メンズヘアワックスおすすめランキング30選|人気製品を『MONOQLO』が徹底比較
ランキング
the360.life編集部
the360.life編集部/Test by MONOQLO編集部

メンズヘアワックスおすすめランキング30選|人気製品を『MONOQLO』が徹底比較

「朝はしっかり髪型をセットできてキマってたのに……」「なかなかイメージ通りにならない……」など、整髪料は種類が多いからこそどれを選んだら良いのか分からず、悩みを抱えている人も少なくないのではないでしょうか。そこで今回は、ドラッグストアの定番からサロン系までさまざまなメンズ用のヘアワックスやハードジェルなど整髪料を集め、その特徴を分析&テストしました。おすすめ順にランキング形式でご紹介します!

テストするモノ批評誌
MONOQLO
辛口レビュー雑誌。生活用品や家具、ガジェットに加え、保険やクレジットカードなどのサービスも比較検証する。


<外部サイトでご覧の方へ>
見出しなどのレイアウトが崩れている場合があります。正しいレイアウトはthe360.lifeオリジナルサイトをご確認ください。

※テスト結果などの情報は『MONOQLO』2018年10月号掲載時のものです。パッケージの変更や価格が変動している場合や在庫切れ・販売終了している場合があります。

メンズ 自分の髪型・髪質に合う ベストなヘアワックスを見つけよう!

男性が髪を「立ち上げたい」「ボリュームを抑えたい」など、人によって叶えたいスタイリングは全然違います。思い通りの髪型を手に入れるには「メンズヘアワックス(男性用整髪料)」が欠かせませんが、コンビニやドラッグストア、ネット通販などの市場にはさまざまな製品があり、その種類の多さにどれを選ぶべきなのか迷ってしまう人も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、髪質やなりたい髪型に注目してメンズヘアワックスを5つのタイプ「ハード(ワックス)」「ハード(ジェル)」「ウェット」「ムービング」「マット」の仕上がりイメージに分けたうえで、各メーカーが製品紹介に書いているスタイリングや仕上がり感をもとに各6製品、全30製品をピックアップ。スタイリングの「作りやすさ」「キープ力」「洗い上がり」「成分」などをチェックし、総合得点の高い順からランキング化しました! 髪のプロであるスタイリスト直伝の整髪料の基本や選び方もご紹介しますので、ぜひご覧ください。

メンズ [ヘアワックスの基本]適量や スタイリングポイントは?

ヘアワックスの選び方やランキングをご紹介する前に、ヘアワックスのキホンをおさえておきましょう!

基本1:しっかり伸ばしてからスタイリング

手のひら全体にしっかりとヘアワックスを伸ばし、前髪以外の全体に行きわたるようになじませるとスタイリングが決まりやすくなります。前髪は重くなりやすいため、最後にセッティングしましょう。

基本2:適量は人差し指の第一関節に薄く伸ばしましょう

人差し指に薄く伸ばす程度が適量です。その後は足りない部分に足していくという方法がオススメ。一度に多くの量をつけると失敗したとき、洗い流してやり直す以外に方法がないので注意してくださいね。

基本3:使用期限は開封後1年間が目安です!

ヘアワックスの使用期限の目安は開封後1年間です。開封すると中身は酸化し始めるだけでなく、手から移った菌が繁殖することもあります。また、ニオイが変化することもあるため、1年以上使ってないものは買い替えるようにしましょう。

基本4:髪を濡らすとスタイリングしやくなります

朝起きると、根元から寝癖がついていたり、汗で髪が硬くなっていたりするため、一度水やお湯で流してからスタイリングすると良いでしょう。髪が細い人は完全に髪が乾いてからヘアワックスをつけてください。スタイリングに変化がつくので、毎日違うヘアワックスを使うのもオススメです。

基本5:洗髪時「先にトリートメント」がおすすめ

ヘアワックスをしっかり落とすなら、洗い流す前にトリートメントを髪になじませ、すすいでからシャンプーで洗うのがオススメです。または、2回シャンプーをして汚れと一緒にスッキリ落としましょう! 泡立たないのは、落ちていないサインです。

基本6:洗髪時は後頭部で泡立ててから頭頂部へ

洗うときはまず後頭部から頭皮をマッサージするように洗うと、抜け毛や薄毛に効果的とされています。 頭皮を傷めたくない人にオススメの洗い方ですよ。

基本7:ジェルは水でのばすと効果が下がります!

ジェルタイプは水と混ぜると髪になじみやすくなり、うまく付けることができた感覚になります。でも、水を混ぜるとヘアワックスの効果を薄めているためセット力が落ちてしまいます。

基本8:2つ(以上)の整髪料を混ぜるのはOK!

