世界初1億800万画素!Xiaomiのスマホ「Mi Note 10」の実力は?│『MONOQLO』が試しました
選び方
the360.life編集部
the360.life編集部/Test by MONOQLO編集部
公開日: 2020年04月16日

世界初1億800万画素!Xiaomiのスマホ「Mi Note 10」の実力は?│『MONOQLO』が試しました

モノが溢れた時代にどんどん出てくる新機能、新ジャンル。今後、売り切れてしまう前に買っておきたい“ネクストバズり商品”候補として紹介するのは、Xiaomi(シャオミ)のスマホです。“第2のApple”が投入したこのスマホのカメラは、世界で初めて1億800万画素&5眼レンズ搭載と驚きのスペックなんです。どれほど高性能なのか、テストするモノ批評誌『MONOQLO』がプロのカメラマンとともに試してみました。

テストするモノ批評誌
MONOQLO
辛口レビュー雑誌。生活用品や家具、ガジェットに加え、保険やクレジットカードなどのサービスも比較検証する。
フォトグラファー
文田信基 氏
スタリスト事務所コーディネイトオフィスに入社。ミュージシャンを中心としたスタイリングを手がける。平行して広告のスタイリングも始め静物のスタイリングに魅了され、写真も始める。フォトオフィスGRIDにてフォトグラファー兼スタイリストして勤務。以降スタイリングの出来るフォトグラファーとして活動。動画も撮影から編集まで対応できます。
<外部サイトでご覧の方へ>
見出しなどのレイアウトが崩れている場合があります。正しいレイアウトはthe360.lifeオリジナルサイトをご確認ください。

※情報は『MONOQLO』2020年5月号掲載時のものです。価格が変動している場合や在庫切れしている場合があります。

スマートフォン スマホカメラの新時代到来? Xiaomiの実力はホンモノか

シャオミの会長兼CEOの雷軍氏は“中国のジョブズ”と言われています
Xiaomiは2010年に設立した急進のスマホメーカー。その勢いの凄まじさから「第2のApple」とも言われ、ノリに乗っている中でいよいよ日本上陸しました。

その看板商品のひとつがXiaomiのスマホ「Mi Note 10」です。何と言っても注目すべきはカメラ性能。世界で初めてスマホのカメラに1億800万画素という高画素数カメラを搭載したモデルです。

最大解像度は12032x9024ドットで、これは4K解像度の12倍に等しい数値。そんな高画質の写真が6万円というコスパで手軽に撮れると話題になっているんです。

スマートフォン Xiaomi vs Google スペックを比較

このスマホのカメラがスペックどおりの性能なのか、Googleの最新ハイスペック機と撮り比べてみました。
Xiaomi
Mi Note 10
5万8080円
ディスプレイ:6.47インチ/3D曲面有機EL 解像度:2340x1080/FHD+398PPI CPU:Qualcomm Snapdragon 730G SIMカード:NanoSIM、デュアルSIM、デュアルスタンバイ バッテリー:5260mAh/30W急速充電βπ サイズ:157.8x74.2x9.67mm 重量:208g
Google
Google 
Pixel 4
8万9980円
ディスプレイ:フルスクリーン/5.7 インチ 解像度:FHD+フレキシブル OLED/444PPI CPU:Qualcomm Snapdragon855 SIMカード:シングルナノSIM バッテリー:2800 mAh/18W急速充電 サイズ:147.1x68.8x8.2mm 重量:162g

Xiaomiは鮮明な写真が手軽に撮れる!

Xiaomiのカメラで撮影するとこれだけ拡大しても、花のおしべ・めしべのような細かな部分まで鮮明。発色も明るいです。
Googleは発色はやや暗く、拡大すると細かいところはぼやけてしまいます。水滴の透明感もあまりありません。

Xiaomiはポートレート撮影もカンタン!

明るさ補正が超優秀!
カメラの知識がない素人でも、被写体をカンタンかつプロが撮ったみたいにキレイに撮影することができました。なお、インカメラは3200万画素でこちらもハイスペックとなっています。

文田信基 氏 フォトグラファー
文田信基 氏のコメント

スマホカメラの新時代が到来したといっても過言ではありません

Xiaomiの5眼レンズはスゴイがやりすぎ?

マクロを撮るとどうしても影が。
5枚のレンズが背面に並ぶ、見た目にもインパクト大のXiaomi。ただ、50倍デジタルズームやマクロは出番が少ないです。マクロ撮影では、どうしてもスマホが影になって撮りにくいです。

▼Xiaomi「Mi Note 10」とGoogle「Google Pixel 4」スペック比較

スマートフォン 結論:写真重視なら Androidスマホ最強のコスパ!

1億800万画素カメラは、プロカメラマンも認めるほど本格的なカメラで撮影したような鮮明な写真がカンタンに撮れました。

ズームができない点はやや残念。他にも50倍デジタルズームやマクロカメラなど面白い機能が満載ですが、使う場面が限定的すぎるものもありました。

それでもこれだけの機能をU6万円で手に入るのは驚きです。
Xiaomi 「Mi Note 10」は最新ハイスペック機と比べても遜色ないレベルです。

さらに細かい描写を求めるならこちら。
Xiaomi 
Mi Note 10 Pro
実勢価格:7万1280円
上位モデルのProはメモリや容量が異なるほか、メインのカメラのみレンズ枚数が多く、より細かい描写が可能になっています。

▼メインカメラのレンズ枚数
Mi Note 10    :7枚
Mi Note 10 Pro:8枚
▼メモリ
Mi Note 10    :6GB
Mi Note 10 Pro:8GB
▼ストレージ
Mi Note 10    :128GB
Mi Note 10 Pro:256GB

以上、Xiaomi のスマホ「Mi Note 10」の紹介でした。すごい機能てんこ盛りの1億画素スマホ「Mi Note 10」はAndroidスマホ最強のコスパと言えるでしょう。カメラ機能を重視したいユーザーはこれからもXiaomiを要チェックです!

360.life(サンロクマルドットライフ)は、テストするモノ誌『MONOQLO』、『LDK』、『家電批評』から誕生したテストする買い物ガイドです。広告ではない、ガチでテストした情報を毎日お届けしています。
  • facebook
  • twitter
  • LINE
  • hatena
  • pocket

関連記事