睡眠のプロ厳選!抱き枕おすすめランキング11選|人気商品を徹底比較
ランキング
加藤 真也
加藤 真也/Test by LDK編集部

睡眠のプロ厳選!抱き枕おすすめランキング11選|人気商品を徹底比較

いびきが気になる、寝つきが悪いなど、睡眠時の悩みはありませんか? そんな人におすすめなのが「抱きまくら」です。今回は一緒に寝るだけで夢見心地へ誘ってくれる逸品を探すべく、MOGUやニトリ、カインズ、ベルメゾンなどの人気11製品を集め、「使い心地」「熱のこもりにくさ」「反発力」などをプロがチェック! 快眠&快適を実現してくれる抱きまくらをおすすめ順にランキングで発表します。

テストする女性誌
LDK
インテリア、掃除、食品からコスメ、健康まで、あらゆるモノやサービスを賢く選ぶために、ホンネでテストする女性向け生活情報誌。
東京療術学院 講師
熊坂基 氏
睡眠の悩みを解決する情報を発信する睡眠改善インストラクター。寝るまでの習慣改善プログラムや寝室環境など家庭でできるホームケアの方法を伝授。
モデル
いわむらさちこ 氏
フリーモデル。これまでブライダルモデルやメイクモデルなど多方面で活躍。1児の母で趣味は英会話と海外旅行。
快眠ナビゲーター
結城未来 氏
医師への取材やデータを基に信頼できる健康提案をする「健康ジャーナリスト」。テレビ番組のキャスターとしても活躍中。


<外部サイトでご覧の方へ>
見出しなどのレイアウトが崩れている場合があります。正しいレイアウトはthe360.lifeオリジナルサイトをご確認ください。

※情報は『LDK』2020年6月号掲載時のものです。価格が変動している場合や在庫切れしている場合があります。

ホーム 一度使ったら手放せない! 安眠できる“抱きまくら”

“抱きまくら”を使ってみたことはありますか? 使ったことがないという人も多いかもしれませんが、体を支え、癒しと安心感で安眠をサポートしてくれる抱きまくらは、使ってみると実はいいことがたくさん。

寝つきの悪さだけではなく、腰が痛い、いびきをかく、疲れが取れにくい……という悩みの改善にもとってもおすすめなんです。また、妊婦さんのための安眠グッズとしても人気です。

ホーム 普通のまくらと何が違う? 抱きまくらの“3つの基本”

そもそも、抱きまくらは普通のまくらとどこが違うのでしょうか? まず、抱きまくらの基本を押さえておきましょう。

基本1:抱きまくらは“体に効く”

腰を痛めていたりいびきをかく人などは、抱きまくらを使って横向きに寝ると症状が緩和することも。また寝返りしやすいものは体重を分散でき、体のゆがみを修正して安眠へ導きます。

基本2:中身の素材はわたorビーズが主流

抱きまくらの中身は、ポリエステルのわたや、極小のマイクロビーズなどが主流で、それぞが100%だったり両方を混ぜているものもあります。へたったら中身を追加できるものが人気です。

わた

ビーズ

「わた」はふわふわで気持ちよく、「ビーズ」は独特の手触りに癒やされるのが特徴です。

基本3:用途や目的に合わせて使える

リビングに置いてお昼寝用にしたり、ベッドルームに置いて安眠の補助具として使うなど、目的に合わせて選ぶのもアリ。リビング用とベッドルーム用を併用するもよし、使い分けるもよし。抱きまくらは、形が変形したりいろいろな寝方ができる汎用性の高いものが便利です。
ということで今回は、リビングでゴロゴロしたり、ベッドでリラックスして眠ったりするのをサポートしてくれるものを見つけるべく、人気の抱きまくら11製品をテスト。快眠&快適できるお気に入りの逸品を探しました!

