置き場所に困らない! コンセント直挿しのAmazon「Echo Flex」を深堀りレビュー|最新ヒット予測“初モノ家電2020”
選び方
the360.life編集部
the360.life編集部/Test by 家電批評編集部
公開日: 2020年02月05日

置き場所に困らない! コンセント直挿しのAmazon「Echo Flex」を深堀りレビュー|最新ヒット予測“初モノ家電2020”

暮らしも働き方もありとあらゆるモノも、アップデートされ続ける時代です。特に家電業界はアッと驚く進化を見せていますが、1年で流行するモノもあればヒットしないモノも数知れず。そこで、次に“来る”“すでに来てる”最新の家電をプロと『家電批評』編集部が深堀りレビューで紹介します。今回は、待望の コンセント直挿し! Amazonの「Echo Flex」です。

本音でテストする家電購入ガイド
家電批評
家電専門誌。スマホ、イヤホンなどのガジェットから、テレビや冷蔵庫などの大型家電まで、実際にテストしてレビューする本格テスト雑誌。

<外部サイトでご覧の方へ>
見出しなどのレイアウトが崩れている場合があります。正しいレイアウトはthe360.lifeオリジナルサイトをご確認ください。

※情報は『家電批評』2020年2月号掲載時のものです。価格が変動している場合や在庫切れしている場合があります。

AV機器 次の時代のヒット家電は? 新製品の実力を深堀りレビュー

群雄割拠の家電業界、知らないうちにものすごい進化を遂げているモノ、たくさんあるんです。今回は、ネットを疑う家電購入ガイド『家電批評』編集部が総力取材。テレビからキッチン家電、ゲームまで、新製品の実力をレビューします。
というわけで、今回はコンセント直挿しのAmazon「Echo Flex」を紹介します。

AV機器 もう置き場所に困らない! Echoシリーズに直挿しが登場

ディスプレイや高品質なスピーカーが搭載されたモデルが目を引いたEchoシリーズに、ついに求めていた形が登場。それがこのコンセント直挿しのAmazonのEcho Flexです。 
今までのEchoより何がスゴいかと言うと、置き場所に困らないことが画期的なんです。

AV機器 コンセントに直差し! Amazonの「Echo Flex」

Amazon 
Echo Flex 
実勢価格:2980円

サイズ・重量/72×67×52mm・ 150g
スピーカーサイズ/0.6インチ
コンセントと挿し込むスペースさえあれば、どこにでも設置できるEcho Flex。

これなら、居間や台所、洗面所、廊下など、それぞれの場所に設置しても負担は大きくありません。できることはEcho Dotと同じで、アレクサのスキルや定型アクションも登録可能です。 

定型アクションは設置場所専用にすると利便性がもっと拡大します。居間なら声でのリモコン操作、玄関なら「行ってきます」の一声で全家電電源オフなど、カスタマイズも自由自在です。 

AV機器 Echo史上初! 拡張パーツで 用途の幅がさらに広がる!

底部分のUSBに接続できる専用パーツは「ナイトライト」と「モーションセンサー」の2種類。これらのパーツを定型アクションに組み込めば、もっと便利な使い方ができるようになります。
本体下のUSBで拡張パーツと合体

AV機器 常夜灯にもなる! 足元用ナイトライト

Amazon 
Third Reality ナイトライト 
実勢価格:1780円 

明るさ/最大20ルーメン
内蔵の光センサーの機能で、周囲が暗いときはナイトライトを自動的に点灯し、明るいときは消灯してくれる「Third Reality ナイトライト」。 セットアップはEcho Flexを設定後、Echo FlexのUSBポートに挿入すだけです。

音声またはAlexaアプリを使用してコントロールできる6つのRGB LEDを備えており、Alexaの場合、自動的に音声で通知。デフォルトで自動的に夜間はライトが点灯し、日中は消灯するように設定されています。ライトの変更はAlexaアプリから可能です。
結構いろんな色に光りました

AV機器 人の動きに反応する モーションセンサー

Amazon
Third Reality モーションセンサー
実勢価格:1780円

センサー検知範囲/最大6メートル
センサー視野角/120度
120°の視野角で最大6メートル離れた動きを検出できる「Third Reality モーションセンサー」。Echo Flexの USBポートに接続するだけで、Alexaが自動的に検知します。

Alexaアプリを使用すると、動きを検知したときに作動する独自の定型アクションを作成することができます。
自動制御も設定可能
モーションセンサーは洗面所、居間、台所、ナイトライトは廊下に設置するのがオススメです。実際にどのように使えるのかレビューしていきます。

レビュー1:洗面所

朝の支度は1分1秒との戦いです。洗面所で顔を洗うときでも時間をムダにできません。「アレクサ、今日の天気は?」と聞けば歯を磨きつつ天気予報も知ることができます。

また、ラジオを聴きながらゆったりとお風呂を楽しむこともできます。時間の記録スキルを利用すれば、入浴時間の記録も可能。防水機能などはないので、水のかからないような位置に付けるのがベストです。
入浴中のラジオも快適です

レビュー2:居間

誰かが起きてきたらその動きを感知して、一斉に家電のスイッチを入れることができます。曜日や時間の範囲を設定することで誤作動も防げます。
朝の遅延情報も声で対応してくれる

レビュー3:台所

料理中は手が離せないので、声だけで操作するにはピッタリ。タイマー設定やレシピなどを聞いても答えてくれます。
タイマーなど台所は使用頻度が高い!

レビュー4:廊下

両手がふさがった状態で帰ってきても、「ただいま」のひと言で家中の家電の電源を入れられます。さらに、廊下にナイトライトを接続しておけば、夜間は自動で点灯してくれるので、トイレに起きたときなどに便利だったりします。
ライトの設定は廊下がベスト!

AV機器 センサーとライトの同時使い 強引だけど一応可能

モーションセンサーとナイトライトを同時に使って、「動きを検知したらライトがつくようにできないの?」と思った方もいるでしょう。結論から伝えると、USBハブを使用することで認識はします。
USBハブを使えば一応実現できます
しかし、2つを組み合わせた定型アクションがうまく動作せず、反応したらつけっぱなし状態になってしまいます。1分後切る設定にしても切れませんでした。今後のアップデートや追加のパーツを待ちましょう。
ちゃんと反応しますが……
正直これは邪魔です
以上、Echo Flexと拡張パーツの紹介でした。

コンセントがあれば直挿しできるのでスッキリしますし、サイバーマンデーなどの割引期間だと2000円以下の超格安で買える場合もあるので、気になる人は気軽に試してみてはいかがでしょうか。

the360.life(サンロクマル)は、テストするモノ誌『MONOQLO』、『LDK』、『家電批評』から誕生したテストする買い物ガイドです。やらせなし、ガチでテストしたおすすめ情報を毎日お届けしています。
  • facebook
  • twitter
  • LINE
  • hatena
  • pocket

関連記事