アレンジ自在が楽しい! キャンプ初心者向けタープおすすめ2選|絶対失敗しないキャンプガイド2020
選び方
the360.life編集部
the360.life編集部/Test by MONOQLO編集部
公開日: 2020年06月30日

アレンジ自在が楽しい! キャンプ初心者向けタープおすすめ2選|絶対失敗しないキャンプガイド2020

非日常を満喫できると年々人気が高まっているキャンプ。「今年こそ挑戦したい!」と計画を立てたり、ネットでキャンプ道具をチェックしたりしている人も多いのではないでしょうか。そこで、プロと一緒にアウトドア初心者のための失敗しないキャンプ道具の選び方とおすすめアイテムを厳選! 今回は日差しや雨風を防いでくれるとっておきの「タープ」2選をご紹介します。

テストするモノ批評誌
MONOQLO
辛口レビュー雑誌。生活用品や家具、ガジェットに加え、保険やクレジットカードなどのサービスも比較検証する。
アウトドアブロガー
佐久間亮介 氏
キャンプ場めぐりをしながら、日本一周をしたアウトドアブロガー。人気キャンプブログ「Hyper Camp Creators」運営者のひとり。


<外部サイトでご覧の方へ>
見出しなどのレイアウトが崩れている場合があります。正しいレイアウトはthe360.lifeオリジナルサイトをご確認ください。

※情報は2020年6月発行『はじめてのキャンプ for Beginners』のものです。価格が変動している場合や在庫切れしている場合があります。

アウトドア 大自然に自分だけのリビングをつくるためのタープ

日常から離れて開放的なひとときを手軽に味わうことができる日帰りキャンプ。少人数でまったりと、大勢の仲間とワイワイと、そのカタチはさまざまで違った楽しみ方ができますよね。そんな魅力たっぷりの日帰りキャンプですが、用意するアイテム次第でかなり快適度が変わってきます。

基本的な「日帰りキャンプ」アイテムは以下の5つ。

▼デイキャンプの基本アイテム
1:タープ
2:テーブル
3:チェア
4:BBQグリル
5:クーラーボックス

今回ご紹介するのは、食事はもちろん小物を置くのにも便利な強い日差しを遮り多少の雨も防いでくれる「タープ」。デイキャンプの成功の秘訣は万全な日よけ対策なので、キャンプサイトはタープを軸にデザインしていきましょう。

各メーカーからさまざまな種類が出ておりどれを選んでいいのか分からない……という人に、プロに快適で便利なおすすめタープ2選を教えていただきました。

アウトドア アレンジしやすい! テンマクデザイン「マンタタープ2」

テンマクデザイン
マンタタープ2
実勢価格:1万4080円
テンマクデザイン「マンタタープ2」は、メインポール3本ならではの抜群の開放感で、自然との一体感をたっぷり味わえるオープンタープ。海を悠々と泳ぐマンタをイメージさせる形状が個性的です。

ポイント1:仕様環境や天候に合わせてアレンジ可能

展開サイズは5.5×5.9mと、大人数でのキャンプで活躍する大きさ。太陽の動きや天候に合わせてベストな環境を自分で作り出す楽しさもあります。シーンに合わせて快適に過ごせるスペース作りができるので、初めて選ぶならオープンタイプがおすすめです。
マンタのような形状で、ポールや張り綱を調整することができます。

ポイント:急な雨でも安心して使える

生地にはPUコーティングが施されており、高い耐水性能を誇ります。

ポイント:ポールは別途用意が必要です!

ポールは別売となっています。用意する際は2m以上のものを3本用意してくださいね。

アウトドア 大人数での使用に便利なコールマン「パーティーシェード」

コールマン
パーティーシェード
DX/300+
実勢価格:2万7800円
コールマン「パーティーシェードDX/300+」は、1人でも設営できる大型自立式オープンシェードです。開放感が抜群でBBQやキャンプを快適にしてくれます。

ポイント:トップベンチレーションを装備

風をうまく逃がすトップベンチレーションを備えており、内側に煙や嫌なにおいがこもりにくいのも嬉しいポイントです。

ポイント:最適な高さに調整可能

高さは3段階調節で、好みの高さに調整できます。ハイ・ローどちらのキャンプスタイルにも対応が可能です。

以上、プロおすすめのタープ2選をご紹介しました。タープはサイズも形状もさまざま。最適なものを見つけて、キャンプ時間を快適に過ごしてくださいね。

佐久間亮介 氏 アウトドアブロガー
佐久間亮介 氏のコメント

タープはキャンプを楽しむ人数に合わせたサイズのものを選ぶのがポイント。購入時は、ポールなど設営に必要なものがすべて揃っているか必ず確認するようにしましょう。
キャンプビギナーさんは、一度にすべて揃えるよりもレンタルを活用したり、日用品で代用することもできます。例えばレンタルをフル活用、その後「日帰りキャンプ道具」→「宿泊キャンプ道具」→「目的に合わせてグレードアップ」のステップで揃えていくのもアリ。お気に入りのキャンプ道具を少しずつ集める楽しみも増えますね!

the360.life(サンロクマル)は、テストするモノ誌『MONOQLO』、『LDK』、『家電批評』から誕生したテストする買い物ガイドです。やらせなし、ガチでテストしたおすすめ情報を毎日お届けしています。
  • facebook
  • twitter
  • LINE
  • hatena
  • pocket

関連記事