【iPad】マルチペアリング対応キーボードおすすめ5選!書類作成が快適なのは?|『家電批評』が紹介
選び方
the360.life編集部
the360.life編集部/Test by 家電批評編集部
公開日: 2020年07月27日

【iPad】マルチペアリング対応キーボードおすすめ5選!書類作成が快適なのは?|『家電批評』が紹介

仕事はもちろん、遊びに学びに八面六臂で活躍必至の「iPad」。2020年3月には、iPad Proの待望の新モデルが発売されました。そこで、最新のProネタ、iPadがもっと最強になるガジェットや、楽しめるエンタメなど「いまiPadでできること」を一挙大公開! 今回は、一歩進んだ使い方ができるマルチペアリング対応キーボードをご紹介します。

本音でテストする家電購入ガイド
家電批評
家電専門誌。スマホ、イヤホンなどのガジェットから、テレビや冷蔵庫などの大型家電まで、実際にテストしてレビューする本格テスト雑誌。

<外部サイトでご覧の方へ>
見出しなどのレイアウトが崩れている場合があります。正しいレイアウトはthe360.lifeオリジナルサイトをご確認ください。

※情報は『家電批評』2020年7月号掲載時のものです。価格が変動している場合や在庫切れしている場合があります。

パソコン 年に1度の総力特集!“iPadでいまできること”を大公開

仕事や勉強、遊びにも使える「iPad」。どんな場面でも使えて、いまや24時間手放せない最強のツールです。2018年にはiPad Proが発売され、それから約1年6カ月、2020年3月に待望の新モデルが発売されるなど、iPadの進化は止まりません。

ということで、気になる最新のiPad Proのネタを含め、iPadがもっと最強になるグッズや遊べるアプリなど、「いまiPadでできること」を一挙大公開! 雑誌『家電批評』がお届けする、およそ年に1度の“iPad総力特集“の始まりです。

今回は、本格的に仕事をするなら必需品とも言えるキーボード。PCと同時に使う人向けに、マルチペアリング対応製品を紹介したいと思います。

パソコン スイッチ1つで操作対象を切り替え! マルチペアリング対応製品

マルチペアリングとは、複数のBluetooth機器と接続設定を行い、スイッチ1つで操作対象を切り替えできる機能のこと。つまり、 マルチペアリング対応のマウスとキーボードがあれば、1組でパソコンとiPadを操作することができるんです! 

iPadをスタンドに立ててパソコンのモニターと並べれば、デュアルモニターならぬほぼデュアルパソコン環境のできあがり。パソコンで資料を作成しつつ、iPadではネット検索。これだけで作業が2倍はかどります!

それでは、おすすめのマルチペアリング対応キーボード5選を見ていくことにします。

パソコン 書類作成がはかどるロジクール「CRAFT」

ロジクール
CRAFT
実勢価格:1万5455円

サイズ・重量:W430×H32×D149mm・960g 接続形式:Bluetooth low energy、Unifying 2.4GHz 電源:USB-C充電

▼対応機種   :Windows、Mac、iPad、Android
▼ペアリング台数:3台

※接続機器によっては一部のキーやタッチパッドが使用できないことがあります
※iPad対応は編集部の検証によりiPadと接続・操作ができた製品です
ロジクール「CRAFT」はWindowsとMacの両レイアウトに対応したキーボード。

iPadと接続した際はMacレイアウトのキーボードとして機能したため、文字入力の切り替えやcommandキーを使ったショートカットなど、マカーなら違和感なく操作できます。Safariでは30以上のショートカットが使用でき、書類作成やメール入力が圧倒的にラクになりました。

ポイント:iPadでも入力がはかどるMacレイアウト対応

▼文字入力切り替え
文字入力キーはMacユーザーにはなじみ深いスペースキーの左右に配置されています。

▼@はココ
Apple純正と違い、「@」は[Shift]+[2]で入力します。

▼接続切り替え
操作機器の切り替えは「1/2/3」を入力するだけです。

▼スクリーンショット
上段右部には表示中の画面のスクリーンショットを撮影するキーがあります。

▼iPadをロック
右上にあるロックキーを押すとiPadをロックします。画面もオフになります。
▼クリエイティブ入力ダイヤル
クリエイティブ入力ダイヤルでiPadの音量を操作できました。ビデオ会議などで重宝しそうです。

パソコン iPadもパソコンもOK! エレコム「TK-DCP03BK」

エレコム
TK-DCP03BK
実勢価格:5769円

▼対応機種   :Windows、Mac、iPad、Android
▼ペアリング台数:3台
エレコム「TK-DCP03BK」は、トラックボールでiPadやパソコンを操作できるためマウスが不要。[fn]+[W]キーで入力をiOSモードに変更できます。「BACK/FORWARD」キーはカスタマイズできました。

パソコン タッチパッドに早変わりするUNIQ「mokibo」

UNIQ
mokibo
実勢価格:1万8480円

▼対応機種   :Windows、Mac、iPad、Android
▼ペアリング台数:3台
UNIQ「mokibo」は[Fn]+[Caps Lock]でキーの表面がタッチパッドになります。iPadもパソコンも、同じようにタッチ操作できました。打鍵感はやわらかめですが、キーが大きいので入力しやすいです。

パソコン ケースがスタンドになる折りたたみ式の3E「TOUCH+」

3E
TOUCH+
実勢価格:7380円

▼対応機種   :Windows、Mac、iPad、Android
▼ペアリング台数:3台
3E「TOUCH+」は折りたたみタイプとしては大きめのキーで打鍵感は◎です。

タッチパッドは「iPad」(OS13.4以降)に対応しました。キーボードを開くことでスマートに電源をオンにできます。レザータイプのケースは高級感があり、12.9インチのiPad Proも立てられました。

パソコン iOSレイアウト対応タッチパッド搭載のエレコム「TK-FLP01PBK」

エレコム
TK-FLP01PBK
実勢価格:4109円

▼対応機種   :Windows、Mac、iPad、Android
▼ペアリング台数:3台
エレコム「TK-FLP01PBK」はキーをiOSレイアウトに変更するボタンを備えています。

スペースキーの右に配置されたコンパクトなタッチパッドは、テストではiPad Pro12.9インチで動作せず、mini 4では機能しました。プラスチック製のケースはiPadスタンドになります。
以上、マルチペアリング対応キーボードでした。今回試したものは、全てiPadに接続して操作性は◎でした! iPadでの効率的な仕事や勉強、遊びに思い存分使ってくださいね。

the360.life(サンロクマル)は、テストするモノ誌『MONOQLO』、『LDK』、『家電批評』から誕生したテストする買い物ガイドです。広告ではない、ガチでテストした情報を毎日お届けしています。
  • facebook
  • twitter
  • LINE
  • hatena
  • pocket

関連記事