家庭用わたあめメーカーおすすめランキング10選|通販サイトの売れ筋を料理家が比較
ランキング
加藤 真也
加藤 真也/Test by the360.life編集部
公開日: 2020年09月27日

家庭用わたあめメーカーおすすめランキング10選|通販サイトの売れ筋を料理家が比較

甘くてふわふわの「わたあめ」。お祭りならではの食べものというイメージが強いですが、最近ではわたあめ専門店が登場するほど人気を集めているんです。 そこで今回は、自宅でも簡単に作れる「わたあめメーカー」をご紹介。各種通販サイトの売れ筋商品から10製品を厳選し、おすすめランキングを決定しました!

本音でテストする商品評価サイト
the360.life
「いい」も「悪い」もわかる場所、the360.life(ザ・サンロクマルドットライフ)。テストするモノ誌『MONOQLO』『LDK』『家電批評』から生まれた「テストする買い物ガイド」です。
スーパーエコごはん研究家
桃世真弓 氏
家計にやさしい節約レシピや、調理時間を短縮できるクイックメニューが大人気。雑誌・テレビ出演、講演会などを中心に、幅広く活躍中。
編集者・ライター
松嶋千春 氏
編集プロダクション「清談社」所属の編集者・ライター。the360.lifeの運営会社である晋遊舎にて、生活雑貨や女性用品の商品テストを行い、WEB、雑誌などのメディアの形態を問わず、ランキング記事などのコンテンツを制作している。


<外部サイトでご覧の方へ>
見出しなどのレイアウトが崩れている場合があります。正しいレイアウトはthe360.lifeオリジナルサイトをご確認ください。

※情報はthe360.life2020年9月27日公開時点のものです。価格が変動している場合や在庫切れしている場合があります。
価格は全て税込表記です。

キッチン お家でもフワフワが楽しめる!家庭用わたあめ機の選び方

お祭りならではの食べものといえば、フワフワのわたあめ。また、カラフルなわたあめ専門店が登場するほど、見て食べてテンションの上がるスイーツのひとつとして、人気を集めています。
業務用のわたあめ製造機はかなり高価ですが、今は自宅でも簡単に作れる家庭用わたあめ機が数千円で手に入っちゃうんです!

とはいえ、わたあめを自分で作ったことのある人、まして機械を持っている人はかなり少数派と思われます。初めてわたあめ作りにチャレンジする人のために、まずは家庭用わたあめ機の選び方から解説していきましょう。

選び方のポイント1:ザラメと飴玉の両方に対応しているとアレンジの幅が広がる!

いろんな味の綿菓子を作りたいなら、飴玉でも作れるタイプの機種を選ぶと便利ですが、ザラメで作った方がフワフワに仕上がります。カラフルで大きな綿菓子を作りたい場合は、色付きのザラメを利用するのも手です。

小さいサイズの綿菓子作りやドリンクのトッピングに使う程度であれば、普通の飴玉でも問題ありません。ただし、炭酸入りの飴玉やソフトキャンディでは作れない機種もあるので、使える材料(砂糖)の種類は事前にチェックしておきましょう。

選び方のポイント2:予熱時間や連続使用可能時間などのスペックに注目!

わたあめ機は、5分程度の予熱時間を要する機種が多いです。せっかちな人は予熱時間が短い機種を選ぶとよいでしょう。また、わたあめを一気に大量に作りたいのであれば、連続使用可能時間が長い機種を選びましょう。

消費電力は400W前後の機種が多いですが、「ワット数が大きい=予熱時間が短い、連続使用可能時間が長い」とは必ずしも言い切れません。電気代を気にされる方は、消費電力の小さい機種も視野に入れて探してみるといいでしょう。

選び方のポイント3:分解して洗えるものを選ぼう

楽しい時間の後に待っているのは、面倒な後片付けタイム。材料を投入する回転皿、受け皿、カバーを取り外せるタイプなら、お手入れしやすいです。

選び方のポイント4:子供と楽しみたいなら、対象年齢をチェック!

