半円タイプはもう古い! “デジタル化した分度器”が便利なんです|『MONOQLO』が紹介
2020年03月24日(火)
the360.life編集部
the360.life編集部/Test by MONOQLO編集部
半円タイプはもう古い! “デジタル化した分度器”が便利なんです|『MONOQLO』が紹介
子どもから大人までずっとお世話になる文房具。定番のロングセラーも良いですが、新商品もまた楽しいですよね。今回はこんなのあるんだ~と思わず手にとってしまうような進化系の文房具を集めてみました。人と同じじゃつまらないというマニアさんにもおすすめ。今回は、好みの角度がすぐに計測できる“デジタルの分度器”をご紹介します。分度器を使う人は必見です!

▼本記事のテスト、および監修・取材協力はコチラ

MONOQLO テストするモノ批評誌
MONOQLO
創刊10周年を迎えた辛口レビュー雑誌。生活用品や家具、ガジェットに加え、保険やクレジットカードなどのサービスも比較検証する。
本文中の製品画像をクリックすると購入ページへ移動します。
<外部サイトでご覧の方へ>
見出しなどのレイアウトが崩れている場合があります。正しいレイアウトはthe360.lifeオリジナルサイトをご確認ください。

※情報は『MONOQLO』2020年4月号掲載時のものです。価格が変動している場合や在庫切れしている場合があります。
  • こんなの見たコトない!
    思わず欲しくなる技アリ文房具
文房具屋さんに並ぶ定番商品。安心感はありますがそれではちょっと物足りないという文具好きさんに、「見たコトない」文房具をご紹介したいと思います。

もちろん、見た目だけの斬新さではありません。実際に使っても便利なおすすめ文房具だけをピックアップしました。

今回は、計りたい角度がすぐに数値で表示される“デジタル角度計”です。
  • 分度器がまさかのデジタル化!
    GemRed「デジタル角度計」
GemRed
デジタル角度計
実勢価格 2500円
表示単位:0.1度/精度:±0.3度
定規サイズ:200㎜ /電源:リチウム電池 CR2032
DIY作業の際に分度器角度を計測している人に紹介したいのが、GemRed「デジタル角度計」。角度がすぐさま数値で表示できるデジタルの分度器なんです。スイッチをONにして定規を動かすとラクに角度が計測でき、線も引きやすいです。
分度器でアナログに測ると誤差が出てしまいますが、こちらのデジタル製なら360度以上も計測できます。
半円の分度器だと難しい180度以上の計測もラク~にできます。
レバーをまわして分度器の角度を固定できるので、ズレる心配もありません。
サイズは少し大きめですが、ペン立てに保管することもできます。設計現場など測量のプロが活用するデジタル分度器ですが、こちらはデザイン性も良く、文房具入れに入れていても違和感がありません。

以上、GemRed「デジタル角度計」のご紹介でした。

半円の分度器とは違って、斜めの線をすぐに引くことができます。一人でのDIY作業などにも大活躍してくれそうですね。

360.life(サンロクマルドットライフ)は、テストするモノ誌『MONOQLO』、『LDK』、『家電批評』から誕生したテストする買い物ガイドです。広告ではない、ガチでテストした情報を毎日お届けしています。

関連する記事はこちら