【カインズ】衣類収納アイテム4製品をジャッジ! 「衣類収納袋」が便利でした|『LDK』が紹介
選び方
the360.life編集部
the360.life編集部/Test by LDK編集部
公開日: 2020年07月06日

【カインズ】衣類収納アイテム4製品をジャッジ! 「衣類収納袋」が便利でした|『LDK』が紹介

豊富な品揃えが魅力的で、欲しい生活用品が手に入る「カインズ」。でも実際に使ってみてイマイチに感じてしまうなど、買って失敗はしたくないですよね。そこで『LDK』は、本当に購入すべきアイテムかどうかをプロと一緒に徹底検証しました。今回は、「衣類袋」「衣類ケース」など衣類収納4製品を「買い」かどうかジャッジしました。

テストする女性誌
LDK
インテリア、掃除、食品からコスメ、健康まで、あらゆるモノやサービスを賢く選ぶために、ホンネでテストする女性向け生活情報誌。
収納インテリアアドバイザー
大橋わか 氏
7年間で800軒以上もの散らかった家を片付けた実績あり。整理収納をサポートしつつ、インテリア作りも提案している。「おうちデトックス」代表。
スーパーエコごはん研究家
桃世真弓 氏
家計にやさしい節約レシピや、調理時間を短縮できるクイックメニューが大人気。雑誌・テレビ出演、講演会などを中心に、幅広く活躍中。
All aboutインテリアショップガイド・インテリアコーディネーター
くろだあきこ 氏
訪れたインテリアショップは国内・海外多数。プチプライスで部屋の印象を良くするインテリアのランクアップや、片付けやすいリビングの作り方など、片付けやすさと美しい部屋作りのコツを専門家の立場から提案。


<外部サイトでご覧の方へ>
見出しなどのレイアウトが崩れている場合があります。正しいレイアウトはthe360.lifeオリジナルサイトをご確認ください。

※情報は『LDK』2020年4月号掲載時のものです。価格が変動している場合や在庫切れしている場合があります。

ホーム カインズで叶うおしゃれな暮らし!買うべきアイテムか辛口採点

リビングやキッチン用品、生活雑貨はもちろん、食品やお酒など、あらゆる商品を取り扱っている大人気の「カインズ」。格安商品も多く、あれこれ欲しくなってしまいますよね。
しかもカインズは、ホームセンターのものとは思えないデザイン性の高いおしゃれ雑貨も揃っているので目移りしちゃいます。新商品がたくさん出るこの季節は、どれが本当に良いのか分からないこともしばしば……。

そこで、テストする女性誌『LDK』がプロと一緒に本当に買うべきアイテムなのか徹底検証! 「使いやすさ」「デザイン」「コスパ」の3項目を5点満点で評価しました。
今回紹介するのは、縦にも横にも使えて便利な「衣類袋」と、種類やサイズ展開が豊富な「衣類ケース」です。

A評価 すき間を有効活用できる!「たて・よこ 使える衣類収納袋」

カインズ
たて・よこ 使える衣類収納袋 スリム
実勢価格:1680円
総合評価:A

▼テスト結果
使いやすさ:5/5
デザイン :4/5
コスパ  :4/5
一般的な衣類収納袋は横置きのみに対応していますが、「たて・よこ 使える衣類収納袋 スリム」は棚には横置き、床には縦置きできます。

中に硬い仕切りがあるので、縦置きしても自立するのがポイントです。使いやすさは5点満点を獲得しました!
クローゼット床のちょっとしたすき間にも置けて便利です。また、上部に接続ベルトが付いているので、上に重ねられますよ。

大橋わか 氏 収納インテリアアドバイザー
大橋わか 氏のコメント

前面は透明窓なので、中身がすぐにわかるのも◎。

A評価 カラーとサイズが豊富で組み合わせ自由!「インテリアキャリコ M」

カインズ
インテリアキャリコ M Carico シンプルホワイト
実勢価格:980円
総合評価:A

▼テスト結果
使いやすさ:5/5
デザイン :4/5
コスパ  :4/5
インテリアキャリコ」はカラーが8種類と豊富で、サイズ展開も3種類あります。好きなように組み合わせられるのが魅力です。
フタが真上まで大きく開くので出し入れしやすく、深さもあるので中にたくさん入りますよ。

B評価 容量は少なめだけど強度はバッチリ!「インテリアコンテナ L」

カインズ
インテリアコンテナ L シンプルホワイト
実勢価格:798円
総合評価:B

▼テスト結果
使いやすさ:4/5
デザイン :3/5
コスパ  :3/5
内容量は少ないものの、重ね置きできる「インテリアコンテナ」。厚みがあるので、強度はバツグンです!
スタッキングできるように上部が平たく出っ張っています。そのため、収納するとサイドに少しすき間ができてしまうのがネックです。

C評価 奥の物を出し入れしにくいのが難点「引き出し衣装ケース M」

カインズ
引き出し衣装ケース M クローゼット用
実勢価格:1280円
総合評価:C

▼テスト結果
使いやすさ:2/5
デザイン :3/5
コスパ  :3/5
引き出し衣装ケース」は、引き出しが抜け落ちないようにロック付いています。でも、引き出しが途中で止まってしまう作りになっているので、使いやすさに欠けました。
最後まで引き出す前に止まってしまい、奥の物を出し入れしにくいのが難点です。


ちなみに、過去の「衣装ケース」の比較検証では、こちらもおすすめでした。

サンクロマルからのおすすめはこちら

天馬
フィッツユニットケース4020
実勢価格:2618円
サイズ:W40.0×D55.0×20.0cm
総合評価:A+

価格は少し高めですが、その価格に見合う引き出しやすさと使いやすさを誇る「フィッツユニットケース」。引き出しが最後まで勝手にきっちり閉まってくれ、さらに強度が高いので壊れる心配もありません。サイズ展開も豊富で、組み合わせやすいアイテムです。

▼天馬フィッツユニットケースのほか、「衣装ケース」を詳しく知りたいはこちら。
以上、「衣装袋」と「衣装ケース」の紹介でした。衣装袋は横置き・縦置きができてる、とても便利なアイテムです。衣装ケースもサイズやカラーが豊富なので、ぜひチェックしてみてくださいね。

the360.life(サンロクマル)は、テストするモノ誌『MONOQLO』、『LDK』、『家電批評』から誕生したテストする買い物ガイドです。やらせなし、ガチでテストしたおすすめ情報を毎日お届けしています。
  • facebook
  • twitter
  • LINE
  • hatena
  • pocket

関連記事