【業務スーパー】1食113円でしっかりコク! 楽ウマ「ツナ缶カレー」レシピ
ベストアイデア
the360.life編集部
the360.life編集部/Test by LDK編集部
公開日: 2020年09月17日

【業務スーパー】1食113円でしっかりコク! 楽ウマ「ツナ缶カレー」レシピ

一般の人も利用でき、大容量食材が豊富に揃っている業務スーパー。とても頼りになる存在ですが、単調なメニューになって飽きてしまうこともありますよね。そこで今回は、余らせがちな食材を使ったプロ直伝の節約レシピを紹介。今回は、1食113円で食べ応えたっぷりの「ツナ缶カレー」をご紹介します!

テストする女性誌
LDK
インテリア、掃除、食品からコスメ、健康まで、あらゆるモノやサービスを賢く選ぶために、ホンネでテストする女性向け生活情報誌。
フードコーディネーター
平尾由希 氏
世界各国の食についてコラムを執筆するほか、雑誌やwebにてレシピを執筆中。
<外部サイトでご覧の方へ>
見出しなどのレイアウトが崩れている場合があります。正しいレイアウトはthe360.lifeオリジナルサイトをご確認ください。
 
※情報は『LDK』2020年7月号掲載時のものです。価格が変動している場合や在庫切れしている場合があります。

食品雑貨 プロが本気を出した!業スーの食材で作る「激安節約レシピ」

最近話題になっている「業務スーパー」。1kgも入ったお惣菜や冷凍食品など、普通のスーパーでは見かけないような大容量の食材が安く手に入ることで人気を集めています。

ただ、量が多いゆえに「味に飽きる」「食べきれない」という悩みが発生するのも事実……。せっかく安く買っても、余らせてしまってはもったいないですよね。

そこで、そんな人のために、プロの料理家の方々に業務スーパーの食材を使った節約レシピを考えていただきました!
朝食や夕食、スイーツなど、どれも1食100~200円で作れる激安レシピばかり。試食した編集部員からは「これはレストランの味だ!」と驚きの声が多数上がりました。もちろん、一般メーカーの食材に置き換えられるので、業務スーパーを利用していない人でも作ることができますよ。

そして今回、その中からご紹介するのは「夕食編」から「ツナ缶カレー」のレシピです。100円前後で超簡単に“お店風の主食”ができちゃいます。

食品雑貨 肉や玉ねぎを使わなくてもコクが出る「ツナ缶カレー」

【ツナ缶カレー】
1食分の費用:約113円

カレーを作る時って、コクを出すために肉や炒め玉ねぎを使いますよね。「玉ねぎを炒めたり肉を入れたりするのは時短・節約したい身としてはちょっと……」という人に朗報です。

今回ご紹介する「ツナ缶カレー」は、ツナ缶に粉末玉ねぎが入っているから、肉や炒め玉ねぎを入れなくてもコクがしっかり出るんです。ツナのしっかりとした食感もカレーによく合いますよ。

<材料>※2人分
・ツナフレーク……1缶
・にんにくチューブ……小さじ1/4
・しょうがチューブ……小さじ1/4
・カットトマト缶……1/2缶
・プレーンヨーグルト……大さじ1
・カレー粉……大さじ1
・塩……適量

<作り方>
1:にんにく・しょうが・トマトをフライパンに入れ、水気がなくなるまで煮込む。
2:1にカレー粉を加えて炒める。
3:2にツナ缶(汁ごと)とヨーグルトを加えて混ぜる。弱火で5分ほど煮込んだら塩を入れて味をととのえる。
4:ご飯と3を皿に盛りつけたら完成。お好みでパクチーを飾る。
ヨーグルトを入れることで酸味・コクがアップしますよ!

レシピで使った業務スーパー食材はこちら

神戸物産
ライトツナフレーク(かつお油漬)
実勢価格:149円
80gの4缶パックでこのお値段。マグロより少しお安め。缶切りを使わずに開けられるタイプのツナ缶です。
カツオを使用しています。粉末玉ねぎ、野菜エキス入りなのでお料理の旨みがアップします。
神戸物産
おろし香にんにく
実勢価格:267円
無着色で280g入り。
通常サイズのチューブに比べて、なんと約7倍の量が入っています。
神戸物産
おろし生しょうが
実勢価格:246円
無着色で内容量は280g。さわやかな香りがポイントです。
たくさん入っているから、さまざまな料理に惜しみなく使えますね!

以上、1食約113円で完成しちゃうお店風主食、「ツナ缶カレー」のレシピでした。

食品雑貨 激安&大容量!大人気の業務スーパーってそもそもどんなお店?

近頃大人気の「業務スーパー」は、株式会社神戸物産が手掛けているスーパーで、全国に851店舗(2019年12月末現在)が展開されています。

自社工場で製造したオリジナル製品や海外からの直輸入品を数多く見かけますが、一般的なスーパーに置いてあるような食品メーカーの品もあり、飲食業関係の人だけでなく一般の人も多く利用しています。

そして、業務スーパーの魅力は、なんと言っても激安かつ大容量の食品や食材が売られているということ。
1kgも入ったお惣菜、牛乳パックに入ったデザート、冷凍された巨大チーズケーキなどのオリジナル製品は見た目のインパクト大。しかも、そのいずれも安いんです! また、揚げたなすを冷凍したものなど下処理済みのものなら、家ですぐ料理できるのが便利です。

「カレーは作りたいけど、野菜を切ったり炒めたりが面倒くさい」「いつもと違うカレーが食べたい」という人にぴったりな「ツナ缶カレー」。簡単に作れるうえ、1食あたり約100円とコスパも良いです! 気になった人・業務スーパーで購入したツナ缶が余っている人は、チャチャッと作ってみてはいかがでしょうか。

▼おいしいカレールーならこちらの記事も!
▼ツナ缶の選び方はこちらも参考に!

the360.life(サンロクマル)は、テストするモノ誌『MONOQLO』、『LDK』、『家電批評』から誕生したテストする買い物ガイドです。広告ではない、ガチでテストした情報を毎日お届けしています。
  • facebook
  • twitter
  • LINE
  • hatena
  • pocket

関連記事