トレーニングウェアおすすめランキング10選|プロのトレーナーが厳選!
ランキング
加藤 真也
加藤 真也/Test by the360.life編集部

トレーニングウェアおすすめランキング10選|プロのトレーナーが厳選!

スポーツジムで着るウェアって、意外に悩みますよね。デザインだけで選んだら、動きにくかったり、汗を吸わなかったり…といったことがよくあります。そこで今回は、「トレーニングウェア用のトップス」を検証することに。50点余りの商品リストから、人気パーソナルトレーナーが厳選した10枚の、着心地や機能性、デザインなどをチェックしました。その結果を、おすすめ順にランキング形式でご紹介します。

格闘家・パーソナルトレーナー
板谷一樹 氏
総合格闘技ジムGRABAKA所属。総合格闘技団体DEEPなどに出場し、格闘技歴15年。現在はGRABAKAジム東中野とGRABAKA PERSONALジムのトレーナーとして活躍。板谷氏がいるGRABAKA東中野ジムではパーソナルトレーニングの無料体験ができる。
スポーツ・フィットネス系編集者
田代陽一 氏
フィットネスに関する教則本を何冊も手がけ、自身もムエタイジムに通い、身体を鍛え続けるフリー編集者。フィットネスの他、釣りやキャンプなどのアウトドアにも精通しており、サンロクマルの母体である晋遊舎においても数多くのアウトドアムックに携わっている。飽くなき探究心の塊ともいえる存在。

<外部サイトでご覧の方へ>
見出しなどのレイアウトが崩れている場合があります。正しいレイアウトはthe360.lifeオリジナルサイトをご確認ください。
尚、商品の価格は全て税込表記となっています。

※情報はthe360.life2020年8月31日配信時のものです。価格が変動している場合や在庫切れしている場合があります。

スポーツ トレーニングウェアにこだわることでトレーニングに身が入ります

運動をするときに着るものとして、上下ジャージやスウェットというイメージがありますが、室温が一定に保たれているスポーツジムでは、薄着でも1年中トレーニングを行うことができます。

スポーツジムで着るトップスは、半袖Tシャツやポロシャツ、タンクトップが基本。また、ボトムスにはハーフパンツやロングパンツ、ショートパンツ、ジムショーツ、スポーツタイツなどを合わせるのが王道です。

では、トレーニングウェアのトップスにはどんな機能が求められるのでしょうか?

スポーツ トレーニングウェアのトップスに必要な機能とは?

ジム着のトップスに求められる機能を4つの観点からご紹介します。

機能1:伸縮性

伸縮性の低いスポーツウエアでトレーニングを行うと、思うように手足が動かない、十分に体が伸ばせないことが多く、ストレスを感じてしまいます。

動きやすさは運動の効率を高めるので、トップスは伸縮性の高い素材がオススメです。

機能2:吸汗・速乾性

スポーツジムで汗をかくと生地が体にまとわりついて動きづらくなります。また吸水性のある機能性素材でも速乾性がないとトレーニングウェア自体が重くなってしまいます。

トップスはできるだけ吸汗速乾機能に優れたものを選びましょう。

機能3:軽量性・耐久性

トップスは軽量なものの方が動きやすく、パフォーマンスも上がります。

ただし生地が薄すぎるものは耐久性に欠ける場合があるので、適度な厚さで軽いウエアを探してみましょう。

機能4:デザイン性

おしゃれなトレーニングウェアならスポーツジム通いも楽しくなり、トレーニングのモチベーションも高まります。デザイン性も機能性と同じくらい重要なのです。

デザインに関してはできるだけシンプルなものがおすすめ。あまり派手な物や柄物はいざ着てみると周りの目が気になる…なんてことがあるからです。

また、ナイキやアディダスなど自分のお気に入りのブランドを上下セットアップで合わせてコーデを組むのもオススメですよ。

スポーツ 自分に合うトップスの上手な選び方とは?

