大根おろし・おろし金|プロが本気で格付けした2製品
ベストバイ
the360.life編集部
the360.life編集部/Test by MONOQLO編集部
公開日: 2020年08月01日

大根おろし・おろし金|プロが本気で格付けした2製品

普段何気なく食べている、大根おろし。じつはおろし器ひとつでその味わいは大きく変わるんです。そこで、人気12製品を本音で比較しました。その結果、オススメはこちらの2製品でした。

▼本記事のテスト、および監修・取材協力はコチラ

テストするモノ批評誌
MONOQLO
辛口レビュー雑誌。生活用品や家具、ガジェットに加え、保険やクレジットカードなどのサービスも比較検証する。
科学する料理研究家
さわけん 氏
辻調理師専門学校フランス校卒業。フランスの二ツ星(当時)ムーランドムージャンなどに勤務経験のある本格派。その後、イタリアンカフェのシェフを経て料理研究家に転身し世界の料理を研究。
本文中の製品画像をクリックすると購入ページへ移動します。
<外部サイトでご覧の方へ>
見出しなどのレイアウトが崩れている場合があります。正しいレイアウトはthe360.lifeオリジナルサイトをご確認ください。

※本記事は、『MONOQLO』の過去の記事の情報を再編集したものです。価格が変動している場合や在庫切れしている場合があります。

キッチン 大根おろしは脇役にあらず! 主役級の美味しさも

大根おろしって、作るの面倒くさい。しかも、料理としては脇役だし……と思っていませんか? でも、おろし器をかえるだけで、ふわっふわで、料理の主役に躍り出るおいしい大根おろしを作れるんです。

とはいえ、たくさんありすぎてどれを選べばいいか迷ってしまいますよね。そこで、12製品をピックアップし、テストしました。
その結果、もっともオススメは、こちらの2製品でした。

キッチン 1往復でふんわり雪みたいな大根おろしができる貝印

貝印:おろし専科 DA-1204:調理器具
貝印
おろし専科 DA-1204
実勢価格:1320円
いたってシンプルな見た目。でも、フードプロセッサー不要の軽いおろし心地で、1往復でふわふわの美味しい大根おろしが簡単に出来上がります。スチロール樹脂製で、セラミックや金属のおろし器を圧倒する軽さです。
最大のポイントは、本体がゆるやかに傾斜しており、フチがないところ。そのため、ストロークが非常にスムーズで、一度にたくさんおろせます。また、おろし面が湾曲しているため、抵抗もなく軽いおろし心地になっています。
便利な水切りトレーが付いており、そのままシンクへ水を捨てることができます。もちろん、トレーを外しても水切り可能です。

キッチン 力を入れなくても超ふわっふわ! 美味しさに驚くサンクラフト

サンクラフト(SUNCRAFT):スーパーおろし器:調理器具
サンクラフト(SUNCRAFT)
スーパーおろし器
実勢価格 :2683円
手や腕の負担なくおろすことができる傾斜角度に設計されたサンクラフトのスーパーおろし器。傾斜がつくことで、おろしながら大根の水分がしっかり切れます。これまでのおろし器では味わえない甘みのある大根おろしになります。
また縦方向、横方向と交互に歯がついているので、ランダムに大根が接地して、ざくざくたくさんおろすことができます。
トレーは上下二段になっています。上部で水を切ることで、ふわふわ食感になります。

▼詳しい検証方法やランキングはこちらでご紹介しています。
以上、オススメのおろし器をご紹介しました。買い替えを検討中の方は、記事を参考にしてみてください。

360.life(サンロクマルドットライフ)は、テストするモノ誌『MONOQLO』、『LDK』、『家電批評』から誕生したテストする買い物ガイドです。広告ではない、ガチでテストした情報を毎日お届けしています。
  • facebook
  • twitter
  • LINE
  • hatena
  • pocket

関連する記事はこちら