大人がわたあめを作るのであれば、一般的な家庭用の綿飴機で問題ありませんが、もしお子さんも一緒に作るのであれば、まず対象年齢をチェックしましょう。小さなお子さんが使用される場合には、安全基準を満たしたおもちゃに付与される「STマーク」認定された玩具の綿飴機を選ぶのがおすすめです。

キッチン 家庭用わたあめメーカー10製品をテスト!

今回は、Amazonや楽天などの各種販売サイトで購入できるわたあめメーカー10製品チョイス。「わたあめを作るのは初めて」という料理家の桃瀬さんに、わたあめ作りに挑戦してもらい、比較検証を行いました。

検証項目は以下の通りです。

テスト1:ザラメでの作りやすさ・仕上がり[配点30点]

主な材料として、ほとんどの機種に対応しているザラメ(白・小粒)を使用し、割り箸に巻きとってわたあめの作りやすさと仕上がりをチェックしました。

テスト2:飴玉での作りやすさ・仕上がり[配点10点]

対応機種に関しては、飴玉を使ったわたあめ作りにも挑戦し、作りやすさと仕上がりを検証しました。

テスト3:飛び散りにくさ[配点20点]

家庭用のわたあめ機はフルカバーではないため、糸状のわたあめが周辺に舞い上がりがちです。使用中のわたあめの飛び散り方や、ザラメが飛んでこないかといった危険度をチェックしました。

テスト4:うるさくないか(騒音)[配点10点]

使用中のわたあめメーカーの騒音をチェックし、音の大きさに応じて点数化。音が小さいほど点数を高くつけました。

テスト5:お手入れのしやすさ[配点20点]

洗いやすさを左右する受け皿やカバーへのわたあめのこびりつき具合、中央の回転皿のベタつき具合を確認しました。

テスト6:付属品[配点10点]

計量スプーンやスティックなど、付属品が付いているものに加点しました。

以上を踏まえ、いよいよ家庭用わたあめメーカーのおすすめランキング、スタートです!

記事1位BEST 飴玉でもふんわり仕上がる! ケーズウェーブ「わたがしアメイジング」

ケーズウェーブ
わたがしアメイジング
実勢価格:6555円

電源:AC 100V 50/60Hz
消費電力:420W
サイズ:φ320×H250mm
重量:約1.35kg
電源コード:-
予熱時間:約3分
連続使用可能時間:約30分
付属品:軽量カップ、スティック×2、バッグ
材料:グラニュー糖、ザラメ、飴玉
対象年齢:8歳以上
▼テスト結果

騒音:64.7dB
作りやすさ(ザラメ) 28/30点
作りやすさ(飴玉) 8/10点
飛び散りにくさ 8/20点
うるさくないか 9/10点
手入れのしやすさ 12/20点
付属品 8/10点
合計 73/100点
家庭用わたあめメーカーの1位に輝いたのは、ケーズウェーブ「わたがしアメイジング」でした! 
使用中に糸状のわたあめが舞いやすい点は気になりましたが、受け皿の直径が大きく、割り箸で巻き取りやすかったです。

▼ザラメで作ったわたあめ
フワッフワで綺麗な形のわたあめに仕上がりました。

▼飴玉で作ったわたあめ
飴玉で作るとペシャンコになる機種が多かったなか、ふんわりと仕上がりました。
付属品も充実しており、軽量スプーン、巨大スティック2本、わたあめ機を入れるバッグがついています。ホームパーティーにお呼ばれされたときにも活躍してくれそうです!

桃世真弓 氏 スーパーエコごはん研究家
桃世真弓 氏のコメント

ザラメで作ったわたあめもフワフワですが、飴玉で作ったわたあめの仕上がりの良さは群を抜いていました。作りやすさは文句なしのナンバーワン。わたあめが舞うのは気になるので、屋外で作ったり、養生などの対応が必要になりそうです。

レポ:実際に子どもたちと使ってみました!

編集部Iが、小学3年生男子、小学1年生女子、年長女子と一緒に「わたがしアメイジング」を使ってわたあめパーティをしてみました!