ホーム 使い方はさまざま!抱きまくらの種類とその特徴

抱きまくらの使い方は人それぞれです。そこで抱きまくらの種類ごとの特徴やポイントについて紹介します。

最も一般的なストレートタイプ

抱きまくらで最も一般的なのは、ストレートタイプです。寝る時だけでなく、さまざまな利用シーンがあります。

例えば、テレビの視聴や読書などをする際に二つ折りにすることで、最も適切な姿勢で支えてくれるでしょう。長方形の場合は、二人用の枕とすることも可能です。

また円筒形であれば、姿勢のサポート以外にも足まくらにするなど、利用シーンに合った使い方ができます。

機能を重視するなら流線形タイプ

抱きまくらを機能重視で選ぶなら、流線形がおすすめです。流線型は体にフィットしやすく、その種類も豊富。

SやW形、三日月形など、自然な姿勢を保つためのさまざまな形があります。また横向きで寝る際に利用することで、腰痛を和らげたり、いびきの予防防止になったりという効果も。

しかし、機能はメーカーごとに大きな違いがあるので注意しましょう。価格的には、比較的高価になりますがその分、抱きまくらの機能性を発揮してくれます。

ホールド感抜群のU字タイプ

包み込まれるようなホールド感を得られるのが、U字タイプです。仰向けでU字の間に挟まるような姿勢をとることで、腕の重みが身体にかからず、肩への負担が軽減できます。

しかしU字タイプは大きめの仕様が多く、中には3kg近くの重量がある場合も。特に、ご高齢の方や布団の上げ下ろしを多くする方は、事前に重量を調べておくことをおすすめします。

就寝中に理想的な姿勢が保てるL字タイプ

L字形タイプの抱きまくらは、就寝中にその効果を発揮します。枕と抱き枕が持つ良い機能を兼ね備えており、より頭や首を支えてくれます。

また、就寝中に寝返りを打ってもズレにくい特徴があるので、理想的な寝姿勢が保ちやすいでしょう。就寝中以外に足を休ませたい方にも、L字タイプはおすすめです。

ホーム 抱きまくらを選ぶ際のポイントとは?

抱きまくらには、それぞれ種類ごとに特徴や効果があることがわかりました。そこで、実際に抱きまくらの選び方について解説します。

自分の好みに合った硬さを選ぶ

抱きまくらは「硬さ」も重要なポイントです。最近では、頭の形に沿って沈む「低反発」の抱きまくらが流行っています。

しかし、硬さのある「高反発」が好きという方も多いです。よって、まずは「自分の好みの硬さ」を把握しなければなりません。そして、その硬さに合った中素材を選ぶようにしましょう。

素材は利用シーンや季節でチョイス

抱きまくらは、季節や利用シーンに合わせてチョイスしましょう。季節ごと快適な寝心地を求めるには、中素材を包む側生地に注意しなければなりません。

たとえば、夏に利用する場合、ヒンヤリと感じる生地がおすすめです。接触冷感素材であれば、暑い真夏の夜でも快適に利用できるでしょう。

また、冬に利用する場合は、フリースやベロアなどの熱の逃がさない生地が最適です。大きすぎるものではなく、小さめの抱きまくらであれば、すき間から冷気が入りにくいので、寒い冬でも暖かく使えます。

清潔さが保てる洗濯可能なタイプ

抱きまくらは、基本的に直接肌に触れることが多いでしょう。よって、できれば清潔な状態を保ちたいものです。

そこで、おすすめするのが「洗濯可能なカバー」がついた抱き枕です。寝汗などで汚れても、カバーを外して洗濯すれば、清潔な状態が続きます。

洗い替え用にもう1枚カバーを購入すれば、より効率的に利用できるかもしれません。中には、まるごと本体を洗える商品もあり、衛生面に気をつけるなら丸洗いタイプを選びましょう。

