360(ラボドットサンロクマル)室長
松下和矢
晋遊舎の専門テスト機関「LAB.360」の室長。消費者の視点で数多くの商品テストに従事。日用雑貨や家電製品が専門。
本音でテストする商品評価サイト
the360.life
「いい」も「悪い」もわかる場所、the360.life(ザ・サンロクマルドットライフ)。テストするモノ誌『MONOQLO』『LDK』『家電批評』から生まれた「テストする買い物ガイド」です。
スーパーエコごはん研究家
桃世真弓 氏
家計にやさしい節約レシピや、調理時間を短縮できるクイックメニューが大人気。雑誌・テレビ出演、講演会などを中心に、幅広く活躍中。
編集者・ライター
松嶋千春 氏
編集プロダクション「清談社」所属の編集者・ライター。the360.lifeの運営会社である晋遊舎にて、生活雑貨や女性用品の商品テストを行い、WEB、雑誌などのメディアの形態を問わず、ランキング記事などのコンテンツを制作している。


<外部サイトでご覧の方へ>
見出しなどのレイアウトが崩れている場合があります。正しいレイアウトはthe360.lifeオリジナルサイトをご確認ください。

※情報はthe360.life2020年9月26日公開時点のものです。価格が変動している場合や在庫切れしている場合があります。価格は全て税込表記です。

キッチン 炊きたてご飯に「電子レンジ炊飯器」という選択肢があります

ほっかほかの炊きたてご飯は日本人のソウルフードですよね!

美味しく炊ける炊飯器をお探しなら、以下の記事をぜひ参考にしてみてください。おこめマイスターと料理家協力のもと、炊飯器32製品を徹底検証し、価格帯別のベストを選出しています。
そうは言っても、一人暮らしだと炊飯器のお手入れが面倒でパックのご飯に頼ってしまいがち。置けるスペースがなくて、炊飯器を持たない人もいるかと思います。

ということで今回は、電子レンジでお米を炊ける「電子レンジ用炊飯器」をランキングでご紹介します!

キッチン 自分に合うのはどれ?電子レンジ炊飯器の選び方

電子レンジ用炊飯器を初めて使うとなると、プラスチック製や土鍋タイプなど色んな種類があって迷ってしまいますよね。そこでまずは、電子レンジ炊飯器の選び方のポイントから見ていきましょう。

選び方のポイント1:好みに合わせて容量を選ぼう

1食毎に食べる分だけ炊きたい場合や、収納スペースがない場合は、0.5~1合対応の電子レンジ炊飯器を選びましょう。まとめてご飯を炊いて保存しておきたい人には、2~3合炊けるタイプもあります。

選び方のポイント2:普通の炊飯器と比べて炊飯時間やお手入れのしやすさはどうか

時短を狙って電子レンジ用炊飯器を買ったのに、普通の炊飯器よりも炊飯に時間がかかってしまったとなれば、なんだか損した気分になりますよね。購入時は規定の炊飯時間・蒸らし時間をチェックしましょう。

また、普通の炊飯器のお手入れが面倒で電子レンジ炊飯器への乗り換えを検討しているのであれば、なるべく部材の少ないシンプルな構造のものを選べば洗い物のストレスが少ないです

選び方のポイント3:家の電子レンジに対応しているかワット数やサイズをチェック!

電子レンジ炊飯器を買ったはいいけれど、いざ使おうとしたら「ワット数が対応していなかった」、「容器のサイズが大きくてレンジに入らなかった」なんてことにならないように、対応しているレンジのワット数や庫内サイズは必ず確認しましょう

選び方のポイント4:まとめて炊くなら冷蔵庫保存できるタイプがおすすめ

1日で食べきれるぐらいの量を炊くのであれば、そのままおひつ代わりに使えて冷蔵庫保存可能な電子レンジ炊飯器が便利です。いちいち他の容器に移す手間がなく、そのまま電子レンジで温め直すことができるので楽チンです。

一見するとどれも冷蔵庫保存に使えそうに見えますが、炊飯器のフタには蒸気を逃がすための穴が空いている場合が多く、そのまま容器にかぶせて冷蔵庫に入れるとご飯が乾燥してしまいます。保存用のフタが付いているか、冷蔵庫保存に対応しているかどうかチェックしましょう。

選び方のポイント5:色々使える蒸し器や土鍋タイプもあります

「ご飯を炊く以外にも料理を楽しみたい」という人は、他の用途にも使えるタイプを選ぶとよいでしょう。蒸し器として使えるものや、直火にも対応した土鍋タイプなら料理の幅も広がります。

キッチン お米を炊いて実食!電子レンジ炊飯器14製品をテスト

電子レンジ炊飯器の実力は、お米を炊いて確かめてみないことにはわかりません。そこで今回は、スーパーエコごはん研究家の桃世さんにご協力いただき、電子レンジ炊飯器の使い勝手や、炊き上がったご飯の仕上がりを徹底検証しました!