ヘアワックスは組み合わせるとセット力がUPします。ワックス×ジェルなど組み合わせはさまざまです。ちなみにジェルワックスとして販売されている製品は、ワックスのセット力とジェルのウェット感を兼ね備えた製品です。仕上がりをチェックし、整髪料同士がけんかをしないようにトライしてみてくださいね。

メンズ [ヘアワックスの選び方]なりたい髪型と 髪質で最適なヘアワックスが変わります

自分の髪質や髪型に合った整髪料を選ばないと、思うようなスタイリングには仕上がりません。髪は太さや質、毛量が人それぞれで、その特徴に合わせてヘアワックスを使い分ける必要があります。

今回はタイプと髪質を照らし合わせながら最適な整髪料を見つけられるよう「ハードワックス」「ハードジェル」「ウェット」「ムービング」「マット」の5タイプに分けました

選び方1:しっかり立ち上げるなら「ハードワックスタイプ」

ハードワックスは、ベリーショートやショートカットなど、短い髪の立ち上げを1日キープできるのが特徴で、ガチガチに固まるワックスと固まらず何度もセットをやり直せるワックスなど、セット力にも種類があります。なかには風や水に弱く、髪が沈みやすいものもあるため注意が必要です。
短い髪向き。製品よってセット力に違いがあります。

[使用NGな人]
・ロングヘア
・パーマヘア  
理由:固まりやすいので指が通せないため

選び方2:ツヤッぽく固めるなら「ハードジェルタイプ」

ハードジェルは、パリッと固まり、一度セットしたスタイルが持続的にキープできます。そのため剛毛な人や髪が硬い人に向いています。なかにはワックスとジェルのいいとこ取りした「ジェルワックス」もあり、ジェルのなじみやすさとワックスの立ち上げで自然なツヤに仕上がります。

しっかり固めて崩れない高いキープ力があり、髪が硬い人向きです。

[使用NGな人]
・髪が細い人
・固めたくないロングヘア
理由:ぺったんこになりやすい

選び方3:毛量が多い人なら「ウェットタイプ」

毛量が多い人や剛毛な人が髪をまとめるならウェットタイプのジェルの使用をオススメします。ハード系ジェルに比べて細かい毛束が作りやすいのが特徴です。そのほかにも、サッカー選手などが作っている横分けヘアは、髪の広がりを抑えながら、自然なウェット感を出せるポマードやグリースで作ることができますよ。

ウェット感を出すのは「ジェル」「グリース」の2パターン。髪が太い人向きです。

[使用NGな人]
・髪が細い人
・薄毛な人   
理由:ボリュームが出にくい

選び方4:動きのある立体感を出すなら「ムービングタイプ」

軟毛の人は髪がワックスの重さで沈みやすくなりますが、ムービングタイプの整髪料ならその心配がありません。立体感や髪に動きをつけることができ、ボリュームを出しやすいのもポイントです。高いキープ力も特徴の一つで、ミディアムヘアや髪が多く重ための人でも、細かい毛束で自然な仕上がりになります。

やわらかい髪向き。程よいセット力で細かい毛束や無造作ヘアになります。

[使用NGな人]
・ベリーショート
・しっかり立ち上げたい人 
理由:立ち上げる要素が少ないため

選び方5:毛量が少ない人なら「マットタイプ」

マット系の整髪料は、ツヤを出さずにハードワックスに負けないしっかりとした立ち上げを作ることができるため、細髪や薄毛の人など、ボリュームを出したい人に向いています。一方で、マットに仕上がると書いていてもツヤが出たり、大きな毛束ができてたりすることもあるため、注意が必要です。

髪が細い人向き。細い髪でもペタンとならずしっかり立ち上がります。

[使用NGな人]
・髪が硬く広がりやすい
・剛毛な人
理由:ボリュームが出すぎてしまう

メンズ [テスト方法]4つの項目で 100点満点で採点しました

ヘアワックスを「ハード(ワックス)」「ハード(ジェル)」「ウェット」「ムービング」「マット」の5つのタイプに分け、スタイリングの「作りやすさ」「キープ力」「洗い上がり」「成分」の4つの項目でテストしました。

テスト項目1:スタイリングの作りやすさ(40点)

髪のプロである現役の美容師に全製品をひとつずつ使ってスタイリングしていただき、中身の感触や特徴、髪へのベタつき、セットのしやすさ、なども比較しました。

テスト項目2:スタイリングのキープ力(40点)

人毛の毛束に同じ量のヘアワックスをつけ立ち上げ、はじめの角度を測定。その後5分間スチーマーで蒸気を当て、はじめの位置からどのくらいキープできるかで崩れにくさを検証しました。

テスト項目3:シャンプー後の洗い上がり(10点)

ミンクボールにヘアワックスを付け、1時間後にシャンプーでもみ洗いしドライヤーで30秒間乾かしました。乾かしたあとのベタつき、ヘアワックスが固まって髪に残っていないか、髪がくっついていないかなど、どのくらいキレイに落ちるのかをちぇっくしました。

テスト項目4:ヘアワックスに含まれる成分(10点)

髪や頭皮にダメージを与えるものと、髪によい働き、もしくは髪を保護・修復している成分を調査し、評価しました。


以上の4項目を100点満点でランキング化しました。スタイリングに合わせたヘアワックスを選ぶのはとても難しいもの……。毎日使うから自分に合うものを選びたいと思ってはいるもののなかなか仕上がりをイメージすることはできません。今回は髪型や髪質に注目し、徹底検証を実施。毎日のセッティングが一味変わること間違いありません!

