定番エルゴの違いも解説! 抱っこひもおすすめ14選【2020年】|『LDK』が安全性やママの負担を徹底検証
2020年02月09日(日)
飯塚陽子
飯塚陽子/Test by LDK編集部
定番エルゴの違いも解説! 抱っこひもおすすめ14選【2020年】|『LDK』が安全性やママの負担を徹底検証
育児アイテムの中でも特に長い期間がっつり使うグッズが、抱っこひもですよね。大人気のエルゴベビーだけでも種類が豊富。新生児から使える横抱き可能ものからスリングタイプまで、一体どれを選べばいいのかわからないプレママも多いのではないでしょうか。今回は、人気ブランドのエルゴやアップリカ、ベビービョルンなど14製品の使い勝手を徹底チェック。“親子に合った”ベストな抱っこひも選びの参考にしてください。

▼本記事のテスト、および監修・取材協力はコチラ

田中真紀子 氏 家電・育児用品ライター
田中真紀子 氏
数多くの美容家電、生活家電などのテストレビューを行うほか、一児の母として育児用品も得意とする。豊富なテスト経験を活かしつつも、主婦目線を持った暮らし目線のレビュワー。
LDK テストする女性誌
LDK
インテリア、掃除、食品からコスメ、健康まで、あらゆるモノやサービスを賢く選ぶために、ホンネでテストする女性向け生活情報誌。
本文中の製品画像をクリックすると購入ページへ移動します。
<外部サイトでご覧の方へ>
見出しなどのレイアウトが崩れている場合があります。正しいレイアウトはthe360.lifeオリジナルサイトをご確認ください。

※情報は『ベビー用品完全ガイド』(2020年1月発行)掲載時のものです。価格が変動している場合や在庫切れしている場合があります。
  • 抱っこが劇的にラクになる!
    抱っこひもは現代育児の神器
抱っこひもは、赤ちゃんが生まれてから長ければ3~4才ごろまで使う育児グッズ。抱っこする人の肩や腰に負担が少なくなり、長い時間抱っこするときや電車での移動時などに重宝します。今や、「これ無しで育児は成り立たない!」というほどのアイテムです。
抱っこは親子の大事なコミュニケーション。とはいえ、数ある抱っこひもの中からひとつ選ぶのはすごく難しいですよね。

そこで今回は、抱っこひもを選ぶときのポイントを育児グッズのプロに取材。先輩ママに大人気のエルゴの選び方をはじめ、さまざまなタイプの抱っこひも14製品の採点簿を紹介します。
  • 抱っこひもを選ぶのに大事なのは
    「ママに合っているかどうか」
個人差はあるものの、乳児時代は毎日のように使う抱っこひも。ここでは、選び方のポイントを紹介します。
  • ポイント1:ママの体型に合うかどうか
一般的に、抱っこひもを装着する時間が一番長いのはママです。成長すると10~15kg以上にもなった赤ちゃんを抱っこしてお出かけすることもあり、パパほど力のないママへの負担をできるだけ少なくするためには、ママの体型に合ったものを選ぶことが大切です。
実は、洋服や靴のように、抱っこひもにも体に合う合わないがあります。実際に装着してみて、違和感がないか、自然な姿勢が取れるか、肩や腰が痛くならないかを確かめましょう。
  • ポイント2:赤ちゃんの安全面と通気性の良さは?
もちろん、赤ちゃんの安全面も重要なポイント。自然な姿勢の中で赤ちゃんに負担がかからないか、通気性がよく蒸れないか。親子とも、ストレスが溜まらないものを選びたいところです。
  • ポイント3:着脱がしやすいかどうか
1日に何度も着脱することもあるので、装着のしやすさは無視できません。装着がサッとできるものなら、泣いている赤ちゃんを待たせることなく抱っこしてあげられます。
  • 抱っこひもは大きく3タイプ!
    ラクなのはウエストベルト式
抱っこひものタイプは着脱方法や対応年齢などにもよって、大きく3つのタイプに分けられます。
  • タイプ1:ウエストベルト
近年主流の抱っこひもで、一般的に対面で使うことが多いものです。ベルトを調整したり、付け替えたりすると横抱きやおんぶができるものもあります。

▼主な抱き方
・対面
・おんぶ
・腰抱き
・横抱き
・前向き

  • タイプ2:スリング
袋状の布を肩から斜めにかけ、赤ちゃんを入れて使う抱っこひもです。伸縮性がいい素材のものもあり、赤ちゃんとフィットしやすいです。横抱きができるので新生児検診など最初のお出かけにも重宝。慣れてくると、ママと同じ方向を正面にした「カンガルー抱き」など様々な抱き方ができます。

