ToDoリストは目立たせる! 忘れない“黒板メモ”はどうですか?|『MONOQLO』が紹介
2020年03月25日(水)
the360.life編集部
the360.life編集部/Test by MONOQLO編集部
ToDoリストは目立たせる! 忘れない“黒板メモ”はどうですか?|『MONOQLO』が紹介
子どもから大人までずっとお世話になる文房具。定番のロングセラーも良いですが、新商品もまた楽しいですよね。今回はこんなのあるんだ~と思わず手にとってしまうような進化系の文房具を集めてみました。人と同じじゃつまらないというマニアさんにもおすすめ。今回は、デスクの上で使える「黒板メモ」のご紹介です。

▼本記事のテスト、および監修・取材協力はコチラ

MONOQLO テストするモノ批評誌
MONOQLO
創刊10周年を迎えた辛口レビュー雑誌。生活用品や家具、ガジェットに加え、保険やクレジットカードなどのサービスも比較検証する。
<外部サイトでご覧の方へ>
見出しなどのレイアウトが崩れている場合があります。正しいレイアウトはthe360.lifeオリジナルサイトをご確認ください。

※情報は『MONOQLO』2020年4月号掲載時のものです。価格が変動している場合や在庫切れしている場合があります。
  • こんなの見たコトない!
    思わず欲しくなる技アリ文房具
文房具屋さんに並ぶ定番商品。安心感はありますがそれではちょっと物足りないという文具好きさんに、「見たコトない」文房具をご紹介したいと思います。

もちろん、見た目だけの斬新さではありません。実際に使っても便利なおすすめ文房具だけをピックアップしました。

今回は、デスクの上で使える“黒板メモ”です。
  • 大事なことは黒板だと忘れない!
    MAKOO「Old School Memo」
マコー(MAKOO)
Old School Memo
実勢価格:1078円
サイズ:W12×D0.4×H15cm
ToDoリストを書いてそのへんに放置しているビジネスマンたちにぜひオススメしたいのが、MAKOO「Old School Memo」です。珍しい鉛筆型のチョークがセットになったミニ黒板ならデスクの上で一際目立つこと間違いありません。

付属の鉛筆型チョークはドイツ「ファーバーカステル」社製で日本初登場。穴に挿して収納するので、コロコロと転がって無くしてしまう心配もありませんね。

黒板ならエコにもなりますし、繰り返し書いて消せる頑丈さも嬉しいポイントです。
鉛筆型のチョークなので、持ちやすいうえ、手が汚れません。
書いたメモは濡れタオルや濡れティッシュなどでしっかり消すことができます。消す力は少し必要ですが、チョークの消しカスも落ちず、かすり文字も残ることがありませんでした。
実用性はもとより、“映える”アイテム。むしろ周りへの伝言にも使いやすく、家庭でも家族への書き置きや、子どものやることリストなどにも使えそうです。

以上、MAKOO「Old School Memo」のご紹介でした。付箋やメモ帳に書いていると、デスクの書類に紛れてそのまま忘れていた……なんてこともありますが、黒板だと目立つので忘れることがなさそうですね。

360.life(サンロクマルドットライフ)は、テストするモノ誌『MONOQLO』、『LDK』、『家電批評』から誕生したテストする買い物ガイドです。広告ではない、ガチでテストした情報を毎日お届けしています。

関連する記事はこちら