本気でテストして発見! “おうちWi-Fi”を爆速にできる最新ルーター
ランキング
高草真幸
高草真幸/Test by 家電批評編集部
公開日: 2020年05月06日

本気でテストして発見! “おうちWi-Fi”を爆速にできる最新ルーター

今年の大型連休は例年と違い、自宅で過ごす時間が多いことかと思います。そこで今回は、過去に本サイトで自宅での時間がより充実するアイテムを紹介した人気記事をプレイバック。今回紹介するのは、Wi-Fiの新規格「Wi-Fi6」に対応したルーター、バッファローの「AirStation WXR-5950AX12」です!
<外部サイトでご覧の方へ>
見出しなどのレイアウトが崩れている場合があります。正しいレイアウトはthe360.lifeオリジナルサイトをご確認ください。

※本記事は過去に配信した記事を再編集したものです。価格が変動している場合や在庫切れしている場合があります。

パソコン 「Wi-Fi6」が登場! まさに令和のWi-Fiです

連休中自宅過ごしていると、Wi-Fiの遅さが気になりませんか? そんな人におすすめなのが最新の「Wi-Fi 6」対応ルーターです。(速度をを体感するには、対応のスマホなどが必要になりますが)

Wi-Fi(無線LAN)は約5年おきに新規格が発表されていますが、11acの登場から約5年が経過し、満を持して「Wi-Fi6(11ax)」が登場しました。

Wi-Fiの規格を決める「Wi-Fiアライアンス」より、それまでの「IEEE(アイトリプルイー)802.11ac/n/a/g/b」などの名前がユーザーに分かりづらかったという理由で、呼び方・表記法が変更されました。

それにより、「IEEE 802.11ax」が第6世代なので、「Wi-Fi6」と命名されています。
Wi-Fiはアップデートのたびに速度や快適性が大幅にアップしていて、「Wi-Fi6」対応機種も販売されています。
アップル
iPhone 11シリーズ
ダイナブック
Dynabook Z7/Z8

そんな次世代を担うWi-Fiの新規格「Wi-Fi6」にスポットを当て、iPhone 11ユーザーやとにかく速度を優先したい人にオススメの「Wi-Fi6ルーター」をテストしました。そのなかで最も優秀だった製品を紹介します。

パソコン 次世代を担うWi-Fi6ルーターの 速度や機能、使い勝手を一斉テスト

PCのプロのご協力のもと、「Wi-Fi6」に対応したルーター11製品の実力を厳しくチェックしました。

▼テストした11製品はこちら
・バッファロー AirStation WXR-5950AX12
・ネットギア NIghthawk RAX200
・ネットギア NIghthawk RAX80
・ティーピーリンク Archer AX11000
・エイスース RT-AX88U
・ティーピーリンク Archer AX6000
・エイスース ROG Rapture GT-AX11000
・ティーピーリンク Archer AX50
・ネットギア Nighthawk RAX40
・ネットギア Nighthawk RAX120
・エレコム WRC-X3000GS

テストは木造の一戸建てで実施。ルーターは2階に設置し、PCで計測しました。

1階間取り図

キッチン

冷蔵庫や電子レンジなど、電波を干渉しやすい機器が多いキッチン。もっともルーターとの距離が離れており、速度が落ちやすいです。

リビング

リビングには、テレビやBDレコーダーなどの家電機器が設置されています。

2階間取り図

ベッドルーム

ベッドルームはドア2枚を挟んだところに位置。電波を干渉するような家電製品は設置されていません。

書斎

ルーターを設置したのが書斎。パソコンやプリンター、テレビ、デジカメなど電波を発する機器が多数設置されています。

速度の採点基準がこちら。
通信速度はインターネットの回線速度ではありません。2台のパソコンをWi-Fiルーターにつなぎパソコン間の転送速度(スループット)を計測しています。片方のパソコンはWi-Fi(Wi-Fi6を優先的に使用)で、もう片方は10GbEケーブルでWi-Fiルーターと接続。速度の測定には「LAN Speed Test」というソフトウェアを使用しました。

採点方法は下記のとおりです。
(下の表は採点例)
・実測値
実測でマークできた、下りの最大転送速度(採点には無関係)。

・5GHz帯(1階・2階ともに20点満点)、2.4GHz帯(1階・2階ともに20点満点)
上り、下りの実測値を採点表に当てはめて得点を算出しています。

・接続台数(5点満点)
ストリーム数や対応チャンネルで同時接続への強さを評価。

・付加機能(10点満点)
Wi-Fi6/メッシュ/トライバンド/IPoE対応など最新のテクノロジーに対応するルーターに加点しています。また、スマートスピーカーを統合しているなど独自の機能をもつルーターも加点対象です。

