【徹底検証】あたため機能がもっとも秀でている電子レンジは「ヘルシオ」!
ベストバイ
the360.life編集部
the360.life編集部/Test by 家電批評編集部
公開日: 2020年04月08日

【徹底検証】あたため機能がもっとも秀でている電子レンジは「ヘルシオ」!

暮らしの必需品ともいえる「レンジ」には、比較的安価なシンプルレンジから、多機能な高級オーブンレンジまで多種多様。でも、もっとも利用する機会の多い「温め」機能に差はあるの? そこで、徹底検証の結果、温め機能がすぐれた機種はこちらでした!

料理家
風間章子 氏
料理家。調理師。イタリアンレストランで6年間修行の後、カフェの立ち上げ、雑誌やwebなど様々なメディアにて料理監修で活躍中。
本音でテストする家電購入ガイド
家電批評
家電専門誌。スマホ、イヤホンなどのガジェットから、テレビや冷蔵庫などの大型家電まで、実際にテストしてレビューする本格テスト雑誌。
家電&インテリアコーディネーター
戸井田園子 氏
大手プレハブメーカーにてインテリアコーディネートや商品企画を担当し、性能、価格、デザインなど、商品の優劣を見極める技術を身に付けた、生活家電のプロ。

<外部サイトでご覧の方へ>
見出しなどのレイアウトが崩れている場合があります。正しいレイアウトはthe360.lifeオリジナルサイトをご確認ください。

キッチン 電子レンジで一番使う 機能は「あたため」

家庭でもオフィスでも、もはや欠かせない存在となっている「電子レンジ」。1万円前後で買えるシンプルなモデルから、10万円オーバーの高性能オーブンレンジまで、多種多様なモデルが出ています。

そこでこれまでも弊社では、オーブンレンジの検証は何度も行ってきました。しかしながら、これまでの検証はオーブン機能メインのことが多かったんです。

でも、日常でいちばん使う機能って「温め」ではありませんか? 昨晩のおかずや冷凍食品、コンビニのお弁当などなど、「チン」をする機会って多くないですか?

そこで今回は、単機能電子レンジから高機能モデルまで14製品をピックアップし、日常でいちばん出番の多い「温め」に注目し、徹底検証しました。
その結果、「温め」王座決定戦で1位に輝いた電子レンジはこちらでした。

キッチン 温めもその他機能も高性能! シャープ「ヘルシオAX-CA450」

シャープ(SHARP) 
ヘルシオAX-CA450
実勢価格:4万8361円
「ヘルシオAX-CA450」は、どの食材もホクホクに仕上げてくれました。

「温め」テストでよくありがちな「ホットミルクが温まりすぎる」、お弁当の「端っこが冷たいまま」といった「温めムラ」が一切ないレベルの高さでした。
ヘルシオシリーズの中でもコンパクトなモデルの「ヘルシオAX-CA450」は、温めはもちろん、その他の機能も充実しており、総合力でもベストバイ間違いなしといえるモデルです。

では、実際に何がどうスゴかったのか? 検証結果の詳細をご紹介します。

温め:お弁当も冷凍食品も何でも得意!

どうしても温めにくいおかずの裏側や重なっている部分もしっかり温まっていて、まったく不満を感じることがありません。


[ハンバーグの裏側もあったか]
お弁当はまんべんなく温まっており、温めムラが出やすいおかずの裏側も十分に温まっていました。これはかなりレベルが高いです。


[どんな食材もムラなく仕上がる]
・からあげ
時間調整も簡単で、からあげもおいしくムラなく仕上がっていました。


・冷凍チャーハン
冷凍食品の温めも死角なし! 冷凍チャーハンはパッケージに書かれている指定の時間でアツアツを楽しむことができました。これって地味に嬉しいポイントですよね。

温めムラ:温め範囲が広くムラが少ない

サーモグラフィーによる温めムラのテストでは、温まる傾向こそベタなフラット式の傾向でしたが、しっかり温まった範囲が広く、まんべんなく浸透しているのが印象的でした。赤の範囲が広いことはもちろん、白くなってしまうような「熱すぎ」なところもほぼありません。

やや中心よりも左側が温まりにくい傾向はありますが、一方で温まりすぎる箇所がない「適温力」のバランスも優秀なレンジの証です。

構造・デザイン:使いやすくお手入れもラクラク!

