時速30kmの“立ち乗り”バイクで出勤! ブレイズのEVスクーターを深堀りレビュー|最新ヒット予測“初モノ家電2020”
ベストアイデア
2020年01月22日(水)
the360.life編集部
the360.life編集部/Test by 家電批評編集部

時速30kmの“立ち乗り”バイクで出勤! ブレイズのEVスクーターを深堀りレビュー|最新ヒット予測“初モノ家電2020”

暮らしも働き方もありとあらゆるモノも、アップデートされ続ける時代です。特に家電業界はアッと驚く進化を見せていますが、1年で流行するモノもあればヒットしないモノも数知れず。そこで、次に“来る”“すでに来てる”最新の家電をプロと『家電批評』編集部が深堀りレビューで紹介します。今回は、話題の電動モビリティ「BLAZE EV SCOOTER」を通勤手段として試乗してみました!

▼本記事のテスト、および監修・取材協力はコチラ

本音でテストする家電購入ガイド
家電批評
家電専門誌。スマホ、イヤホンなどのガジェットから、テレビや冷蔵庫などの大型家電まで、実際にテストしてレビューする本格テスト雑誌。
本文中の製品画像をクリックすると購入ページへ移動します。

自転車 次の時代のヒット家電は? 新製品の実力を深堀りレビュー

群雄割拠の家電業界、知らないうちにものすごい進化を遂げているモノ、たくさんあるんです。今回は、ネットを疑う家電購入ガイド『家電批評』編集部が総力取材。テレビからキッチン家電、ゲームまで、新製品の実力をレビューします。
というわけで今回は、「常識を変える」と銘打たれて話題になっている電動モビリティの実力をレビューで紹介します。
<外部サイトでご覧の方へ>
見出しなどのレイアウトが崩れている場合があります。正しいレイアウトはthe360.lifeオリジナルサイトをご確認ください。

自転車 れっきとした電動自転車です! 公道も走れる電動スクーター

“次世代モビリティ”としてブレイズから2019年11月に発売された「BLAZE EV SCOOTER」。家庭用コンセントで充電できる折りたたみ電動スクーターで、見た目での分類は難しいのですが、れっきとした原付自転車です。

ナンバープレートが付き、乗車時にはヘルメットが必要。ゴツゴツしたタイヤを筆頭に、サスペンションやブレーキも本格的で、ウィンカーやバックミラーなど、公道を走るためのパーツがしっかりと装備されています。
では、一般的なスクーターか?と乗ってみると感覚はまったく斬新でした。

スロットルグリップを押し込むと、力がゆっくりとタイヤに伝わり、静かに走り出します。最高速度が30kmということもありますが、ゆったりめのスイ~ッとした走り具合は気持ちよく、笑みがこぼれるほど楽しいのです。

ここからは、実際の装備について解説します。

ポイント1:バックミラーは小さめ

可変域は広いのですが、ミラー自体が小さいので、乗車前に微調整する必要がありそうです

ポイント2:わかりやすいモニター

走行中に触るのは、右上の走行モード切り替えくらい。シンプルな作りです。

ポイント3:スッと反応するスロットル

スロットルグリップは親指で操作。あんまり深く押さえなくても、スッと発進します。

ポイント4:頼れるディスクブレーキ

ブレーキは前後ともディスクブレーキ。特に不安を感じることはありませんでした。

ポイント5:家庭用電源で充電可能

車体の向こう側にある充電口。家庭用電源で問題なく充電できるのはとても便利です

自転車 常識を変える、立ち乗りバイク BLAZE EV SCOOTER

ブレイズ
BLAZE EV SCOOTER
実勢価格:15万2000円
サイズ・重量:W575×H1100×D1170mm(走行時)・24.8kg
最大積載量:120kg

自転車 都心の公道での走行は? 実際にコレで出勤してみました

それでは、ここからは編集部員が実際に自宅と会社の往復22kmを走行してみたレビューをお届けします。

レビュー1:夜間走行も恐怖なし!LEDライトが結構明るい

まずは帰宅の途についてみたところ、特に問題なく走行できました。LEDのヘッドライトはめちゃくちゃ明るいというわけではありませんが、大通りでも住宅街でも不安を感じることはありませんでした。

ただ、慣れていないとウィンカーの切り替え忘れがありました。耳慣れた「カチカチ」の音がないためか、点滅する光も運転席側からはやや確認しづらいと思いました。
ウィンカーは確認しづらい

レビュー2:路地道が超快適! 飛び出しにも余裕

次は出勤時です。楽しさを存分に感じたのは、路地に入ってから。あちこち回遊しながら走行してみましたが、最速30kmなので一車線の道が快適に走れることに気付きました。満員電車とは無縁の最高の気持ち良さです!

ローモードやミドルモードでのんびり走ると街並みも把握しやすく、飛び出してくる人がいても余裕を持って対処できます。高速散歩といった具合で持ち味を満喫しました。
走行音も小さく周囲に迷惑かけることはなさそう

レビュー3:でかすぎる道はちょっと怖い

一方、これは使い方が違うかもと感じたのは大通りに出てからです。何しろ30kmがMAXなため、ビュンビュン追い抜かれ、車体がスリムな分、高速バスが追い抜いていった際には存在感に驚かされました。

長い上り道になると時速が20kmまで低下するため、交通量の多い道を走行する際は注意が必要でしょう。

自転車 結論:近所のちょい乗りは最適! バカンスに持ち込むのもおすすめ

走行してみた感想のまとめとしては、小さめの通りは文句なく快適! このマシンはコンパクトに折りたたむことができるので、車に積んで風光明媚な土地をゆったり走るのも最高だと思います。

一方で、大型車がビュンビュン走る幹線道路を走るのは少し気になる点がありました。車体が小さくスピードも出ないため、道路の端を走るなど注意が必要です。
以上、電動スクーター「BLAZE EV SCOOTER」の紹介でした。

使いどころがハマれば、愛せることは間違いなし! 次世代の電動スクーター、気になる人は検討してみてください。

360.life(サンロクマルドットライフ)は、テストするモノ誌『MONOQLO』、『LDK』、『家電批評』から誕生したテストする買い物ガイドです。広告ではない、ガチでテストした情報を毎日お届けしています。
  • facebook
  • twitter
  • LINE
  • hatena
  • pocket

関連する記事はこちら