【ビジネスマン必見】成功者が通った神社パワーランキング10選|松下幸之助や出光佐三が参拝
ランキング
渡部 孝太
渡部 孝太/Test by the360.life編集部
公開日: 2021年01月01日

【ビジネスマン必見】成功者が通った神社パワーランキング10選|松下幸之助や出光佐三が参拝

成功者が参拝している神社には「特別な力」がある! 歴史の名を残した武将や現代の政治家・経営者など、ここぞという時に勝利をおさめてきた人たちは、神社参拝を重視している人が多いんです。今回は、専門家と一緒に総力編集した『開運神社ベストランキング』から、「財界・政界の成功者が通った神社パワーランキング」をお届けします!

神社文化研究家
東條英利 氏
第40代内閣総理大臣の東條英機は直系の曾祖父にあたる。日本文化・伝承の源泉となる神社・神道を学ぶ仕組み作りとして、全国神社情報専門ポータルサイト「神社人」を主宰。また、食専門誌や国際交流新聞への定期連載など、神社ライターとして神社関連の執筆、監修なども行なう。


※2020年12月24日時点での情報となります。記事内で紹介している宿泊施設はGoToトラベルキャンペーンの対象施設も含まれるため、時期によっては値段に変動がある場合がございます。あらかじめご了承ください。

トラベル あの一流経営者も天下人も参拝した全国の開運神社

政治家や大企業の経営者など、ここぞという時に勝利をおさめてきた人たちは、神社参拝を重視しています。

どの時代でも成功をおさめてきた偉人たちは、神社の「特別な力」を知っており、それを味方につけ、活用してきたのです。

神社は全国でおよそ8万8000社以上にのぼるといわれています。その中で、なんとか一番自分の願いを聞き届けてくれる神社に巡り会いたいもの。もしかしたらその神社は、自宅よりずっと遠くにあるかもしれません。

この記事では、全国にあるおすすめの神社をご紹介しています。そして、その周辺にある宿泊施設も紹介しています。自分に一番合った神社を見つけるため、一泊二日の小旅行をするのもいいかもしれません。

あなたが成功を願うのであれば、ぜひ「成功神社」に足を運んでみてください。その一歩からあなたの人生が切り開かれ、新たな未来に進むことができるはずです。

トラベル 神社とは? - 仏教の伝来によって近代化した神道

日本固有の宗教・神道の祭祀施設である「神社」。現在、日本には約8万8000社以上の神社が存在し、日本で最も多い文化建築物の一つとされています。

そもそも神道は、日本人の暮らしから生まれた信仰だと考えられています。

われわれの祖先は自然との関わりのなかで生活を営んできましたが、ときに自然は恵みを与えるだけでなく、災害という形で猛威を振るいます。こうした自然現象に神々の存在を感じ、敬うようになっていきました。いつしか山や岩、木や滝などの自然物を神が宿る神聖なるものとして祀ったのです。

一説によれば、神道が社殿を持つようになったのは、6世紀頃のこと。仏教をはじめとした外来文化の流入がきっかけだったといいます。仏教伝来後、仏教の対義語として日本固有の信仰は「神道」と名付けられました。そして、仏閣に対抗して社殿などが建てられ、これが「神社」として発展していったと考えられています。

神社発展の流れ

アニミズム(精霊信仰)

太古の日本では精霊や自然を神聖視し、霊山などの神域は不可侵領域だった

▼
古神道(古代祭祀)

古神道時代は磐坐や神籬を用いて、仮設の祭祀場を設けていた

▼
仏教&外来文化の流入

日本に仏閣が登場すると、対抗するように神道にも社殿が置かれるようになった

▼
神道(神社祭祀)

神社の代表的な建築様式「神明造」は、古代建築の高床式倉庫がモチーフ

トラベル 政界・財界の成功者が通った 神社パワーランキング

歴史上の偉人も財界&政界の重鎮も、みんな神社に参拝して成功した!