テスト項目は以下の通りです。

テスト1:計量しやすさ[配点10点]

説明書に米や水の規定分量が記載されているか、付属のカップや本体に記されている水の目盛りが読みやすいかどうかなどを総合的に判断し、計量のしやすさを評価しました。

テスト2:炊飯時間・手間[配点10点]

製品によって推奨される米の吸水時間は異なりますが、今回は公平を期すために1時間給水後に炊飯しました。

説明書にワット数ごとの加熱時間が明記されているかどうか、ワット数調整の手間がないか、などを確認。

また、レンジでの加熱時間+蒸らし時間を炊飯時間とし、短時間で仕上がるものの評価を高くしました。

テスト3:安全性[配点10点]

レンジへの出し入れのしやすさ、容器の安定感、加熱後の本体の熱さ、などをチェックしました。

テスト4:ご飯の仕上がり[配点30点]

炊き上がったご飯を実際に食べ、香り・味わい・食感のよさを評価しました。
炊き上がったご飯の表面には、「かに穴」と呼ばれる小さな穴がいくつも空いています。これは、水蒸気の泡の通り道で、お米がしっかり炊けた証拠だと言われています。

また、ちゃんと火が通ったご飯粒には透明感とツヤがありますが、火の通りがイマイチだとご飯粒は白っぽいままです。
お米の様子がよくわかるように、マイクロスコープでご飯粒の拡大画像を撮影しました。

テスト5:よそいやすさ[配点10点]

しゃもじが付属されている場合は付属品を使い、無い場合は一般的なサイズのしゃもじでご飯をよそいました。しゃもじを入れた際に底面から返しやすいか、容器がガタつかないか、などを確かめました。とくに、直径が小さい容器はご飯をよそいづらい傾向にありました。

テスト6:お手入れしやすさ[配点20点]

炊飯時の吹きこぼれの有無、ご飯のこびりつきにくさ、洗いやすい構造をしているかどうか、などをチェックしました。

テスト7:付加機能[配点10点]

計量カップやしゃもじなど、炊飯に便利な道具が付属されているかチェック。その他、蒸し器機能用のスノコやレシピブックが付いているかどうか、冷蔵庫保存や食洗機に対応しているものに加点しました。

それでは以上を踏まえ、いよいよ電子レンジ炊飯器のおすすめランキング、スタートです!

記事1位BEST 川﨑合成樹脂「電子レンジ炊飯器 レンジdeごはん グリーン MW-021」

川﨑合成樹脂
電子レンジ炊飯器 レンジdeごはん グリーン MW-021
0.5~1合用
実勢価格:913円

対応ワット数:200W、500W
米1合の炊飯時間(500W):約13分
米1合の蒸らし時間:約15分
サイズ:約W16×D15×H14.3cm
重量:約278g
満水容量:約1180ml
付属品:計量カップ、飯ベラ
素材・材質:本体・飯ベラ・計量カップ/ポリプロピレン(耐熱温度110度)
電子レンジ:使用可
※庫内の高さが20cm以下の場合、200Wで調理を行ってください。
▼テスト結果
計量しやすさ 8/10点
炊飯時間・手間 6/10点
安全性 5/10点
ご飯の仕上がり 23/30点
よそいやすさ 7/10点
お手入れしやすさ 14/20点
付加機能 4/10点
合計 67/100点
電子レンジ炊飯器のベストに輝いたのは、川﨑合成樹脂「電子レンジ炊飯器 レンジdeごはん」でした!  吹きこぼれなど気になる点もありましたが、ご飯の仕上がりは全14製品中最も高評価でした。
付属の計量カップの目盛りは、米用と水用で目盛りが分かれていて見やすいです。規定量を測りやすいように「30ml」「40ml」と細かい分量が刻まれているのも嬉しいポイントです。
レンジ庫内での吹きこぼれや、付属しゃもじの隙間に米粒が残る点は気になりましたが、総じて小ぶりで扱いやすいと感じました。