それではさっそくランキングをみていきましょう。まずは「ハード(ワックス)」タイプからです。

メンズ ランキング1:しっかり立ち上げる 「ハードワックスおすすめランキング」

ハードワックスは、「短髪」「剛毛」「軟毛」の方や、「しっかり立ち上げる」スタイリングをしたい人にオススメです。
ハード(ワックス)タイプでスタイリングしました。サイドはこちらです。
バックはこちらです。

記事1位BEST 文句なしの高いセット力! オーシャン「オーバードライブ」

オーシャン トリコ「ヘアスタイリング オーバードライブ」は、毛束が作りやすく、すいた髪もしっかりまとまります。仕上がりは軽く見えますが、風にも負けないセットで、スタイリングが一日中崩れません! 
オーシャン トリコ 
ヘアスタイリング 
オーバードライブ  
実勢価格:1620円
内容量:80g
短髪向きで、しっかり立ち上がります。風の強い日も崩れません!
髪を固める成分だけでなく、髪を修復する成分も含まれており、ダメージを軽減し、刺激から守ってくれます。


▼テスト結果
作りやすさ 40点
キープ力 35点
洗い上がり 4点
成分 10点
合計 89点
セットのしやすさはバツグン! ただしっかり固まるので、洗うのには時間がかかりました。

記事2位BEST 立体的な束感をロングキープ! アリミノ「フリーズキープワックス」

アリミノ「ピース プロデザインシリーズ フリーズキープワックス」は、水になじむ天然の油を配合しているため、日中は髪の水分を逃がさず乾燥を防いでくれます。しかもセット力も高くスタイリングをロングキープします。
アリミノ
ピース プロデザインシリーズ
フリーズキープ
ワックス
実勢価格:1182円
内容量:80g
セット力は高く毛束感が出やすいワックスです。
伸びがよくかなりベタつきます。少々汗に弱い点はマイナスとなりました。


▼テスト結果
作りやすさ 35点
キープ力 34点
洗い上がり 10点
成分 8点
合計 87点
短髪ならではの立体的な束感に。水になじみやすいため、洗い残しもなくスッキリします!

記事3位BEST しっかりキープして崩さない! アリミノ「フリーズワックス」

ショートヘアや散髪後の髪に特にオススメしたいのがアリミノ「スパイスシスターズ フリーズワックス」です。しっかり立ち上がり、その状態をホールドしてくれます。
アリミノ
スパイスシスターズ
フリーズワックス
実勢価格:1008円 
内容量:35g
髪がへたらず、一度固めたら長時間スタイリングをキープできます。
ただ、35gと内容量は少なめ。それでいて値段も高めなのでコスパは低めです。


▼テスト結果
作りやすさ 35点
キープ力 36点
洗い上がり 5点
成分 4点
合計 80点
ホールド力はNo.1の評価でした!

記事4位 剛毛も軟毛も安心の立ち上がり LIPPS「L14フリーハード」

LIPPS「L14フリーハードワックス」は、一番伸びがよく、ベタつきもないためセットが作りやすいのが特徴です。ただ付けたては根元から立ち上げてくれますが、時間が経つと下がりやすいのがマイナスとなりました。
LIPPS
L14フリーハード
ワックス
実勢価格:1620円
内容量:80g
ベタつき少なく、付けるときのストレスはゼロです!


▼テスト結果
作りやすさ 38点
キープ力 22点
洗い上がり 9点
成分 9点
合計 78点
他製品と比べると、伸びが一番よかったのがこちらでした。

記事5位 何度もスタイリング調整可能 ギャツビー「スパイキーエッジ」

ガチッと固まることはなく、風や湿気、汗に弱いので、髪がへたりやすいのですが、一度付けたあと、何度もスタイリングを直せるのは他にはない魅力です。
マンダム
ギャツビー
ムービングラバー スパイキーエッジ
実勢価格:591円
内容量:80g
ガチガチには固まりません。つけるとウェットなツヤが少し出ます。