ホーム 快眠できるのはどれ? 抱きまくら11製品をテスト

今回、テストにあたってピックアップしたのは、こちらの11製品。

・beech 王様の抱き枕
・サンデシカ 妊婦さんのための 洗える抱き枕 
・Homwarm 抱き枕 多機能抱き枕 腰枕 抱かれ枕
・ベルメゾン Hugme抱き枕
・ニトリ 頭も支える抱きまくら
・Angel 7字型 抱きまくら
・西川 スリープマスターが考えた毎日抱き枕
・カインズ 3種の素材をブレンドした抱き枕
・Marine Moon 抱き枕 U字タイプ
・MOGU 気持ちいい抱きまくら カバー付
・セブンプレミアム さらっとひんやり抱き枕

ニトリやカインズをはじめとする人気の抱きまくら11製品を集め、あんまマッサージ指圧師の熊坂 基氏と快眠ナビゲーターの結城 未来氏にご協力いただいてテストを行いました。

テストの詳細は以下のとおりです。

テスト1:使い心地

寝転がって抱えたとき体にフィットするか、触り心地や抱き心地のよさを確かめました。
横向きに寝て左右に転がり寝返りが打ちやすいかどうかをチェック!

テスト2:熱のこもりにくさ

抱きまくらの上にあんかを置き、その上に2kgの重りを置き30分後・60分後の温度変化を調べました。
寝ているときに熱がこもって寝苦しくならないか、深部の温度を測ってチェック。

テスト3:洗いやすさ

カバーを外して洗濯できるか、本体を洗濯できるかを比較。またカバーの脱着しやすさもチェックしました。

テスト4:反発力

抱きまくらの上に3kgのおもりを乗せ、沈み込み量から沈み込み率を算出してやわらかさを計測。今回は、実際に抱きかかえて寝た状態で頭や脚を乗せて反発力をチェックしました。
ちなみに、兄弟誌『MONOQLO』では過去に「横向き寝のための抱き枕」の検証を実施。この時は「姿勢の安定感」「寝返りのしやすさ」「フィット感」の項目でチェックしました。こちらは男性視点のセレクトですので気になる方ははチェックしてみてください。

▼横向き寝がしやすい抱き枕の記事はこちら。
今回の11商品テストでは4項目のチェックでわかった結果を、総合評価の高かったものから順にランキングでご紹介します。それでは早速、ご覧下さい!

記事1位BEST 心地よさと安定感のバランスがいい「MOGU」

MOGU
気持ちいい抱きまくら カバー付
実勢価格:6582円

サイズ:約幅50×長さ115×高さ20cm
重さ:約1.55Kg
▼テスト結果
使い心地 A
熱のこもりにくさ A
洗いやすさ C
反発力 A+
1位に輝いたのは、MOGU「気持ちいい抱きまくら カバー付」。力がかかった部分のパウダービーズが移動して絶妙に形状が変わるので、体にフィットし安定します。体勢を変えてもしっかりフィットして、自然に快眠をサポートしてくれます。

脚を乗せても潰れずもっちり&しっかり! ちょうどいい高さと反発力でリラックスでき、むくみの解消にも◎。

使い心地

フィット感   :A
寝返りのしやすさ:A
胸元から足までしっかりとフィットして体を自然に預けられます。
寝返りもしやすく、安定して脚まで抱きついたまま自然に転がれて文句なし! 

熱のこもりにくさ

30分後の温度:33.8℃
60分後の温度:32.8℃

洗いやすさ

カバー素材はポリエステル85%、ポリウレタン15%で洗えますが、本体は洗えませんでした。ファスナーが引っかかりにくいのは◎。

反発力

かたさ:ふつう
やわらかさはふつう。ビーズクッションならでの低反発は◎。ビーズがぎっしり詰まっているから、もっちりと沈み込みながら反発して支えてくれます。
抱きついたり体を乗せたりする圧力に合わせて、極小のパウダービーズがほどよい反発力で支えてくれます。長く使って、反発力が弱りへたってきたらビーズの追加も可能です。