▼炊きたてのご飯
▼茶碗に盛ったご飯
▼ご飯粒の拡大画像(マイクロスコープ撮影)
ご飯粒同士がくっ付いていて見た目はイマイチですが、しっかり米全体に火が通っていて美味しかったです。

桃世真弓 氏 スーパーエコごはん研究家
桃世真弓 氏のコメント

やわらかめの仕上がりですが、しっかり火が通っていてご飯の旨みが感じられます。

記事2位BEST スケーター「蒸気でふっくら炊き上げ スチームご飯メーカー MWMR1」

スケーター
蒸気でふっくら炊き上げ スチームご飯メーカー MWMR1
1合用
実勢価格:1080円

対応ワット数:500W
米1合の炊飯時間(500W):約12分
米1合の蒸らし時間:約10分
サイズ:約W18.2×D15.2×H13cm
容量:外容器/約1250ml、内容器/700ml
付属品:レシピブック
素材・材質:ポリプロピレン
※家庭用電子レンジ専用調理器です。
▼テスト結果
計量しやすさ 5/10点
炊飯時間・手間 9/10点
安全性 10/10点
ご飯の仕上がり 18/30点
よそいやすさ 6/10点
お手入れしやすさ 14/20点
付加機能 2/10点
合計 64/100点
第2位は、スケーター「蒸気でふっくら炊き上げ スチームご飯メーカー」でした。ご飯を炊くだけでなく、お惣菜やデザート作りまで、幅広い料理に使える調理容器です。付属のレシピブックには、ごはんもの・主菜・副菜・蒸しパンなどの作り方載っています。
外容器と内容器の二重構造になっているため、容器内に蒸気が循環してムラなく加熱してくれるそうです。

▼炊きたてのご飯
▼茶碗に盛ったご飯
▼ご飯粒の拡大画像(マイクロスコープ撮影)
ベタつきはなく、ご飯粒に弾力が感じられます。硬めのご飯が好きな人にぴったり。

桃世真弓 氏 スーパーエコごはん研究家
桃世真弓 氏のコメント

容器が小さいのでかき混ぜづらさはありましたが、炊き上がりは合格点です。

記事2位BEST パール金属「新・レンジライフ ご飯1合炊き(しゃもじ付き) C-229」

パール金属
新・レンジライフ ご飯1合炊き(しゃもじ付き)
C-229
1合用
実勢価格:1680円

対応ワット数:500W、600W
米1合の炊飯時間(500W):約15分
米1合の蒸らし時間:約10分
サイズ:約W20×D16.5×H15cm
重量:約340g
容量:本体/約1500ml、カップ/180ml
付属品:計量カップ、しゃもじ
素材・材質:本体・炊飯フタ・調圧弁・計量カップ・しゃもじ/ポリプロピレン(耐熱温度120度、耐冷温度-20度)、保温フタ/アクリル樹脂(耐熱温度80度、耐冷温度-30度)
電子レンジ:使用可(保温蓋は外す)
※庫内の高さが14cm以下の電子レンジでは使用できません。
▼テスト結果
計量しやすさ 3/10点
炊飯時間・手間 8/10点
安全性 10/10点
ご飯の仕上がり 17/30点
よそいやすさ 7/10点
お手入れしやすさ 14/20点
付加機能 5/10点
合計 64/100点
同率2位に輝いたのは、パール金属「新・レンジライフ ご飯1合炊き(しゃもじ付き) C-229」。

炊き時間は約15分とやや長めですが、容器の内側と付属のしゃもじにエンボス加工が施されているなど、工夫されていて扱いやすい製品です。
置き場所に困るしゃもじも、容器のフチに立てられるようになっています。

