激安PCバッグ6選|ELECOMやAmazon製など使い勝手&防水仕様を比較検証
選び方
the360.life編集部
the360.life編集部/Test by 家電批評編集部
公開日: 2020年09月11日

激安PCバッグ6選|ELECOMやAmazon製など使い勝手&防水仕様を比較検証

生活に必要なものが数多く揃う「Amazon」。そんなネット通販の強者で今買うべき製品を雑誌『家電批評』が探し出しました。ヒット商品の辛口レビューをはじめ、サービス攻略法なども大公開! 今回は、Amazonベーシックでよく見かける激安PCバッグに注目。Amazon製含めて格安の6製品を集め、使い勝手や防水性をテストしたレビューをお届けします。

本音でテストする家電購入ガイド
家電批評
家電専門誌。スマホ、イヤホンなどのガジェットから、テレビや冷蔵庫などの大型家電まで、実際にテストしてレビューする本格テスト雑誌。

<外部サイトでご覧の方へ>
見出しなどのレイアウトが崩れている場合があります。正しいレイアウトはthe360.lifeオリジナルサイトをご確認ください。

※情報は『家電批評』2020年8月号のものです。価格が変動している場合や在庫切れしている場合があります。

パソコン これからの新本命!Amazonヒット商品辛口レビュー

家から出ることなく、手軽に買い物が楽しめるネット通販。利用する機会が増えたという人は多いのではないでしょうか。

そこで雑誌『家電批評』が、ネット通販の強者「Amazon」で今買うべき製品を探し出すことに。ヒット商品の辛口レビューをはじめ、サービス攻略法なども大公開しちゃいます。

今回は、Amazonのヒット商品から「激安PCバッグ」をピックアップし、6製品の比較検証を実施しました。

パソコン 安くて使いやすいのはどれ?激安PCバッグ6製品をテスト

「PCバッグ」とは、PCやタブレットを持ち運ぶ人にとって役立つのは収納しやすく設計された専用のバッグのこと。普段使いのカバンにPCを突っ込むのとはワケが違い、安全快適に持ち運ぶことができます。

そこで、安くても使いやすいPCバッグを見つけ出すべく、Amazonベーシックの激安PCバッグ5製品に、昨年ベストバイを獲得したエレコムを加えて、以下のような検証を行いました。

1:使い勝手・つくり確認
素材や大きさなど中身、PC収納部の安全性と背中のクッション、背負った感覚などを総合的に評価しました。

2:雨を再現して防水性も検証
擬似的な雨に見立て、シャワーで同量の水を1分間かけました。
ポケット毎に濡れると色が黒くなる紙を入れて、中の濡れ具合も確認しています。

それでは、PCバッグ6製品の検証結果を、おすすめ順にご紹介します。

A評価 水OKの神バッグ!ELECOM「Ruminant」

ELECOM
Ruminant
実勢価格:7480円

サイズ:約W300×H430×D160mm
重量:約1110g
PC収納部内寸:W270×H375×D30mm
USB規格:USB2.0規格
材質:表面/PU、ポリエステル、内面/ポリエステル
▼検証結果
つくり :○
使い勝手:◎
防水機能:○

今回も前回と変わらず、ELECOM「Ruminant」がベストバイとなりました。

肩ベルトのケーブルから背負ったままスマホ充電ができる機能は文句なしに最高ですが、すぐにPCや書類を取り出せるファスナーやポケットも気が利いていて、ガジェットメーカーならではのつくりは感動もの。
ガバッと下まで開くので中身が見えやすく、モノの出し入れがしやすかったです。
背中のクッションは縦に2列。少し頼りない気がしますが、実際に背負った感じでは問題ありません。

雨に降られてもほぼ問題なさそう

ELECOM「Ruminant」は、防水性能も防水フラップがしっかりついているので、内部に浸水することを防いでくれます。検証では多少水が侵入した形跡がありますが、ほかのPCバッグと比較するとその差は歴然。激安のAmazon製では歯が立ちませんでした。

1:前面収納
小物を収納することができる前ポケット。若干の浸水がありました。

2:メイン収納
書類など大きめのモノを入れるメインポケット。ほとんど浸水しませんでした。

3:PC収納
緩衝材があるPC収納部分。ファスナーに近い部分に浸水がみられました。


4:背面収納
バッテリーを収納するポケット。まったく浸水しませんでした。

スマホ充電が使いやすい

肩ベルトにある小さなポケットを開けると、USB端子があり、背中のバッテリーにつながっています。
余分なコードは、ポケットに収納しておくことができます。
背負ったままスマホの充電ができ、通話することも可能です。

