「ジップロックがベスト」説は真実か…?【レンチンタッパーおすすめランキング】
ランキング
the360.life編集部
the360.life編集部/Test by MONOQLO編集部

「ジップロックがベスト」説は真実か…?【レンチンタッパーおすすめランキング】

冷凍保存できてそのままレンチンできるタッパーは、上手に使って時短調理に活かしたいもの。だけど使い勝手が良くないと中身が飛び散ったり漏れたりとかえって手間がかかりますよね。そこで、本当に使えてコスパも良いタッパーを大調査しました!

▼本記事のテスト、および監修・取材協力はコチラ

テストするモノ批評誌
MONOQLO
辛口レビュー雑誌。生活用品や家具、ガジェットに加え、保険やクレジットカードなどのサービスも比較検証する。

キッチン タッパー6製品のうち 最優秀なのはコレでした

作り置きした料理を冷凍保存し、温めて食べられるタッパーはとても便利な容器ですよね。さらに、カットして火を通した素材を冷凍しておけば、すぐに料理にも使えて時短にもなります。

アイデア次第で色々使えるタッパーは、こぼれず飛び散らず、きちんと使えるものがベスト。数あるタッパーのうち6製品でどれがイチバン優秀なのかをテストしました!


[評価のポイント]

Point1:密閉
Point2:フタの開閉
Point3:耐熱性
Point4:コスパ

それでは気になる評価のランキングを見てみましょう!

記事1位BEST 性能優秀な上コスパも良い ジップロックスクリューロック

旭化成:ジップロック スクリューロック:キッチン用品
旭化成
ジップロック スクリューロック
実勢価格:255円/2個(1個127.5円)
容量:473ml
[評価の結果はこちら]
密閉:◎
フタの開閉:◎
耐熱:○
コスパ:◎

性能では上位3製品の評価は僅差でしたが、コスパの良さはこのスクリューロックがダントツだったので、1位に認定!

まず、フタのクオリティの高さがポイントです。回して開閉するタイプですが、じつに使いやすいんです。しかも……
逆さにしてもこぼれない密閉力の高さ!
レンチンするときも、フタをずらして温めるタイプなのでラップをするが必要ないし、中の食材が飛び散らないので安心です。
しかも、タッパーによってはレンチン後は熱すぎて持てないものもある中で、布巾や鍋つかみを使わないでも触れるレベルでした。

これは使えます!

記事2位BEST ジップロックに食い込んだ実力派! パックスタッフ

EBISU:パックスタッフ ジャストロック Lサイズ:キッチン用品
EBISU
パックスタッフ ジャストロック Lサイズ
実勢価格:413円/2個(1個206.5円)
容量:600ml
※Amazonはあわせ買い価格です
[評価の結果はこちら]
密閉:◎
フタの開閉:◎
耐熱:◎
コスパ:○

4つのロックできっちり仕事してくれます!ジップロック優勢の中で、唯一健闘した実力は賞賛に値します。

記事3位BEST 定番のコンテナーが3位 やはりジップロップは強い!

旭化成:ジップロック コンテナー:キッチン用品
旭化成
ジップロック コンテナー
実勢価格:359円/2個(1個179.5円)
容量:1100ml
[評価の結果はこちら]
密閉:◎
フタの開閉:◎
耐熱:◎
コスパ:○

こちらは定番のコンテナです。フタの真ん中を押すだけでパチンと閉まるのでとても便利。

コンテナはシリーズを組み合わせれば、冷蔵庫でスペースを無駄なく使うことが出来るので合わせ買いがおすすめです。

記事4位 コスパがよくそこそこの性能 キチントさんシリーズ

クレハ:キチントさん レンジ対応 保存容器 角L:キッチン用品
クレハ
キチントさん レンジ対応 保存容器 角L
実勢価格:303円/3個(1個101円)
容量:630ml
※リンク先は630ml×2個セットの商品ページになります
[評価の結果はこちら]
密閉:◎
フタの開閉:△
耐熱:△
コスパ:◎

記事5位 コスパは一番! しかし漏れることが……

>カインズ レンジで使える保存容器:キッチン用品
カインズ(CAINZ)
レンジで使える保存容器
実勢価格:198円/3個(1個66円)
容量:610ml
※こちらの商品はカラーデザインが変更されています
[評価の結果はこちら]
密閉:△
フタの開閉:◎
耐熱:○
コスパ:◎

記事6位 空気口を開けるタイプは ちょっとメンドウ

ニトリ:レンジで使える保存容器
ニトリ(NITORI)
レンジで使える保存容器
実勢価格:204円/3個(1個68円)
容量:610ml
※こちらの商品はカラーデザインが変更されています
[評価の結果はこちら]
密閉:△
フタの開閉:◎
耐熱:○
コスパ:◎


6製品を試してみましたが、やはり定番であるジップロックのクオリティの高さが光る結果に! 

特に、「ジップロック スクリューロック」は耐熱性能こそ「ジップロック コンテナー」に譲りましたが、密閉製や使い勝手、コスパを含めると最強、という評価になりました。

ちなみに、テスト中に顕著だったのは、レンジで温める際に空気口をあけるタイプは開閉がしづらく、容器が熱くなりすぎること。また、フタを外すタイプは密閉力は十分な効果を発揮したものの、そのまま温めるとレンジ内が汚くなり、ラップを巻くのが必須だった点です。

その点からも、「ジップロック スクリューロック」は万全。ぜひおすすめできる逸品でしたよ!

360.life(サンロクマルドットライフ)は、テストするモノ誌『MONOQLO』、『LDK』、『家電批評』から誕生したテストする買い物ガイドです。広告ではない、ガチでテストした情報を毎日お届けしています。
  • facebook
  • twitter
  • LINE
  • hatena
  • pocket

関連する記事はこちら