▼炊きたてのご飯
▼茶碗に盛ったご飯
▼ご飯粒の拡大画像(マイクロスコープ撮影)
ツヤがあまりなくふやけているような印象ですが、味わいはまずまずです。

桃世真弓 氏 スーパーエコごはん研究家
桃世真弓 氏のコメント

容器もしゃもじも大きいので、ご飯をよそいやすかったです。

記事4位 富士パックス販売「圧力弁でおいしく炊ける電子レンジ用炊飯器」

富士パックス販売
圧力弁でおいしく炊ける電子レンジ用炊飯器
0.5~2合用
実勢価格:1000円

対応ワット数:500~700W
米1合の炊飯時間(500W):約11分
米1合の蒸らし時間:約5分
サイズ:約φ21.8×H11.8cm
素材・材質:ポリプロピレン(耐熱温度140度、耐冷温度-20度)
付属品:計量カップ、蒸し器、スノコ、レシピブック(茶碗蒸し、味噌汁、デザート系なども掲載)
電子レンジ:使用可
▼テスト結果
計量しやすさ 7/10点
炊飯時間・手間 10/10点
安全性 10/10点
ご飯の仕上がり 10/30点
よそいやすさ 7/10点
お手入れしやすさ 12/20点
付加機能 4/10点
合計 60/100点
4位には、蒸し器としても使える富士パックス販売「圧力弁でおいしく炊ける電子レンジ用炊飯器」がランクイン。炊飯時間と蒸らし時間の合計タイムが約16分と、全製品中最速の仕上がりです。
吹きこぼれはしませんでしたが、蓋の水汚れが気になりました。

▼炊きたてのご飯
▼茶碗に盛ったご飯
▼ご飯粒の拡大画像(マイクロスコープ撮影)
一応火は通っていますが、仕上がりはイマイチ。水加減や加熱時間の微調整が必要かもしれません。

桃世真弓 氏 スーパーエコごはん研究家
桃世真弓 氏のコメント

かき混ぜてみると、上面のご飯は乾燥していて、底面のご飯はベチャついていました。

記事5位 カクセー「電子レンジ専用炊飯器 備長炭入ちびくろちゃん 米研ぎプラス」

カクセー
電子レンジ専用炊飯器 備長炭入ちびくろちゃん 米研ぎプラス
0.5~1合用
実勢価格:1634円

対応ワット数:400~1000W
米1合の炊飯時間(500W):約10分
米1合の蒸らし時間:10~15分
サイズ:φ13.9×H12.5cm
満水容量:620ml
付属品:計量カップ、しゃもじ、米研ぎフタ
素材・材質:本体・しゃもじ/耐熱ポリプロピレン(備長炭粉末配合)、計量カップ/ポリプロピレン、米研ぎフタ/ポリエチレン(備長炭粉末配合)、米研ぎフタ(網)/18-8ステンレス
電子レンジ:使用可
▼テスト結果
計量しやすさ 5/10点
炊飯時間・手間 8/10点
安全性 3/10点
ご飯の仕上がり 20/30点
よそいやすさ 7/10点
お手入れしやすさ 10/20点
付加機能 6/10点
合計 59/100点
Amazonサイトで2600ものレビュー数を集める人気商品・カクセー「電子レンジ専用炊飯器 備長炭入ちびくろちゃん」より、「米研ぎプラス」が5位に。しゃもじ、計量カップ、米研ぎまで付いており、炊飯セットが一度に揃うお得なセットです。
付属の米研ぎフタを上にかぶせることで、慣れていない人でも流水で簡単に米を研ぐことができます。
レンジ庫内に吹きこぼれを発見。フタの水汚れも、時間が経つとカピカピになるので要注意です。凹凸があって洗いにくく、部品も多いのでお手入れの手間がかかります。

▼炊きたてのご飯
▼茶碗に盛ったご飯
▼ご飯粒の拡大画像(マイクロスコープ撮影)
ご飯の仕上がりについては、ベストに次ぐ高評価でした! やや硬めですが、ツヤがあり火がちゃんと通っていました。

桃世真弓 氏 スーパーエコごはん研究家
桃世真弓 氏のコメント

付属のカップで規定量の水を測ろうとすると、欲しい分量の目盛りがなくて困りました。家にある10ml区切りのカップを使った方がラクです。

記事5位 パール金属「電子レンジグルメご飯炊き C-244」

パール金属
電子レンジグルメご飯炊き C-244
0.5~1合用
実勢価格:1320円

対応ワット数:1合/500~1000W、0.5合/500W、600W
米1合の炊飯時間(500W):約12分
米1合の蒸らし時間:約15分
サイズ:約φ15×H10.5cm
重量:約80g
容量:約800ml
素材・材質:ポリプロピレン(耐熱温度120度、耐冷温度-20度)
電子レンジ:使用可
※庫内の高さが11.5cm以下の電子レンジでは使用できません。

※Amazonはあわせ買い対象商品です。
▼テスト結果
計量しやすさ 3/10点
炊飯時間・手間 7/10点
安全性 10/10点
ご飯の仕上がり 18/30点
よそいやすさ 7/10点
お手入れしやすさ 14/20点
付加機能 0/10点
合計 59/100点
同率5位は、パール金属「電子レンジグルメご飯炊き C-244」でした。0.5合と1合の兼用タイプで、一般的なタッパー容器のように気軽に使えるつくりです。ご飯を炊いて、そのまま具材を上に乗っけてドンブリ飯を作るのにもぴったり。
本体には計量カップなしでも測れるように、普通米と無洗米用の目盛りが付いているのですが、表示が薄くて見づらいです。