B評価 雨さえ降らなければ完璧なAmazonベーシック「トラベルバック」

Amazonベーシック
トラベルバックパック 1泊用
実勢価格:6980円
サイズ:W457×H318×D198mm
Amazonベーシック「トラベルバックパック 1泊用」は、旅行用バッグですが、通勤用として使用してもかさばらない大きさです。Amazonベーシックとは思えない堅牢なつくりと素材で、使い勝手も上々。
背中と腰に3つのクッション背負いやすく安定します。やわらかいクッションでPCのゴツゴツが痛くありません。
2wayなので、手持ちもできます。

つくりはしっかりでも雨が苦手

Amazonベーシック「トラベルバックパック 1泊用」のつくりはしっかりしていますが、ファスナーには防水フラップがなく、だだ漏れ状態でした。雨には弱そうです。

1:前面収納
さまざまな小物が小分けできる仕切りがある前ポケット。水がだだ漏れでした。

2:スマホポケット
入れる機会はあまりなそうですが、スマホ収納部分は唯一浸水がありませんでした。

3:メイン収納
書類や雑誌などを入れるメインポケット。ここもやはり厳しいようです。

4:タブレットポケット
上部からのみ入れられるタブレット用のポケット。浸水してしまいました。

5:PC収納
安全性の高いPC収納部ですが、浸水の度合いがもっとも大きかったのが残念でした。

PC収納には底クッション付き

前も後ろもふかふかの緩衝材があり、さらに底辺部には緩衝材がマジックテープで取り付けられます。

B評価 激安の割には使える!Amazonベーシック「バックパックキャンパス用」

Amazonベーシック
バックパック キャンパス用
ラップトップ収納あり
実勢価格:2980円
▼検証結果
つくり :○
使い勝手:○
防水機能:△

Amazonベーシック「バックパックキャンパス用」は、シンプルな構造でポケットの数が少ないですが、最低限の機能は備わっています。必要かどうかは別として、保温保冷ができるユニークなポケットもついています。
激安だけに素材も雑ですが、とりあえずPCバッグをお試しに使い人にオススメです。

C評価 値段の割に優秀な「Amazonベーシック」のバックパック3選

Amazon製のバックパックは、一見しっかりした素材でポケットが多ったりと、「まぁまぁ使えそう」という印象ですが、実際に手にとると、仕切り布がペラペラだったり、何のためのポケットかわからず使いにくかったりと細部の作りが微妙です。

さらに防水性能はほぼ見込めない状態で、あくまでも「普通のカバン」といった感じ。なお、激安の「Amazonベーシック」は価格なりの品質ですが、高めのバッグはそれなりの品質を保持しています。

さて、ここからは、値段の割に優秀でC評価となったAmazon製のPCバッグ3製品ご紹介します。

謎のポケットがある「バッグパック ビジネスバッグ 17インチ」

Amazonベーシック
バッグパック
PCケース ノートPC
ビジネスバッグ
17インチ
実勢価格:3480円
▼検証結果
つくり :△
使い勝手:○
防水機能:△

Amazonベーシック「バッグパック PCケース ノートPC ビジネスバッグ 17インチ」は、スマホ用ポケットが小さくていれにくく、旧時代的なPCバッグといえます。

PC収納の安全性が低い「バッグパック ビジネスバッグ 17インチ」

Amazonベーシック
バッグパック
PCケース ノートPC
ビジネスバッグ
17インチ
実勢価格:4180円
▼検証結果
つくり :○
使い勝手:△
防水機能:△

Amazonベーシック「バッグパック PCケース ノートPC ビジネスバッグ 17インチ」は、PCの横入れと不安定で、安全性が低いマジックテープが減点となりました。

つくりがお粗末な「バッグパック ビジネスバッグ 15インチ」

Amazonベーシック
バッグパック
PCケース ノートPC
ビジネスバッグ
15インチ
実勢価格:3180円
▼検証結果
つくり :△
使い勝手:△
防水機能:△

Amazonベーシック「バッグパック PCケース ノートPC ビジネスバッグ 15インチ」は、最低限のつくりで素材もペラペラ。背中のクッションも安っぽいです。

以上、雑誌『家電批評』が比較検証した、PCバッグ6製品のご紹介でした。

気になった人は、ぜひチェックしてみてくださいね。

the360.life(サンロクマル)は、テストするモノ誌『MONOQLO』、『LDK』、『家電批評』から誕生したテストする買い物ガイドです。広告ではない、ガチでテストした情報を毎日お届けしています。
  • facebook
  • twitter
  • LINE
  • hatena
  • pocket

関連記事