リビング掃除をラクに!“ハンディモップ”おすすめ7選|『LDK』とプロが掃除効率化を伝授
2020年05月20日(水)
the360.life編集部
the360.life編集部/Test by LDK編集部
リビング掃除をラクに!“ハンディモップ”おすすめ7選|『LDK』とプロが掃除効率化を伝授
掃除機を出したり戻したり、トイレやお風呂をゴシゴシ……。毎日の掃除を完璧にしようとして、ヘトヘトになっていませんか? いつもの掃除は、道具や洗剤ではなく「手順」が大事。ちょっと見直すだけで、その“ヘトヘト掃除”から解放されます。ということで、雑誌『LDK』とお掃除のプロが超簡単なお掃除レシピを大公開! 今回は、リビング掃除がラクになる「ハンディモップ」とお掃除術をご紹介します。

▼本記事のテスト、および監修・取材協力はコチラ

LDK テストする女性誌
LDK
インテリア、掃除、食品からコスメ、健康まで、あらゆるモノやサービスを賢く選ぶために、ホンネでテストする女性向け生活情報誌。
塩月孝仁 氏 東京都の便利屋さん エイトピース代表
塩月孝仁 氏
時間制のハウスクリーニングを行う便利屋さん。「安全で、早く、キレイに仕上がること」をモットーにしている。公式ホームページ http://www.8peace.com/
本間朝子 氏 知的家事プロデューサー
本間朝子 氏
仕事と家事の両立に苦労した経験から、ムダな時間と労力を省く「知的家事」を考案。「家事が大変」「家事が大変」と嘆く多くの主婦の悩みを解決している。毎月無料の「時短家事セミナー」をオンラインで開催している。

本文中の製品画像をクリックすると購入ページへ移動します。
<外部サイトでご覧の方へ>
見出しなどのレイアウトが崩れている場合があります。正しいレイアウトはthe360.lifeオリジナルサイトをご確認ください。

※情報は『LDK』2020年6月号掲載時のものです。価格が変動している場合や在庫切れしている場合があります。
  • 超絶カンタン! ヘトヘト掃除は「順番」を見直すだけで解消できる
リビングやトイレにキッチン、家の中の掃除は毎日欠かすことができませんよね。しかし、全部を完璧にしようとして、掃除が終わる前に疲れてしまっていませんか?

毎日の掃除でヘトヘトになってしまうのは、手順も何も考えずにむやみやたらにやってしまっているから。掃除を頑張らないで手間抜きするためには、洗剤や道具よりも「手順」を見直すことが大切なんです。
  • まずはホコリ取り!「ハンディモップ」でリビング掃除がラクラク
掃除を始めるとき、とりあえず床からする人も多いはず。でもそれが、“掃除迷路”に迷い込んでしまう原因に! 床を掃除した後に棚や机の掃除をすると、ホコリが落ちて結局床はホコリでザラザラになってしまいます。

床掃除は、まずハンディモップでホコリを取ることからスタートするのが正解。「床→棚の上→机の上」でななく「棚の上→机の上→床」のように、上から下に向かって掃除をしましょう。
  • リビング掃除のラクテクニック
1:リビングを1周する
棚や机などの掃除からスタート。
リビングをグルッと1周、床より高い位置のホコリからハンディモップで拭き取ります。

2:取りきれないホコリは床に落とす
端のホコリは床に落とせばOK!
最後に床掃除をするので、端っこなどの取りにくいホコリは、そのまま床に落とすだけ!
  • ホコリをしっかり絡め取るのは? ハンディモップ7製品を比較検証
ということで、テストする女性誌『LDK』は、ハンディモップ7製品を集めて比較検証を実施。お掃除のプロと一緒に、「汚れ落ち」や「使用感」をチェックしました。

ホコリをしっかり吸着して、リビング掃除を効率化してくれるのはどの製品だったのでしょうか? それでは、検証結果をおすすめ順に発表します!
  • 花王「クイックルハンディ」
花王
クイックルハンディ
実勢価格:365円
※Amazonは、カラー・黒のあわせ買い対象商品です。
▼検証結果
汚れ落ち
使用感
評価 A+
床を始める前に棚などのホコリを、ハンディモップで絡め取るのが大事! 花王「クイックルハンディ」なら両面使えて、細かいホコリもしっかり吸着するから普段使いにぴったり。ひとなででホコリを絡め取り、文句なしの汚れ落ちです! 
擬似花粉がほんの少しだけ!
なでるだけで十分取れる!
塩月孝仁 氏
東京都の便利屋さん エイトピース代表