▼テスト結果
作りやすさ 30点
キープ力 10点
洗い上がり 6点
成分 6点
合計 52点
ウェットな仕上がりで、何度も手直しできるのがポイントです。

記事6位 固まらず、あとで動かせる ウーノ「ハイブリッドハード」

中身はやわらかく、全体に広げやすいためパリッと仕上がります。紫外線吸収剤が入っているため、髪には影響ありませんが、頭皮につくと肌荒れが起きる可能性があります。
資生堂
ウーノ 
ハイブリッドハード
実勢価格:820円
内容量:80g
ベタつきはなく、髪の表面はサラサラした感じになります。


▼テスト結果
作りやすさ 20点
キープ力 12点
洗い上がり 8点
成分 5点
合計 45点
キープ力よりもサラッとした質感を残したい人にオススメです。

メンズ 【ランキング2】パリッとまとめる 「ハードジェルおすすめランキング」

ハード(ジェル)タイプは、パリッと固まり、髪全体をしっかりまとめることができます。「短髪~ミディアム」「剛毛」「髪の量が多い」人にオススメです。

今回はワックスとジェルをかけ合わせたジェルワックスも評価に含まれています。

それでは1位からご覧ください。

記事1位BEST 湿気にも強い強力なセット力 ギャツビー「スタイリングジェル」

1位を獲得したのは、さすがのキープ力をみせたマンダム「ギャツビー スタイリングジェル スーパーハード」です。ツヤを出しながら自然な毛流れになります。固まるまで時間はかかりますが一度固まると崩れることはなく、キープ力が抜群に良いのが魅力です。
bestbuy
マンダム 
ギャツビー
スタイリングジェル
スーパーハード
実勢価格:564円
内容量:200g
時間をおくと毛束がしっかり固まります。頭を大きく振っても全く崩れません! 気になる箇所は水をつけてほぐせばやり直しもできますよ。
髪全体に広げやすいテクスチャーです。表面はウェットに髪はパリッと大きな毛束が作れます。


▼テスト結果
作りやすさ 39点
キープ力 39点
洗い上がり 5点
成分 3点
合計 86点
大きな毛束がしっかりでき持続します。

記事2位BEST ワックスとジェルのいいとこ取り ウーノ「デザインハードジェリー」

2位にランクインしたのは、キープ力が高く、つけた後もセットが調整できるのが特徴の資生堂「ウーノ デザインハードジェリー」。ジェルのパリッと感はないものの、ウェット感はしっかり出すことができます。固まらないからアレンジしやすく、トップが長めのスタイルにも向いています。
資生堂
ウーノ 
デザインハードジェリー
(グロッシー)
実勢価格:760円 
内容量:100g
ワックスのセットの作りやすさとジェルの高いキープ力を併せ持つ優れもの。ツヤ感もしっかり出せます。
固まらないので、何度もセットをやり直すことができます。


▼テスト結果
作りやすさ 35点
キープ力 35点
洗い上がり 10点
成分 4点
合計 84点
ジェルワックスなら、作りやすく洗い上がりもさっぱりします!

記事3位BEST スタイリングしやすさNo.1 「デミ コスメティクス」

デミ コスメティクスの「ウェーボ ジュカーラ ジュレジュレ 11」は、大きな毛束がパリッとできます。成分は、髪を乾燥やパサつきから守り、うねりを抑える有効成分を配合されています。
デミコスメティクス
ウェーボジュカーラ
ジュレジュレ 11
実勢価格:1236円 
内容量:180g
しっかり固まるからスタイリングも決まります。
エタノール臭がなくフローラルのような香り。髪を乾燥から守る成分が豊富で、ダメージから守りながらスタイリングできます。


▼テスト結果
作りやすさ 40点
キープ力 32点
洗い上がり 4点
成分 7点
合計 83点
髪をいたわる成分が入っているのも評価のポイントです。

記事4位 ウェット感がしっかり出る! 柳屋本店「J スーパーハードジェル」

髪を固める成分が少なく、実際に使用してもそこまで固まりません。でもウェット感はしっかり出ました。ジェル特有のエタノール臭が強いため、好みが分かれるかもしれません。
柳屋本店
J スーパー
ハードジェル
実勢価格:565円
内容量:330g
ガッチリ固めるというより、ウエット感を出すならいいかもしれません。ツーンとしたニオイが気にならならなければ、コスパも抜群にいいのでオススメです。


▼テスト結果
作りやすさ 30点
キープ力 30点
洗い上がり 5点
成分 3点
合計 68点
パリッと感が出にくいジェルです。

記事5位 自然な仕上がりとキープ力 ギャツビー「ヘアジャム」

手に出したときの質感はジェルですが、仕上がりはワックスに近いマンダム「ギャツビー ヘアジャム エッジィニュアンス」。パリッとは仕上がりませんがキープ力はあります。使用後、なかなか乾かないため油断するとホコリがつきやすいかも。
マンダム
ギャツビー 
ヘアジャム エッジィニュアンス
実勢価格:718円
内容量:110ml
固まらないですが、自然な仕上がりになります。
適量より多めに使うのがオススメです。


