ビーフシチューのルー全試食おすすめランキング11選
ランキング
the360.life編集部
the360.life編集部/Test by LDK編集部

ビーフシチューのルー全試食おすすめランキング11選

今日の献立に迷ったら、美味しいお肉とたっぷりの野菜がとれる「ビーフシチュー」がおすすめです。ここでは、スーパーで購入できるビーフシチューのルー11品を料理のプロと一緒に徹底比較し、ランキング形式で評価を発表します。作り方のコツから、プロに聞いたおすすめの隠し味、リメイクアレンジも合わせてご紹介しますよ!

料理家
風間章子 氏
料理家。調理師。イタリアンレストランで6年間修行の後、カフェの立ち上げ、雑誌やwebなど様々なメディアにて料理監修で活躍中。
科学する料理研究家
さわけん 氏
辻調理師専門学校フランス校卒業。フランスの二ツ星(当時)ムーランドムージャンなどに勤務経験のある本格派。その後、イタリアンカフェのシェフを経て料理研究家に転身し世界の料理を研究。公式YouTubeはこちら
テストする女性誌
LDK
インテリア、掃除、食品からコスメ、健康まで、あらゆるモノやサービスを賢く選ぶために、ホンネでテストする女性向け生活情報誌。


食品雑貨 大人気メニュー「シチュー」を より美味しく楽しむ方法とは?

「今日のゴハンはビーフシチュー」って言われると、ちょっとテンションが上がりませんか?

最近では「ルー」の種類が豊富で、誰でも比較的カンタンに美味しいシチューが作れます。でも「種類が多すぎてどれを買ったらいいのかわからない」「もっと自分好みの味にしたい」「いつもルーが中途半端に余っちゃう」等々、お悩みの方も多いのでは?

今回はそういったお悩みの答えを見つけるべく、市販のシチュールーを11製品集めて比較検証を行いました。

また、料理のプロにルーの上手な活用方法なども聞いてみたのであわせてご覧ください。

食品雑貨 「溶け残る」「 余っちゃう…」 ルーの“あるある”はこれで解決!

ランキング発表の前に、まずは「ルー」にまつわるQ&Aから。

「ルー」のおかげでシチューがカンタンに作れるのはうれしいですが、「うまく溶けなかった」とか「風味がちょっと物足りなかった」なんて経験はありませんか?

料理のプロにオススメの解決方法を教えてもらったので、ここでご紹介したいと思います。

Q1.ルーをうまく溶かす方法は?
A1.スープだけ取り出して溶かすのがベスト! 

ジャガイモの形を崩さないよう、やさしくかき混ぜているとルーが鍋の底に残ることも……。

具材の形崩れを防ぎつつ、ルーをきれいに溶かしたい場合は、スープのみを取り出してルーを溶かし、再び具材と合わせるという手があります。
溶けやすさを重視するならば、ルーは固形タイプよりフレークタイプなどがオススメです。
「スープと具材を分けるのはメンドウ……」という方は、固形タイプよりも溶けやすい顆粒、ペースト、フレークタイプのルーを選ぶといいかもしれません。

Q2.チョイ足しで美味しくなる調味料は?
A2.ビーフシチューにはワインがオススメです

市販のルーはそれだけで美味しく出来上がるよう調合されていますが、より理想的な味に仕上げたい場合は、「もうちょっと欲しいな」と感じる味の調味料を様子をみながら加えてみてください。

・コクが欲しい → バター、生クリーム
・酸味が欲しい → ワイン、ウスターソース、トマト
・甘味が欲しい → みりん、砂糖など

ちなみにビーフシチューの場合、赤ワインは比較的どんなルーにも合いますよ。

Q3.余ったルーはどうしたらいい?
A3.デミグラスソースとして活用できます

ビーフシチューのルーが余ったら、デミグラスソース代わりに使ってみてください。すでに調味されているので、水の量を加減してお好みの濃度にのばすだけで、いろいろなメニューにアレンジできます。
「煮込みハンバーグ」「ロールキャベツ」「オムライス」などにオススメ!
また、シチューよりも薄めにのばしてお好みの具材を加え、「簡単スープ」として楽しむのもアリですよ。

食品雑貨 市販のビーフシチューのルー 11製品を徹底チェックしました!