1:子どもでも上手にできる!
回転皿が熱くなるため、常に大人が近くにいることは必須ですが、6~9歳の子どもたちでも上手にわたあめを作ることができました! 

予熱時間が3分あったり、連続して使うと冷却時間が必要なので最初は戸惑いましたが、コツを覚えると難しくはありません。

2:ザラメが人気でエンドレスで楽しんでいた!
飴玉よりふんわりできて美味しいザラメの方が人気! すぐに飽きるかと思いましたが、「次はもっと大きく作る!」という感じで予想以上に長い時間遊ぶことができました。

わたあめが舞うのはそれほど気にならず。ただ気付くと中央の回転皿の周りにビッシリと飴のかたまりが…。ぬるま湯を使うとすぐに取れたのでホッとしました。

記事2位BEST 立ち上がりの早さが魅力 エスアイエス「The CottonCandy Maker」

エスアイエス
The CottonCandy Maker GCM-540
実勢価格:3980円

電源:AC 100V 50/60Hz
消費電力:500W
サイズ:φ290×H210mm
重量:約1.4kg
電源コード:-
予熱時間:約1~2分
連続使用可能時間:約20分
付属品:スプーン
材料:ザラメ、細かく砕いた飴玉(ドロップなどのハードキャンディに限る。ソーダ粉末・リキッド入りの飴・ソフトキャンディには使用不可。)
対象年齢:16歳以上
▼テスト結果

騒音:70.5dB
作りやすさ(ザラメ) 25/30点
作りやすさ(飴玉) 7/10点
飛び散りにくさ 20/20点
うるさくないか 7/10点
手入れのしやすさ 5/20点
付属品 4/10点
合計 68/100点
2位には、海外のインテリアのようなおしゃれなデザインのエスアイエス「The CottonCandy Maker GCM-540」がランクイン。立ち上がりが早く、予熱時間は1~2分と短いです。

▼ザラメで作ったわたあめ
フワフワで、雲のようなエアリー感がある仕上がりです。

▼飴玉で作ったわたあめ
「飴玉は砕いて投入するように」との記載がありましたが、同条件でやるために、砕かずに投入してみましたが、ふんわりと仕上がりました。
使用中の飛び散りは気になりませんでしたが、中央の回転皿に砂糖の汚れが多くついてしまいました。

記事3位BEST まとまりよく仕上がる ティーズ「わたあめメーカー SEW-2824」

ティーズ
わたあめメーカー SEW-2824
実勢価格:4480円

電源:AC 100V 50/60Hz
消費電力:450W
サイズ:約φ275×H270mm
重量:約1.56kg
電源コード:約1m
予熱時間:約5分
連続使用可能時間:約50分
付属品:軽量スプーン
材料:ザラメ(Amazonには「飴玉も使用可」と記載あり)
対象年齢:16歳以上
▼テスト結果

騒音:62.9dB
※「飴玉での作りやすさ」に関しては、製品の説明書に飴玉が使用可能な旨の記載がなかったため、点数をつけませんでした。
作りやすさ(ザラメ) 26/30点
作りやすさ(飴玉) 0/10点 ※
飛び散りにくさ 10/20点
うるさくないか 9/10点
手入れのしやすさ 10/20点
付属品 4/10点
合計 59/100点
3位は、シンプルなデザインのティーズ「わたあめメーカー SEW-2824」でした。Amazonや楽天のサイトには「飴玉を使用可能」という旨が記載されていますが、添付の説明書には記載されていなかったため、今回飴玉でのわたあめ作りの評価は採点に加えていません。

▼ザラメで作ったわたあめ
丸く、キレイにまとまりました。

▼飴玉で作ったわたあめ
小ぶりな仕上がりです。
砂糖の汚れは、ふちに残る程度でした。

記事4位 ザラメで作るとエアリー HAC「あめから作れるわたあめメーカー」

ハック
あめから作れるわたあめメーカー HAC1607
実勢価格:4120円

電源:AC 100V 50/60Hz
消費電力:420W
サイズ:φ325×H200mm
重量:約1.5kg
電源コード:-
予熱時間:約5分
連続使用可能時間:約30分
付属品:軽量スプーン
材料:飴玉、ザラメ、グラニュー糖
対象年齢:-
▼テスト結果