▼炊きたてのご飯
▼茶碗に盛ったご飯
▼ご飯粒の拡大画像(マイクロスコープ撮影)
容器が上げ底形状のため、底にも電子レンジのマイクロ波が均一に当たるようになっているそう。

ご飯粒に弾力があり、同率5位のカクセー「ちびくろちゃん」と似た仕上がりになりました。

桃世真弓 氏 スーパーエコごはん研究家
桃世真弓 氏のコメント

吹きこぼれもなく、安心して使える電子レンジ炊飯器です。

記事7位 スケーター「ご飯メーカー 2合炊き ベーシック UDG2」

スケーター
ご飯メーカー 2合炊き ベーシック UDG2
1~2合用
実勢価格:1099円

対応ワット数:500W
米1合の炊飯時間(500W):約10分
米1合の蒸らし時間:約15分
サイズ:約W21×D19.3×H13cm
重量:約460g
容量:約1500ml
付属品:計量カップ、しゃもじ、スノコ
素材・材質:本体・フタ・中フタ・スノコ・しゃもじ・計量カップ/ポリプロピレン、止め具/ABS樹脂
電子レンジ:使用可
▼テスト結果
計量しやすさ 3/10点
炊飯時間・手間 8/10点
安全性 10/10点
ご飯の仕上がり 8/30点
よそいやすさ 8/10点
お手入れしやすさ 14/20点
付加機能 7/10点
合計 58/100点
スケーター「ご飯メーカー 2合炊き ベーシック UDG2」が7位に。ご飯の仕上がりの評価は最下位でしたが、安全性やシンプルな使いやすさが平均点を底上げし、中盤順位に食い込みました。

点心の温め直しや蒸し野菜作りに使えるスノコ付き。本体側面には、おこわや豆ごはんなどのレシピが載っています。
本体に計量用の目盛りが外側に付いているのですが、内側から見ると目盛りが読みづらく、外側からは水面が見えづらかったです。

▼炊きたてのご飯
やや乾燥して見えます。

▼茶碗に盛ったご飯
▼ご飯粒の拡大画像(マイクロスコープ撮影)
上部は乾燥していてツヤがなく、下側のご飯はべっちょりしていました。

桃世真弓 氏 スーパーエコごはん研究家
桃世真弓 氏のコメント

火の通り方にムラがありました。目盛りが読みづらいので、せめて「●●ml」と規定量を記載してあるとよかったです。

記事7位 旭金属「メトレフランセ ライススチーマー ジャポネ ストーン 835-ST」

旭金属
メトレフランセ ライススチーマー ジャポネ ストーン 835-ST
2合用
実勢価格:2805円

対応ワット数:400~1000W
米1合の炊飯時間(500W):約10分
米1合の蒸らし時間:10~15分
サイズ:約φ18×H14.5cm
重量:約500g
容量:1000ml(満水容量:1500ml)
付属品:中蓋兼スチームプレート、レシピブック
素材・材質:本体・蓋/シリコン製
電子レンジ:使用可、オーブン:使用可、食洗器:使用可、冷凍庫:使用可
※庫内の高さが15cm以上の電子レンジで使用してください。
▼テスト結果
計量しやすさ 5/10点
炊飯時間・手間 8/10点
安全性 3/10点
ご飯の仕上がり 13/30点
よそいやすさ 7/10点
お手入れしやすさ 16/20点
付加機能 6/10点
合計 58/100点
同率7位は、シリコン製の旭金属「メトレフランセ ライススチーマー ジャポネ ストーン 835-ST」です。今回、唯一オーブンにも対応しており、蒸し器としても使用可能です。

付属のレシピブックには、おかゆ・パエリア・ジャンバラヤといったごはんものから、ポトフ・ブイヤベースといった煮込み料理、酢豚・麻婆豆腐といった中華料理まで、幅広いメニューが載っています。ワット別の加熱時間も細かく明記されており、便利です。
折り畳み可能な柔らかい材質のため、持つとボディが凹んでしまい、不安定でした。
容器が熱くなるため、取り出すときにかなり慎重に扱わなければなりません。吹きこぼれはしませんが、蓋には少しだけカピカピの水汚れが付いていました。