記事1位BEST 緩いカーブで軽いから使いやすい「サンデシカ」

サンデシカ
妊婦さんのための 洗える抱き枕 
ポリエステル綿(Mサイズ)
実勢価格:3650円

サイズ:約幅20×長さ120×高さ19cm
重さ:約0.8kg
▼テスト結果
使い心地 B+
熱のこもりにくさ A+
洗いやすさ A+
反発力 B
同率1位はサンデシカ「妊婦さんのための 洗える抱き枕 ポリエステル綿(Mサイズ)」。細身だから一緒に寝てもじゃまにならないうえに、腰に巻いて読書や授乳クッションにもなるからアレンジの幅が広くどこでも手軽に使えます。

カバー素材はカバー:綿80%、ポリエステル20% で、綿素材の心地よさを実感できます。
端のスナップボタンを留めれば、クッションに早変わりするので授乳用クッションとしても使えて便利。妊婦さんにとっては自身の眠りのサポートから授乳まくら、赤ちゃんのおすわりサポートクッション...と長く使えるアイテムなんです。プレゼントにもおすすめです。

使い心地

フィット感   :B+
寝返りのしやすさ:A
軽くて寝返るときもストレスゼロ。細身ですがフィット感も文句なし! スリムだからベッドルームで使っても邪魔にならないサイズ感でストレスがありません。

熱のこもりにくさ

30分後の温度:29.8℃
60分後の温度:31.6℃
タオル地のカバーとわたの組み合わせで通気性◎! 長時間使っても熱がすぐ逃げて爽快です。

洗いやすさ

カバーの開け閉めも楽チンです。

反発力

かたさ:やわらかめ

わたもカバーもやわらかめですが、反発力はそこそこあり使いやすいです。やわらかいのに反発力を感じるのがいいです。

記事3位BEST 小ぶりでも反発力◎ 程よい弾力の「セブンプレミアム」

セブンプレミアム
セブンプレミアム ライフスタイル 
さらっとひんやり抱き枕
実勢価格:2750円

サイズ:約幅30×長さ90×高さ18cm
重さ:約0.9Kg
▼テスト結果
使い心地 A+
熱のこもりにくさ C
洗いやすさ B
反発力 A-
3位はセブンプレミアム「セブンプレミアム ライフスタイル さらっとひんやり抱き枕」。小さめながらもフィット感が抜群で寝返りしやすいです。熱のこもりにくさと洗いやすさがやや劣りました。

使い心地

フィット感   :A
寝返りのしやすさ:A+

小ぶりサイズなので、枕と併せて使うのがおすすめ。軽くて扱いやすく抱えると自然に寝返りも打てます。吸水速乾性の生地はサラサラした手触りも気持ちいいです。
胸元からお腹にかけてと抱きまくらの間に隙間がなくフィット!
小さめだから抱えた状態で脚が丸まり、寝返りしやすさがUP!
ベッドに寝転がり、丸い部分を膝で挟んだままゴロゴロとストレスなく寝返りを打てました。軽いので抱えたまま動いても楽チンです。

熱のこもりにくさ

30分後の温度:31.7℃
60分後の温度:37.5℃

反発力

かたさ:ふつう

ポリエステル100%のわたが詰まっていて、ほどよい反発力があり心地いいです。

記事4位 ほどよいフィット感で寝返りもOKな「beech」

beech
王様の抱き枕
実勢価格:8800円

サイズ:約幅30×長さ110×高さ17~20cm
重さ:約1.1Kg
▼テスト結果
使い心地 B+
熱のこもりにくさ B
洗いやすさ A
反発力 B
4位はbeech「王様の抱き枕」。ほどよいフィット感で寝返りもまずまず。わたとビーズクッションのいいとこ取りで心地いいです。

使い心地

フィット感   :A
寝返りのしやすさ:B

わたとビーズが入っていてふわふわしたフィット感が気持ちよく、抱き心地○。

熱のこもりにくさ

30分後の温度:34.2℃
60分後の温度:35.2℃

反発力

かたさ:かたい

ボリエステルわたと極小ビーズが混ざっていて、強い弾力があります。

記事4位 ミックスわたが心地いい「ベルメゾン」

ベルメゾン
Hugme抱き枕
実勢価格:2178円

サイズ:約幅30×長さ110×高さ20cm
重さ:約1.34Kg
▼テスト結果
使い心地 A
熱のこもりにくさ C
洗いやすさ B
反発力 A
同じく4位はベルメゾン「Hugme抱き枕」。しっかりと中綿が詰まっているので沈み込みは少なめ。そのぶん反発力があり、へたりにくいのも高評価。パイルのキルティングも気持ちいいです。