騒音:65.5dB
作りやすさ(ザラメ) 23/30点
作りやすさ(飴玉) 2/10点
飛び散りにくさ 10/20点
うるさくないか 8/10点
手入れのしやすさ 10/20点
付属品 4/10点
合計 57/100点
4位には、HAC(ハック)「あめから作れるわたあめメーカー」がランクイン。
本体の高さが低く、テーブルの上に置いても作りやすかったです。

▼ザラメで作ったわたあめ
細長いかたちですが、空気を含みエアリー感があります。

▼飴玉で作ったわたあめ
まるで綿棒のよう…。飴玉ではあまりボリュームが出ませんでした。

記事5位 本体が大きい ピーナッツクラブ「D-STYLIST ワタアメ屋サン」

ピーナッツクラブ
D-STYLIST ワタアメ屋サン KK-00211
実勢価格:5000円

電源:AC 100V 50/60Hz
消費電力:450W
サイズ:φ300×H310mm
重量:約1.9kg
電源コード:約0.8m
予熱時間:約10分
連続使用可能時間:約30分(引き続き利用する場合は20分以上の休憩を挟む)
付属品:さじ
材料:飴玉、砂糖、ザラメ
対象年齢:16歳以上
▼テスト結果

騒音:83.6dB
作りやすさ(ザラメ) 23/30点
作りやすさ(飴玉) 3/10点
飛び散りにくさ 13/20点
うるさくないか 5/10点
手入れのしやすさ 10/20点
付属品 0/10点
合計 54/100点
5位は、ピーナッツクラブ「D-STYLIST ワタアメ屋サン KK-00211」です。

他の商品と比べると本体に高さがあります。テーブルに置いて使用する場合、小柄な人だと腕を高く上げる必要があり、疲れてしまうかも。

▼ザラメで作ったわたあめ
丸い形に整いました。

▼飴玉で作ったわたあめ
指サックぐらいのサイズ感です。
フチに砂糖のかたまりと糸状のわたあめが付着。受け皿に色がついていると、汚れを目視確認しながら洗いやすいです。

記事5位 ふわふわ三角に仕上がる LITHON 「わたあめメーカー スイートクラウド」

LITHON(ライソン)
わたあめメーカー スイートクラウド KDCC-001
実勢価格:3980円

電源:AC 100V 50/60Hz
消費電力:350W
サイズ:φ270×H170mm
重量:約1kg
電源コード:0.8m
予熱時間:記載なし
連続使用可能時間:約20分
付属品:スティック×2、さじ
材料:飴玉、ザラメ、砂糖
対象年齢:16歳以上
▼テスト結果

騒音:75.0dB
作りやすさ(ザラメ) 20/30点
作りやすさ(飴玉) 8/10点
飛び散りにくさ 10/20点
うるさくないか 7/10点
手入れのしやすさ 6/20点
付属品 3/10点
合計 54/100点
本体が小ぶりなLITHON(ライソン) 「わたあめメーカー スイートクラウド KDCC-001」が同率5位に。ザラメも飴玉も、三角形のツリーのような形に仕上がりました。

▼ザラメで作ったわたあめ
形は独特ですが、ちゃんと空気を含みふんわり感があります。

▼飴玉で作ったわたあめ
飴玉でも、ちゃんとボリューム感が出ました。
付属のスティックは、1位の製品に付属されているものと同じぐらいの大きさです。太くて長いので、持ちづらかったです。巨大なわたあめを作る際に活躍しそうです。

記事7位 取説が親切 HAC2市場「キャンディーでつくろう♪ わたあめ工房」

HAC2市場
キャンディーでつくろう♪ わたあめ工房
実勢価格:4580円

電源:AC 100V 50/60Hz
消費電力:420W
サイズ:φ320×H195mm
重量:約1.4kg
電源コード:-
予熱時間:約5分
連続使用可能時間:約30分
付属品:軽量スプーン
材料:飴玉、ザラメ、グラニュー糖
対象年齢:-
▼テスト結果