▼テスト結果
作りやすさ 20点
キープ力 32点
洗い上がり 3点
成分 4点
合計 59点
キープ力はありますが、髪に白い粉が残りました。

記事6位 ツヤは出ないけど優しい仕上がり DEUXER「アクアジェル6G」

適量だと優しい仕上がりに、少し多めに使うとしっかりしたウェットな毛束感を感じることができます。成分は良いのですが、湿気に弱いため、キープ力は低めです。
ナンバースリー
DEUXER 
アクアジェル
ワックス 6G
実勢価格:990円  
内容量:80g
さわった感じは、指がくっつくほどのベタつきがあります。
髪をダメージから守ってくれる成分が含まれています。


▼テスト結果
作りやすさ 20点
キープ力 21点
洗い上がり 7点
成分 8点
合計 56点
しっかりセットするなら多めに使用しましょう。

以上がハード(ジェル)タイプのランキングでした。ジェルは洗い流しやすいものの、今回の検証では水には溶けやすいからこそ髪全体に広がり、洗浄したあとに髪にジェルが残るものもありました。洗い上がり、成分評価の低い製品には注意してくださいね。

メンズ ランキング3:ツヤのある髪型に 【ウェットワックス】おすすめランキング

髪をまとめ、ツヤツヤしたような仕上がりになるウェットヘアが大流行していますが、このスタイリングを作ってくれるのがウェットタイプの特徴です。最近は流行にともないさまざまな製品が増えています。

「剛毛」「髪の量が多い」「パーマ」「広がりを抑えたい」という人にオススメです。固めるだけではなく、ツヤっとした質感が出るのが特徴です。


それでは「ウェットタイプ」の1位からご紹介します。

記事1位BEST キープ力No.1! オーシャン トリコ「シャインオーバー」

1位となったオーシャントリコ「ヘアスタイリング シャインオーバー」は、キープ力と成分が満点を獲得! ワックス自体が少し固めでセットは難しく感じましたが、細かい毛束が作りやすく、自然なウェット感に仕上がります。
オーシャントリコ 
ヘアスタイリング
シャインオーバー
実勢価格:1620円
内容量:80g
キープ力は満点で、汗や湿気に強く一日過ごしても崩れません。
髪本来の水分を蒸発させないように髪を守る保湿成分がたくさん含まれており、グリースのようなツヤ感を実現します。


▼テスト結果
作りやすさ 34点
キープ力 40点
洗い上がり 6点
成分 10点
合計 90点
ほどよい濡れ髪を作れることはもちろん、高いキープ力は全製品でNo.1! 成分評価も満点で、髪を傷める心配がなく言うことナシです。

記事2位BEST ツヤのある大きな毛束が作れる 阪本高生堂「クールグリース」

2位の阪本高生堂「クールグリース ライムの香り」は、他の製品とは異なる質感で、少し固めです。髪をしっかりまとめ、ツヤが出すぎない自然なウェット感を作ることができます。ただこちらの製品をはじめ、ウェット系は雨や湿気に弱く、根元が沈みやすいので注意が必要です。
阪本高生堂
クールグリース 
ライムの香り
実勢価格:1597円 
内容量:210g
※Amazonは30gの購入ページにリンクします。
弾力のあるグリースタイプ。ウェットすぎずサラッとしたツヤのある仕上りは、水溶性ならではです。
手にはベタつきが残るが、髪自体に位ベタつきはなく、自然な髪の流れを作ることができます。


▼テスト結果
作りやすさ 33点
キープ力 34点
洗い上がり 10点
成分 5点
合計 82点
水溶性なのでしっかり洗い流せます。

記事3位BEST ロング、ミディアム、パーマなら マンダム「ロングキープジェル」

マンダム「ロングキープジェル ウェット&ハード」は、ベタつきがほとんどなく、セットが作りやすいジェルです。紫外線吸収剤が頭皮にダメージを与えやすいため注意しましょう。
マンダム
ロングキープジェル 
ウェット&ハード
実勢価格:514円 
内容量:225g
ロングヘアやミディアムヘア、パーマスタイルの広がりを抑えるのに適しています。
固める要素はほとんど入っていません。水に溶けやすく、シャンプー後の洗い残しの心配もありませんよ。


▼テスト結果
作りやすさ 38点
キープ力 22点
洗い上がり 8点
成分 3点
合計 71点
エタノールの香りが強めでした。

記事4位 まとめ髪や横分けピタッとヘアに ギャツビー「スタイリンググリース」

マンダム「ギャツビー スタイリンググリース クラシカルアレンジ」は、糸を引くほどやわらかい質感。ウェット感を残しつつ、大きな毛束を作れることはもちろん、横分けでぴたっとした髪型を作るのに向いています。
マンダム
ギャツビー
スタイリンググリース 
クラシカルアレンジ
実勢価格:665円
内容量:100g
スゴく伸びがよく、扱いやすい質感です。