一言に「シチュールー」といっても最近はとにかく種類が豊富で、顆粒タイプや固形タイプのほか、フレークタイプやペースト状のものまであります。また、味も子どもがよろこびそうな甘口のものから、大人好みの濃厚タイプやご飯に合うものまで揃っています。

……でもパッケージを見ただけでは、それぞれの違いが分かりづらいですよね。
そこで「本当に美味しくて使いやすいビーフシチューのルー」を見つけるべく、スーパーでよく見かける11品を購入し、料理のプロや主婦モニターさんにご協力いただいて比較検証を行いました。

「コク」「うまみ」「具材との相性」「ルーの溶けやすさ」「1皿あたりの価格」という5項目で、美味しさと作りやすさをしっかりとチェック。1項目につき20点、合計100点満点で判定しました。

[ポイント1]コク
プロに実食してもらい、ビーフシチューらしい濃厚な味わいがあるかどうかをチェックしてもらいました。

[ポイント2]うまみ
こちらもプロに実食してもらい、「野菜や肉を煮込んだブイヨンの風味が感じられるか」「ブイヨンの風味が生きているか」をチェックしてもらいました。

[ポイント3]溶けやすさ
パッケージに記載されている規定の分量のお湯を入れ、主婦モニターさんにルーの溶けやすさをテストしてもらいました。
テストにはすべて同じ温度のお湯を使用。1製品ずつ分量を守って検証しました。
[ポイント4]具材との相性
実際に具材(野菜や肉)を入れて煮込み、具材のうまみがルーとマッチするかをチェック。また、パッケージに記載されている具材以外で、そのルーに合いそうなものも調査しました。

[ポイント5]コスパ
1皿あたりのルーの価格を計算し、もっとも安いものが20点、もっとも高いものが1点となるように20段階に振り分けて得点化しました。

それではビーフシチュールーのおすすめ順ランキング、注目の第1位からご覧ください!

記事1位BEST デミグラスのうまみが際立つ グランメゾン・シチューが1位

ハウス食品:グランメゾン・シチュー ビーフ:ルー
ハウス食品
グランメゾン・シチュー ビーフ
実勢価格:213円 / 4皿分
1皿あたりの価格:53.3円
※5個セットの購入ページに移動します。
デミグラスソース本来のうまみや、ビーフシチューらしい後味がGood!
▼テスト結果
コク 12/20点
うまみ 12/20点
溶けやすさ 16/20点
具材との相性 13/20点
コスパ 12/20点
合計 65/100点
中身はペーストタイプです。
検証のために集めた11製品の中で唯一の「ペーストタイプ」。うまみや後味のよさだけでなく、溶けやすさもなかなかの高得点となりました。

でも、香りはやや物足りなく感じられました。赤ワインやローリエをプラスすれば香りに深みが出てより美味しくなりそうです。

記事2位BEST S&Bのとろけるシチューは 甘めでやさしい味わい

S&B:とろけるシチュー ビーフ:ルー
S&B
とろけるシチュー ビーフ
実勢価格:149円 /  4皿分×2パック
1皿あたりの価格:18.6円
※10個セットの購入ページに移動します。
同率2位(総合点64点)の製品が3品あります。
▼テスト結果
コク 9/20点
うまみ 10/20点
溶けやすさ 14/20点
具材との相性 11/20点
コスパ 20/20点
合計 64/100点
中身は固形タイプです。
野菜のうまみが強く出ていて、甘めでやさしい味わいです。牛肉のかわりにハンバーグやロールキャベツを入れて煮込むとお子さんによろばれそう!