全国に8万社以上が鎮座し、日本人にとってなじみ深い建物のひとつとなっている「神社」。これまで、多くの成功者が神社と密接な関係を築いてきましたが、そこには明確な理由があるといいます。

そこで今回は、ランキング形式で政界・財界の成功者が通った神社パワーランキングを教えちゃいます。

採点方法は指揮者と編集部に投票をもとに作成しています。そこに「歴史」「由緒」「口コミ度」「成功度」によるポイントを加点しています。

「歴史」:その神社が持つ歴史の長さであり、100年以前の歴史は1pt、500年以上は3pt、1000年以上は5pt、紀元前から存在する場合は10pt
「由緒」:ストーリー性やそこにまつわる逸話などを重視し、そういったものがある場合は10pt、わずかでも言い伝えなどが残る場合は5pt、ない場合は1pt
「口コミ」:世間での知名度などを元に、10段階でポイントを算出
「成功度」:ゆかりのある成功者(近現代)の多さ、知名度、功績などをもとに上限70ptで算出

記事1位BEST 強い勝ち運を授ける江戸総鎮守 「神田神社」

大己貴命、少彦名命、平将門命の3柱がご祭神です。当時、平将門の首塚(現・大手町)も神田神社にあり、平将門命の「勝ちを約束する強いご利益」にあやかろうと、岩崎弥太郎や三野村利左衛門といった実業家の崇敬を集めました。現在も仕事始めには、多くのビジネスマンが行列をなして参詣しています。

神田神社に通った成功者

岩崎弥太郎(いわさきやたろ)(1835~1885年)

高知県出身。海援隊の後進組織・九十九商会を受け継ぎ、輸送業を展開。その後、1873年に三菱商会へと改称し、三菱財閥の礎を築きました。
三野村利左衛門(みのむらりざえもん)(1821~1877年)

山形県出身。庄内藩を出奔し、江戸の両替商として成功しました。1876年、三井家に協力して三井銀行を設立。三井財閥の中興の祖と言われています。
▼採点結果
歴史 7点
由緒 10点
口コミ度 7点
成功度 67点
合計 91点

神田神社 基本情報

住所:東京都千代田区外神田2-16-2
アクセス:JR中央線・総武線「御茶ノ水駅」聖橋口より徒歩5分
ご利益:全体運、恋愛運、金運、健康運

ご祭神
大己貴命 [おおなむちのみこと]
少彦名命 [すくなひこなのみこと]
平将門命 [たいらのまさかどのみこと]

記事2位BEST 長期政権維持の秘訣!? 「伊勢神宮」

日本の総氏神・天照大神を祀る神社本庁の本宗。第61~63代内閣総理大臣の佐藤栄作は、首相就任後、毎年1月4日の仕事始めに参拝するようになり、7年8ヵ月という戦後最長(当時)の政権を維持しました。なお、彼にならって総理の伊勢神宮参拝は慣例となりました。

伊勢神宮に通った成功者

佐藤栄作(さとうえいさく)(1901~1975年)

山口県出身。鉄道省監督局長、運輸次官などの官僚を経て、1947年に民主自由党に入党。1964年に内閣総理大臣に就任。1972年までの長期政権を誇りました。
▼採点結果
歴史 10点
由緒 10点
口コミ度 6点
成功度 63点
合計 89点

伊勢神宮瀧原宮 基本情報

住所:三重県度合郡大紀町滝原872
アクセス:紀伊本線「滝原駅」より徒歩30分
ご利益:健康成就

ご祭神
瀧原宮 [たきはらのみや]
天照大御神御魂 [あまてらすおおみかみのみたま]

記事3位BEST 荒廃した境内を整備 「宗像大社」

全国に7000余りある宗像神社、厳島神社、宗像三女神を祀る神社の総本社。宗像市出身の出光佐三は幼少期より宗像大社を崇敬し、海の神である宗像三女神に海運事業の成功を祈願していました。また、荒廃気味だった同大社に多大な寄進を行い、復興にも力を注いぎました。

宗像大社に通った成功者

出光佐三(いでみつさぞう)(1885~1981年)

福岡県宗像郡(現宗像市)出身。1911年、出光興産グループの前身となる出光商会を創業。地元にある宗像大社の復興に尽力したことでも有名。
▼採点結果
歴史 10点
由緒 10点
口コミ度 7点
成功度 59点
合計 86点