▼テスト結果
作りやすさ 30点
キープ力 27点
洗い上がり 6点
成分 6点
合計 69点
ピチッとしたまとめ髪も作りやすいです。

記事5位 細かい毛束感が作りやすい ウーノ「ウェットエフェクター」

髪を固めずウェット感を持続させることができ、時間が経っても手直しができます。ベタつきが残らず、シャンプーでスッキリ洗い流せます。
資生堂
ウーノ
ウェットエフェクター
実勢価格:598円
内容量:80g
触った感じは、やわらかいゼリー状になっています。


▼テスト結果
作りやすさ 35点
キープ力 18点
洗い上がり 9点
成分 4点
合計 66点
髪表面のうるおいが長続きしますよ。

記事6位 泡でムラなくスタイリング 「リーゼ ウォータリーホイップ」

花王「リーゼフォーメン ウォータリーホイップ 頼られスタイル」は、濡れた質感をしっかり出しつつ、自然な髪の流れで軽い仕上がりになります。泡タイプで髪全体への広げやすさはありますが、セット力はワックスやジェルと比べると低かったです。
花王
リーゼフォーメン 
ウォータリーホイップ
頼られスタイル
実勢価格:864円
内容量:200ml
プッシュするとみずみずしい泡となって出てきます。


▼テスト結果
作りやすさ 25点
キープ力 15点
洗い上がり 8点
成分 6点
合計 54点
セット力は低めですが、ウェット感はしっかり出せます。

メンズ ランキング4:細かな毛束や立体感を作る 【ムービングワックス】おすすめランキング

細やかな毛束、立体感を作りやすいのがムービング系の特徴です。整髪料自体がハード系より固まりづらいため、やわらかい動きが出しやすく手直しがしやすいので「ミディアム」「パーマ」「剛毛」「動きを出したい」という人に向いています。

ムービング系は強く固まりすぎませんが、ボリュームは出やすいため、整髪料を使いなれていない人にもオススメできます。


それではランキングを発表します。

記事1位BEST 育毛・頭皮ケアもできる! 「スカルプD Dスタイル」

ムービング系首位となったのは、髪を守る有効成分が多く、育毛効果も期待できるアンファー「スカルプD Dスタイル ワックス フリースウィング 」。保湿や消臭など、スタイリング以外の効果が期待できるのは高評価のポイントとなりました。自然な毛流れと立体感もしっかり出すことができます。
アンファー 
スカルプD 
Dスタイル ワックス
フリースウィング 
実勢価格:2010円
内容量:60g
ガチガチに固まらず毛束感も出やすいので、細い髪も硬い髪もしっかりまとまります。写真のように、しっかり立ち上がり髪が盛れるのが嬉しいですね。
ほどよいセット力が高評価でした!


▼テスト結果
作りやすさ 40点
キープ力 27点
洗い上がり 49
成分 10点
合計 86点
ダメージから守り育毛効果が期待できるため、薄毛や髪のハリやコシに悩む人にもオススメしたいワックスです。

記事2位BEST 細い髪も立体的に! 「ロレッタ ワックス6.5」

2位となったビューティーエクスペリエンス「ロレッタ メイクアップワックス 6.5」は、ツヤが出ないハードタイプのため、軟毛の人や毛が細い人でもしっかりと立ち上がります。細かい束もつくりやすく立体的なスタイリングができます。
ビューティーエクスペリエンス
ロレッタ 
メイクアップ
ワックス 6.5
実勢価格:1499円 
内容量:65g
落ち着くローズの良い香りがします。
細い髪に向きなので、剛毛な人が使用するとごわついて重たい印象になりやすいので注意しましょう。


▼テスト結果
作りやすさ 38点
キープ力 33点
洗い上がり 5点
成分 9点
合計 85点
手にはベタつきが残りますが、髪へのベタつきはなく、しっかりスタイルが決まります。

記事3位BEST すぐ固まる高いホールド力! 「ニゼルグラスプワックス」

細かい毛束をセットした位置でしっかりキープできます。中身の質は硬く、短い時間ですぐにパリッと固定されるため、あとから手直しするのはちょっと難しいです。
ミルボン
ニゼル
グラスプワックス
実勢価格:1449円 
内容量:80g
手に髪がくっついてくるほどの素早い固定力。スタイリングは一発で決めましょう。
硬めの質感で、付けたらすぐに固まります。