最近は、ショップだけでなくネットでトレーニングウェアを購入する人が増えています。では自分の体型に合ったトレーニングウェアを手に入れるためにはどんな点に注意すればよいのでしょうか?

ポイント1:サイズ選び

トレーニングウェアは大きすぎてダブついていると、体を動かしたときに違和感を覚えるし、汗もうまく吸収してくれません。

逆に小さ過ぎると窮屈で体の動きを制限してしまいます。サイズは適度にフィットするものを選ぶようにしてください。

板谷一樹 氏 格闘家・パーソナルトレーナー
板谷一樹 氏のコメント

サイズはS、M、L、XLなどで表示されていますが、同じ男性用のSサイズでもメーカーによって大きさが異なります。そのためネットの場合、必ずメジャーで胸囲とウエストを計ってから、サイズ表で適合サイズを確認し購入するようにしましょう。

またレビューでは大きさに関する報告がなされている場合があるので、併せて購入の参考にしましょう。

ポイント2:生地選び

生地は肌触りなど好みがありますが、それぞれの素材の特徴を十分に理解して購入することをおすすめします。

【生地の種類1:ポリエステル素材】
伸縮性とサラサラとした肌触りが特徴です。また吸汗速乾性にも優れているので汗をかいても快適に過ごすことができます。

板谷一樹 氏 格闘家・パーソナルトレーナー
板谷一樹 氏のコメント

デメリットとして人によって肌荒れや乾燥が気になる場合があること。肌が敏感な人は次に紹介する綿素材がおすすめです。
【生地の種類2:綿素材】
耐久性に優れ、肌にやさしいのが綿素材です。ただし吸汗速乾性に関してはポリエステル素材より劣っているため、長時間の運動では汗を吸い取ったまま発散せず肌にまとわりつくということがあります。

板谷一樹 氏 格闘家・パーソナルトレーナー
板谷一樹 氏のコメント

物によっては長時間の運動で汗が気になる場合があります。ベトベトした感触が苦手な方はポリエステル素材のほうがおすすめです。

コンプレッションウェアもおすすめ

コンプレッションウェアとは伸縮性の高い素材を使った体にぴったりフィットするタイプのウェアです。着圧ウェアとも呼ばれ、運動機能の向上や筋肉・関節への負荷の緩和などをサポートするとも言われています。

コンプレッションウェアで筋肉の損傷の回復効果がある、といった研究もありますが、トレーニングウェアの場合、保護用サポーター等ほどの効果は期待できませんので、あくまでもサポート機能と考えるべきです。

ボディラインがくっきりでるので、気になる人はパーカーなどを上に着て、トレーニングするのもありです。

板谷一樹 氏 格闘家・パーソナルトレーナー
板谷一樹 氏のコメント

多少の加圧効果がありますので、キツめのトレーニングをしたいという人にはおすすめです。ただし体のラインがくっきり出ますので、気になる人は上にTシャツを着るなど、スポーツインナーとして使うのが良いでしょう。

スポーツ トレーニングウェア10製品の着心地や機能性を検証!

今回はトレーニングウェアのトップスに関して50点余りの商品リストの中から板谷氏と編集部が10商品を厳選。以下のポイントで採点し、順位付けを行いました。

テスト1:着心地[配点:25点]

実際に板谷氏にすべての商品を着用してもらい、運動後に着心地をヒアリングしました。実際体を動かしているときの感触や運動後のサラサラ感などをチェックしてもらいました。

テスト2:機能性[配点:25点]

吸汗速乾性、伸縮性などを板谷氏にチェックしてもらいました。

テスト3:作り[配点:20点]

襟や袖口などの作りはしっかりしているかどうか。生地は丈夫か。板谷氏に細かい部分をチェックしてもらい評価を行いました。

テスト4:サイズ・カラー[配点:15点]

サイズやカラーは豊富にそろっているか。サイズ表で手軽に選べるかどうか。こちらは通販サイトで確認し10商品を比較しました。

テスト5:コスパ[配点:15点]

上記1~4の基準を踏まえて、価格と比較し、コスパを判定しました。

それでは、トレーニングウェアのトップスおすすめランキング10選、スタートです!