・操作性(5点満点)
セットアップや初期設定が簡単で扱いやすい機種には加点しています。

今回テストを行った木造の一戸建ては、鉄筋コンクリート造のマンションほどシビアに障害物の影響は受けませんが、1階と2階といった具合に距離の離れた部屋を使って測定を行なっているため、電波の飛びの良し悪しで大きく通信速度の差が表れた結果となりました。

「Wi-Fi6」の登場によって通信速度が飛躍的に速くなっているため、もっとも速度が速い5GHz帯の下りを中心に採点基準は辛めに設定しています。

以上のテストを元に、「Wi-Fi6」の実力を最も感じられる1台を発掘しました!

記事1位BEST 1階・2階でギガ超え! バッファロー 「AirStation WXR-5950AX12」

BUFFALO(バッファロー)
AirStation
WXR-5950AX12
実勢価格:3万8667円

サイズ:約W300×H195×D75mm
重量:約1580g 
推奨の間取り:4LDK、3階建て
対応する規格:Wi-Fi6(11ax)
アンテナ:5GHz×8、2.4GHz×4
IPoEサービス:対応
メッシュ:非対応
▼テスト結果
実測最大値 1450.20Mbps
5GHz帯(2階) 19/20点
5GHz帯(1階) 15/20点
2.4GHz帯(2階) 17/20点
2.4GHz帯(1階) 14/20点
接続台数 4/5点
付加機能 8/10点
操作性 4/5点
合計 81点
見事1位に輝いたのは、バッファロー「AirStation WXRー5950AX12」。同社初となるWiーFi6対応でフラッグシップモデルのこのルーターの特徴は、無線も有線もとにかく速いことです。

転送速度を計測するテストでは、全機種中トップの1.45Gbps超えという数字を叩きだしました。現在スタンダードなインターネットの回線速度1Gbps超えに軽々成功しています。
Wi-Fi6対応のiPhone 11とWi-Fi5対応のiPhone 8を本機に接続して、インターネットのスピード計測サイトで比較。すると、3倍近く高速に通信できました。

1階でも2階でもギガ超えで 各社のハイエンドモデルをぶっちぎり!

(赤字=最高速、緑字=最低速。単位:Mbps)
高性能が自慢のハイエンドモデルで実測値を比較すると、ご覧の通り。「5950AX12」の性能が際立っています。

外部アンテナは角度調整で期待通りの速度に

「WXR-5950AX12」に搭載される外部アンテナは強い指向性を持ち、それぞれが垂直方向、水平方向どちらの向きも調整が可能。電波を集中的に飛ばす方向を自由自在に設定できます。

1階と2階に電波を飛ばすセッティング

1階から2階というように垂直方向へ電波を飛ばすには、ひと組のアンテナを水平方向に向けるのが効果的です。

満遍なく電波を飛ばすセッティング

外側の2本を写真のように広げ、中央の2本を上に向けるのが満遍なく電波を飛ばすセッティング。

アンテナの向きは住宅環境によって異なりますが、セットアップガイドのオススメ設定から微調整を加えて最適な設定を見つけてみましょう。

Wi-Fi6ルーターで唯一10ギガ対応!

Wi-Fi6ルーターは続々と発売されていますが、LANポートとやWANポートの両方で10ギガに対応するのはこの「WXR-5950AX12」だけ。2Gbpsを超える回線契約時もWI-Fiルーターがボトルネックにならずフルに回線を活用できるのは魅力的です。
この2つの端子が「WXR-5950AX12」最大の特徴なんです。
インターネットに接続するWANポートとLANポートの双方で10ギガに対応しているのは特筆ものの「WXR-5950AX12」。おかげで「NURO光10G」などの高速インターネット回線の実力を存分に引き出せます。
以上、Wi-Fi6ルーターランキング、ベストバイのバッファロー「AirStation WXRー5950AX12」のご紹介でした。

連休中自宅でのんびりしている人が多いと思いますが、Wi-Fiの速度に不満があるなら、ぜひチェックしてください!

the360.life(サンロクマル)は、テストするモノ誌『MONOQLO』、『LDK』、『家電批評』から誕生したテストする買い物ガイドです。やらせなし、ガチでテストしたおすすめ情報を毎日お届けしています。
  • facebook
  • twitter
  • LINE
  • hatena
  • pocket

関連記事