▼テスト結果
作りやすさ 36点
キープ力 32点
洗い上がり 5点
成分 5点
合計 78点
洗い上がりは5点。時間をかけて洗い流さないと、乾かした後も髪がくっついて束になってしまいます。

記事4位 ベタつかず毛が立ち上がる 「ギャツビー エアライズ」

中身はやわらかいクリーム状で手に伸ばしやすく、ベタつかないためセットしやすいマンダム「ギャツビー ムービングラバー エアライズ」。毛束がしっかりキープできるため、根元からふわっと立ち上がります。
マンダム
ギャツビー 
ムービングラバー 
エアライズ
実勢価格:591円
内容量:80g
細かい毛束でエアリー感が出ます。
やわらかなクリーム状で、ベタベタしません。


▼テスト結果
作りやすさ 33点
キープ力 32点
洗い上がり 7点
成分 5点
合計 77点
後残りしない良い香りです。

記事5位 湿気に強くハードな仕上がりに 「ウェーボ ハードワックス」

太い毛束も細い毛束も作りやすく、スタイリングをキープしやすいのがこちらのデミ コスメティクス「ウェーボ デザインキューブ ハードワックス」です。ワックスは重めで少しウェットな仕上がりのため、細い髪はボリュームが出にくくなります。
デミ コスメティクス
ウェーボ 
デザインキューブ 
ハードワックス
実勢価格:1400円
内容量:80g
ハードめなスタイリングをしたい人向きです。
付けすぎると、髪が白くなるので要注意!


▼テスト結果
作りやすさ 34点
キープ力 32点
洗い上がり 6点
成分 3点
合計 75点
重めのワックスなので、細い髪の人以外にオススメです。

記事6位 泡でも束感はしっかり出る! 「リーゼウォータリーホイップ」

濡れた髪もすぐ乾き、整髪料を付けていないような仕上がりになります。セット力が欲しい人よりは、自然な毛流れを出したい人に向いていますよ。
花王
リーゼフォーメン 
ウォータリーホイップ
親しみスタイル
実勢価格:698円  
内容量:200ml
湿気には弱め。そのためキープ力は評価を下げてしまいました。
泡で出てくるので、髪に付けやすいです。


▼テスト結果
作りやすさ 25点
キープ力 8点
洗い上がり 10点
成分 7点
合計 50点
蒸発しやすいため持続しにくい面はありますが、自然に仕上げたいならオススメできます。

メンズ ランキング5:しっかり立ち上げキープ 【マットワックス】おすすめランキング

マットタイプ系は油分を極力控えているため、ツヤを出さずにしっかり立ち上げることができる傾向で、細い髪や薄毛の人に向いています。中にはツヤが出る製品もあります。また、ハードワックス並みの高いキープ力を持ち併せています。「細毛」「軟毛」薄毛「立ち上げたい」「ツヤを抑えたい」という人にオススメできます。

それでは、マットタイプ1位からご覧ください!

記事1位BEST 細い髪もボリュームしっかり! 「MUGA ウルトラマットワックス」

1位となった柳屋本店「MUGA ウルトラマットワックス」は、水分が多くやわらかめで全体に伸ばしやすく、これだけで十分の高いキープ力があります。細い髪でもしっかり立ち上がりボリュームも出やすく、スタイリングもがっちりキープしてくれますよ。
bestbuy
柳屋本店 
MUGA
ウルトラ
マットワックス
実勢価格:876円
内容量:85g
付けたては少しウェット感があるのですが、時間が経つとツヤがなくなります。細い髪に嬉しいこのボリューム感!
髪をしなやかでサラサラにしてくれる成分を配合しています。


▼テスト結果
作りやすさ 35点
キープ力 38点
洗い上がり 3点
成分 7点
合計 83点
ツヤなくしっかり立ち上がります!

記事2位BEST ツヤ感が特徴のキープ力 ミューヴル「ドライワックス」

クリームタイプのワックスでセット力が強く、キープ力も高いミューヴル「ドライハードワックス D7」。油分が多くツヤが出てしまうため、使うときは少量で十分です。
ミューヴル
ドライハード
ワックス D7
実勢価格:1404円 
内容量:80g
ベタつきがあり、髪がくっつくので毛束ができやすいですが、毛量が少ない人の場合、地肌が見えてしまうこともあります。
使うときは気持ち少めでいいでしょう。


▼テスト結果
作りやすさ 25点
キープ力 40点
洗い上がり 10点
成分 4点
合計 79点
高いキープ力で崩れる心配はありませんね。

記事3位BEST ツヤを抑えた優しい仕上がり 「ウーノ マットエフェクター」

こちらはよりマットな仕上がりとなった資生堂「ウーノ マットエフェクター」。細い髪でも動きのあるスタイリングを作ることができます。ただ、持続力が低くへたりやすいため、キープ力を補うために、ヘアスプレーと併せて使用するのがオススメです。
資生堂
ウーノ マット
エフェクター
実勢価格:760円 
内容量:80g
6製品中、いちばんツヤなく仕上がりました。
セット後も動かせるため、やり直しできるところがいいですね。


▼テスト結果
作りやすさ 38点
キープ力 26点
洗い上がり 7点
成分 5点
合計 76点
スプレーでキープがベストです!