塩月孝仁 氏のコメント
柄が握りやすいものを選べばストレスなく掃除できます!
  • ユニ・チャーム「ウェーブハンディワイパー」
ユニ・チャーム
ウェーブハンディワイパー
実勢価格:260円
▼検証結果
汚れ落ち ◎+
使用感
評価 A
ユニ・チャーム「ウェーブハンディワイパー」は、ベストのクイックルよりも汚れ落ちがよかったです。片面だけの使用でいいならアリでしょう。
汚れ落ち:◎+
サッとひと拭きで取れる汚れの吸着力がバツグン。7製品のなかで最もよかったです。片面しか使えませんが、軽くなでるだけでしっかりホコリを取ります。
  • ダイソー「ふわっとモップ」
ダイソー
ふわっとモップ
実勢価格:110円
▼検証結果
汚れ落ち
使用感
評価 A
ダイソー「ふわっとモップ」は、100均なのに、きちんと汚れも落ちる!と、高評価。コスパ重視なら間違いなくコレです。
汚れ落ち:○
若干の汚れ残りはあるものの、サッとひと拭きここまで取れるのは優秀! 滑りもよくシートが抜けにくくて使い勝手が良好。替えは3枚で110円です。
  • レック「もこもこハンディ360」
レック
もこもこハンディ360
実勢価格:550円
▼検証結果
汚れ落ち
使用感
評価 A
レック「もこもこハンディ360」は、洗って繰り返し使えるタイプの中では汚れ落ちがよく、小回りも効いてオススメです。
汚れ落ち:○
コンパクトな作りなので、手の感覚が伝わりやすく操作しやすいです。洗えるタイプの中では汚れ落ちがいいですが、ホコリがついたヘッドを洗うのは大変かもしれません。
  • 山崎産業「シルキーハンディ ふるる」
山崎産業
シルキーハンディ
ふるる
実勢価格:288円
▼検証結果
汚れ落ち
使用感
評価 B
山崎産業「シルキーハンディ ふるる」は、中央にはモップがないため、汚れ落ちがあと一歩及ばずB評価となりましたが、軽さはバツグンです。
汚れ落ち:○
他製品と比べるとモップ部分が薄いため、隙間に入りやすいのが特徴。中央に凹みがあるため汚れが取りきれていませんでしたが、取り残しは及第点の範囲でした。
  • アズマ工業「ふわ~とモップ ハンディ」
アズマ工業
ふわ~とモップ ハンディ
実勢価格:272円
▼検証結果
汚れ落ち
使用感
評価 B
アズマ工業「ふわ~とモップ ハンディ」は、使用感はよかったものの、肝心の汚れが取りにくかったのがアダとなり、同じくB評価に。
汚れ落ち:△
せっかく拭いても吸着力が弱くゴミが落ちてしまい、汚れ落ちは最下位。しかし、ふわふわの感触はよく、ひっくり返せば裏面も使えるのはポイントが高い点でした。
  • 山崎産業「ふんわり吸着モップ」
山崎産業
ふんわり吸着モップ
実勢価格:547円
▼検証結果
汚れ落ち
使用感
評価 C
山崎産業「ふんわり吸着モップ」は、使い捨てとは違う糸素材で汚れを広げてしまいました。洗って使うのも手間になるため、残念ながらC評価となりました。
汚れ落ち:△
拭き取り面が大きい分、小回りが利かないため棚の上など狭い部分に不向きです。ひと拭きで、きちんとゴミを絡め取ったように見えましたが、細かく全体に散らばってしまいました。

以上、ハンディモップ7製品のご紹介でした。
  • 掃除の基本! 部屋の風通しをよくする換気術
掃除中の換気は必ずするべきですが、窓を全て開けるのは大変。実は部屋の対角線の窓を10㎝ほど開けるだけで十分換気されます。
少し開けるだけで風通しがよくなる。
家の造りによっては、窓の位置が悪く風通しがイマイチなんて場合も。そんなときは片側は換気扇を回すだけでOKです。
キッチンやお風呂場などをうまく活用して。
本間朝子 氏
知的家事プロデューサー

本間朝子 氏のコメント
ちょうどイイ窓がなかったら出口は換気扇でもOK!
家事は、頑張りすぎず、ちょっとした手間抜きをすることも大事。毎日の掃除の手順を見直して、終わりのないヘトヘト掃除とはおさらばしましょう。

360.life(サンロクマルドットライフ)は、テストするモノ誌『MONOQLO』、『LDK』、『家電批評』から誕生したテストする買い物ガイドです。広告ではない、ガチでテストした情報を毎日お届けしています。
  • facebook
  • twitter
  • LINE
  • hatena
  • pocket

関連する記事はこちら