【最新エアコン】冷えすぎを防ぐ!カラダ想いの東芝「大清快 G-DTシリーズ」の注目機能は?|『家電批評』が2020年夏の最新事情まとめ
選び方
the360.life編集部
the360.life編集部/Test by 家電批評編集部
公開日: 2020年06月15日

【最新エアコン】冷えすぎを防ぐ!カラダ想いの東芝「大清快 G-DTシリーズ」の注目機能は?|『家電批評』が2020年夏の最新事情まとめ

最近のエアコンは各メーカーからAIや加湿、省エネなどの機能がついた様々なタイプのものが発売されていて、選ぶのが難しいですよね。そこで、雑誌『家電批評』が主要メーカー10社の最新機種をリサーチ! 各メーカーが力を入れているポイントと注目機能を紹介します。その中から、今回ピックアップするのは「東芝」の最新エアコン「大清快 G-DTシリーズ」です。

本音でテストする家電購入ガイド
家電批評
家電専門誌。スマホ、イヤホンなどのガジェットから、テレビや冷蔵庫などの大型家電まで、実際にテストしてレビューする本格テスト雑誌。

<外部サイトでご覧の方へ>
見出しなどのレイアウトが崩れている場合があります。正しいレイアウトはthe360.lifeオリジナルサイトをご確認ください。

※情報は『家電批評』2020年6月号掲載時のものです。価格が変動している場合や在庫切れしている場合があります。

家電 夏本番がやってくる前に!今すぐ検討したい最新エアコン

日中の気温が高くなり、暑さ対策を意識する季節になってきましたね。エアコンの購入を検討する人も多いのではないでしょうか。

夏の製品というイメージが強いエアコンですが、実は各メーカーの最上位モデルの製品が発売されるのは秋~冬にかけて。それ以降は下位モデルの製品がバラバラと発売され、ほとんどの製品が出揃って相場も落ち着く5月には、新モデル購入の好機を迎えます。

夏本番になるにつれ設置工事は混雑が予想されます。つまり、最新機種で夏を迎えたい!なら出来るだけ夏本番を迎える前に購入することがおすすめなんです。

家電量販店勤務 M氏 家電量販店販売員
家電量販店勤務 M氏のコメント

最新機能が搭載された最上位モデルは発売直後(秋~冬)は最高値なので、ちょっと待つのがおすすめ
そこで、今すぐ検討したい主要メーカー10社の最新フラッグシップモデルを総まとめ! 各メーカーが力を入れている点や注目の機能に焦点を当ててチェックしました。今回は、その中から「東芝」の最新エアコン「大清快 G-DTシリーズ RAS-G402DT」をご紹介します。

家電 優しい風を吹かせる!東芝「大清快 G-DTシリーズ」

東芝ライフスタイル
大清快
G-DTシリーズ
RAS-G402DT
実勢価格:20万3500円

サイズ:W798×H250×D352mm
重量:15kg
APF:5.6
期間消費電力量(kWh):1351
適応畳数めやす:14畳程度
熱い日本の夏、冷房で体調を崩すといった悩みを持つ人は多いはず。東芝「大清快 G-DTシリーズ RAS-G402DT」は2種類のルーバーで風力を分散。冷たい風を体に直接当てることなく部屋を涼しくしてくれます。子どもやお年寄りのいる家庭にも安心の一台です。

冷えすぎを防ぐ!風あたりを感じない“無風感冷房”

温冷熱センサーが体表温を感知してくれることで、入浴時や帰宅時などは一気に冷やし、過ごしやすい温度なると無風感冷房で冷えすぎを防いでくれます。
無風感ルーバーと、通常のルーバーそれぞれ気流の異なる風がぶつかり合うことで勢いが拡散し、風当たりを和らげつつも、部屋を快適にしてくれます。
フィルター掃除は掃除機のノズルを差し込んで吸引するだけでOK。フィルターを外さず掃除できるので、女性や低身長の人にも手入れがラクにできます。
以上、オススメの最新エアコン東芝「大清快 G-DTシリーズ RAS-G402DT」のご紹介でした。

夏本番を間近に控えると、エアコン購入者が急増し、設置工事の繁忙期を迎えるので、取り付けまでに日数がかかったり、都合のいい日程を予約しにくくなってしまいます。エアコンの購入を検討されている人は、早めにチェックしておきましょう!

the360.life(サンロクマル)は、テストするモノ誌『MONOQLO』、『LDK』、『家電批評』から誕生したテストする買い物ガイドです。やらせなし、ガチでテストしたおすすめ情報を毎日お届けしています。
  • facebook
  • twitter
  • LINE
  • hatena
  • pocket

関連記事