宗像大社 基本情報

住所:福岡県宗像市田島2331
アクセス:JR鹿児島本線「東郷駅」より神湊波止場行きバス「宗像大社前」よりすぐ
ご利益:全体運、恋愛運、金運

ご祭神
田心姫神 [たごりひめのかみ]
湍津姫神 [たぎつひめのかみ]
市杵島姫神 [いちきしまひめのかみ]

記事4位 「経営の神」が参拝! 「椿大神社」

神話時代に創建のルーツを持つ日本最古の神社の一つ。主祭神は平安と幸福を招く猿田彦大神。パナソニック創始者である松下幸之助がたびたび参拝したことでも知られています。彼の死後、境内には彼を経営の神として祀る「松下幸之助社」が建てられました。

椿大神社に通った成功者

松下幸之助(まつしたこうのすけ)(1894~1989年)

和歌山県出身。松下電気器具製作所(現パナソニック)創業者。PHP研究所や松下政経塾を設立し、倫理教育や政治家の育成にも力を注いだ。
▼採点結果
歴史 10点
由緒 10点
口コミ度 5点
成功度 60点
合計 80点

椿大神社 基本情報

住所:三重県鈴鹿市山本町1871
アクセス:近鉄線「近鉄四日市駅」より三重交通バス「椿大神社」よりすぐ
ご利益:全体運、恋愛運、金運、健康運

ご祭神
猿田彦大神 [さるたひこのおおかみ]
瓊瓊杵尊・栲幡千々姫命 [ににぎのみこと・たくはたちひめのみこと]
松下幸之助翁 [まつしたこうのすけ]

記事5位 ルーツの神を参拝 「石塔山大山祗神社荒覇吐神社」

十和田湖のほとりに位置する古刹で、別名は「十和田神社」。安倍総理の本籍地と選挙区はいずれも山口県です。しかし、自身のルーツをかつて東北地域を支配していた安部氏と考えているようで、安倍総理は同神社のほかにも東北地域の神社を参拝しているといいます。

石塔山大山祗神社荒覇吐神社に通った成功者

安倍晋三(あべしんぞう)(1945年~)

東京都出身。1993年、衆議院議員に初当選。2006年、内閣総理大臣に就任。体調不良により在任一年で退任するも、2012年に再び総理のポストに就いた。
▼採点結果
歴史 7点
由緒 5点
口コミ度 4点
成功度 56点
合計 72点

石塔山大山祗神社荒覇吐神社 基本情報

住所:青森県十和田市大字奥瀬十和田湖畔休屋486
アクセス:JR八戸線「八戸駅」よりバス2時間15分
ご利益:商売繁盛、健康運

ご祭神
大山祇神 [おおやまづみのかみ]

記事6位 西武グループ発展のルーツ!? 「箱根神社」

西武鉄道の創始者・堤康次郎が崇敬した神社。寄進による再建にも尽力したほか、周囲の人にも箱根神社への参拝を勧めたといわれています。戦後の指導者・吉田茂元首相も同社をあつく信仰していました。
▼採点結果
歴史 7点
由緒 10点
口コミ度 5点
成功度 49点
合計 71点

箱根神社 基本情報

住所:神奈川県足柄下郡箱根町元箱根80-1
アクセス:JR東海道線「熱海駅」より伊豆箱根バス「元箱根」より徒歩10分
ご利益:全体運、安産、交通安全

ご祭神
瓊瓊杵尊 [ににぎのみこと]
木花咲耶姫命 [このはなさくやひめのみこと]
彦火火出見尊 [ひこほほでみのみこと]

記事7位 初代内閣総理大臣があつく信仰 「嚴島神社」

多くの成功者から崇敬されています。初代内閣総理大臣・伊藤博文もその一人。なかでも弥山の三鬼堂を信仰し、熱心に参拝していたといわれています。弥山頂上からの眺望を広めるため、寄進して登山道を整備しました。
▼採点結果
歴史 8点
由緒 10点
口コミ度 6点
成功度 43点
合計 67点

嚴島神社 基本情報

住所:広島県廿日市市宮島町1-1
アクセス:宮島までは「宮島口」よりフェリーで約10分
ご利益:必勝祈願、心願成就

ご祭神
市杵島姫命[いちきしまひめのみこと]
田心姫命[たごりひめのみこと]
湍津姫命[たぎつひめのみこと]