ベストバイ ドライで着やすく普段使いもできる「アディダス」のポロシャツ

adidas(アディダス)
MUSTHAVES
ベーシック ボタンダウンポロシャツ
Mサイズ
実勢価格:2540円

●SPEC
素材:綿70%/ポリエステル30%
サイズ:S/M/L/O
カラー:ブラック/ホワイト/レジェンドインク
▼テスト結果
着心地 24/25点
機能性 25/25点
作り 19/20点
サイズ・カラー 13/15点
コスパ 14/15点
合計 95/100点
1位に輝いたのは、スポーツブランド「アディダス」のワンポイントロゴが印象的なボタンダウンポロです。ベーシックなウェアでスポーツ用からクールビズまで対応しています。スポーツウエアの分野でも間違いなく人気おすすめブランドです。
今回のスタッフ、田代氏も着用しているトレーニングシャツです。シンプルなデザインで普段使いに用いても全く違和感がありません。
最新テクノロジーの採用により、綿70%ながら、優れた吸汗性、透湿性、速乾性を実現。衣服内をつねにドライな状態に保ってくれます。
レビューでも「素材も軽くて肌触りもバツグン」「蒸し暑い時期に最適」「洗濯後もすぐ乾く」など多くの好評価を得ていました。

板谷一樹 氏 格闘家・パーソナルトレーナー
板谷一樹 氏のコメント

非常に着やすいトップスです。見た感じもシンプルで良い感じ。肌触りも良く、快適にトレーニングすることができました。価格が手ごろなのもよいですね。Mサイズを着用しましたが、他メーカーよりやや大きめに感じたのでサイズ選びは慎重に。

記事2位BEST 優れた吸汗速乾性を誇る「アシックス」のポロシャツ

asics(アシックス)
ワンポイントポロシャツ
Mサイズ
実勢価格:1781円

●SPEC
素材:ポリエステル100%
サイズ:XS/S/M/L/XL/2XL/3XL
カラー:ブラック/ホワイト他全4色
▼テスト結果
着心地 25/25点
機能性 24/25点
作り 18/20点
サイズ・カラー 14/15点
コスパ 13/15点
合計 94/100点
第2位は「アシックス」のワンポイントポロシャツでした。今回ランクインしたアイテムの中でも、着心地ではNO.1と板谷氏が太鼓判を押すポロシャツです。
ポリエステル素材で、優れた吸汗速乾性を持ち薄手で暑い夏にぴったりです。吸汗性に優れるので、ヨガなどで使用するのもおすすめです。
レビューでは「サイズが小さい」といった声が多数寄せられていましたが、編集部に届いたものも同様で、他社のMサイズと比べて小さめでした。
サイズ選びの際はやや大きめを選んだほうが無難なようです。

板谷一樹 氏 格闘家・パーソナルトレーナー
板谷一樹 氏のコメント

シンプルなデザインで、トレーニングウェアとしておすすめ商品です。伸縮性に優れているので、非常に運動がしやすかった。今回の商品の中で着心地がもっとも良く、生地も高品質と感じました。唯一サイズが他メーカーに比べて小さく、選ぶのに迷う点がマイナスポイントとなりました。

記事3位BEST サラサラした触感が快適な「アシックス」の丸首シャツ

asics(アシックス)
ワンポイント半袖シャツ
実勢価格:1796円

●SPEC
素材:ポリエステル100%
サイズ:XS/S/M/L/XL/2XL/3XL
カラー:アクア/ブルー他全7色
▼テスト結果
着心地 24/25点
機能性 24/25点
作り 18/20点
サイズ・カラー 14/15点
コスパ 13/15点
合計 93/100点
3位は2位と同じ人気スポーツメーカーであるく「アシックス」のワンポイント半袖シャツ。2位の商品に比べて、さらさらして着やすく、速乾性に優れています。
首や袖回りの作りもしっかりしていて耐久性も期待できます。また袖口にワンポイントであしらわれたブランドロゴもおしゃれで、ファッション性も高い一着です。

