ネットライフを快適に!GoogleのメッシュWi-Fi「Nest Wifi」の実力は?|『MONOQLO』が検証しました
2020年02月12日(水)
the360.life編集部
the360.life編集部/Test by MONOQLO編集部
ネットライフを快適に!GoogleのメッシュWi-Fi「Nest Wifi」の実力は?|『MONOQLO』が検証しました
ルーターを設置しているリビングではWi‐Fiはつながるけれど、寝室ではつながりにくい……そんな悩みを抱えているあなた。今年こそ解決して、快適なネットライフを過ごしてみませんか? 今回ご紹介するのはGoogleのメッシュWi-Fi「Nest Wifi」。速度やつながりやすさだけでなく、過去にベストバイを獲得した製品と比較してみても、使い勝手も文句なしでした。

▼本記事のテスト、および監修・取材協力はコチラ

MONOQLO テストするモノ批評誌
MONOQLO
創刊10周年を迎えた辛口レビュー雑誌。生活用品や家具、ガジェットに加え、保険やクレジットカードなどのサービスも比較検証する。
浅沼伊織 MONOQLO編集部 編集長
浅沼伊織
テストするモノ批評誌『MONOQLO』の編集長。デジタル製品から、日用品、食品、ダイエット・ジムまでほぼすべてのジャンル商品を、ヒットする前に自腹購入して試すのが好き。とにかく最先端のモノへのセンサーが鋭い。apple製品の中毒者でもある。過去「ライザップ覆面調査」や「アマゾンホントの5つ星」特集など。
本文中の製品画像をクリックすると購入ページへ移動します。
<外部サイトでご覧の方へ>
見出しなどのレイアウトが崩れている場合があります。正しいレイアウトはthe360.lifeオリジナルサイトをご確認ください。

※情報は『MONOQLO』2020年3月号掲載時のものです。価格が変動している場合や在庫切れしている場合があります。
  • 奥の部屋だとネットが
    つながらない問題を解決!
Wi-Fiを設置しているものの、家の中でも場所によってつながりにくいことはありませんか? そんな人におすすめなのが、ルーター親機と専用の中継機(サテライト)を常時接続し、ひとつのネットワークとして認識させる仕組みのメッシュWi‐Fiルーター。

要は、家に複数のルーターを置くことで、単体では届かない場所まで電波を広げるというものです。

メッシュWi‐Fについて詳しくはこちらの記事もご覧ください。
ということで、今回ご紹介するのは今イチオシのグーグル「Nest Wifi」。Wi-Fiで悩んでいる人にはとりあえず導入してみてほしいスグレモノです!
  • 速度もつながりも超快適!
    グーグルのWi-Fiでストレスゼロ
Google
Nest Wifi
(ルーター+拡張ポイント)
実勢価格:3万1900円
スペック:間取り/最大120平方メートル
Google発のメッシュWi-Fi第2世代モデルがこの「Nest Wifi」。親機と子機(Nest Point)のセットで3万円とメッシュWi-Fiとしてすこし高額な設定ではありますが、とにかく使い勝手もスピード、つながりやすさも文句なしのモデル。近日スマート家電の新規格「スレッド」にも対応予定です。
  • スマートな使い心地に加え
    スピードもつながりやすさも◎
特筆すべきはその設定の快適さ。Google Homeのアプリを使ってセットアップしようとすると、音声でナビゲートしてくれて、親機と子機の設置なども迷わずすぐに行えます。
設定はアプリで楽ちん!
実家など遠隔に設置したルーターもかんたんにチェックできるので安心。また、子機はGoogle Homeのスマートスピーカーとして機能するのも嬉しいポイントです。
浅沼伊織
MONOQLO編集部 編集長

浅沼伊織のコメント
さすがGoogle!な、使い勝手です。
その使い勝手の良さもさることながら、速度やつながりやすさも言うことなし。過去に行ったメッシュWi-Fiルーターテストのベストバイ機、「LINKSYSのVELOP(トライバンド)」と比較したところ、スピードの実測値も通信の安定度も上回る結果になりました。
Google(画像左)と過去ベストのLINKSYS(画像右)
以上、メッシュWi-Fi「Nest Wifi」のご紹介でした。

スピードも安定度もアップしている上、設定が簡単、そして子機はスマートスピーカー機能も有するというスグレモノ。今購入するのであればGoogleが正解です!

360.life(サンロクマルドットライフ)は、テストするモノ誌『MONOQLO』、『LDK』、『家電批評』から誕生したテストする買い物ガイドです。広告ではない、ガチでテストした情報を毎日お届けしています。

関連する記事はこちら