プロが本気で実食! ジャンル別「レトルトカレー」オススメ大調査
2020年05月22日(金)
the360.life編集部
the360.life編集部/Test by MONOQLO編集部
プロが本気で実食! ジャンル別「レトルトカレー」オススメ大調査
手軽に購入できて、簡単に色々な味が楽しめるレトルトカレー。大手メーカーやプライベートブランドから数多くの種類が登場しています。“最高の味のレトルトカレー”を探すべく大検証を実施! ジャンル別にオススメをご紹介します。

▼本記事のテスト、および監修・取材協力はコチラ

MONOQLO テストするモノ批評誌
MONOQLO
辛口レビュー雑誌。生活用品や家具、ガジェットに加え、保険やクレジットカードなどのサービスも比較検証する。
風間章子 氏 料理家
風間章子 氏
料理家。調理師。イタリアンレストランで6年間修行の後、カフェの立ち上げ、雑誌やwebなど様々なメディアにて料理監修で活躍中。
さわけん 氏 科学する料理研究家
さわけん 氏
辻調理師専門学校フランス校卒業。フランスの二ツ星(当時)ムーランドムージャンなどに勤務経験のある本格派。その後、イタリアンカフェのシェフを経て料理研究家に転身し世界の料理を研究。
カレーおじさん\(^o^)/ カレーヲタク
カレーおじさん\(^o^)/
2006年から1日も欠かさずに毎日カレーを食べ続け、なんと年間の最高記録は1152カレー! メディアにも多数出演。Twitter→@lee_otokage
パリッコ 氏 酒場ライター
パリッコ 氏
レトルトカレー54種を1人で食べ比べしたことのある強者。今は「フィーリングカレー」と称したカレー作りを楽しんでいる。公式ホームページ:https://note.mu/paricco
橋本加名子 氏 料理研究家
橋本加名子 氏
タイ・アジア料理と和食の料理教室「おいしいスプーン」主宰。本格的なエスニック調味料やスパイスを使いながらも、手軽にできる料理を提案している。その他、企業のレシピ考案なども多数参加。
桃世真弓 氏 スーパーエコごはん研究家
桃世真弓 氏
家計にやさしい節約レシピや、調理時間を短縮できるクイックメニューが大人気。雑誌・テレビ出演、講演会などを中心に、幅広く活躍中。
本文中の製品画像をクリックすると購入ページへ移動します。
<外部サイトでご覧の方へ>
見出しなどのレイアウトが崩れている場合があります。正しいレイアウトはthe360.lifeオリジナルサイトをご確認ください。

※本記事は『MONOQLO』2020年4月号掲載時に配信した記事を再編集したものです。価格が変動している場合や在庫切れしている場合があります。
  • 定番から本格派まで手軽で便利な“レトルトカレー”
カレー食べたいな。でも、今から作るのは面倒くさい。そんなときに重宝するのがレトルトカレー。常温で長期保存できるので、いざというときにも非常に便利です。

今では、家庭で作るような定番の味から、スパイスの効いた本格的な味まで、豊富な種類がスーパーなどの店頭に並び、手軽にカレーを楽しむことができるようになっています。
種類豊富なレトルトカレーですが、パッケージの見た目に惹かれて買ったものの「思っていた味と違った」なんて、失敗してしまうこともしばしば……。さらには、数が多すぎて選べず、結局いつも同じものを買って食べているという人も多いのではないでしょうか。

そこで、テストするモノ批評誌『MONOQLO』が、本当に美味しいレトルトカレーを見つけるべく、100製品以上のレトルトカレーを購入し、大検証を敢行! 「旨味」「コク」「具の量」「コスパ」「風味」に注目し、チェックしました。
その結果、種類別にもっともオススメだったものをご紹介します。

まずは、数多くあるレトルトカレーの中で一番目にする機会が多いビーフカレー。

でも、ビーフカレーのレトルトって、数が多すぎて迷ってしまい、結局同じものばかり食べている、ということはありませんか。

そこで、全50製品を食べ比べ。もっともオススメははこちらでした。
  • スパイスと酸味が際立つ
    ハウス食品「カリー屋カレー」
ハウス食品
カリー屋カレー
実勢価格:103円
※本来の製品名は漢字表記です

内容量:200g
辛さ:3
▼テスト結果
旨味 :7.3点
トマトの酸味に加えて、ビーフ感もしっかり。重たさを感じずに食べられます。

コク :6.7点
酸味とスパイス感が強めなので、コクは控えめ。しつこさがないのがよかったです。

具の量:6点
具の量は標準的。大きさも普通ですが、しっかりと味を感じられるのはいいところでした。

コスパ:8.3点
100円ほどで買えることもありましたが、価格以上のスパイス感を楽しめます。

風味 :8.3点
最大の評点。香辛料(カルダモン)が、本当にレトルトかと思うほど香り高かったです。

合計点:36.6点
この値段でいいのかと思うほど、カルダモンが香ります。後味がさっぱりめで美味いです。

▼カレーのテクスチャー
ベストバイとなったハウス食品「カリー屋カレー」は、100円ほどで買えるどこにでもありそうなカレー……と思いきや、実食したプロ全員が「香辛料の香りがとにかく良い!」と大絶賛!

