【セルフ白髪染め】黒髪キープおすすめアイテム2選|『LDK』が紹介
選び方
the360.life編集部
the360.life編集部/Test by LDK編集部
公開日: 2020年10月12日

【セルフ白髪染め】黒髪キープおすすめアイテム2選|『LDK』が紹介

30代、40代になって、ちょっとした老化や不調が気になるようになってきた……そんなあなたに、雑誌『LDK』がお金も手間もかからない“ちょい老け&プチ不調の対策法”をお届け。今回は、サロンに行けない時の白髪ケアのおすすめアイテムとセルフ染めのカラー剤選びのポイントをご紹介します。

テストする女性誌
LDK
インテリア、掃除、食品からコスメ、健康まで、あらゆるモノやサービスを賢く選ぶために、ホンネでテストする女性向け生活情報誌。


※情報は『LDK』2020年8月号掲載時のものです。価格が変動している場合や在庫切れしている場合があります。

ビューティー 老け&不調のお悩みに!“コレだけやっとこ”習慣

ぽっこり下腹や肩コリ、たるんだお尻に顔のシミ……。年を重ねて気になり始めたカラダの異変はありませんか? そんな、ちょっとした老化や不調の悩みを解決すべく、雑誌『LDK』が「コレだけやっとこ! ルーティーン」をお届け!

お金も手間もかけず、無理なく今日からマネできることだけを厳選した、プロお墨付きの方法です。

今回は、美容院代やダメージヘアのお悩みなど、今更聞けない髪悩みのアレコレ。白髪を美容院で染め続けるのはお金がかかるし手間という人に、セルフでも黒髪をキープできる方法をご紹介します。

ビューティー 白髪染めは美容院とセルフを併用して黒髪をキープ!

美容院で白髪染めする時間が取れない人は、市販の白髪染めを使うのもアリ。セルフと併用すれば、美容院は年に2~3回で大丈夫です。セルフと美容院を併用した白髪染めスケジュールは、こんな感じ。

1カ月目:美容院で全体染め
  ↓
2カ月目:部分染めでキープ
  ↓
3カ月目:おうちで全体染め
  ↓
4カ月目:部分染めでキープ
  ↓
5カ月目:美容院で全体染め

ただし、市販品は美容院で染めるよりも髪や頭皮へのダメージを受けやすいので、最低3回に1回は美容院で染めましょう。

齊藤あき 氏 毛髪診断士・美養研究家
齊藤あき 氏のコメント

美容院で染める時は、使っていたカラー剤を美容師に伝えましょう。
雑誌『LDK』が過去にテストを行い、高評価となった市販の白髪染めと部分染めを2製品ご紹介します。

白髪が目立ってきたらおうちで染め!「ウエラトーン2+1」

HFCプレステージジャパン
ウエラトーン2+1
クリームタイプ5G
実勢価格:1423円
HFCプレステージジャパン「ウエラトーン2+1 クリームタイプ」は、素人でもムラなく仕上がり、色持ちだけでなくツヤやまとまり感も良い製品でした。30回洗ってもカラーをキープしてくれます。

気になったところだけサッと隠す「はえぎわの白髪かくし」

ダリヤ
サロンドプロ カラーオンリタッチ
はえぎわの白髪かくし
実勢価格:647円
部分染めでオススメなのは、ダリヤ「サロンドプロ カラーオンリタッチ はえぎわの白髪かくし」。乾いた後、雨でにじんだり、こすれて服についたりしにくいのがポイント。
出がけにサッと塗れて徐々に色が定着していきます。

ビューティー プロが伝授!白髪染めの選び方と長持ちさせるコツ

セルフで染めるとなったら、困るのが色選びですよね。そこで最後は、プロに教わった色の選び方と、白髪染めを長持ちさせるコツをご紹介します。

カラー剤はワントーン明るめのクリームタイプを選ぶ

白髪染めは素人でもムラなく染められるクリームタイプ一択。色は、生え際だけ黒くなりすぎると不自然になるため、伸びた髪よりやや明るめを選びましょう。
泡は使い捨てになるものもありますが、クリームタイプなら、余ったら残しておくこともできます。

染めたあと1週間は丁寧なケアをして長持ちさせる

白髪染め後はキューティクルが開き、タンパク質も流出しやすい状態。ケアしないと傷んで色も抜けやすいので、染めて1週間はアミノ酸系のシャンプーを使い、トリートメントも毎日使うようにしましょう。

齊藤あき 氏 毛髪診断士・美養研究家
齊藤あき 氏のコメント

染めたあとは退色を防ぐヘマチン配合のトリートメントがオススメです。
以上、セルフでも黒髪をキープできる白髪染めアイテムやテクニックのご紹介でした。ぜひ、参考にしてみてくださいね。

▼セルフ白髪染めのアイテム検証記事はこちら
▼アミノ酸系シャンプー選びなら! エイジングシャンプーのおすすめはこちら

ビューティー 『LDK』2020年8月号

『LDK』
2020年8月号
マネしたいネタ満載、老け&不調対策の「コレだけやっとこ習慣」を特集した『LDK』2020年8月号はこちらから購入できます。ぜひ、チェックしてみてくださいね。

the360.life(サンロクマル)は、テストするモノ誌『MONOQLO』、『LDK』、『家電批評』から誕生したテストする買い物ガイドです。やらせなし、ガチでテストしたおすすめ情報を毎日お届けしています。
  • facebook
  • twitter
  • LINE
  • hatena
  • pocket

関連記事