記事2位BEST 具材の味を引き立てる コスモの直火焼シチュー・ルー

コスモ食品:コスモ直火焼 ビーフシチュー・ルー:ルー
コスモ食品
コスモ直火焼 ビーフシチュー・ルー
実勢価格:410円 / 6皿分
1皿あたりの価格:68.3円
※3袋セットの購入ページに移動します。
ルー自体に濃厚さはないものの、具材が加わるとグッと美味しくなります。
▼テスト結果
コク 12/20点
うまみ 14/20点
溶けやすさ 16/20点
具材との相性 14/20点
コスパ 8/20点
合計 64/100点
中身はフレークタイプです。
濃厚なタイプではありませんが、トマトのうまみが効いていて、具材の美味しさを引き立てるルーといった感じです。ローリエや赤ワインを足してもよさそう。

記事2位BEST 香ばしさが特徴的な ハウスの北海道シチュー

ハウス食品:北海道シチュー  ビーフ:ルー
ハウス食品
北海道シチュー  ビーフ
実勢価格:213円 / 5皿分×2パック
1皿あたりの価格:21.3円
※3個セットの購入ページに移動します。
炭火焼肉を思わせるような香ばしさがあります。
▼テスト結果
コク 10/20点
うまみ 10/20点
溶けやすさ 14/20点
具材との相性 11/20点
コスパ 19/20点
合計 64/100点
中身は固形タイプです。
ローストしたガーリックやオニオン、しょう油などが入っているせいか“焼肉”を思わせるような香ばしさが感じられます。この香ばしさが具材の牛肉の美味しさを引き立てます。

記事5位 トップバリュの濃厚デミグラス シチューは親しみのある味

トップバリュ:濃厚デミグラスソースのビーフシチュー:ルー
トップバリュ
濃厚デミグラスソースのビーフシチュー
実勢価格:127円 / 4皿分×2パック
1皿あたりの価格:15.9円
ファミレスなどで出されるビーフシチューに似た、親しみのある味わいです。
▼テスト結果
コク 10/20点
うまみ 10/20点
溶けやすさ 12/20点
具材との相性 11/20点
コスパ 20/20点
合計 63/100点
中身は固形タイプです。
一度は食べたことがあるような親しみのある味です。でも甘めで、やや平坦な感じがするので赤ワインを入れてコクを出したいところ。ドリアや煮込みハンバーグに向いていそうです。

記事6位 中華のようにこっくりとした S&Bおいしさとけ込むシチュー

S&B:おいしさギューッと とけ込むシチュー ビーフ:ルー
S&B
おいしさギューッと
とけ込むシチュー ビーフ
実勢価格:149円 / 3~4皿分×2パック
1皿あたりの価格:18.6円
※5個セットの購入ページに移動します。
ビーフブイヨンの香りが強めで、やや中華料理寄りの風味です。
▼テスト結果
コク 8/20点
うまみ 9/20点
溶けやすさ 14/20点
具材との相性 11/20点
コスパ 20/20点
合計 62/100点
中身は固形タイプです。
ビーフブイヨンの香りが強めのルーで、溶かすとやや脂が浮いてきました。具材のお肉との相性は悪くないものの、その味はビーフシチューというより中華料理に近い感じがしました。

記事7位 香ばしいけれど味は淡白な S&Bの濃いシチュー

S&B:濃いシチュー ビーフ:ルー
S&B
濃いシチュー ビーフ
実勢価格:213円 /  5皿分×2パック
1皿あたりの価格:21.3円
焦がしたしょう油のような香りがします。
▼テスト結果
コク 8/20点
うまみ 9/20点
溶けやすさ 14/20点
具材との相性 11/20点
コスパ 19/20点
合計 61/100点
中身は固形タイプです。
肉を焼き上げてから野菜と一緒に煮出したダシを使っているため、焦がしたしょう油のような香ばしさがあります。でもコクが足りず、味は淡白な印象。美味しさの決め手は具材の牛肉頼み……という感じがしてチョット残念です。

