【目利きが選ぶ日本酒】鳥屋酒造「池月」は純朴な味で食が進む1本です|日本酒完全ガイド
選び方
the360.life編集部
the360.life編集部/Test by the360.life編集部
公開日: 2020年08月01日

【目利きが選ぶ日本酒】鳥屋酒造「池月」は純朴な味で食が進む1本です|日本酒完全ガイド

クセが強くて飲みにくいイメージが強かった日本酒ですが、最近では飲みやすいものが増え、世代問わず人気が高まっています。しかし、その種類は多く、好みの日本酒を見つけるのは大変……。ということで今回は、全国の実力派酒販店の皆さんが「おいしい!」と認めたお気に入りの1本をご紹介。今回は、純粋に米本来の旨みだけを追求した鳥屋酒造「池月」です。

▼本記事のテスト、および監修・取材協力はコチラ


全国の実力派酒販店の皆さん
東北から九州まで、日本酒の伝道師とも言える実力を持つ酒販店の皆さん。

本文中の製品画像をクリックすると購入ページへ移動します。
<外部サイトでご覧の方へ>
見出しなどのレイアウトが崩れている場合があります。正しいレイアウトはthe360.lifeオリジナルサイトをご確認ください。

※情報は『日本酒完全ガイド』2020年3月発行時のものです。価格が変動している場合や在庫切れしている場合があります。

食品雑貨 日本酒を一番知っている全国の実力派酒販店とセレクト!

日本酒界にはいま、世代交代によって若い感性で新たな風が吹き込まれています。一方でクラシックな手法が改めて見直されるなど、日本酒の酒質にさらに奥行きや深みが増していると言われています。

各地で誕生した日本酒がオンラインで簡単に入手できる時代。おいしいお酒が出揃って、目移りして何を選べばいいか分からない人も多いはず。
そこで、日本酒を一番知っている全国22の実力派酒販店の皆さんにアンケートを実施。目利きたちにおすすめのお酒を聞いてジャンル別にセレクトしました。

食品雑貨 飲みたいのはどのタイプ? お気に入りを見つけよう

数ある日本酒の中から、“今飲みたいお気に入りの1本”を見つけるために、まずは日本酒をジャンル分けしてみました。日本酒のタイプはさまざまな形でされていますが、「どこで好みが分かれるか」「どんな料理やシーンで味わいたいか」などから考え、今回は福岡の住吉酒販が提唱しているタイプ分けに準拠しました。

一方の軸は「お酒のボディ(ライト/フル)」もう一方の軸は「造りのトラディショナルさ(モダン/クラシック)」で4タイプにカテゴライズしたものがこちら。
あなたの飲みたい日本酒のタイプは?[ボディ:ライト][造り:モダン]「フレッシュ&ライト」[ボディ:フル][造り:モダン]「ジューシー&リッチ」[ボディ:ライト][造り:クラシック]「端正&穏やか」[ボディ:フル][造り:クラシック]「渋旨&フルボディ」

今回は、しっかりしたボディとギュッと凝縮されて、かつ緻密な旨みを感じられる【渋旨&フルボディ編】から、おすすめの1本をご紹介します。

食品雑貨 池月 純米酒(鳥屋酒造・石川)

池月
純米酒
鳥屋酒造
実勢価格:1350円
720ml
▼日本酒データ
・原料米(精米歩合):五百万石(55%)
・アルコール度   :15度
・蔵元       :鳥屋酒造
石川県鹿島郡中能登町一青ケ-96
鳥屋酒造は能登の小さな酒蔵ですが、飾らず、純朴な味のある酒「池月(いけづき)」が広く知られています。中でも純米酒は、純粋に米本来の旨みだけを追求した、自然体ででしゃばることのない素直な酒に仕上げられている1本。何度も自然に杯を傾けてしまう食中酒として、和食に合わせたいです。

全国の実力派酒販店の皆さん
全国の実力派酒販店の皆さんのコメント

自然な味わいは、食をグイグイ進ませてくれます。ブリしゃぶや蟹など、味のある海鮮類と相性抜群。【酒舗よこぜき・石塚康一郎さん】

食品雑貨 日本酒基本の「き」:日本酒はどうやって完成する?

日本酒の基本的な原料は米と水、そして米麹です。

アルコールは、糖分と水を酵母が食べることで生み出されますが、そのためには米に含まれるデンプンを糖分に変える必要があり、米麹に含まれる「糖化酵素」がその役割を果たしてくれます。
アルコール発酵のもう一つの主役は「酵母」。酵母は、発酵によりアルコールを生成すると同時に、香りや酸も生産し、お酒の香味に大きな影響を与えます。

発酵を健全に進めるためには、まず優良で丈夫な酵母を育成する必要があり、それが“もと”ともいわれる「酒母(しゅぼ)」造り。酒母に蒸米、米麹、水を4日間かけて仕込んでいきます。

発酵にかかる時間はおよそ3週間前後。温度管理をしながらていねいに醸されていき、日本酒が完成するのです。

最後に、サンロクマルから日本酒をもっと楽しむアイテムを紹介します。

おすすめアイテム:最適な温度で保存できるワインセラー

さくら製作所 
ZERO Advance SA38-B
実勢価格:11万2722円

サイズ:W390×H1165×D530mm
重量:49kg
有効内容積:104L(上室45L+下室59L)
温度表示:液晶(暗転モード付)
庫内灯:LED
年間の電気代目安:約5022円
さくら製作所「ZERO Advance SA38-B」は、庫内の温度を0℃から設定できるのが大きな特徴で、ワイン以上に管理が難しいと言われている日本酒やクラフトビールなどにも対応しているワインセラーです。

大きさは平均的ですが、収納可能本数はワインボトル38本と他社製品と比べて多め。さらに、二段に分かれた収納で、上段をワイン、下段を日本酒に分けるなどして、種類が違うお酒でも同時に最高の状態で管理することができます。安い買い物ではありませんが、これまで以上に家飲みが、おいしく楽しめること間違いなしです。

以上、酒販店が選ぶ日本酒の紹介でした。

もっと詳しく知りたいなら『日本酒完全ガイド』をチェック!

晋遊舎
日本酒完全ガイド
1100円
酒の目利きたちが厳選したいま飲むべき旨い日本酒を集めました。気になる方はぜひこちらもチェックしてみてくださいね。

360.life(サンロクマルドットライフ)は、テストするモノ誌『MONOQLO』、『LDK』、『家電批評』から誕生したテストする買い物ガイドです。広告ではない、ガチでテストした情報を毎日お届けしています。
  • facebook
  • twitter
  • LINE
  • hatena
  • pocket

関連する記事はこちら