▼主な抱き方
・横抱き
・腰抱き
  • タイプ3:ラップ
4mほどある長さがの布を体に巻きつけて使う、昔ながらの抱っこひもです。首すわり前から首すわり後も使え、素材が織物ならおんぶもできます。デザインも豊富です。

▼主な抱き方
・対面
・おんぶ(素材による)
主流のウエストベルトは、赤ちゃんの体重が腰と肩に分散するため、ママへの負担が少なめ。断然ラクなタイプです。スリングやラップは持ち運びしやすく、包み込むように抱っこするので赤ちゃんの安心感が高まります。
  • 新生児用として使えるかもチェック!
    3つの項目で検証しました
今回は、14種類の製品を以下の3つの項目でチェックしました。

・肩・腰への負担
・通気性
・着脱
  • チェック1:肩・腰への負担
ウエストベルトがしっかりしていると、赤ちゃんの体重を支えやすいと言えます。肩ひもの幅が太めでクッション性があった方が肩への負担が最小限になります。
  • チェック2:通気性
赤ちゃんは体温が高く、真冬でも汗をよくかきます。通気性がよく蒸れにくい素材を使っているかも大事なポイントです。

今回は、抱っこひものシート部分の裏に濡らした綿布をヒーターではさみ、汗かき状態を再現。温湿度計で乾く速さを測って通気性の良さをチェックしました。
  • チェック3:着脱
毎日何度も使うこともあるものだから、ササッと簡単に着脱できるものがありがたいです。成長した赤ちゃんを抱えながら装着することも想定しました。
  • 新生児から使えるものと使えないものがある
首がすわる前の新生児は、首を支える専用の「インサート」が必要になります。インサートなしで使えるものもありますが、別売りのインサートを購入する必要があるモデルがあるので注意。

新生児のときに出かける機会が多い場合は新生児から使えるものを選ぶのも手。いつから使うか想定しましょう。
  • 大人気のエルゴは大きく4種類!
    できる抱き方や素材に少しずつ違い
さて、ここからは先輩ママに大人気のエルゴベビーについて特徴と主な種類を紹介します。ウエストベルトがしっかり赤ちゃんを支えてくれ、赤ちゃんの成長とともに自然な座り姿勢へと導いてくれるところも高ポイントです。

エルゴを使った主な抱き方も一緒に紹介していきますよ。
  • エルゴ1:プレミアムモデル
    「OMNI360クールエア」
エルゴベビーベビーキャリアオムニ(OMNI)シリーズは、お尻の部分がより立体的で座りやすく、前向き抱っこもできるのが特徴。素材はカラーによって異なります。本体がメッシュタイプのOMNI 360 クールエアはエルゴベビーの最上位モデルです。

OMNI 360
クールエアの特徴
・4種類の抱き方ができる
・20㎏まで使える
・本体はメッシュタイプ
・カラバリが豊富

素材
本体:ポリエステル65%、ナイロン35%、メッシュ生地・フード:ポリエステル100%、ベビーウエストベルト:ポリエステル100%  
※素材はカラーによって異なります
【対面抱き】
スタンダードな抱っこひもの付け方。頭にキスできるくらいの高さがベストです。
赤ちゃんと密着度が高いです
【前向き】
好奇心が芽生えてきた赤ちゃんに、ママと同じ景色を見せてあげられる抱き方です。
パパも好む抱き方です
【おんぶ】
ママの両手が空いて動きやすくなるおんぶ。足元もよく見えて動きやすいです。
家事する時はおんぶが便利
【腰抱き】
前向き抱きと同じく、赤ちゃんに景色を見せてあげられます。暑さが気になるときにも。
お外もママも見える
  • エルゴ2:コットンタイプの「OMNI360」
OMNI360は本体がコットン100%。クールエアとの違いは素材だけで、重さはほとんど変わりません。肌触りの良さを重視するならこちらです。

OMNI 360の特徴
・4種類の抱き方ができる
・20㎏まで使える

素材
本体:綿100%、ベビーウエストベルト:ポリエステル100%
  • エルゴ3:スタンダードモデル
    「ADAPTクールエア」
オムニシリーズに比べてコンパクトに折りたためるエルゴベビーベビーキャリアアダプト(ADAPT)シリーズ。エルゴのスタンダードなタイプと言えます。素材がメッシュのADAPTクールエアは新生児から4歳ごろまで、サイズを調節して長く使えます。

