【自宅ジム化】運動効率を爆上げ!「ウェイトバー」おすすめ3選|『MONOQLO』が紹介
選び方
the360.life編集部
the360.life編集部/Test by MONOQLO編集部
公開日: 2020年10月06日

【自宅ジム化】運動効率を爆上げ!「ウェイトバー」おすすめ3選|『MONOQLO』が紹介

運動はしたいけど、ジムに行くのは面倒くさくて「ダイエットは明日から状態」になっていませんか? そんなときは自宅を「ジム化」しちゃいましょう。今回注目するのは「ウェイトバー」。手軽に運動効率を上げてくれるアイテムのおすすめを紹介します!

テストするモノ批評誌
MONOQLO
辛口レビュー雑誌。生活用品や家具、ガジェットに加え、保険やクレジットカードなどのサービスも比較検証する。
アスレティックトレーナー
朝日山一男 氏
スポーツ・コンディショニングから介護予防まで手がける運動指導の専門家。
パーソナルトレーナー
谷けいじ 氏
中・高・大で体操選手として活躍後、トレーナーへ。独立後は運営するパーソナルトレーニングジム「レブルス」にてカリスマトレーナーとして名を馳せるほか、多くのメディアで多角的に活動中。


※情報は『MONOQLO』2020年7月号掲載時のものです。価格が変動している場合や在庫切れしている場合があります。

スポーツ ジムに行かなくていい!オススメの自宅トレーニンググッズを紹介

運動はしたいけど、ジムに行くのは面倒だし、外で運動するのも……なんて、腰が重たくなっていませんか? 

そんな人のために、雑誌『MONOQLO』が、自宅でも本格的なジムトレができるアイテムや、プロが教えるオススメのトレーニングメニューをご紹介。

今回は、持つだけで自然と正しい姿勢に改善してくれる「ウェイトバー」をピックアップ。いわゆる“重い棒”ですが、あるとないでは大違いなんです。ウェイトバー3製品を集め、長さ・重さ・滑りにくさの3項目をチェックしました!

S評価 重さと長さのバランスがいい「アルインコ」

アルインコ
エアロビックバー
実勢価格:3179円(3kg)
▼検証結果
長さ   :◎
重さ   :◎
滑りにくさ:◎
総合評価 :S

ウェイトバーを選ぶときは、握りやすさと長さ・重さのバランスが重要。アルインコ「エアロビックバー」は、重さと長さのバランスがよく、グリップもよく効いて使いやすい1本でした。

たった3kgでも意外と重く感じるので、ストレッチの際に担げば、軽い筋トレ&体幹の強化になるうえ、姿勢の改善にも効果が期待できます。

谷けいじ 氏 パーソナルトレーナー
谷けいじ 氏のコメント

重りを持ってバランスを取れば体幹の強化になります!

A評価 重さがやや物足りない「ダンノ」

ダンノ
フィットネスバー
実勢価格:5430円(2kg)
▼検証結果
長さ   :◎
重さ   :○
滑りにくさ:○
総合評価 :A

ダンノ「フィットネスバー」は、男性向けの長さですが、重さはやや物足りません。ふわふわしたグリップ感です。

B評価 “ダンノ”と同じでも価格が高い「エバニュー」

エバニュー
フィットネスバー
実勢価格:6425円(2kg)
▼検証結果
長さ   :◎
重さ   :○
滑りにくさ:○
総合評価 :B

エバニュー「フィットネスバー」は、メーカーは違うものの、A評価の「ダンノ」と同じ内容の製品。価格が高いので注意しましょう。

以上、自宅トレーニングにオススメのウェイトバー3製品のご紹介でした。

負荷はあまり強くありませんが、ストレッチや筋トレの補助として使えば、簡単に体幹のトレーニングができます。脚~胸くらいの長さで、男性なら3~5kg、女性は2~3kgを目安に選ぶのがオススメです。

一見「ただの棒」でも運動効率は爆上げしてくれるので、自宅で手軽に運動をしたいという人や、テレワークで日頃の運動不足を感じている人は、ぜひチェックしてみてくださいね!

▼こちらも1本で全身にきく!トレーニングチューブのおすすめはこちら

the360.life(サンロクマル)は、テストするモノ誌『MONOQLO』、『LDK』、『家電批評』から誕生したテストする買い物ガイドです。やらせなし、ガチでテストしたおすすめ情報を毎日お届けしています。
  • facebook
  • twitter
  • LINE
  • hatena
  • pocket

関連記事