記事4位 キープ力は高評価! 「バクスタークレイポマード」

アントレックス「バクスタークレイポマード」は、細い髪でもピタッとまとまりますが、表面にツヤが出てしまうため、スタイリングがやや難しい面があります。天然成分でできているため、髪へのダメージは少ないです。
アントレックス
バクスター
クレイポマード
実勢価格:3427円
内容量:60g
毛束感が出るため、細毛や毛量が少ない人には不向きです。
硬めの質感で、伸びはそこまでよくありませんでした。


▼テスト結果
作りやすさ 20点
キープ力 31点
洗い上がり 4点
成分 9点
合計 64点
毛束感がしっかり出せます。

記事5位 最初の束感、立ち上がりは良い 「アックス マッドワックス」

束感も出やすくはじめの立ち上がりはしっかり出ます。ですが、ワックス自体が重たいため、髪が重さに負けて下がってくることも……。
ユニリーバ・ジャパン
アックス
ブラック 
デフィニティブ
ホールド マッドワックス
実勢価格:598円
内容量:65g
※Amazonはあわせ買い対象商品のページにリンクします。
香りは強めで、髪に残りやすいです。


▼テスト結果
作りやすさ 20点
キープ力 28点
洗い上がり 5点
成分 16
合計 59点
雨の日や湿気の多い気説には不向きです。

記事6位 マットさは出ないけど立ち上がる! DEUXER「ドライ ペーストワックス6」

中身は硬めでベタつきがなく、髪がしっかり立ち上がります。「マットになる」と説明がありましたが、実際に使用するとツヤが出ました。
ナンバースリー
DEUXER 
ドライ ペースト
ワックス6
実勢価格:954円
内容量:80g
毛量が少ない人の場合、束になり地肌が見えてしまいました。
ベタつきゼロなのはGoodです。


▼テスト結果
作りやすさ 10点
キープ力 24点
洗い上がり 5点
成分 8点
合計 47点
立ち上がりは良かったです。


以上、5タイプ別のヘアワックス30製品のランキングでした!

メンズ [まとめ]スタイリングを作り やすくキープ力が高いのが特徴!

実際に30製品使ってみてわかったのは、しっかり固まるヘアワックスと、固まらず何度もスタイリングが直せるヘアワックスの2パターンあることでした。自分の髪質に合わせてヘアワックスを選ぶことが重要ですが、やはり一日中スタイリングが崩れないのはしっかり固まるヘアワックスであることは間違いありません。

各タイプのベストバイに輝いた5製品はスタイリングの作りやすさに加え、キープ力が高いのが特徴でしたね。

もう一度ベストバイの製品を振り返ってみましょう。

[1:ハードワックス]
オーシャントリコの「オーバードライブ」は、短髪向きでしっかり立ち上がります。
オーシャン トリコ 
ヘアスタイリング 
オーバードライブ  
実勢価格:1620円
内容量:80g
[2:ハードジェル]
ハードジェルの「ギャツビー スタイリングジェル」は、一度固まると崩れないのが強みです!
マンダム 
ギャツビー
スタイリングジェル
スーパーハード
実勢価格:564円
内容量:200g
[3:ウェットワックス]
オーシャントリコ「シャインオーバー」は、ほどよいツヤで自然な濡れ髪をゲットできますよ。
オーシャントリコ 
ヘアスタイリング
シャインオーバー
実勢価格:1620円
内容量:80g
[4:ムービングワックス]
アンファー「フリースウィング」はスタイリングはもちろんのこと、使うことで育毛効果が期待できる優れものです!
アンファー 
スカルプD 
Dスタイル ワックス
フリースウィング 
実勢価格:2010円
内容量:60g
[5:マットワックス]
「MUGA」は細毛でも安心の立ち上がりが特徴です。
柳屋本店 
MUGA
ウルトラ
マットワックス
実勢価格:876円
内容量:85g


整髪料といっても、いろいろなタイプがあり、少しずつ仕上がりも違います。何となく選ぶのではなく、なりたい髪型や髪質を意識して、ぜひ自分に合った整髪料を選んでみてくださいね!

the360.life(サンロクマル)は、テストするモノ誌『MONOQLO』、『LDK』、『家電批評』から誕生したテストする買い物ガイドです。やらせなし、ガチでテストしたおすすめ情報を毎日お届けしています。
  • facebook
  • twitter
  • LINE
  • hatena
  • pocket

関連記事