ADAPTクールエアの特徴
・対面、おんぶ、腰抱きができる
・20㎏まで使える
・本体はメッシュタイプ
・カラバリが豊富

素材
本体:ポリエステル100%、ベビーウエストベルト:ポリエステル100%
  • エルゴ4:コットンタイプ
    「ADAPT」
ADAPTクールエアとの違いは素材だけ。お手頃価格で新生児から使え、持ち運びもしやすい人気のタイプです。やわらかい肌ざわりの綿100%です。

ADAPTの特徴
・対面、おんぶ、腰抱きができる
・20㎏まで使える

素材
本体:綿100%、ベビーウエストベルト:ポリエステル100%
街中で着けている人を見かけることも多いエルゴは、ウエストベルトが赤ちゃんをしっかり支えてくれます。また、赤ちゃんの成長とともにシートが形を変え、自然な座り姿勢へと導いてくれるのも高ポイント!

最上位モデルのOMNI360なら、ここ1年で需要が急上昇した前向き抱きもできます。素材はメッシュがいいかコットンタイプがいいか、コンパクトに折り畳みたいか、前向き抱きもしたいか、など必要な機能を取捨選択してみましょう。
田中真紀子 氏
家電・育児用品ライター

田中真紀子 氏のコメント
エルゴベビーのお値段はお高めですが、ママと赤ちゃんに優しい工夫が満載です!
  • 抱っこのバリエで選ぶなら
    エルゴはOMNI360がおすすめ
それでは、お待たせしました! ここからは抱っこひも14製品の採点簿を「エルゴベビー」「ウエストベルトその他」「スリング&ラップ」別で紹介します。
  • 赤ちゃんもママも快適性NO.1
    「OMNI360クールエア」
エルゴベビー
OMNI 360 クールエア
実勢価格 :3万1900円


使える期間:新生児~48カ月
抱っこの種類:対面、おんぶ、腰抱き、前抱き
サイズ:腰回り約132㎝まで
エルゴベビーOMNI 360クールエアは、前向き抱きができるハイエンドモデルです。赤ちゃんの身体をそのまま受け入れる3Dエルゴノミックシートを採用。ママも赤ちゃんも快適で予算オーバーじゃなければこれを選んで間違いありません!
お尻部分が立体的なのが特徴。メッシュ素材なので蒸れにくく、赤ちゃんも快適です。
ネットに入れれば丸洗いもできます。メッシュなのでホコリも付きにくく、乾きやすいです。
  • マットでオシャレな綿100%
    「OMNI360」
エルゴベビー
OMNI 360
実勢価格:2万8600円
 
使える期間:新生児~48カ月
抱っこの種類:対面、おんぶ、腰抱き、前抱き
サイズ:腰回り約132㎝まで
エルゴベビーOMNI 360は、OMNI 360シリーズのコットン製です。メッシュに比べてマットでオシャレです。首すわり前の新生児でもインサートなしで使えるモデルで、成長に合わせて3段階に変化するヘッド&ネックサポートが、成長に合わせて赤ちゃんの首を支えてくれます。
新生児から、大きくなるまで長く使えます。
ベルトの後ろに腰サポートがついたことで、さらに腰への負担が軽減しました。
  • 成長に合わせて調節できる
    「ADAPTクールエア」
エルゴベビー
ADAPT クールエア
実勢価格: 2万7500円
 
使える期間:新生児~48カ月
抱っこの種類:対面、おんぶ、腰抱き
サイズ:腰回り約132㎝まで
エルゴベビーADAPT クールエアは、フロントストラップを組み合わせて合計9段階に調節可能。フィット感が増すと、ママへの負担も軽減! 前向き抱きはできませんが、20kgまで長く使えます。
通気性のいいメッシュ素材です。
余ったストラップをスッキリまとめられるまとめゴムが付いています。
  • エルゴで一番リーズナブル
    「ADAPT」
エルゴベビー
ADAPT
実勢価格:2万5300円

