お寿司が回ってダイブ! 思わず笑顔になっちゃうパーティごはんグッズ3選│『家電批評』が紹介
選び方
the360.life編集部
the360.life編集部/Test by 家電批評編集部
公開日: 2020年06月05日

お寿司が回ってダイブ! 思わず笑顔になっちゃうパーティごはんグッズ3選│『家電批評』が紹介

便利なだけじゃなく、楽しい暮らしをそっと手助けしてくれる家電製品たち。その進化は止まらず、日々続々と新しい商品が登場しています。そこで、近ごろ、世間を騒がせた数々のヒット商品からオススメの逸品をセレクト。インドアでもアウトドアでも活躍してくれる“ベストヒット家電”をお届けします! 今回はあると思わず盛り上がるパーティごはんグッズ3選です。

本音でテストする家電購入ガイド
家電批評
家電専門誌。スマホ、イヤホンなどのガジェットから、テレビや冷蔵庫などの大型家電まで、実際にテストしてレビューする本格テスト雑誌。

<外部サイトでご覧の方へ>
見出しなどのレイアウトが崩れている場合があります。正しいレイアウトはthe360.lifeオリジナルサイトをご確認ください。

※情報は『家電批評』2020年6月号掲載時のものです。価格が変動している場合や在庫切れしている場合があります。

キッチン 『家電批評』がセレクト! 楽しい暮らしに役立つおすすめ家電

仕事中も、家でくつろぐ時間にも、生活をするなかで今や家電は欠かすことができない存在です。実用的で便利なものから、楽しむことが目的の趣味に富んだものまで、家電の種類は本当に様々で、私たちの生活に潤いをもたらしてくれます。

そこで、数々の家電をガチでテストししてみました。

今回はその中から、思わず笑顔になっちゃうパーティごはんグッズを3製品をご紹介します!

キッチン お寿司が回ります!「タカラトミーアーツ 寿し大観覧車」

タカラトミーアーツ
天空パーティー 寿し大観覧車
実勢価格:6480円
サイズ・重量:W70×H51.5×D24cm・1.6kg
消費電力:単3形アルカリ乾電池2本
大人も子どもも大好きな回転ずし。それをご自宅でもっと楽しんじゃおうというのがタカラトミーアーツ「天空パーティー 寿し大観覧車」です。

でもこちら、回転の方向か違います。水平ではなく垂直方向の回転なんです。
富士急ハイランドの大観覧車と、加速度世界一のジェットコースター “ド・ドドンパ”が合体したようなインパクトある外観。これが食卓に登場しただけでみんな笑顔になっちゃいます。

実際に編集部員が子ども(6才)と試してみたところ、大興奮でした。
お寿司がコースターで目の前へ!
お寿司を専用のお皿に載せ、こちらの観覧車にセットして回転スタート! 回転する寿司を見定めて、好みのネタが回ってきたらレバーを上げます。

すると! 選ばれた寿司は観覧車を降り、ド・ドドンパレールを颯爽と滑ってテーブルの上へと届きます。ここで思わず拍手が起こりそう。

ポイント1:シャリ製造器がついてます

手を汚さずにシャリ玉がポンっ!
市販のお寿司をのせてもいいですが、付属のシャリ製造器を使えば手軽にできます。

こちらの「にぎりスポーン」に酢飯を詰めてポンと押すだけ。適度な硬さのシャリ玉が作れます。手も汚さずカンタンです。

子どもはすっかり「いらっしゃいませ~何握りますか?」と寿司屋の大将気分です。
子ども一人で上手に作れました

ポイント2:食べたいお寿司をとるのが楽しい!

タイミングをよく見定めてゲット
食べたいお寿司が回ってきたらレバーを下へ。滑り降りてくるのが楽しい!
市販のお寿司を回すのもよし、自分で作ったのを回すもよし。見た目のインパクトもありますが、お寿司が滑り降りてくる爽快感もなかなか! 好きなおかずやお菓子をのせても楽しそうです。

キッチン アツアツが美味!「ミナトワークス ポップコーンメーカー」

ミナトワークス
ポップコーン メーカー POP-401
実勢価格:4680円
サイズ・重量:W33× H21×D25cm・約2kg
消費電力:最大600W
容量:4L
DVD鑑賞やビールのお供にはやっぱりこれ! できたて熱々のポップ コーンは一度食べたら病みつきになること必至です。

ミナトワークスの「ポップコーン メーカー POP-401」は、蒸気を逃しながらホットプレート式の底面に敷いた油で加熱するので、数分でポンポンッと弾けて、カリッとした食感の香ばしいポップコーンが完成します。

自家製ポップコーンの作り方: 用意するのは食用油とコーンだけです

ふたを外してプレートの上にコーンをまんべんなく敷きつめ、適量の油を投入します。
コーンと油を入れるだけ
ふたをしてスイッチを入れると、かくはんスタート! 数分後に次々コーンが弾けます!
スイッチオンで次々弾ける!
フタはひっくり返すとボウルになるので、そのままポップコーン入れに。
油を入れて作るから香ばしくカリッ! 意外とやったことない自家製ポップコーン。このおいしさ、ぜひお試しください。

キッチン 食卓で揚げよう!「象印マホービン 電気フライヤーあげあげ」

象印マホービン
電気フライヤーあげあげ EFK-A10
実勢価格:6380円
サイズ・重量:W30×H18×D17cm・2.1kg
コード長:1.9m
消費電力:最大1000W
容量:1L
人気のおつまみやおかずといえば、やっぱり揚げ物! 象印マホービンの「電気フライヤーあげあげ EFK-A10」なら、自宅でカラッとおいしい揚げ物が作れます。

その秘密はパワーの強さ。油の温度をずっとキープするので失敗がありません。とくに唐揚げはジュワッと肉汁あふれる感動のおいしさで、家族全員がナットク。
大きめの四角い形で底が深いから、もも肉1枚分の唐揚げを入れても余裕ありです。目の前で揚げて楽しみたいですね。
ジューシーでやわらかなお店の味!
以上、雑誌『家電批評』がおすすめするパーティ気分ごはんグッズ3選でした。いつもの食事やおやつタイムが盛り上がります。家族や仲間との楽しいひとときにいかがですか?

the360.life(サンロクマル)は、テストするモノ誌『MONOQLO』、『LDK』、『家電批評』から誕生したテストする買い物ガイドです。広告ではない、ガチでテストした情報を毎日お届けしています。
  • facebook
  • twitter
  • LINE
  • hatena
  • pocket

関連記事