スマホ電卓よりコッチ派!激薄の “クリップ電卓”はどうですか?|『MONOQLO』が紹介
2020年03月25日(水)
the360.life編集部
the360.life編集部/Test by MONOQLO編集部
スマホ電卓よりコッチ派!激薄の “クリップ電卓”はどうですか?|『MONOQLO』が紹介
子どもから大人までずっとお世話になる文房具。定番のロングセラーも良いですが、新商品もまた楽しいですよね。今回はこんなのあるんだ~と思わず手にとってしまうような進化系の文房具を集めてみました。人と同じじゃつまらないというマニアさんにもおすすめ。今回は、薄型で持ち運びやすい“クリップ電卓”をご紹介します。

▼本記事のテスト、および監修・取材協力はコチラ

MONOQLO テストするモノ批評誌
MONOQLO
創刊10周年を迎えた辛口レビュー雑誌。生活用品や家具、ガジェットに加え、保険やクレジットカードなどのサービスも比較検証する。
<外部サイトでご覧の方へ>
見出しなどのレイアウトが崩れている場合があります。正しいレイアウトはthe360.lifeオリジナルサイトをご確認ください。

※情報は『MONOQLO』2020年4月号掲載時のものです。価格が変動している場合や在庫切れしている場合があります。
  • こんなの見たコトない!
    思わず欲しくなる技アリ文房具
文房具屋さんに並ぶ定番商品。安心感はありますがそれではちょっと物足りないという文具好きさんに、「見たコトない」文房具をご紹介したいと思います。

もちろん、見た目だけの斬新さではありません。実際に使っても便利なおすすめ文房具だけをピックアップしました。

今回は、薄くて持ち運びに便利な“クリップ電卓”です。
  • 電卓なのに“薄い”優秀品
    HIGHTIDE「クリップ電卓」
ハイタイド(HIGHTIDE)
クリップ電卓
実勢価格:990円
サイズ:W6.2×D0.65×H10.2cm
重量:44g
電卓と言えば営業マンやバックオフィスで必携の仕事アイテムですが、最近はスマホ起動で済ませている人も多いかもしれません。でもスマホ起動っていちいち面倒だったりしませんか?

スマホ電卓を起動するよりラクで、やっぱり電卓派! という人にもオススメしたいのがこちらの激薄の電卓、HIGHTIDE「クリップ電卓」です。
会議・打ち合わせ・経費精算など何かと使う電卓ですが、ゴツゴツした大きいモノは邪魔になるし、持ち歩くのは大変……。
ですが、HIGHTIDE「クリップ電卓」だと、44gと軽いうえ、ボタンの反応もまずまず。使い勝手もスマートです!
厚みが4mmで一切邪魔になりません。
※画像はAmazonより。
手帳やノート、書類に挟めて見た目もスッキリ。カラーバリエーションも豊富なので手持ちの手帳類に合わせるのもいいですね。好感度が上がること、間違いなしです。
以上、HIGHTIDE「クリップ電卓」のご紹介でした。

ノートなどにクリップで挟んでカバンに入れておけば、出先でもサッとスマートに取り出せるので、営業マンにとって最強の相棒となってくれそうですね。

360.life(サンロクマルドットライフ)は、テストするモノ誌『MONOQLO』、『LDK』、『家電批評』から誕生したテストする買い物ガイドです。広告ではない、ガチでテストした情報を毎日お届けしています。

関連する記事はこちら