【Switch】往年のゲーセン魂が呼び起こされる「対面型アーケードスタンド」
安くて良いモノ
the360.life編集部
the360.life編集部/Test by 家電批評編集部
公開日: 2020年02月23日

【Switch】往年のゲーセン魂が呼び起こされる「対面型アーケードスタンド」

1990年代のゲームセンターを彷彿とさせるデザインは胸熱必至。Nintendo Switchの本体とジョイコンをセットできるスタンドを、実際に使ってみてご紹介します。実際にかつてのような対戦プレイはできるのか、結果をご覧ください。

本音でテストする家電購入ガイド
家電批評
家電専門誌。スマホ、イヤホンなどのガジェットから、テレビや冷蔵庫などの大型家電まで、実際にテストしてレビューする本格テスト雑誌。
<外部サイトでご覧の方へ>
見出しなどのレイアウトが崩れている場合があります。正しいレイアウトはthe360.lifeオリジナルサイトをご確認ください。

※情報は『家電批評』2019年12月号掲載時のものです。価格が変動している場合や在庫切れしている場合があります。

AV機器 往年のゲーセン魂を呼び起こす Switch用スタンド

2017年3月に発売された“カタチを変えるゲーム機”「ニンテンドー スイッチ」。発売当初は極度の品薄状態で、各地で争奪戦が繰り広げられていましたが、現在は比較的手に入りやすくなっています。
任天堂
ニンテンドースイッチ
実勢価格:3万2978円
今回は、「往年のゲーセン魂を呼び起こすフォルム」を持ったSwitch用のスタンドについてご報告いたします。

AV機器 憧れた「部屋に筐体」が 約30年越しで実現します

Nintendo Switch本体を2台、ジョイコンを2つずつ計4つ収納することができる筐体型のゲームスタンド。

1990年代のゲームセンターを彷彿とさせるデザインは、「ストリートファイターⅡ」や「ザ・キング・オブ・ファイターズ」といった格ゲーにハマっていた人なら、きっと興奮することでしょう。
コロンバスサークル
対面型アーケードスタンド Switch用
実勢価格:1629円

サイズ:約250mm×320mm×210mm
素材:ABS樹脂
対応:Nintendo Switch本体×2、Joy-Con×4
Nintendo Switchの本体とジョイコンをセッティングすれば、アーケード気分でゲームをプレイ……できると思いきや、スタンドは固定されないので安定感ゼロ。対戦は厳しいですが、オブジェとしてはアリです。

対戦台ではなくスタンドだど割り切ってくださいね

スタンドにディスプレイは付属しないため、Switch本体を取り付けます。反対側にもう1台取り付けることができます。
ジョイコンも片側に2個ずつ取り付けられます。
ただし、対戦台としての操作性はイマイチ。2人並んではまともにプレイできませんでした。対戦台ではなくスタンドだと割り切る必要がありますが、ゲーム愛好家にとって注目度の高い一品ではないでしょうか。

the360.life(サンロクマル)は、テストするモノ誌『MONOQLO』、『LDK』、『家電批評』から誕生したテストする買い物ガイドです。広告ではない、ガチでテストした情報を毎日お届けしています。
  • facebook
  • twitter
  • LINE
  • hatena
  • pocket

関連記事