▼炊きたてのご飯
▼茶碗に盛ったご飯
▼ご飯粒の拡大画像(マイクロスコープ撮影)
火の通り具合はまずまず。

桃世真弓 氏 スーパーエコごはん研究家
桃世真弓 氏のコメント

ちゃんと炊けてはいますが、お米のおいしさはあまり感じられません。

記事9位 曙産業「レンジご飯炊き2合 BL-796」

曙産業
レンジご飯炊き2合 BL-796
実勢価格:2332円

対応ワット数:500W~1000W
米1合の炊飯時間(500W):約13分
米1合の蒸らし時間:約15分
サイズ:約W22.5×D20×H14.2cm(外寸)
重量:約564g
容量:約1800ml
付属品:計量カップ
素材・材質:ポリプロピレン(耐熱温度120度、耐冷温度-20度)
電子レンジ:使用可
※庫内の高さが14.5cm以下の電子レンジでは使用できません。
▼テスト結果
計量しやすさ 7/10点
炊飯時間・手間 6/10点
安全性 5/10点
ご飯の仕上がり 15/30点
よそいやすさ 7/10点
お手入れしやすさ 14/20点
付加機能 2/10点
合計 56/100点
9位には、曙産業「レンジご飯炊き2合 BL-796」がランクインしました。
外ブタを固定するためのストッパーは、下から上にカチッと留めるタイプ。少々固くて開け閉めしづらいので、力の無い人には厳しいかも。

▼炊きたてのご飯
▼茶碗に盛ったご飯
▼ご飯粒の拡大画像(マイクロスコープ撮影)
やや硬めで、平均的な仕上がりです。

桃世真弓 氏 スーパーエコごはん研究家
桃世真弓 氏のコメント

樹脂製のストッパーは、耐久性が心配です。

記事10位 メイダイ「おひつにもなる 美味しく炊ける釜戸炊飯器」

メイダイ
おひつにもなる 美味しく炊ける釜戸炊飯器
1~3合用
実勢価格:3524円

対応ワット数:500W、600W
米1合の炊飯時間(500W):約16~17分
米1合の蒸らし時間:約20分
サイズ:約φ21.5×H14.5cm
重量:約1.4kg
素材・材質:耐熱陶器
電子レンジ、直火、冷蔵庫:使用可
▼テスト結果
計量しやすさ 5/10点
炊飯時間・手間 4/10点
安全性 7/10点
ご飯の仕上がり 12/30点
よそいやすさ 8/10点
お手入れしやすさ 10/20点
付加機能 4/10点
合計 50/100点
直火にも使えるメイダイ「おひつにもなる 美味しく炊ける釜戸炊飯器」が10位に。ご飯が余ったらそのまま冷蔵庫で保存することも可能です。
吹きこぼれはしませんでした。容器がかなり熱く、重量も1.4kgと重たいため、取り出しはタオルや鍋つかみを使って慎重に行う必要があります。

▼炊きたてのご飯
炊きたてはご飯の粒が立ってキレイです。

▼茶碗に盛ったご飯
▼ご飯粒の拡大画像(マイクロスコープ撮影)
ポロポロと硬めの食感です。

桃世真弓 氏 スーパーエコごはん研究家
桃世真弓 氏のコメント

硬めのご飯が好きな人にはいいかも。チャーハン作りに向いていると思います! ただ、炊飯時間は普通の炊飯器で炊くのと大差ないですね。

記事11位 和平フレイズ「炊飯土鍋 ごはん おもてなし和食 2合炊き」

和平フレイズ
炊飯土鍋 ごはん おもてなし和食 2合炊き ガス火 電子レンジ OR-7109
実勢価格:1506円

対応ワット数:700W以下
米1合の炊飯時間(500W):約10分
米1合の蒸らし時間:約15分
サイズ:約W21×D16.5×H14cm
重量:約1518g
素材・材質:中蓋/耐熱陶器、上蓋:陶器
付属品:説明書&レシピブック
ガスコンロ、電子レンジ(出力700W以下・庫内の高さ16.5cm以上):使用可
▼テスト結果
計量しやすさ 5/10点
炊飯時間・手間 8/10点
安全性 4/10点
ご飯の仕上がり 12/30点
よそいやすさ 8/10点
お手入れしやすさ 10/20点
付加機能 2/10点
合計 49/100点
10位と同様、直火OKの和平フレイズ「炊飯土鍋 ごはん おもてなし和食 2合炊き ガス火 電子レンジ OR-7109」が11位となりました。
内ブタがかなり熱くなっているので、素手で触るのは危険です。