レトルトカレーとしては平均的な具の量ですが、具材本来の味がちゃんとするのは◎。トマトの酸味とビーフの旨味もしっかり味わえるので、純欧風よりもスパイスが前面に出たあっさりめのカレーを食べたい人には特にオススメです。

続いては、キーマカレーです。全20食を食べ比べした結果、もっともオススメはこちらでした。
  • スパイスとラムの奇跡
    36チャンバーズ「ラムキーマカレー」
36チャンバーズ・オブ・スパイス
ラムキーマカレー
実勢価格:660円
※Amazon、楽天とも5個セット商品の販売ページです

内容量:130.8g
辛さ:3
▼テスト結果
旨味 :8点
スパイシーさに負けない、ラム特有の甘さ強めの旨味がしっかり感じられました。

コク :7.6点
コクもしっかり。スパイスが効いているのでしつこさを感じずに済むのがいいです。

具の量:8.6点
旨味たっぷりのラムが惜しげもなく入っています。粗びきのため食べ応えも十分。

コスパ:6.6点
レトルトにしては高めですが、それが気にならない美味しさと満足感がありました。

風味 :8.6点
鼻に抜けるスパイスの香りで食欲が刺激されます。ラム特有の臭みは一切ありません。

合計点:39.4点
他とは一線を画すスパイスの風味と、ラムの旨味が高評価となりました。ぜひ試してほしい逸品です!

▼カレーのテクスチャー
見事ベストバイとなったのは、西所沢の人気店が監修している、36チャンバーズ・オブ・スパイスの「ラムキーマカレー」。レトルトカレーには珍しいラムが使われているためビーフやチキンでは味わえない濃厚な味わいがやみつきになります。香辛料のカルダモンが粒のまま入っていてスパイス感が強く、高級感があるのも◎。

そのままはもちろん、添付の花山椒をかけるとラムの甘みが際立ち、最後まで飽きずに、より美味しく食べられます。ラムの旨味とスパイスが組み合わさった唯一無二の絶品キーマカレーです。
橋本加名子 氏
料理研究家

橋本加名子 氏のコメント
ラムの風味がしっかりでライスに合う!
風間章子 氏
料理家

風間章子 氏のコメント
スパイスとラムの風味のバランスが◎
桃世真弓 氏
スーパーエコごはん研究家

桃世真弓 氏のコメント
あとがけスパイスがさわやかです!
次はグリーンカレー。全10食を食べ比べした結果、もっともオススメはこちらでした。
  • プロも感激の本格派の完成度
    「プレミアムグリーンカレー」
ヤマモリ
プレミアムグリーンカレー
実勢価格:413円

内容量:180g
辛さ:4
▼テスト結果
旨味 :8.6点
鶏肉やナスの旨味がしっかり。最後まで美味しく味わえます。

コク :8.6点
ココナッツミルクが濃厚でがっつりとしたコクもあり満足度は高めです。

具の量:8.6点
量はたっぷり。珍しい具材(スズメナス)が入っているのも良い!

コスパ:7.3点
400円近いですが、この完成度の高さを考えるとむしろ安いと言っていいでしょう。

風味 :9点
レモングラスの風味が強くも弱くもなく、程よいので食欲が湧きます。

合計点:42.1点
3人のプロ全員が絶賛。味も風味も辛さも隙なしの完璧なカレーです。

▼カレーのテクスチャー
ベストバイになったヤマモリ「プレミアムグリーンカレー」は、ココナッツミルクの濃厚なコクと香辛料の風味、スパイシーさのバランスが良く、やみつきになる美味しさ! 具材が豊富で、特にコブミカンの葉っぱが丸ごと入っていたりと本場感もたっぷり。プロも『本場の味』と感激した驚きの完成度でした。絶対味わうべき究極のレトルトカレーです。
橋本加名子 氏
料理研究家

橋本加名子 氏のコメント
レモングラスの程よい風味がいいですね
最後は、バターチキンカレー。全10食を食べ比べした結果、もっともオススメはこちらでした。
  • バターのリッチな風味がたまらない
    カルディ「バターチキン」
カルディ
カルディオリジナルインドカレー
バターチキン
実勢価格:342円

内容量:180g
辛さ:3
▼テスト結果
旨味 :8.3点
バターの甘みとトマトの酸味が美味。チキンの旨味も強いです。

コク :8点
バターのコクが濃厚で、あと引くおいしさ。ライスと相性がいいです。

具の量:6.6点
チキン自体の大きさは普通でしたが、旨味がしっかりしています。

コスパ:7点
旨味、コク、スパイシーのバランス◎で300円ちょっとは安い!

風味 :8.3点
バターの濃厚な香りがふんわり漂うので次々と食べたくなります。

合計点:38.2点
価格も含め、他製品と比べるとバランスの良さが際立つ結果となりました。

▼カレーのテクスチャー
レトルトのバターチキンカレー10製品で、ベストバイになったのは、カルディ「カルディオリジナルインドカレー チキンバター」。バターのコクとスパイシーさのどちらもしっかりあり激ウマ! チキンはルーの濃厚さに負けず、旨味しっかりでやわらかいのもうれしいです。万人ウケする優等生的なカレーでした。
桃世真弓 氏
スーパーエコごはん研究家

桃世真弓 氏のコメント
味のバランスがとっても良くて美味しい!
▼詳しい検証方法やランキングはこちらでご紹介しています。
以上、レトルトカレーのオススメのご紹介でした。記事を参考にお気に入りを見つけてくださいね。

360.life(サンロクマルドットライフ)は、テストするモノ誌『MONOQLO』、『LDK』、『家電批評』から誕生したテストする買い物ガイドです。広告ではない、ガチでテストした情報を毎日お届けしています。
  • facebook
  • twitter
  • LINE
  • hatena
  • pocket

関連する記事はこちら