板谷一樹 氏 格闘家・パーソナルトレーナー
板谷一樹 氏のコメント

薄くて軽く、トレーニングがしやすいウェアです。ただし伸縮性がやや低いと感じました。スポーツジムでのトレーニング以外にランニングなどにも向いていると思います。

記事4位 ほぼワンコインで買える「グリマー」のシャツはコスパ最強

glimmer(グリマー)
クルーネック
半袖 4.4oz ドライTシャツ 
実勢価格:573円

●SPEC
素材:ポリエステル100%
サイズ:全12サイズ
カラー:オレンジ/グリーン/ブラック他全50色
▼テスト結果
着心地 22/25点
機能性 22/25点
作り 18/20点
サイズ・カラー 15/15点
コスパ 15/15点
合計 92/100点
驚異の安さを誇る、「グリマー」の半袖ドライTシャツが4位にランクイン。価格が500円ちょっとのコスパ最強のTシャツです。
サイズ展開も幅広く、カラーのラインナップに関しては、落ち着いた大人っぽいカラーから蛍光色まで、非常に多いのも嬉しいポイント。これならトレーニング用に何枚か買っても懐が痛みません。
着心地や機能面は1~3位商品に及ばないものの合格点。表面はフラット、裏面はメッシュになっており、汗によるベタつきを防いでくれます。
特に速乾性と通気性に優れたシャツだと言えます。複数枚持っておいても損はありません。

板谷一樹 氏 格闘家・パーソナルトレーナー
板谷一樹 氏のコメント

着心地や肌触りはさすがに上位商品にかないませんが、何より価格が魅力。速乾性に優れているのでスポーツジムだけでなくランニングにもおすすめ。これを何枚か持っていってスポーツジム内で着替えれば、つねに快適にトレーニングを行うことができます。

記事4位 強い着圧が魅力「アンダーアーマー」のコンプレッションタイプ

UNDER ARMOUR(アンダーアーマー)
ヒートギアアーマー ショートスリーブ
1358547 メンズ
実勢価格:2178円

●SPEC
素材:ポリエステル84%、ポリウレタン16%
サイズ:S/M/L/XL/2XL/3XL
カラー:全6色
▼テスト結果
着心地 23/25点
機能性 24/25点
作り 19/20点
サイズ・カラー 13/15点
コスパ 13/15点
合計 92/100点
同率第4位は、人気海外ブランド「アンダーアーマー」のコンプレッションタイプのシャツでした。

ストレッチ性に優れ、4方向へ伸縮するなど動きやすさも抜群。また抗菌防臭機能も備えていて汗による細菌の増殖を抑制してくれます。
速乾性にも優れており、水分の発散とともに熱を放出し体のクールダウンを促進。

なおサイズに関してレビューでは「ちょうどよい」「ワンサイズ大きめを買ったほうがよい」という意見が半々でしたが、コンプレッションタイプなのでややキツめに着るのがおすすめです。

板谷一樹 氏 格闘家・パーソナルトレーナー
板谷一樹 氏のコメント

筋トレならコレ!の定番。腕や首へのフィット性が素晴らしく、トレーニングに集中することができます。着心地や肌触りは上位商品に劣りますが、機能的に優れたシャツだと思います。

記事6位 やや通気性に欠けるがコスパに優れた「ユナイテッドアスレ」

United Athle(ユナイテッドアスレ)
4.1オンス ドライ アスレチック Tシャツ 
590001 メンズ
実勢価格:657円

●SPEC
素材:ポリエステル100%
サイズ:S/M/L/XL/2XL/3XL/4XL
カラー:全38色
▼テスト結果
着心地 21/25点
機能性 21/25点
作り 17/20点
サイズ・カラー 15/15点
コスパ 15/15点
合計 89/100点
第6位には「ユナイテッドアスレ」のTシャツタイプのトレーニングウェアがランクイン。

