シャオミ系モバイルバッテリーとアンカー直接対決|Amazon新本命
選び方
the360.life編集部
the360.life編集部/Test by 家電批評編集部
公開日: 2020年09月15日

シャオミ系モバイルバッテリーとアンカー直接対決|Amazon新本命

仕事に役立つガジェットから、日常を豊かにしてくれる家電まで、生活に必要なものが数多く揃う「Amazon」。そんなネット通販の強者で今買うべき製品を雑誌『家電批評』が探し出しました。ヒット商品の辛口レビューをはじめ、サービス攻略法なども大公開! 今回は、シャオミ系モバイルバッテリーをアンカーと比較してご紹介します。

▼本記事のテスト、および監修・取材協力はコチラ

本音でテストする家電購入ガイド
家電批評
家電専門誌。スマホ、イヤホンなどのガジェットから、テレビや冷蔵庫などの大型家電まで、実際にテストしてレビューする本格テスト雑誌。
<外部サイトでご覧の方へ>
見出しなどのレイアウトが崩れている場合があります。正しいレイアウトはthe360.lifeオリジナルサイトをご確認ください。

※情報は『家電批評』2020年8月号のものです。価格が変動している場合や在庫切れしている場合があります。

スマートフォン これからの新本命! いまAmazonで買いたいもの

家から出ることなく、手軽に買い物が楽しめるネット通販。利用する機会が増えたという人は多いのではないでしょうか。

そこで雑誌『家電批評』が、ネット通販の強者「Amazon」で今買うべき製品を探し出すことに。ヒット商品の辛口レビューをはじめ、サービス攻略法なども大公開しちゃいます!

今回は、ベストバイアイテムのモバイルバッテリーZMI「PowerPack 10000mA」アンカー「PowerCore 10000 PD Slim」をご紹介します。

スマートフォン Amazonに本気参入したシャオミ(小米)! その実力は?

シャオミは中国の家電メーカーで、2019年に日本のアマゾンに本格進出しました。シャオミの主力はスマートフォンですが、バッテリーメーカーのZMIやイヤホンメーカーの1MOREなど、特定の商品ジャンルに特化した関連企業を多数抱えています。

バッテリーやイヤホンと言えば、シャオミと同じ中国企業のアンカーが大定番。そこで今回は、同価格帯の製品でシャオミとアンカーを比べてみることにしました。
シャオミ系メーカー1:ZMI
モバイルバッテリーやACアダプターなどを手がけています。ZMIの製品はシャオミブランドで販売されることもあります。
シャオミ系メーカー2:1MORE
イヤホン・ヘッドホンメーカーです。日本ではイヤホン専門店で先行販売されていたため、イヤホン好きの間ではちょっと知られた存在です。

スマートフォン Android派に特にオススメ! PowerPack 10000mAh

ZMI
PowerPack 10000mAh
USB-C モバイルバッテリー
実勢価格:3999円

サイズ・重量 W140×H61×D13mm(実測)205g 
充電時間 約4時間
実容量 6010mAh
公称容量10000mAh
対応するAndroidスマホを急速充電できるのはもちろん、ファブリック素材のモバイルバッテリーはあまり見かけないため、デザインで選ぶのもアリです。

実測のバッテリー容量はアンカーとほぼ同じで、ロス率も30%台。USBーPDによる18W供給にもしっかり対応していました。さらに、ZMIのバッテリーは一部のアンドロイド端末が対応する急速充電規格クイックチャージ2.0(QC2.0)を利用できます。つまり、お使いのスマホやタブレットがクイックチャージ対応なら、ZMIを選ぶのがオススメ。

なお、ZMIのモバイルバッテリーにはUSBハブ機能も搭載されています。モバイルバッテリー本体を充電しつつ、モバイルバッテリーのUSBポートに接続したUSBメモリなどを読み取れるという機能ですが、試したところ、ハブは機能しませんでした……。

スマートフォン iPhoneを高速で充電したいなら好みで選んでOK

アンカー
PowerCore 10000 PD
Slim
実勢価格:3999円

サイズ・重量 W149×H68×D14mm・212g 
充電時間 約4.5時間 
合計最大出力 18W
実容量 6264mAh
公称容量10000mAh
クイックチャージには対応していませんが、USB-PDによる18W供給にはしっかりと対応しています。iPhoneを高速充電したいなら好みで選んでOKです。サイズはZMIとほぼ同じです。

スマートフォン 人気のコンセントタイプはアンカーに軍配!

ZMI
Plugornot Zero 
実勢価格:2699円

サイズ・重量 W72×H70.5×D31.6mm・199g 
実容量 3668mAh
公称容量6700mAh
モバイルバッテリーとUSB充電器の1台2役で使用でき、持ち運ぶ荷物を減らせることから人気を集めている、ACプラグを内蔵したモバイルバッテリー。チェックしておきたいのは、バッテリーとACプラグ経由、それぞれの出力です。「Plugornot Zero」は、バッテリーが10W、ACプラグ経由が15Wと、ACプラグ経由のほうが高出力。ロス率が45%と少し高めなのが気になるポイントです。
アンカー
PowerCore Fusion 5000
実勢価格:2899円

サイズ・重量 W72×H70×D31mm・約189g
実容量 3639mAh
公称容量 5000mAh
バッテリーのロス率が27.2%と押さえられており、優秀です。

公称値ではZMIのほうが大容量なのですが、計測するとほぼ同じ! つまりバッテリーとしてはアンカーのほうが優秀です。加えてアンカーは、バッテリー時に15W出力が可能ですが、ZMIは10W止まり。外出先でより素早く充電したい場合も、アンカーに軍配が上がります。
以上、注目を集めるシャオミ系ガジェットの性能、使い勝手、コスパをアンカー製品と比較しながらご紹介しました。価格差はなくとも、スペックには違いがあることがお分かりいただけたと思います。どちらが自分にマッチするか、じっくりと吟味してくださいね。

360.life(サンロクマルドットライフ)は、テストするモノ誌『MONOQLO』、『LDK』、『家電批評』から誕生したテストする買い物ガイドです。広告ではない、ガチでテストした情報を毎日お届けしています。
  • facebook
  • twitter
  • LINE
  • hatena
  • pocket

関連する記事はこちら