自宅でホッ。おしゃれおうちカフェ家電3選|キッチン家電オールスター
ベストアイデア
the360.life編集部
the360.life編集部/Test by 家電批評編集部
公開日: 2020年10月06日

自宅でホッ。おしゃれおうちカフェ家電3選|キッチン家電オールスター

食生活の最強パートナーともいえる「キッチン家電」。うまい・ラクチン・楽しい! を叶えるオールスターだけを、ネットを疑う家電購入ガイド『家電批評』がセレクト。今回はおうちでカフェ気分を楽しめる、電気ケトルやスマートマグなど3選ご紹介します。

本音でテストする家電購入ガイド
家電批評
家電専門誌。スマホ、イヤホンなどのガジェットから、テレビや冷蔵庫などの大型家電まで、実際にテストしてレビューする本格テスト雑誌。


<外部サイトでご覧の方へ>
見出しなどのレイアウトが崩れている場合があります。正しいレイアウトはthe360.lifeオリジナルサイトをご確認ください。

※情報は『家電批評』2020年9月号掲載時のものです。価格が変動している場合や在庫切れしている場合があります。

キッチン 本気でオススメ!「キッチン家電」のオールスター集めました

自宅で過ごす時間が増え、おうちごはんを充実させる動きが加速しています。気軽に外食ができない今だからこそ、優秀な「キッチン家電」の力を借りて、いつもとちょっと違うおいしいごはん作りに挑戦してみませんか?

そこで注目したいのが、ネットを疑う家電購入ガイド『家電批評』が厳選・検証した、ホットプレートや炊飯器、コーヒーメーカーなど、キッチン家電やキッチンツールのオールスターたち。

その中から今回はお部屋でゆっくり楽しみたい「おうちカフェ家電3選」です。本気でオススメのすごいキッチン家電、どうぞご覧ください!

キッチン スマホが飲み頃をキープしてくれるエンバー「Ember Mug2」

エンバー
Ember Mug2
実勢価格:9900円
サイズ・重量:W109.2×H106.7×D82.5mm・約340.19g
容量:約355ml
設定:可能温度範囲/約50~62.5℃
保温マグやコースターに続き、とうとう出現したのがスマートマグ。こちらのエンバー「Ember Mug2」は、スマホでドリンクの種類を指定すると自動で適温になり、冷めると加熱してくれる製品です。

充電式なので、1時間くらいは持ち出してもOKです。

マグが勝手に温めてくれます

50度を下回って冷めてくると……
適温まであっためてくれます。
温度が下がってきたら、マグが加熱してドリンクを適温に保ちます。

温度はスマホでコントロールします

ドリンク別に温度がプリセットされていますが、自分好みにマニュアル指定もできます。

保温マグとしてはお高いですが、これなら絶対に冷めません。

キッチン 実用とスタイルを両立するバルミューダ「BALMUDA The Pot」

バルミューダ
BALMUDA The Pot
実勢価格:1万2100円
Rentioレンタル価格(14泊15日):2,980円
サイズ・重量/W269×D128×H170mm・約0.6kg(本体)
容量:600ml(2.5合)
消費電力:1200W
マットなデザインで、インテリアとしても魅力的なバルミューダの「BALMUDA The Pot」。見た目もさることながら、珈琲をおいしく淹れる点でも満足のいくおすすめ電気ケトルです。

ハンドルが安定していてお湯を注ぎやすいのも特徴。
コーヒーは高級感のある味に仕上がります。あるとドヤ顔できちゃうおすすめアイテムです。

キッチン IoT搭載で自動発注! フレシャス「IoT ウォーターサーバー」

フレシャス
FRECIOUS dewo bottle IoT ウォーターサーバー
実勢価格:3万7800円
サイズ・重量/W260×D335×H1240mm・16.7kg
タンク容量:冷水1.5L・温水1.5L
水温:冷水4~10℃、温水80~85℃
フレシャス
FRECIOUS 富士 9.3L×2 天然水(フレシャスウォーターサーバー用水ボトル)
実勢価格:2831円
容量:/9.3L×2本
お水を買いに行くのって重くてけっこう大変ですよね。でも月額制のウォーターサーバーもちょっと……という方におすすめなのがフレシャス「FRECIOUS dewo bottle IoT ウォーターサーバー」。

水の残量をセンサーが感知し、残り少なくなったら自動で注文してくれる新時代のウォーターサーバーなんです。

水が少なくなったら自動発注!

こちらは月額制ではないところが安心。IoT搭載で、水が残り何本になったら注文するかを設定しておくと、忘れずに発注してくれます。

お水は富士の天然水。毎日の飲料用に、コーヒーや紅茶に、災害時のストック用としても重宝します。
以上、おうちカフェ家電3選でした。外出しにくい時期はこんな新アイテムを投入して、自宅でゆったり楽しんでみてください。

ちなみに、「このキッチンが家電がすごい!」特集を掲載している『家電批評』2020年9月号はこちらで読むことができます。

キッチン 家電批評2020年9月号

家電批評
2020年9月号
ぜひ、記事を参考にしてみてください。

the360.life(サンロクマル)は、テストするモノ誌『MONOQLO』、『LDK』、『家電批評』から誕生したテストする買い物ガイドです。やらせなし、ガチでテストしたおすすめ情報を毎日お届けしています。
  • facebook
  • twitter
  • LINE
  • hatena
  • pocket

関連記事