記事8位 具材の味が生きるエバラの 横濱舶来亭ビーフシチュー

エバラ食品:横濱舶来亭 ビーフシチュー:ルー
エバラ食品
横濱舶来亭 ビーフシチュー
実勢価格:397円 /  4皿分
1皿あたりの価格:99.3円
酸味とスパイスがアクセントになっています。
▼テスト結果
コク 13/20点
うまみ 12/20点
溶けやすさ 20/20点
具材との相性 14/20点
コスパ 1/20点
合計 60/100点
中身はフレークタイプです。
コスパはイマイチですが、溶けやすさは11製品中トップ。サラッとしたルーですが、酸味とスパイスがしっかりと効いています。具材の風味を生かす味付けになっているので、お肉や野菜をタップリ入れるのがオススメです。

記事9位 S&Bのディナーシチューは 甘めであっさりとした味わい

S&B:フォン・ド・ボー ディナービーフシチュー:ルー
S&B
フォン・ド・ボー
ディナービーフシチュー
実勢価格:267円 / 5皿分
1皿あたりの価格:53.4円
※10個セットの購入ページに移動します。
やや甘口で、あっさりとしたルーです。
▼テスト結果
コク 9/20点
うまみ 11/20点
溶けやすさ 12/20点
具材との相性 13/20点
コスパ 12/20点
合計 57/100点
中身は固形タイプです。
甘みは感じるものの、コクが少なめで淡白な味わいです。でも、酸味のバランスは悪くありません。お肉を入れてじっくり煮込めば、コクが出て美味しく仕上がりそうです。

記事10位 クレアおばさんのシチューは 甘口でソースのような風味

江崎グリコ:クレアおばさんのシチュー ビーフ:ルー
江崎グリコ
クレアおばさんのシチュー ビーフ
実勢価格:138円 / 4皿分×2パック
1皿あたりの価格:17.3円
※5個セットの購入ページに移動します。
甘めで、ウスターソースのような風味のルーです。
▼テスト結果
コク 9/20点
うまみ 9/20点
溶けやすさ 8/20点
具材との相性 6/20点
コスパ 20/20点
合計 52/100点
中身は固形タイプです。
甘めで子どもが好きそうな味といった感じです。しかもデミグラスソースというよりウスターソースのような風味で、味も香りもまるで焼きそばのよう。もはやビーフシチューとは別物といった印象です。

記事11位 グリコのZEPPINは 溶けやすさに難あり…

江崎グリコ:ZEPPIN ビーフシチュー:ルー
江崎グリコ
ZEPPIN ビーフシチュー
実勢価格:332円 / 2皿分×4パック
1皿あたりの価格:41.5円
ZEPPINはルーの溶けやすさがイマイチ……。
▼テスト結果
コク 10/20点
うまみ 10/20点
溶けやすさ 6/20点
具材との相性 9/20点
コスパ 14/20点
合計 49/100点
中身はの固形タイプ(ペースト入り)です。
コクやうまみはまぁまぁなのですが、風味は10位の「クレアおばさんのシチュー」と同じく焼きそばのような感じでした。そして「ルーの溶けやすさ」に難があり、残念ながら11製品中最下位となってしまいました。
ビーフシチューのルー11製品のオススメ順ランキング、いかがでしたか?「たまにはいつもと違うルーを使ってみたい!」なんてときは、ぜひコチラのランキングをご活用ください。

the360.life(サンロクマル)は、テストするモノ誌『MONOQLO』、『LDK』、『家電批評』から誕生したテストする買い物ガイドです。やらせなし、ガチでテストしたおすすめ情報を毎日お届けしています。
  • facebook
  • twitter
  • LINE
  • hatena
  • pocket

関連記事