4K映像をフル堪能! 一歩先の体験ができるAV機器2選|『家電批評』がセレクト
選び方
the360.life編集部
the360.life編集部/Test by 家電批評編集部
公開日: 2020年06月13日

4K映像をフル堪能! 一歩先の体験ができるAV機器2選|『家電批評』がセレクト

便利なだけじゃなく、楽しい暮らしをそっと手助けしてくれる家電製品たち。その進化は止まらず、日々続々と新しい商品が登場しています。そこで、近ごろ世間を騒がせた数々のヒット商品からオススメの逸品をセレクト。ここでは、“ベストヒット家電”のひとつとして、自宅で4K映像をフル堪能できるおすすめAV機器をご紹介します。

本音でテストする家電購入ガイド
家電批評
家電専門誌。スマホ、イヤホンなどのガジェットから、テレビや冷蔵庫などの大型家電まで、実際にテストしてレビューする本格テスト雑誌。
AVライター
折原一也 氏
オーディオ・ビジュアルを活動のフィールドとしていて大画面テレビ、BDレコーダーを中心としたデジタル機器全般の取材と画質・音質を含めた製品記事、最新テクノロジーのトレンド解説記事を手がけている。


<外部サイトでご覧の方へ>
見出しなどのレイアウトが崩れている場合があります。正しいレイアウトはthe360.lifeオリジナルサイトをご確認ください。

※情報は『家電批評』2020年6月号掲載時のものです。価格が変動している場合や在庫切れしている場合があります。

AV機器 『家電批評』がセレクト! 楽しい暮らしに役立つおすすめ家電

価格、性能、機能、デザインなど、さまざまな指標で語られる家電製品。便利で実用的な商品があれば、アッと驚くアイデア商品や、ユーモアたっぷりのイロモノもあり、私たちの生活に彩りをもたらしてくれます。

ネットを疑う家電購入ガイド『家電批評』ではそんな家電をガチでテストしてきましたが、今回は、世間の耳目を集めたヒット商品にフォーカス。なかでもオススメしたい家電として、自宅で4K映像をフル堪能できる「レコーダー」「プロジェクター」のAV機器2選をご紹介します!

AV機器 パナソニックの全自動ディーガなら4K放送も全録!

パナソニック(Panasonic):全自動ディーガ DMR-4X600:レコーダー
パナソニック(Panasonic)
全自動ディーガ DMR-4X600
実勢価格:18万7000円
サイズ・重量:W430×H60×D239 mm・ 約4.2kg 
チューナー:7(地D/BS/CS/BS4K・110度CS4K×2、地デジ/BS/CS×4、地デジ専用×1)
無線LAN:搭載 
容量:6TB
意外と難しいレコーダー選び。「地デジを録り逃さない全自動録画タイプと、4K放送対応タイプのどちらを選べばいいの?」と悩んでいる人も多いでしょう。そんな方にお待たせしました!

パナソニック「DMR-4X600」なら、最大4ch×28日間録画可能な「タイムシフトマシン」を搭載しつつ、2系統の4K放送録画にも対応しているんです。

「録り逃さない」「4K視聴も妥協しない」

4K放送の1局も全自動録画に設定できるので、魅力的な番組が多いNHKの4K放送も一日中録画できます。「録り逃さない」「4K視聴も妥協しない」よくばりなレコーダーとなっています。

4K放送も標準画面でリモート視聴

トレンドのスマホ視聴にも対応し、4K放送を標準画質にダウンコンバートして表示してくれます。ただし、スマホ視聴が使用できるのは本体電源がOFFの時のみです。

AV機器 100インチ超4K画面が16万円で手に入るビューソニック

ビューソニックジャパン:X10-4K:プロジェクター
ビューソニックジャパン
X10-4K
実勢価格:15万9800円
サイズ・重量:W261×H166×D271mm・ 約4.1kg 
投射方式:DLP 0.47型DMD 4K-UHD 
明るさ:2400 LEDルーメン 
コントラスト比:3000000:1
オフセット:100% +/-5% 
画面サイズ:30~ 200インチ
『家電批評』で画質・機能・音質の検証を繰り返してきたプロジェクターの決定版が、ビューソニック「X10ー4K」です。

WiーFi搭載機としては珍しい4K対応で、160インチで投射しても映像がぼやけません。ワンボディの内蔵スピーカーは音の情報量が多く、低音までクリア。オールインワンモデルながら、画質・音質ともにハイクオリティです。
こちらで160インチです
バッテリーは非搭載で、ズームや横振りは固定(上振りは調整可能)ですが、設置方法がシンプルなので気にならないはず。「Fire TV Stick 4K」か4K放送対応チューナーを組み合わせて、約16万円で簡単に自宅に非日常の4K高画質シアターを作り上げられるのは魅力的です。むしろ、安いです!

折原一也 氏 AVライター
折原一也 氏のコメント

100インチオーバーの大画面なら絶対に4Kが必要です!!

大画面でも荒くならないのはさすが4K!

フルHD機と比べても一目瞭然の高解像度。色も鮮やかで暗部階調もつぶれず鮮明です。

弱点のネットワークはFireTV Stick 4Kで解決

YouTubeやミラーリング以外にもネットワークサービスを楽しみたいなら、Amazon「Fire TV Stick 4K」の追加をおすすめします。プロジェクターの不足を補い、膨大な動画コンテンツを存分に楽しむことができます。
アマゾン(Amazon) Fire TV Stick 4K:ストリーミングデバイス
アマゾン(Amazon)
Fire TV Stick 4K
実勢価格:6980円
以上、4K映像をフル堪能できるAV機器のご紹介でした。

高画質の4K映像を心ゆくまで楽しめるレコーダーやプロジェクターを活用すれば、より満足度の高いエンタメ体験が得られるはず。ぜひチェックしてみてください。

the360.life(サンロクマル)は、テストするモノ誌『MONOQLO』、『LDK』、『家電批評』から誕生したテストする買い物ガイドです。やらせなし、ガチでテストしたおすすめ情報を毎日お届けしています。
  • facebook
  • twitter
  • LINE
  • hatena
  • pocket

関連記事