耐久性が高く「しっかり感」を重視したドライTシャツです。ほどほどの厚みを持ち、透けを気にせずトレーニングができます。
UVカット機能も備えているので真夏のランニングなどにもおすすめです。

レビューでは「型崩れや色落ちがなく安心」「サラサラとした質感は良い」といった高評価の反面、「もう少し通気性が欲しい」「速乾性、通気性、素材の柔らかさは低価格なり」といったものありました。

板谷一樹 氏 格闘家・パーソナルトレーナー
板谷一樹 氏のコメント

着心地や機能性は値段相応の感じです。サイズやカラー展開が豊富で選びやすいのも◎。なによりも価格が安くコスパ抜群なのが良いですね。

記事7位 筋トレに最適「メチーエング」のお得感十分なシャツ

MECH-ENG(メチーエング)
トレーニングウェア Tシャツ 
メンズ
実勢価格:1850円

●SPEC
素材:綿90%/ポリエステル10%
サイズ:M/L/XL/2XL/3XL
カラー:グレー、ブラック、ホワイト
▼テスト結果
着心地 22/25点
機能性 22/25点
作り 17/20点
サイズ・カラー 13/15点
コスパ 14/15点
合計 88/100点
綿素材で作られた、着心地の良い「メチーエング」のシャツが6位にランクイン。ポリエステルも含まれており、伸縮機能も十分。ウエイトトレーニングなどにぴったりです。
商品はやや小さめに作られているので、1~2サイズ大きめを購入するのがおすすめ。レビューでは「肩回りが少し小さく感じた」といった意見もありました。

板谷一樹 氏 格闘家・パーソナルトレーナー
板谷一樹 氏のコメント

十分な通気性、吸汗性、伸縮性を持っており、筋トレにとくにおすすめです。このタイプは価格が高い物が多いのですが、このシャツは2000円を切るのでお得感があります。

記事8位 軽い肌触りが魅力「SHANLIANG」のコンプレッションウェア

SHANLIANG
ジムTシャツ 
実勢価格:1850円

●SPEC
素材:綿95%/スパンデックス5%
サイズ:M/L/XL/2XL
カラー:ホワイト、レッド、ブラック/ホワイト他全7色
▼テスト結果
着心地 22/25点
機能性 22/25点
作り 16/20点
サイズ・カラー 13/15点
コスパ 14/15点
合計 87/100点
8位はストレッチの効いたコットン素材を採用した、「SHANLIANG」のジムTシャツ。伸縮性十分でウエイトトレーニングや筋トレなどにおすすめです。
サラッとした着用感でフィット感も悪くありません。筋肉が良く見える作りなので、トレーニング上級者にはおすすめブランドです。

サイズ感も「ちょうどよい」といったものが多く、普段のサイズを基準に選ぶと良いようです。

板谷一樹 氏 格闘家・パーソナルトレーナー
板谷一樹 氏のコメント

体にフィットして心地よいコンプレッションタイプのトレーニングウェアです。通気性、伸縮性ともに問題なく合格点。ただし、実際にトレーニングしてみると、やや速乾性には劣ると思いました。

記事8位 デザインは地味だが機能性抜群!「ミズノ」のナビドライ Uネック

Mizuno(ミズノ)
ナビドライ Uネック 
実勢価格:1281円

●SPEC
素材:ポリエステル100%
サイズ:S/M/L/XL/2XL
カラー:全6色
▼テスト結果
着心地 22/25点
機能性 21/25点
作り 17/20点
サイズ・カラー 13/15点
コスパ 14/15点
合計 87/100点
同率8位には日本が誇る人気スポーツブランド「ミズノ」の無地・半袖トレーニングウェアがランクイン。定番として安心感があり、誰にでもおすすめできるウェアだと言えます。
吸汗速乾性にも優れており、汗を素早く外部へ放出。衣類内をドライに保ってくれます。

