【目利きが選ぶ日本酒】新進気鋭の酒蔵が醸す「笑四季」に注目です|日本酒完全ガイド
選び方
the360.life編集部
the360.life編集部/Test by the360.life編集部
公開日: 2020年07月30日

【目利きが選ぶ日本酒】新進気鋭の酒蔵が醸す「笑四季」に注目です|日本酒完全ガイド

日本酒は今、かつてないほど最高においしくなっています。若い蔵元杜氏たちが新風を吹き込み、実力派もベテラン蔵も元気! ただ、目移りしてしまってどれを選べばいいかわからないという悲鳴も聞こえています。そこで、全国の実力派酒販店の皆さんが「おいしい!」と認めたお気に入りの1本をご紹介。今回は、全国にファンが急増している新進気鋭の酒蔵が醸す「笑四季」です。

▼本記事のテスト、および監修・取材協力はコチラ


全国の実力派酒販店の皆さん
東北から九州まで、日本酒の伝道師とも言える実力を持つ酒販店の皆さん。

本文中の製品画像をクリックすると購入ページへ移動します。
<外部サイトでご覧の方へ>
見出しなどのレイアウトが崩れている場合があります。正しいレイアウトはthe360.lifeオリジナルサイトをご確認ください。

※情報は『日本酒完全ガイド』2020年3月発行時のものです。価格が変動している場合や在庫切れしている場合があります。

食品雑貨 日本酒を一番知っている全国の実力派酒販店とセレクト!

日本酒界にはいま、世代交代によって若い感性で新たな風が吹き込まれています。一方でクラシックな手法が改めて見直されるなど、日本酒の酒質にさらに奥行きや深みが増していると言われています。

各地で誕生した日本酒がオンラインで簡単に入手できる時代。おいしいお酒が出揃って、目移りして何を選べばいいか分からない人も多いはず。
そこで、日本酒を一番知っている全国22の実力派酒販店の皆さんにアンケートを実施。目利きたちにおすすめのお酒を聞いてジャンル別にセレクトしました。

食品雑貨 飲みたいのはどのタイプ? お気に入りを見つけよう

数ある日本酒の中から、“今飲みたいお気に入りの1本”を見つけるために、まずは日本酒をジャンル分けしてみました。日本酒のタイプはさまざまな形でされていますが、「どこで好みが分かれるか」「どんな料理やシーンで味わいたいか」などから考え、今回は福岡の住吉酒販が提唱しているタイプ分けに準拠しました。

一方の軸は「お酒のボディ(ライト/フル)」もう一方の軸は「造りのトラディショナルさ(モダン/クラシック)」で4タイプにカテゴライズしたものがこちら。
あなたの飲みたい日本酒のタイプは?[ボディ:ライト][造り:モダン]「フレッシュ&ライト」[ボディ:フル][造り:モダン]「ジューシー&リッチ」[ボディ:ライト][造り:クラシック]「端正&穏やか」[ボディ:フル][造り:クラシック]「渋旨&フルボディ」

今回は、これらのオールジャンルを越えて、「この値段でこの味!」と酒販店も驚いた【コスパ大賞編】のおすすめの1本をご紹介。 四合瓶(720ml)で1本2000円前後で購入できるものからセレクトしていますが、ただ安いお酒ではなく魅力いっぱいでコスパ良し!の1本です。

食品雑貨 コスパ大賞編:「笑四季 Sensation」(笑四季酒造・滋賀)

笑四季 Sensation
笑四季酒造
実勢価格:1250円
720ml
※実勢価格は蔵元の販売価格です。
▼日本酒データ
・原料米(精米歩合):滋賀県産米(50%)
・アルコール度   :16度
・蔵元       :笑四季酒造
滋賀県甲賀市水口町本町1-7-8
「笑四季(えみしき) Sensation」は、従来にない日本酒を手掛ける新進気鋭の酒蔵「笑四季酒造」が、日常で楽しめる価格と味わいの両立を目指して提案する定番酒です。Sensationシリーズは白と黒があり、こちらの黒ラベルは酸がしっかり効いたやや辛口テイスト。乳酸由来のコクと甘みもあり、日本酒に慣れていない人にもとっつきやすい1本。

もともと明治25年と歴史がある小さな酒蔵でしたが、現在の杜氏が甘口をコンセプトに独創的な酒を輩出して知名度が全国区に。個性的なラベルとお酒の甘味・旨味、それからコスパの良さというギャップに、ファンが急増しています。

全国の実力派酒販店の皆さん
全国の実力派酒販店の皆さんのコメント

精米歩合は50%なのに、コスパは抜群。味わいもジューシー感たっぷりです。フルーツの入ったサラダなどを肴に楽しんで【白菊屋(大阪府高槻市)・藤本一路さん】

食品雑貨 日本酒基本の「き」:日本酒はこうしてできる

日本酒は米からできると知ってはいても、どうやってできるかは案外知らないもの。玄米から商品として出荷されるまで、その流れと工程を知れば、日本酒のことがもっと興味深くなるはず。

日本酒の基本的な原料は米と水、そして米麹(こめこうじ)です。米麹とは、蒸した米に「麹菌」というカビの一種を繁殖させたもの。アルコールは、糖分と水を酵母が食べることで生み出されますが(アルコール発酵)、そのためには米に含まれるデンプンを糖分に変える(糖化する)必要があります。米麹に含まれる「糖化酵素」がその役割を果たしてくれます。
アルコール発酵のもう1つの主役は酵母です。酵母は発酵によりアルコールを生成すると同時に、香りや酸も生産し、お酒の香味に大きな影響を与える。発酵を健全に進めるためには、まず優良で丈夫な酵母を育成する必要があります。それが「酒母(しゅぼ)」造り。

読んで字のごとく酒母を土台(母)として、いよいよもろみを仕込み、酒母に蒸米、米麹、水を4日間かけて仕込んでいきます。酵母に対して緩やかな環境変化を与え、よりよい発酵を促す知恵。発酵はおよそ3週間前後、温度管理しながら丁寧に醸されていきます。

最後に、サンロクマルから日本酒をもっと楽しむアイテムを紹介します。

おすすめアイテム:日本酒にも最適!さくら製作所のワインセラー

さくら製作所 
ZERO Advance SA38-B
実勢価格:11万2722円
●サイズ・重量/W390×H1165×D530mm・49kg ●有効内容積/ 104L(上室45L+下室59L) ●温度表示/液晶(暗転モード付)●庫内灯/ LED ●年間の電気代目安/約5022円
さくら製作所のワインセラー「ZERO Advance SA38-B」は、庫内の温度を0℃から設定できるのが大きな特徴。

なぜワインには必要がない0℃設定があるかと言うと、ワイン以上に管理が難しいと言われている日本酒や人気の高いクラフトビールなどにも対応するため。ワイン以外のお酒の管理も同時にできるようになっているのです。

以上、酒販店が選ぶ日本酒の紹介でした。

もっと詳しく知りたいなら『日本酒完全ガイド』をチェック!

晋遊舎
日本酒完全ガイド
1100円
酒の目利きたちが厳選したいま飲むべき旨い日本酒を集めました。気になる方はぜひこちらもチェックしてみてくださいね。

360.life(サンロクマルドットライフ)は、テストするモノ誌『MONOQLO』、『LDK』、『家電批評』から誕生したテストする買い物ガイドです。広告ではない、ガチでテストした情報を毎日お届けしています。

  • facebook
  • twitter
  • LINE
  • hatena
  • pocket

関連する記事はこちら