使える期間:新生児~48カ月
抱っこの種類:対面、おんぶ、腰抱き
サイズ:腰回り約132㎝まで
エルゴベビーADAPTは、エルゴの人気モデルの中では一番リーズナブル。赤ちゃんとの密着度が上がる、肩ひもをクロスにした抱っこもできるので、小柄なママにもオススメです。
エルゴの中ではリーズナブルで手にとりやすいモデルです。
フロントストラップを調節すれば、より赤ちゃんとぴったりして安心感が増します。
  • エルゴ以外ではベビービョルンの
    コンパクトタイプも注目
ウエストベルト式では各メーカーからさまざまなタイプのものが出ています。それぞれできるだき方や装着感が違うため、好みの物を見つけてください。
  • スタイリッシュでパパにも合う
    ベビービョルン「ONE KAI Air」
ベビービョルン
ベビーキャリア
ONE KAI Air
実勢価格:2万4200円
 
使える期間:新生児~36カ月
抱っこの種類:対面、おんぶ、腰抱き、前抱き
サイズ:ヒップ約67~160㎝
ベビービョルンのベビーキャリアONE KAI Airは、日本人向けに作られたモデルで腰への負担が感じにくいのが特徴。腰ベルトが160cmまで調節できるので、体格差のあるママとパパでも兼用できます。背中から腰にかけて支えている感覚で、抱っこからおんぶの切り替えも簡単!
スタイリッシュなデザインでパパも使いやすそうです。
抱っこ中に赤ちゃんが寝ちゃったときは、バックルだけ外せば赤ちゃんを持ち上げずに下ろすことができます。
  • 新生児を柔らかく包む
    ベビービョルン「MINI3Dジャージー」
ベビービョルン
ベビーキャリア
MINI 3Dジャージー
実勢価格: 1万2100円

使える期間:新生児~12カ月
抱っこの種類:対面、前抱き
サイズ:ヒップ約55~120㎝
ベビービョルンMINI 3Dジャージーは、新生児向けモデルのため使える期間は短いものの、赤ちゃんとの密着度が高くちょっとしたお出かけに重宝します。ベストを着るように簡単に着脱できるのも◎。
新生児を後頭部まで包んで、赤ちゃんもママも安心です。
肩ベルトがクロスになっているので、安定感があります。赤ちゃんも抱きしめられているような感覚に。
ジャージー素材でやわらかく、使わないときはくるくるとコンパクトに収納できるのも便利です。
  • 横抱きができて新生児も安心
    アップリカ「コアラメッシュプラスAB」
アップリカ
コアラ メッシュ
プラス AB
実勢価格 :2万4200円
 
使える期間:新生児~36カ月
抱っこの種類:対面、おんぶ、前抱き、横抱き
サイズ:腰回り66~120㎝
アップリカ コアラ メッシュプラス ABは、3ステップで簡単に着脱でき、赤ちゃんがぐずっているときもスムーズに抱っこしてあげられます。オールメッシュで、さらに大きなメッシュウインドウからも通気が可能です。
横抱きができる抱っこひもを探しているならこちらがおすすめ。自然な抱っこに近い角度で横抱きでき、赤ちゃんと目も合わせやすく、コミュニケーションがとりやすいです。
  • コットンタイプもあります
アップリカ
コアラ 
実勢価格:2万2000円
 
使える期間:新生児~36カ月
抱っこの種類:対面、おんぶ、前抱き、横抱き
サイズ:腰回り70~120㎝まで
  • 2つのホールド機能で安心感
    コンビ「ジョイン EL-E 」
コンビ
ジョイン EL-E 
実勢価格:1万6500円
 
使える期間:首すわり~36カ月
抱っこの種類:対面、おんぶ、腰抱き
サイズ:ウエスト~120㎝
コンビのジョイン EL-Eは、簡単に装着できるホールドベルトとホールドカバーで赤ちゃんの体をしっかりと固定。もしものときの落下を防ぎます。肩に負担をかけないこだわりの肩ベルトを採用し、家事で忙しいママの快適さもアップ!
シンプルな構造なので装着の手順も簡単です。
厚みがある肩ベルトとしっかりした腰ベルトが赤ちゃんの体重を分散します。
日よけや頭を支える役割も果たすフード付き。成長に合わせてバックルで長さが調節できます。
  • 日本の赤ちゃんに最適なサイズ
    ラッキー 「アーバンファン」
ラッキー
アーバンファンオールメッシュ
実勢価格:1万3200円