使い心地

フィット感   :A
寝返りのしやすさ:A

体のラインにフィットして、ギュッとしたまま寝返りしやすい形状です。

熱のこもりにくさ

30分後の温度:31.3℃
60分後の温度:37.5℃

洗いやすさ

干すのに便利な取っ手付きです。本体は洗えますが、カバーがありません。

反発力

かたさ:かため
沈み込みは少なく反発力が高いです。
レギュラーわたとフェザータッチわたがミックスされていて、しっかりと反発力がありボリューミー。かためな分、支えてくれる感は◎。

記事6位 大きめだけど程よい使い心地の「Angel」

Angel
7字型 抱きまくら
実勢価格:3979円

サイズ:約幅68×長さ150×高さ20cm
重さ:約2.2Kg
▼テスト結果
使い心地 A
熱のこもりにくさ C
洗いやすさ B
反発力 A
6位はAngel「7字型 抱きまくら」。使い心地、反発力は合格でしたが、熱のこもりにくさがイマイチでした。ただ、頭や体を乗せる部分にわたを追加することで、自分好みに調整できる点は◎。

使い心地

フィット感   :B
寝返りのしやすさ:B

大きいので抱っこしたままの寝返りはNG。フィット感は普通でした。

熱のこもりにくさ

30分後の温度:31.1℃
60分後の温度:34.7℃

反発力

かたさ:かたい

頭や体を乗せる部分にわたを追加することで、自分好みに調整できます。

記事7位 絶妙なクッション性で寝返りも楽チンな「カインズ」

カインズ
3種の素材をブレンドした抱き枕 グレー
実勢価格:1980円

サイズ:約幅40×長さ100×高さ17cm
重さ:約0.7Kg
▼テスト結果
使い心地 B+
熱のこもりにくさ B
洗いやすさ D
反発力 B
7位はカインズ「3種の素材をブレンドした抱き枕 グレー」。ミックスわたが入った絶妙なクッション性で、小ぶりで抱えやすく寝返りも楽チンです。でも洗えないのが残念です。

使い心地

フィット感   :A
寝返りのしやすさ:B

クタッとしていてフィット感はまあまあ。すっぽり抱えてゴロゴロしやすいです。

熱のこもりにくさ

30分後の温度:34.8℃
60分後の温度:35.3℃

洗いやすさ

カバー別売りで本体の水洗いもNG。寝汗をかいても洗えないのは不衛生です。

テスト4.反発力

かたさ:かため

3種のわたをミックスしていて、ちょうどいいかたさと反発力を兼ねています。

記事8位 ちょうどいい反発力の「Homwarm」

Homwarm
抱き枕 多機能抱き枕 腰枕 抱かれ枕
実勢価格:4280円

サイズ:約幅70×長さ150×高さ15cm
重さ:約1.9Kg
▼総合テスト結果
使い心地 C
熱のこもりにくさ C
洗いやすさ C
反発力 B
8位はHomwarm「抱き枕 多機能抱き枕 腰枕 抱かれ枕」。高さはあまりないですが、ちょうどいい反発力で使い心地はまずまず。こちらも洗えないのがネックです。

使い心地

フィット感   :B
寝返りのしやすさ:C

高さが低めで重さがあり、まくらに腕が挟まって寝返りのしやすさは微妙でした。

熱のこもりにくさ

30分後の温度:31.7℃
60分後の温度:36.9℃

反発力

かたさ:ふつう

質のいいポリエステルわたは、クッション性がよくて追加もOK!