▼炊きたてのご飯
中央がやや白っぽく、火の通りが甘いです。

▼茶碗に盛ったご飯
▼ご飯粒の拡大画像(マイクロスコープ撮影)
硬く、粘りが少ないです。弾力も△です。

桃世真弓 氏 スーパーエコごはん研究家
桃世真弓 氏のコメント

10位・11位の土鍋タイプは、レンジだと重たくて上げ下げが大変。土鍋はやっぱり直火がいいかも。

記事12位 丸辰「レンジで簡単 炊飯マグ」

丸辰
レンジで簡単 炊飯マグ
1合用
実勢価格:1056円

対応ワット数:500W
米1合の炊飯時間(500W):約7分
米1合の蒸らし時間:約10~15分
サイズ:約φ11×D13cm
容量:本体/約550ml
素材・材質:陶器
電子レンジ:使用可
▼テスト結果
計量しやすさ 5/10点
炊飯時間・手間 9/10点
安全性 6/10点
ご飯の仕上がり 10/30点
よそいやすさ 4/10点
お手入れしやすさ 14/20点
付加機能 0/10点
合計 48/100点
12位は、丸辰「レンジで簡単 炊飯マグ」でした。付属品はなし、1号炊き一択のシンプルな製品です。
レンジ庫内で盛大に吹きこぼれました。部材がマグと蓋だけなので、モノ自体は洗いやすいです。

▼炊きたてのご飯
一見すると炊き上がりの粒がキレイですが、ところどころ白くなっており、炊きムラがあります。

▼茶碗に盛ったご飯
▼ご飯粒の拡大画像(マイクロスコープ撮影)
ポロポロとした食感です。ご飯というより、まだお米という印象です。

桃世真弓 氏 スーパーエコごはん研究家
桃世真弓 氏のコメント

火はギリギリ通っているけれど、ちゃんと炊けていない印象。マグの口が小さいので、普通サイズのしゃもじだと攪拌しづらいです。

記事13位 Joseph Joseph 「M-クイジーン 電子レンジライスクッカー」

Joseph Joseph (ジョセフジョセフ) 
電子レンジ調理器
M-クイジーン 電子レンジライスクッカー
2合用
実勢価格:2407円

対応ワット数:600W表記あり
米1合の炊飯時間(500W):約15分36秒(600W13分より換算)
米1合の蒸らし時間:約10分
サイズ:約W22×D18×H14.25cm
容量:鍋/約2000ml、計量カップ:250ml
付属品:計量カップ、しゃもじ
素材・材質:ポリプロピレン(耐熱温度130度)
電子レンジ、食洗機:使用可
▼テスト結果
計量しやすさ 3/10点
炊飯時間・手間 5/10点
安全性 3/10点
ご飯の仕上がり 18/30点
よそいやすさ 4/10点
お手入れしやすさ 8/20点
付加機能 4/10点
合計 45/100点
Joseph Joseph (ジョセフジョセフ) 「電子レンジ調理器 M-クイジーン 電子レンジライスクッカー」が13位に。
内容器には米研ぎに便利な排水穴が空いています。吹きこぼれがあり、容器サイズも大きいので、レンジから取り出すときにちょっと苦戦しました。

付属のしゃもじは、オシャレだけど握りにくかったです。容器のフチに固定できる点は○。

▼炊きたてのご飯
見た目はキレイ。ご飯をよそおうとすると内容器が中でガタついて回ってしまい、やりにくかったです。

▼茶碗に盛ったご飯
▼ご飯粒の拡大画像(マイクロスコープ撮影)
規定量に従って付属カップ250ml+25mlで炊き上げ。ご飯はやわらかいですが、まずまずの仕上がりです。