使える期間:10日~15kg
抱っこの種類:対面、おんぶ、腰抱き、前向き、横抱き
サイズ:ウエスト65~135㎝
ラッキー アーバンファンオールメッシュは、リーズナブルなのに機能は十分な抱っこひも。スッキリしたデザインで洋服とコーディネートもしやすく、腰に着けたままウエストポーチのように収納しておけます。3つのポケット付きも助かります!
コスパがいいので若いママにもおすすめです。
日本の赤ちゃんに最適なサイズで、股幅が広がりすぎません。新生児から使えるタイプ。成長に合わせて横抱き、前向き抱きもできます。
抱っこ後にセーフティベルトを着けられます。付け忘れたから一度赤ちゃんを下ろす、という必要はないのでラクです。
  • 小柄なママにフィットするモデル
    napnap 「ベビーキャリーBASIC 」
napnap
ベビーキャリー BASIC 
実勢価格:9218円
 
使える期間:首すわり~24カ月(抱っこ)
抱っこの種類:対面、おんぶ
サイズ:ウエスト61~125㎝
napnapベビーキャリー BASICは、ウエストベルトが幅広でしっかり固定できます。負担が軽減され、赤ちゃんの体重が増えても腰に食い込みません。装着手順はやや多いものの、前かがみになっても密着度が変わらないので安心!
赤ちゃんと常にお腹がフィットしているから安心感があります。
大容量ポケット付きだから、ちょっとのお散歩やお買い物なら抱っこひもだけで出かけられそうです。
  • 着けている感じがしない
    boba「ボバエックス」
boba
ボバエックス 
実勢価格:2万2000円
 
使える期間:新生児~20kg
抱っこの種類:対面、おんぶ
サイズ:ウエスト約63㎝~140㎝
海外ブランドのbobaボバエックスは、軽い着け心地が特徴です。シートの幅がストラップを引くだけで無段階に調節可能で、赤ちゃんの成長に合わせられるほか、ママ、パパの体型にぴったりフィットするように調節することで自然な抱っこができます。
赤ちゃんを自然に抱っこできます。
クッション性がある肩ひもだから、負担がかかかりません。後ろのバックルの高さは調節可能です。
  • たった410g! bobaの軽量タイプはセカンド用としておすすめ
boba
ボバエアー 
実勢価格:9900円 

使える期間:首すわり~20kg
抱っこの種類:対面、おんぶ
  • ベビーカーのサブとしてアリ!
    シンプルに使えるスリング&ラップ
スリング・ラップは特にママとの密着を好む新生児の間に重宝。ベビーカーに乗ってくれるようになっても外出先でグズッた時にサッと取り出せるようにサブ的な使い方をしているママもいます。
  • 袋に赤ちゃんを入れるだけ!
    ベッタ「キャリーミー!」
ベッタ
キャリーミー!
実勢価格:7920円
 
使える期間:新生児~11.3kg
ベッタキャリーミー!は、立体裁断で赤ちゃんをすっぽり覆います。横抱き、腰抱きができるから長く使えます。畳むと手帳サイズになるので、持ち運びも便利!
長さ調節すればパパママ兼用可能です。さまざまな柄があって選ぶのも楽しいです。
  • オシャレなママに人気です
    ティーレックス「カドルミー」
ティーレックス
カドルミー
リバーシブル
実勢価格:1万4300円

使える期間:新生児~24カ月
ティーレックスカドルミーは、肩からかけるだけだからサッと使いに便利。カラバリが豊富でパパにぴったりな大きめサイズもあります。
ニットならではの絶妙なフィット感。リバーシブルで使えてオシャレです。
  • ママと赤ちゃんの一体感がスゴイ!
    boba「ボバラップ」
boba
ボバラップ
オーガニック
実勢価格 :9900円 

使える期間:新生児~16㎏
bobaボバラップ オーガニックは、バックルやスナップなどの部品は一切なく、一枚生地だけで赤ちゃんを包みます。肩や腰に食い込むこともありません。
一枚の生地を体にぐるりと巻くだけ! 赤ちゃんはお腹の中に戻ったような安心感に包まれます。
以上、抱っこひもおすすめ14選の紹介でした。

迷ってしまったらエルゴベビーを選ぶのが王道ではありますが、ママの体型や赤ちゃんとの過ごし方によってフィットするものは違うはず。必要な機能を考えながら、親子にピッタリくるものを選んでくださいね。

360.life(サンロクマルドットライフ)は、テストするモノ誌『MONOQLO』、『LDK』、『家電批評』から誕生したテストする買い物ガイドです。広告ではない、ガチでテストした情報を毎日お届けしています。

関連する記事はこちら