デザイン的にはやや地味ですが、機能的には優れているので、1枚持っておくのも良いでしょう。

板谷一樹 氏 格闘家・パーソナルトレーナー
板谷一樹 氏のコメント

今回、このウェアを平均基準にして採点を行いました。定番として安心感があり、品質的にも◎。普段着としても使えるトレーニングウェアです。

記事10位 ハイコストなのがネックな「アディダス」のクライマチルTシャツ

adidas(アディダス)
トレーニングウエア クライマチルTシャツ
メンズ
実勢価格:3031円

●SPEC
素材:ポリエステル100%
サイズ:S/M/L/O/XO
カラー:全8色
▼テスト結果
着心地 22/25点
機能性 21/25点
作り 18/20点
サイズ・カラー 13/15点
コスパ 11/15点
合計 85/100点
第10位は「アディダス」のクライマチルTシャツ。人気ブランドならでのは高クオリティを誇り、正価は4939円、実勢価格で3000円台とややお高めだったため今回はランクを下げました。

背中に3ストライプスを配置し、背中上部のヒートゾーンに配置されたアイスドットは効果的に接触冷感を提供するなど、デザイン性と機能性を追求したウェアです。
ただし、レビューでは速乾性や冷却性能を疑問視するものもいくつかありました。さまざまな機能も状況によってはうまく働かないのかもしれません。

板谷一樹 氏 格闘家・パーソナルトレーナー
板谷一樹 氏のコメント

着心地は抜群ですが、やや肌着に近い肌触りです。さまざまな機能がついていますが、価格との兼ね合いで今回は評価を下げました。

スポーツ 自宅でトレーニングする際も専用ウェアを着用しよう

以上トレーニングウェア10選のランキングでした。

今回はジムウェアということで汎用性は重視しませんでしたが、商品によっては外でのランニングやスポーツシーンに向いていないものもあります。また、組み合わせるパンツやシューズによっても最適なトップスは変わってきます。
ウォーキングをする際など、屋外で着る場合はできるだけ薄く、吸汗速乾性を備えたウェアを選ぶのがベストです。またUV加工されている商品や長袖もあるので、ぜひ検討してみましょう。

また最近自宅でトレーニングする人が増えていますが、服装には要注意。室温が高い状態で吸汗速乾性がないウェアで運動すると、熱中症の原因にもなりかねません。自宅でトレーニングする際にも、ウェアはしっかりと運動用のものを着用しましょう。

自分のトレーニングやライフスタイルとの兼ね合いで、自分にベストな商品を選んで運動を楽しんでみてくださいね!

板谷一樹氏が所属する GRABAKA 東中野ジムのご紹介

GRABAKA 東中野ジム
GRABAKAは、2000年にチームを結成。2001年にGRABAKAのリーダー 菊田早苗がアブダビコンバット世界大会で優勝。 寝技世界一になったのを皮切りに勢いづくと、同年9月にパンクラスライトヘビー級王者に。2002年12月に東京中野区にGRABAKAジムを設立。パンクラス、PRIDEなどに多くの選手を送り込み、チャンピオンを輩出してきました。

また、近年の格闘技フィットネスブームで女性にも人気。一般向けのジムとして、キックフィットネスや柔術部門もあり、現役プロ選手が丁寧に楽しく指導しています。

同ジムではパーソナルトレーニングも行っています。詳しくは下記のHPをご覧ください!

「GRABAKA」公式HP
http://www.grabaka.com/#about

360.life(サンロクマルドットライフ)は、テストするモノ誌『MONOQLO』、『LDK』、『家電批評』から誕生したテストする買い物ガイドです。広告ではない、ガチでテストした情報を毎日お届けしています。
  • facebook
  • twitter
  • LINE
  • hatena
  • pocket

関連記事