タブレット防水ケースおすすめランキング4選! バスタイム鑑賞も余裕なのは?|タブレット活用術を『MONOQLO』が紹介
選び方
the360.life編集部
the360.life編集部/Test by MONOQLO編集部
公開日: 2020年07月05日

タブレット防水ケースおすすめランキング4選! バスタイム鑑賞も余裕なのは?|タブレット活用術を『MONOQLO』が紹介

YouTubeなどの動画やゲーム、テレビも手軽に楽しめる“タブレット”。お家でのヒマつぶしにはもってこいのアイテムですが、バスタイムも使用した時には防水ケースが欠かせないですよね。ということで今回は、浸水の心配なくタブレットが楽しめる人気のタブレット防水ケースを紹介。4製品を実際に浸水させ、操作性など比較検証した結果をお伝えします!

テストするモノ批評誌
MONOQLO
辛口レビュー雑誌。生活用品や家具、ガジェットに加え、保険やクレジットカードなどのサービスも比較検証する。


<外部サイトでご覧の方へ>
見出しなどのレイアウトが崩れている場合があります。正しいレイアウトはthe360.lifeオリジナルサイトをご確認ください。

※情報は『MONOQLO』2020年7月号掲載時のものです。価格が変動している場合や在庫切れしている場合があります。

AV機器 “暇つぶし”をもっと快適に! オススメのタブレット活用術

雨で出かけられない、何にも予定がなくてヒマ……。そんなときに助かるのが、タブレットの存在ですよね。YouTubeやゲームはもちろん、テレビも手軽に楽しめて、暇つぶしに最適なツールです。

ただ、充電ケーブルが短くてソファまで届かない、寝ながらだと腕がダルくなる、など、不便さを感じてしまう場面も……。そこで、雑誌『MONOQLO』が、そんな悩みを解決してくれるオススメアイテムを使ったタブレット活用術をお届けします!
今回は、バスタイムでの使用に欠かせない防水ケース4選の比較検証です。30分の「浸水」と、お風呂での使用を想定した「操作」のテストを行い、総合評価をつけました。

それでは、テストに結果を見ていくことにします。

記事1位BEST 水滴が付着しても誤操作せず快適なエレコム

エレコム(ELECOM)
防水ケース 
TB-02WPSBK
実勢価格:2644円
サイズ:W33.3×D2×H23.2cm 重量:約167g 対応サイズ:10.1インチまで
▼テスト結果
浸水
3つのジップできちんと密閉されて安心感が強いです。
操作
シャワーを当てても誤作動せず、タッチも軽快です。
総評
浸水せず、操作性も抜群。濡れても画面はキレイで文句なしです。
水滴がついていてもタッチやフリックはスムーズで、音も問題なく聞こえました。また、曇らずキレイな画面なので、映像や漫画を楽しめます。

記事2位BEST クリアな画面が楽しめるサンワダイレクト

サンワサプライ(SANWA SUPPLY):サンワダイレクト 200-PDA127:タブレットケース
サンワサプライ(SANWA SUPPLY)
サンワダイレクト
200-PDA127
実勢価格:2380円
サイズ:W27×D1×H18cm 重量:約300g 対応サイズ:10.1インチまで
▼テスト結果
浸水
浸水せず、製品の入れ口の水も拭き取りやすいです。
操作
シャワーを当てると誤作動するときがありました。
総評
浸水せず、水滴がついてもクリアです。シャワーの誤作動だけが微妙です。

記事3位BEST シートのフィット感が惜しいBravebird

Bravebird:タブレット 防水ケース:タブレットカバー
Bravebird
タブレット 防水ケース
実勢価格:1699円
サイズ:W14.2×D13.8×H2.8cm 重量:約21.5g 対応サイズ:10インチまで
▼テスト結果
浸水
浸水しませんが、製品の入れ口に水が溜まりやすいです。
操作
誤作動はしませんが、シートがたわんで押しにくいです。
総評
シートのフィット感が低く、画面との隙間ができて押しにくいです。

記事4位 お風呂で使うには改良の余地アリのFINON

ディアン(D an):FINON 防水ケース 10インチ:タブレットケース
ディアン(D an)
FINON
防水ケース 10インチ
実勢価格:2380円
サイズ:W17×D10.mm 重量:約21.5g 対応サイズ:10インチまで
▼テスト結果
浸水
開閉時に浸水して中の半紙の上部が濡れていました。
操作
シャワーで誤作動せず、指操作も問題なしです。
総評
開閉時に浸水しやすいので、お風呂での使用はオススメできません。

ケースの代わりにジップロックは注意!

ジップロック10枚を30分水に沈めたら1枚が浸水。密閉性が低いものが混じっているので注意が必要です。

パソコン ダントツの総合力でエレコム一択!

30分の浸水テストではFINON以外、きちんと水の侵入を防いでいました。そのなかでもエレコムはシャワーを当てても誤作動せず、水滴がついた状態でもクリアで見やすかったです。お風呂など水回りでの快適性を求めるなら、断然エレコムです。

以上、防水ケースを使ったタブレット活用術でした。今回ご紹介したアイテムが気になる人はぜひチェックしてみてくださいね。

タブレットを上手に使って、“ヒマつぶし”を快適に楽しんでいきましょう!

the360.life(サンロクマル)は、テストするモノ誌『MONOQLO』、『LDK』、『家電批評』から誕生したテストする買い物ガイドです。やらせなし、ガチでテストしたおすすめ情報を毎日お届けしています。
  • facebook
  • twitter
  • LINE
  • hatena
  • pocket

関連記事