桃世真弓 氏 スーパーエコごはん研究家
桃世真弓 氏のコメント

カップの容量が日本のものと違うので、ややわかりづらかったです。ただ、日本語の説明書がちゃんと付いているのは親切ですね。

記事14位 カクセー「紀州備長炭入り レンジdeおひつ 55-04501」

カクセー
紀州備長炭入り レンジdeおひつ 55-04501
2合用
実勢価格:906円

対応ワット数:400~600W(800W以上不可)
米1合の炊飯時間:1:500Wで約4~5分→2:200Wで12分
米1合の蒸らし時間:約10分
サイズ:約W20×D19×H10.6cm
重量:約220g
素材・材質:本体・蓋/ポリプロピレン樹脂(備長炭配合)(耐熱温度120度、耐冷温度-20度)、弁・蓋パッキン/シリコンゴム(耐熱温度200度、耐冷温度-20度)
電子レンジ:使用可
※解凍モード、または150~200Wの設定機能が無い電子レンジでは使用できません。
▼テスト結果
計量しやすさ 5/10点
炊飯時間・手間 4/10点
安全性 5/10点
ご飯の仕上がり 11/30点
よそいやすさ 4/10点
お手入れしやすさ 10/20点
付加機能 2/10点
合計 41/100点
14位は、カクセー「紀州備長炭入り レンジdeおひつ 55-04501」でした。500Wと200Wの2段階で加熱する手間がかかります。
固定器具が固いので開けるのが大変です。フタがたわんだり、ズレたりしがちな点もストレスに感じます。

▼炊きたてのご飯
全体的に白く、かに穴も少なめで火の通りが甘いです。フタを開けたとき、フタ中面の水滴が容器の中に入ってくるのが気になりました。

▼茶碗に盛ったご飯
▼ご飯粒の拡大画像(マイクロスコープ撮影)
ご飯粒同士がくっついて、ベチャっとしています。

以上、電子レンジ炊飯器の人気おすすめランキング14選のご紹介でした。ここからは、ご飯の保存に便利なグッズを2点を紹介したいと思います!

キッチン ご飯解凍容器のイチオシ エビス「絶品ごはん保存」

忙しくてご飯をイチから炊く時間がない時、冷凍保存しておいたご飯をレンジで解凍すると時間もかからず便利ですよね。でも、一度冷凍したご飯は、いざ解凍した時にはべちゃついたり、味がイマイチだったり…。そんな問題を解決してくれるのが「ご飯解凍容器」です!

ここでは、以下の方法でご飯解凍容器の実力を検証しました。

・おいしさ
レンジで解凍したご飯を実際に食べて評価。

・温まり方
200gの冷凍ご飯を解凍してサーモ撮影し、表面の熱ムラを検証。

※温め時のレンジ出力・加熱時間は、パッケージ指定がある場合は表記に従い、何も指定がない場合は500W3分を基準に解凍しました。

ご飯解凍容器のベスト商品はコチラです!
エビス 
絶品ごはん保存 2個入り
実勢価格:512円

※Amazonはあわせ買い対象商品です
▼テスト結果
おいしさ ◎+
温まり方 ◎+
容器の構造に秘密があるエビスの「絶品ごはん保存」が見事ベストに選ばれました! おいしさ・温まり方ともに花丸評価を獲得。冷凍ご飯がべちゃっとせず、まるで炊きたてご飯のようなふっくらとした食感になりますよ。
エビスの容器は2重構造になっていて、解凍中に蒸気がまんべんなく循環します。ご飯は硬い部分などなく、ほかほかにおいしく解凍できました。
サーモ画像を見てわかるように、均一でキレイに温まっています。製品の説明通り500Wでレンジ加熱を4分した結果、熱ムラはほぼありませんでした。 
ムラなく加熱できるのは底面にでっぱりがあるからなんです! 容器の中心部分を膨らませると、熱伝導率がよりアップします。さらに、余計な水分が下の容器に落ちるので、嫌なべちゃつきがありません。
一度冷凍したご飯とは思えないほど、ふっくらとして炊きたてのようなおいしさでした!

冷蔵も冷凍もいける“おひつ”が便利!

1食で食べる量が多い人は、ご飯の保存用に大容量タイプの“電子レンジ対応おひつ”もオススメですよ。
森井
sumikama“炭器"2合・HERA KY-7101
2合用
実勢価格:1134円

本体サイズ:約W15.7×D15.7×H7.8cm
重量:約400g
原料樹脂:ポリプロピレン(耐熱温度140度、耐冷温度-30度)
国産竹炭パウダーを配合。
ご飯の保存に便利な「ご飯解凍容器」と「おひつ」のご紹介でした。

自分にしっくりくるレンジ用炊飯器や保存容器を活用して、炊きたての味をぜひ楽しんでみてくださいね!

the360.life(サンロクマル)は、テストするモノ誌『MONOQLO』、『LDK』、『家電批評』から誕生したテストする買い物ガイドです。やらせなし、ガチでテストしたおすすめ情報を毎日お届けしています。
  • facebook
  • twitter
  • LINE
  • hatena
  • pocket

関連記事