記事8位 小泉家ゆかりの成功神社 「走水神社」

日本武尊と弟橘媛命をご祭神として祀る神社です。横須賀出身で、選挙区でもあった小泉純一郎元首相が家族ぐるみで参拝し、彼の次男である小泉進次郎議員も同社とのゆかりが深い。
▼採点結果
歴史 10点
由緒 5点
口コミ度 4点
成功度 40点
合計 59点

走水神社 基本情報

住所:神奈川県横須賀市走水2-12-5
アクセス:京浜急行電鉄「馬堀海岸駅」から観音崎行きバスに乗り「走水神社」下車。徒歩2分
ご利益:仕事運、恋愛運

ご祭神
日本武尊 [やまとたけるのみこと]
弟橘媛命 [おとたちばなひめのみこと]

記事9位 日本初の新婚旅行スポット 「霧島神宮」

霊峰高千穂峯の麓に鎮座し、天孫降臨の神話に由来する古刹。幕末の志士・坂本龍馬が日本初の新婚旅行を行った際の行き先が霧島で、妻のお龍とともに霧島神宮を参拝しました。
▼採点結果
歴史 5点
由緒 5点
口コミ度 4点
成功度 38点
合計 52点

霧島神宮 基本情報

住所:鹿児島県霧島市霧島田口2608-5
アクセス:JR日豊本線「霧島神宮駅」よりバスで10分
ご利益:縁結び、商売繁盛

ご祭神
天饒石国饒石天津日高彦火瓊瓊杵尊 [あめにぎしくににぎしあまつひたかひこほのににぎのみこと]
木花咲耶姫尊 [このはなさくやひめのみこと]

記事10位 先祖の政敵を参拝して大出世! 「龍宮神社」

麻生太郎元首相が同社を参拝した数ヵ月後、内閣総理大臣に就任しました。龍宮神社は旧幕府軍の榎本武揚が建立しましたが、麻生氏の高祖父・大久保利通の政敵。「100年目の仲直り」と称した参拝を機に大出世しました。
▼採点結果
歴史 10点
由緒 5点
口コミ度 4点
成功度 32点
合計 51点

龍宮神社 基本情報

住所:北海道小樽市稲穂3-22-11
アクセス:JR北海道「小樽駅」から徒歩5分
ご利益:学業成就、五穀豊穣

ご祭神
底津和田都美神 [そこつわだつみのかみ]
中津和田都美神 [なかつわだつみのかみ]
上津和田都美神 [うわつわだつみのかみ]

トラベル サンロクマルお墨付き! 旅に役立つおすすめのアイテム

「最強のパワースポット・神社10選」はいかがでしたか? サンロクマルでは、旅に役立つアイテムやガジェットのおすすめ情報もお届けしています。最後は、その中から「PARACHASE 3」のご紹介です。

急な雨でも濡れない大きな傘面で 水はねが少ないPARACHASE

PARACHASE
折りたたみ傘 自動開閉
実勢価格:2390円
OSMO MOBILE 3Eは過去に折り畳み傘の比較検証を行った際にベストバイに輝いた製品です。

折りたたみ傘ながら親骨長が70cmと長く、開くと横幅が122cmのビッグサイズなので雨からしっかり守ってくれます。また、傘面の外側が斜めの傾斜で緩く、雨を外側に飛ばすので水はねも少ないです。
以上、政界・財界の成功者が通った神社 10選とサンロクマルおすすめのお役立ちアイテムのご紹介でした。今回紹介した情報を活用して、一生の思い出に残る旅を楽しんでくださいね。
※情報は『成功する人が通う! 開運神社ベストランキング mini』(2019年12月号)掲載時のものです。
今記事の詳しい情報が掲載されている『成功する人が通う! 開運神社ベストランキング mini』はこちらから購入できます。日本全国の神社の情報が満載。ぜひチェックしてみてくださいね。

the360.life(サンロクマル)は、テストするモノ誌『MONOQLO』、『LDK』、『家電批評』から誕生したテストする買い物ガイドです。やらせなし、ガチでテストしたおすすめ情報を毎日お届けしています。
  • facebook
  • twitter
  • LINE
  • hatena
  • pocket

関連記事