記事9位 S時カーブが使う人を選ぶ「西川」

西川(Nishikawa)
【Amazon.co.jp 限定】 東京 西川 SEVENDAYS 
スリープマスターが考えた毎日抱き枕
実勢価格:4480円

サイズ:約幅50×長さ90×高さ8cm
重さ:1.5Kg
▼テスト結果
使い心地 D
熱のこもりにくさ B
洗いやすさ C
反発力 C
9位は西川(Nishikawa)「【Amazon.co.jp 限定】 東京 西川 SEVENDAYS スリープマスターが考えた毎日抱き枕」。使い心地が悪く、体との間にも隙間があり寝返りを打つときも安定感がなく微妙でした。

使い心地

フィット感   :D
寝返りのしやすさ:D
脚に挟むと上が離れてしまい、上を合わせると脚から離れ抱きにくいです。

熱のこもりにくさ

30分後の温度:29.9℃
60分後の温度:34.6℃

反発力

かたさ:やわらかめ

やわらかいうえに細いので、反発力も支えられている感じも少なめです。

記事9位 やわらかくて体が沈み込みやすい「Marine Moon」

Marine Moon
抱き枕 U字タイプ
実勢価格:5900円

サイズ:約幅78×長さ155×高さ18cm
重さ:約2.9Kg
▼テスト結果
使い心地 C
熱のこもりにくさ B
洗いやすさ C
反発力 D
10位はMarine Moon「抱き枕 U字タイプ」。フィットするけど体がハマって動きにくいうえ、体が沈み込みやすく包まれた感じになります。感覚は気持ちいいですが、身動きがとれなくなります。

使い心地

フィット感   :C+
寝返りのしやすさ:C

フィット感はありますが、大きくて隙間にハマると寝返りしづらいのが難点でした。

熱のこもりにくさ

30分後の温度:31.8℃
60分後:35.8℃

反発力

かたさ:やわらかい
体を乗せるとぐっと沈んで気持ちがいいですが、身動きがとりにくく長時間使用には不向きです。

記事11位 支えられる感も安心感もない「ニトリ」

ニトリ
頭も支える抱きまくら(ポリ ヌード)
実勢価格:1721円

サイズ:約幅45×長さ115×高さ10cm
重さ:約1.3Kg
▼テスト結果
使い心地 D
熱のこもりにくさ D
洗いやすさ D
反発力 D
11位はニトリ「頭も支える抱きまくら(ポリ ヌード)」。オールD評価と、とくに際立った点もありませんでした。

使い心地

フィット感   :D
寝返りのしやすさ:C
くたっとしているぶん扱いにくいが、寝返りのしやすさはまずまず。まっすぐな形状は体に沿わず、布団を抱っこしているみたいです。

熱のこもりにくさ

30分後の温度:36.5℃
60分後の温度:40.3℃

熱がうまく逃げず残念な結果に。夏の睡眠には不向きでした。

反発力

かたさ:やわらかい
わたがふんわりと入っていて、とてもやわらか。そのぶん、体を支えるにはちょっと……。やわらかすぎて心もとないです。

ホーム 抱きまくらは“ふつう~かため”が体を支えてくれる

以上、抱きまくらランキング11選でした。いかがでしたか? 実際に触って検証した結果、ふつう~かためのほうが、心地よく体重を預けて使えることが判明しました。

個人差はありますが、人は寝ている間に20~80回くらい寝返りを打ちます。寝返りを打つことで体の歪みを自然に調整し疲れがとれるので、体にフィットして寝返りが打ちやすいものを選ぶことが大切です。

今回のテストで高評価となった、MOGUサンデシカの抱きまくらは、どちらも軽くて扱いやすく体にフィット。ごろんと寝転んで抱きつくだけで夢心地をもたらして、昼寝も本気寝も快眠をサポートしてくれること間違いなしです!

the360.life(サンロクマル)は、テストするモノ誌『MONOQLO』、『LDK』、『家電批評』から誕生したテストする買い物ガイドです。やらせなし、ガチでテストしたおすすめ情報を毎日お届けしています。
  • facebook
  • twitter
  • LINE
  • hatena
  • pocket

関連記事