童心に返る!“大人向け水辺遊びグッズ”おすすめ4選|キャンプガイド2020
選び方
the360.life編集部
the360.life編集部/Test by MONOQLO編集部
公開日: 2020年07月31日

童心に返る!“大人向け水辺遊びグッズ”おすすめ4選|キャンプガイド2020

非日常的な体験を求め、「今年こそキャンプに挑戦!」と意気込んでいる人も多いのではないでしょうか。アウトドア初心者が迷うのがキャンプ道具の選び方。そこで、プロと一緒にビギナーズのための失敗しない選び方とおすすめアイテムをリサーチしました。今回は番外編として、野外遊びに最適なアイテムを紹介。シュノーケルや水中のぞきメガネなど大人も楽しい水辺遊びグッズを4つセレクトしました。

▼本記事のテスト、および監修・取材協力はコチラ

テストするモノ批評誌
MONOQLO
辛口レビュー雑誌。生活用品や家具、ガジェットに加え、保険やクレジットカードなどのサービスも比較検証する。

本文中の製品画像をクリックすると購入ページへ移動します。
<外部サイトでご覧の方へ>
見出しなどのレイアウトが崩れている場合があります。正しいレイアウトはthe360.lifeオリジナルサイトをご確認ください。

※情報は2020年6月発行『はじめてのキャンプ for Beginners』のものです。価格が変動している場合や在庫切れしている場合があります。

アウトドア 草原、森、水辺! 野外遊びにあったら楽しいアイテム

日帰りでも宿泊でもキャンプでのお楽しみと言えばBBQや焚き火ですが、日中は子どもと一緒に草原や水辺で「思い切り遊ぶ」が目的の人も多いのではないでしょうか。

そこで、公園やキャンプ場で子どもと楽しめる&できたらみんなに尊敬されちゃう、野外遊びのおもちゃや便利グッズを紹介! 今回は大人のほうが夢中になりそうな「大人が楽しめる水辺遊び」グッズを4つ集めてみました。

アウトドア 水に浮きながらごろ寝できちゃう水の上のハンモック

FIELDOOR
水上ハンモックアクアラウンジ
実勢価格:2230円
サイズ:150×75cm

▼おすすめ対象年齢:大人
流れるプールや海などでのんびり過ごしたいなら進化系浮き輪の水上ハンモックがオススメ。FIELDOOR「水上ハンモックアクアラウンジ」は、海外のリゾート地を中心に人気が高まっている注目のアイテムです。

水上でゆらゆらと揺れる浮遊感はクセになる楽しさで、流れのない場所でもプカプカ浮いているだけでも極楽気分が味わえます。水に浸かりながらゴロゴロできる、大人ならではの優雅なひとときを満喫しましょう。

ポイント:安全面に万全の配慮

※画像はAmazonより。
6気室構造で障害物にぶつかってボートの一部が破損しても沈みにくく、安全面に配慮した作りになっています。大人ひとりでジャストサイズ。
※画像はAmazonより。
メッシュ構造で通気性抜群。付属品はロープ、アルミオール、フットポンプ。

アウトドア 水中がはっきり見える! ワクワクが止まらない水中メガネ

リーフツアラー
膨らましのぞきメガネ
実勢価格:998円

▼おすすめ対象年齢:大人
リーフツアラー「膨らましのぞきメガネ」は水中観察に最適なのぞきメガネ。底が透明なバケツになっていて、水中の様子が見渡せます。中に魚を入れて観察することもできます。

セッティングは空気を入れるだけでOK。とくに水に顔をつけるのが苦手な人にオススメしたいのグッズです!
※画像はAmazonより。
水中を除いたり、中に魚を入れたり。使い方いろいろ!
※画像はAmazonより。
使う前、使った後はコンパクトに持ち運べるのも嬉しいポイント!

アウトドア ハンドル付きで座りやすい! 腰掛け型フロート

INTEX
浮き輪シットインフロート
実勢価格:1751円
サイズ:152×99cm

▼おすすめ対象年齢:大人
海外のリゾート地では“進化系浮き輪”として水上ハンモックが人気ですが、腰掛け型フロートもまだまだ人気で便利なアイテム。

INTEX「浮き輪シットインフロート」は、体を水に浸しながら波間でプカプカ浮かぶのに最適です。ハンドルを握って座ると倒れにくく、安心!
※画像はAmazonより。
ハンドルで安定感があるので、さざ波に揺らされても大丈夫。

アウトドア 呼吸が楽だから怖くない! 水中写真も取れるシュノーケル

Flycreat
シュノーケル
フルフェイス
実勢価格:2180円
※Amazonリンク先は色違い商品です

▼おすすめ対象年齢:大人
FlyCreat「シュノーケル フルフェイス」は呼吸のしやすいシュノーケルです。吸う息と吐く息の経路が異なり、湿った空気を迅速に排出できます。マスク内を曇りにくくする構造になっているので、ストレスなく使用できるのもポイントが高いですね。

アクションカメラが搭載できるのも大きな魅力!

ポイント:水中の恐怖を軽減

呼吸のしやすさにこだわっているので、「息ができなくなるのが怖い」と、シュノーケリングを敬遠していた人でも、安心して使えます。

ポイント:水中写真を楽しもう!

アクションカメラを取り付けて、撮影しながら水中でゆっくりと動かしてみましょう。思わぬ生き物が映っているかも?!
※画像はAmazonより。
180°のクリアなワイビジョンが保てるので、水中散歩をより楽しめます!
以上、キャンプに持っていきたい野外遊びアイテム「大人向け水辺遊び」グッズの紹介でした。
持っていくグッズ次第でアウトドアでの楽しみ方は変わります。ぜひ、普段とはひと味違う体験を楽しんでくださいね。

360.life(サンロクマルドットライフ)は、テストするモノ誌『MONOQLO』、『LDK』、『家電批評』から誕生したテストする買い物ガイドです。広告ではない、ガチでテストした情報を毎日お届けしています。
  • facebook
  • twitter
  • LINE
  • hatena
  • pocket

関連する記事はこちら