揚げ物もお任せ! 日立の「卓上IH調理器」の温度コントールがスゴいんです|キッチン家電オールスター
ベストバイ
the360.life編集部
the360.life編集部/Test by 家電批評編集部
公開日: 2020年09月13日

揚げ物もお任せ! 日立の「卓上IH調理器」の温度コントールがスゴいんです|キッチン家電オールスター

おうち時間を最大限に幸せなものにするためには、食生活の最強パートナーともいえる「キッチン家電」選びも大切です。そこで、「うまい」「ラクチン」「楽しい!」 を叶えるキッチン家電のオールスターだけを、雑誌『家電批評』がセレクト。今回は便利すぎる「卓上IH調理器」と「電気ケトル」をご紹介します。

▼本記事のテスト、および監修・取材協力はコチラ

本音でテストする家電購入ガイド
家電批評
家電専門誌。スマホ、イヤホンなどのガジェットから、テレビや冷蔵庫などの大型家電まで、実際にテストしてレビューする本格テスト雑誌。

本文中の製品画像をクリックすると購入ページへ移動します。
<外部サイトでご覧の方へ>
見出しなどのレイアウトが崩れている場合があります。正しいレイアウトはthe360.lifeオリジナルサイトをご確認ください。

※本記事は『家電批評』2020年9月号掲載時のものです。価格が変動している場合や在庫切れしている場合があります。

キッチン 本気でおすすめ!「キッチン家電」のオールスター集めました

自宅で過ごす時間が増え、お家ごはんの充実化が加速しています。気軽に外食ができないときは、優秀な「キッチン家電」の力を借りて、いつもとちょっと違うおいしいごはんに挑戦してみませんか。

そこでご紹介したいのが、ネットを疑う家電購入ガイド『家電批評』が厳選・検証した、ホットプレートや炊飯器、コーヒーメーカーなど、キッチン家電やキッチンツールのオールスターたち。

その中から今回は「卓上IH調理器」と「電気ケトル」をご紹介します。もちろん、ただ良いだけじゃありません! どちらも使えば使うほど便利さを実感すること間違いなしです。

キッチン 簡単操作でカラッと揚げ物もできる! 日立「HIT-S55」

日立(HITACHI):HIT-S55:卓上IH調理器
日立(HITACHI)
HIT-S55
実勢価格:9430円
サイズ:約W300×D366×H55mm
重量:2.7kg
最大消費電力:1400w
日立「HIT-S55」は、とろ火も強火もワンタッチという手軽さが便利で、プロも「最高に使いやすい」と絶賛したIH調理器です。揚げ物の温度コントロールも絶妙で、テーブルで揚げながら熱々を食べることだって叶いますよ!

ポイント:一度下がった温度もすぐに戻る!

冷凍コロッケを入れると、一度は温度が下がるものの、すばやく上昇。過去の同様の製品との比較テストでは、温度が下がったまま戻らない製品もあったなか、日立は181℃まで回復。規定の3分間で衣がしっかり色づきました。

保温機能は便利な3段階!

保温段階が1~3まで調整可能なので、使い勝手がいいです。ちょうどいいアツアツ加減でお鍋も楽しむことができます。

▼卓上IH調理器のテストの詳細はこちら

キッチン 他の追随を許さない高速沸騰! タイガー魔法瓶「PCK-A080」

タイガー魔法瓶:PCK-A080:電気ケトル
タイガー魔法瓶
PCK-A080
実勢価格:7980円
サイズ:約W159×H220×D250mm
重量:約1.1kg 
容量:0.8L
湯わかし時の消費電力:1300W
タイガー魔法瓶「PCK-A080」は、沸騰まで1分40秒と、これまで編集部がテストした電気ケトルのなかでも最速! そのうえ、倒れてもお湯がこぼれない、沸騰しても本体は熱くならないなど、安全面も優秀ときているので、小さいお子さんのいる家庭でも安心して使えます。

ポイント:300mlなら1分40秒で熱々に!

▼沸騰時間
300ml:1分40秒
800ml:4分12秒

それまで沸騰時間が最短だった前モデルを上回る速さ! このスピード感は、忙しい朝にも超便利です。
※水温21.4°C、気温18.5°Cで検証した際の沸騰時間です。

以上、とっておきの「卓上IH調理器」と「電気ケトル」をご紹介しました。

どちらも一度使ったら手放せなくなるほどの便利さなので、気になる方はぜひチェックしてみてくださいね。

360.life(サンロクマルドットライフ)は、テストするモノ誌『MONOQLO』、『LDK』、『家電批評』から誕生したテストする買い物ガイドです。広告ではない、ガチでテストした情報を毎日お届けしています。
  • facebook
  • twitter
  • LINE
  • hatena
  • pocket

関連する記事はこちら