【ベストヒット家電】“ラクにごちそう!”を叶える調理家電3選
選び方
the360.life編集部
the360.life編集部/Test by 家電批評編集部
公開日: 2020年07月31日

【ベストヒット家電】“ラクにごちそう!”を叶える調理家電3選

調理をラクにしてくれる便利家電。購入したいと思っても、どれが良いのかわからない…という人は案外多いのではないでしょうか? その悩み、あらゆる調理家電を検証してきた『家電批評』が解決します! 今回は『家電批評』でベストバイに選ばれたホームベーカリー、自動調理鍋、電気圧力鍋をご紹介します。

本音でテストする家電購入ガイド
家電批評
家電専門誌。スマホ、イヤホンなどのガジェットから、テレビや冷蔵庫などの大型家電まで、実際にテストしてレビューする本格テスト雑誌。

<外部サイトでご覧の方へ>
見出しなどのレイアウトが崩れている場合があります。正しいレイアウトはthe360.lifeオリジナルサイトをご確認ください。
 
※情報は『家電批評』2020年6月号掲載時のものです。価格が変動している場合や在庫切れしている場合があります。

キッチン 『家電批評』がお届けする調理家電のベストバイは?

家電にかぎったことではありませんが、世の中にはさまざまな製品であふれています。よりよいものを欲しいと思っても、どれを選んでいいかわからなくなることありますよね。

そこで今回は、ネットを疑う家電購入ガイド『家電批評』がこれまで検証してきた家電の中から、ベストバイとしておすすめできる調理家電アイテムを厳選してご紹介したいと思います。簡単にごちそうを叶えてくれる、買って損なしのベストヒット家電ばかりです!

キッチン 材料を入れるだけで絶品パンが完成!「PY-E632W」

ツインバード
PY-E632W
実勢価格:1万9800円
サイズ・重量:W235×H310×D300mm・4.8kg
消費電力:430W
タイマー:13時間(焼き上がりまで)
色んなメーカーがホームベーカリーを出していますが、ツインバード「PY-E632W」のクオリティはダントツです! 13時間までタイマーを設定できるから、毎朝パンの焼きたての香りで目覚められますよ。
付属レシピに書いてあるとおりに材料を入れるだけで、やわらかいのにかみ応えのある、ふわもちパンの出来上がりです。お手軽でありながら、お店レベルのパンが味わえちゃいますよ! 小麦粉の風味・バターの香りに思わず口もとがほころんでしまいそうです。
やや薄めの焼き色です。手でちぎってみると、糸を引くような粘りと弾力を感じます。一口食べた途端に広がる香り・味が最高です!
作れるのは定番の食パンだけではありません。オートメニューが豊富にあり、ピザ生地・うどん・そば・お餅など多彩なものが作れます! 一年中活躍すること間違いなしです。
うどんだってこの通り。1本1本のコシが強くて弾力があります。粉と塩の旨みがじっくり感じられる麺…絶品です!

キッチン ほったらかしで品数を増やせる!「ヘルシオホットクック KN-HW10E」

シャープ
ヘルシオ ホットクック KN-HW10E
実勢価格:3万3845円
サイズ・重量:W220×H240×D305mm・約3.7kg
消費電力:350W
設定温度:35~90℃
最大予約設定時間:15時間
カラー:ブラック、ホワイト
時短希望の人・品数を増やしたい人にぴったりなのが、シャープ「ヘルシオ ホットクック KN-HW10E」。放置していても美味しい料理ができちゃう自動調理鍋のベストバイです!

自動調理鍋は置き場所にこまることがネックでしたが、こちらは一人暮らしや少人数家族にピッタリ。容量1.0L・重さ3.7kgとコンパクトに収納できるサイズ感が嬉しいですね。キッチンの棚にもスッポリしまえそうです。
小さいからといって、大きなサイズより機能が劣ることはありません。従来の機能や使い勝手はそのままに、2段同時調理も健在です。上段と下段にレシピに沿って材料をセットし、スタートすれば、枝豆&肉豆腐の晩酌セットだってできちゃいます!
たとえば、スープの材料を下段(写真右)に先に入れ、上段(写真左)には鶏肉をセットすると、やわらかいチキンと美味しいスープが同時に完成!

手軽にパパッと作りたい人にはもってこいな、調理をラクにしてくれるアイテムです。

キッチン 圧力鍋デビューに最適!「電気圧力なべ SR-MP300」

パナソニック
電気圧力なべ SR-MP300
実勢価格:2万9391円
サイズ・重量:W292×H270×D278mm・約3.6kg
圧力:70kPaゲージ圧(約115℃)
満水容量:3.0L
消費電力:約700W
最大予約設定時間:12時間(自動調理の一部のみ)
じっくり調理して、トロトロに煮込みたい…。そんな人に最適なのが、パナソニック「電気圧力なべ SR-MP300」。圧力がかけられるので、ジューシーな煮豚や口の中でホロリとほぐれる鯖味噌作りも、まるで和食屋さんのような仕上がりになるんです!

圧力をかけることで、レパートリーの幅が広がりますよね。また、半自動なので自分流のアレンジもできちゃいますよ。圧力鍋に初めてチャレンジする人にも自信を持っておすすめできます。
しっとりとした鯖の身はとてもほぐしやすく、これは圧力鍋ならではといえるでしょう。味噌がしっかり絡んでいて、旨みがじわっと染み出します。

以上、『家電批評』が厳選したごちそう系調理家電アイテム3選でした。プラスαすることで食卓の彩りが増すこと間違いなし。「使ってみたい」と思うものがあれば、ぜひ購入を検討してみてくださいね!

the360.life(サンロクマル)は、テストするモノ誌『MONOQLO』、『LDK』、『家電批評』から誕生したテストする買い物ガイドです。広告ではない、ガチでテストした情報を毎日お届けしています。
  • facebook
  • twitter
  • LINE
  • hatena
  • pocket

関連記事