騒音:83.5dB
作りやすさ(ザラメ) 20/30点
作りやすさ(飴玉) 4/10点
飛び散りにくさ 10/20点
うるさくないか 5/10点
手入れのしやすさ 10/20点
付属品 4/10点
合計 53/100点
7位のHAC2市場「キャンディーでつくろう♪ わたあめ工房」は、「1回に入れることが出来るザラメの量は、スプーンの約3分の1(約6g)です」と説明書に明記されています。

他の機種では「スプーンすりきり1杯」を規定量として記載している場合が多かったのですが、一気に大量生産するのではなく、1個ずつ丁寧に作りたい場合はこれぐらいの分量がちょうど良さそうです。

▼ザラメで作ったわたあめ
形はまとまりにくいですが、ふんわりエアリー。6gのザラメをぴったり使い切ってこのぐらいのサイズに仕上がりました。

▼飴玉で作ったわたあめ
飴玉だと、ふんわり感はあと一歩といったところ。
受け皿のふちの汚れはこんな感じ。お手入れはそこまで苦労しませんでした。

記事8位 付属のスティックが◎ 阪和「PRISMATE コットンブロック」

阪和
PRISMATE コットンブロック PR-SK004
実勢価格:3180円

電源:AC 100V 50/60Hz
消費電力:約94W
サイズ:φ270×D190mm
重量:約1080g
電源コード:約1.5m
予熱時間:約5分
連続使用可能時間:約15分
セット内容:本体、スタンド、カバー、受け皿、スティック×6、スプーン、説明書(保証書、レシピ付)
材料:ザラメもしくはグラニュー糖
対象年齢:-
▼テスト結果

騒音:67.2dB
作りやすさ(ザラメ) 18/30点
作りやすさ(飴玉) -/10点
飛び散りにくさ 1/20点
うるさくないか 8/10点
手入れのしやすさ 7/20点
付属品 10/10点
合計 44/100点
8位は、オモチャのようなフォルムが可愛らしい阪和「PRISMATE コットンブロック PR-SK004」です。アイボリー・ワインレッド・マリンブルーの3色展開。消費電力は約94Wと全製品中最も小さい数値になっています。

予熱5分後、説明書に従い規定量のザラメを付属スプーン1杯分入れ表面をならし、電源をオン。すると、受け皿内だけでなく周囲にもザラメが飛び散ってしまったため、評価を落としました。

▼ザラメで作ったわたあめ(割り箸)
まず割り箸で作ってみたところ、うまく絡み付かず残念な仕上がりに。

▼ザラメで作ったわたあめ(付属のスティック)
続いて、付属のスティックで作ってみると、ちゃんと巻きついて楕円形の綺麗な形に仕上がりました。ドリンクのトッピングにはちょうどいいサイズ感かもしれません。
スティックを立てるスタンドが付属されているのは、全製品中これだけ。色とりどりのわたあめを作ってスティックを立てれば、映えるショットが撮れそうです。
受け皿の下には飛び散ったザラメの残骸が…。お手入れはちょっと大変かもしれません。

桃世真弓 氏 スーパーエコごはん研究家
桃世真弓 氏のコメント

使用中にザラメの粒が飛んできて身の危険を感じました。ザラメは少ない量から試した方がよさそうです。ただ、付属のスティックはとても優秀で、わたあめが落ちにくく、形が作りやすかったです。

記事9位 ザラメの飛び散りに注意 アズマ「わたあめメーカー EA-WA2805」

アズマ
わたあめメーカー EA-WA2805
実勢価格:3145円

電源:AC 100V 50/60Hz
消費電力:400W
サイズ:φ280×H240mm
重量:約1.57kg
電源コード:約1m
予熱時間:約5分
連続使用可能時間:約50分(引き続き利用する場合は20分以上の休憩を挟む)
付属品:軽量スプーン
材料:ザラメ
対象年齢:16歳以上
▼テスト結果