レシピやオート機能、その他機能についても「分かりやすい」「使いやすい」配慮がされており、高評価でした。


[シンプルな操作パネルですぐに使える]
6個のボタンとダイヤルに機能がまとめられているシンプルな操作パネルは、誰でも使えるシンプルさです。また、扉を開いてもパネルを確認できるのは嬉しい配慮です。
操作するときの指の導線もなめらかで、迷うことがありません。オートメニュー数も多く、いろいろな料理をしたい人にもおすすめ。W数も自動モードであれば、1000Wまで照射可能で、すばやく温めることができます。


[フラットな庫内で出し入れも掃除もラクチン]
18Lとコンパクトな庫内ですが、定番のフラットデザインなので出し入れもお手入れもラクにできます。
このとおり、大きな皿もスッと入ります。フラット型にありがちな温めムラもなく、お弁当の端までしっかり温まります。高さのある大きな食材も調理可能で、オーブン機能も存分に発揮されます。

その他ポイント:オーブン機能も抜かりナシ!

焼き網とオーブン皿が付属品として付いてきます。焼き魚も得意でメニューも豊富です。オーブン調理も自動調理メニューが多く、どんなメニューもオートで対応できるのも嬉しいですね。

総合結果はこちらです。
▼温め評価
弁当 10/10pt
チャーハン 4/5pt
唐揚げ 4/5pt
牛乳 4/5pt
ひき肉 2/5pt
合計 24/30pt
▼機能評価
温め機能 9/10pt
付属品 4/5pt
レシピ 5/5pt
使いやすさ 4/5pt
ワット数 4/5pt
合計 26/30pt
▼総合評価
総合 50/60pt

キッチン 温め性能ならコスパ最強! 山善「YRC-0161VE」

付属品は一切なし、出力W数の種類も3パターンと機能がそぎ落とされている山善「YRC-0161VE」は、ランキングでは14製品中12位という結果でしたが、温め性能のみで比べると見逃すことのできなモデルです。
山善(YAMAZEN):YRC-0161VE:電子レンジ
山善(YAMAZEN)
YRC-0161VE
実勢価格:1万4080円
サイズ・重量:W461×D329×H293mm・13.3kg
庫内容量:13L
レンジ出力:650・500・200W相当
詳しく見てみましょう。

温め:どんな食材もしっかり温めるパワーがあります

・からあげ
からあげもお弁当もかなりアツアツにできました。うまくいかなかったチャーハンも追加で温めたところ、しっかりと温めることができました。


・ひき肉
ほかの機種では不得意だったひき肉の解凍が唯一完璧にでき、ガチガチに固まっていたひき肉が2分間でバラバラにほぐせました。

温めムラ:ムラのなさでいえばトップクラス!

サーモグラフィー実験では、フチから中心、そして周りまで全体がまんべんなく赤くなっており、均一に高温になっていることがわかります。若干温まりすぎる傾向はあるので、時間調整は必要です。


総合結果はこちらです。
▼温め評価
弁当 8/10pt
チャーハン 2/5pt
唐揚げ 4/5pt
牛乳 3/5pt
ひき肉 5/5pt
合計 22/30pt
▼機能評価
温め機能 4/10pt
付属品 0/5pt
レシピ 3/5pt
使いやすさ 1/5pt
ワット数 2/5pt
合計 10/30pt
▼総合評価
総合 32/60pt
山善は「ムラなし&超加熱」。コスパ重視、温め機能だけで比べれば山善はありです!

実際に並べて使用してみると、機種ごとに機能の得意不得意がはっきりと差となって現れました。買い換えなどで購入を考えている方は、ぜひこちらを参考に、ライフスタイルにあったレンジを購入してくださいね。

the360.life(サンロクマル)は、テストするモノ誌『MONOQLO』、『LDK』、『家電批評』から誕生したテストする買い物ガイドです。やらせなし、ガチでテストしたおすすめ情報を毎日お届けしています。
  • facebook
  • twitter
  • LINE
  • hatena
  • pocket

関連記事