騒音:66.7dB
作りやすさ(ザラメ) 5/30点
作りやすさ(飴玉) -/10点
飛び散りにくさ 3/20点
うるさくないか 8/10点
手入れのしやすさ 8/20点
付属品 4/10点
合計 28/100点
9位は、アズマ「わたあめメーカー EA-WA2805」でした。Amazonでも多いレビュー数が多い人気商品ですが、「作るにはコツが必要」といったコメントが散見されました。
実際に作ってみると、序盤からわたあめがボロボロと崩れてしまい、うまく巻きつきません。

▼ザラメで作ったわたあめ
キュッと小さくまとまってしまい、貧相な仕上がりに。
ザラメはスプーンすりきり1杯で約12g投入して表面をならしたのですが、やはりこちらも8位製品と同様にザラメが飛び散ってしまいました。

火傷しないためにも、ザラメの量は少なめに、表面をならすだけでなく「奥に詰める」動作も慎重に行いましょう。

記事10位 使う以前の問題 SAYAKA「コットンキャンディメーカー JK-1802」

SAYAKA
コットンキャンディメーカー JK-1802
実勢価格:6250円

電源:AC 220~240V 50/60Hz(※Amazonサイトに記載の定格電力は110~240V)
消費電力:450~550W
梱包サイズ:W342×H337×D175mm
梱包重量:約1.87kg
電源コード:-
予熱時間:約5分
連続使用可能時間:-
付属品:スティック、スプーン×3、変換プラグ
材料:飴玉
対象年齢:-
▼テスト結果
作りやすさ(ザラメ) -/30点
作りやすさ(飴玉) -/10点
飛び散りにくさ -/20点
うるさくないか -/10点
手入れのしやすさ -/20点
付属品 8/10点
合計 8/100点
10位のSAYAKA「コットンキャンディメーカー JK-1802」は、付属の変換プラグを使用して電源を入れたところ、トラブルが発生。回転皿が動かず、変な焦げ臭い匂いが発生したため、わたあめ作りは断念しました。
スティックにスプーン3本と付属品は充実していますが、英語の説明書しか添付されておらず、操作の仕方がわかりづらかったです。
電源プラグには梱包の発泡スチロールがへばりついていました。変換プラグのランプは点灯したものの、本体は反応しませんでした。無念……!

キッチン 初心者でもフワフワのわたあめが作れるコツって?

むやみに棒を動かしても、ふんわりとしたわたあめを作るのは難しいです。

ここでは、初心者でもOKなわたあめをフワフワに作るコツをご紹介したいと思います!
はじめは、わたあめ受けの中で割り箸を立て、くるくると回します。

▼
ある程度わたあめが大きくなったら、割り箸を斜め~横向きに構え、受け皿にたまったわたあめに軽く当てます。そして、割り箸自体を回転させながら割り箸を巻き取ります。

最初から最後まで割り箸を立ててわたあめ受けの中でぐるぐる回そうとすると、わたあめ受けの側面や回転皿にぶつかって崩れてしまいますので、「仕上げはわたあめ受けの上で割り箸を構える」と覚えておいてください。

わたあめが巻きつきにくい場合は、スティックや割り箸を水で濡らすといいそうです。

また、テーブルに飛び散ったわたあめがザラザラと残るので、機械の下に新聞紙などを敷き、換気扇の下などで使用するとよいでしょう。
以上、わたあめメーカーのおすすめランキング10選でした!

誕生日の演出やプレゼントとしてもおすすめな綿菓子製造機、童心にかえりたい大人のみなさんも、子供を喜ばせたい親御さんも、ぜひフワフワのわたあめを作って楽しんでみてくださいね!

the360.life(サンロクマル)は、テストするモノ誌『MONOQLO』、『LDK』、『家電批評』から誕生したテストする買い物ガイドです。やらせなし、ガチでテストしたおすすめ情報を毎日お届けしています。
  • facebook
  • twitter
  • LINE
  • hatena
  • pocket

関連記事