iPhoneユーザー必見!eSIMおすすめベストバイ2020年|「3香港」完全ガイド
ベストバイ
the360.life編集部
the360.life編集部/Test by 家電批評編集部
公開日: 2020年03月05日

iPhoneユーザー必見!eSIMおすすめベストバイ2020年|「3香港」完全ガイド

月々のデータ容量を使い切ってしまってチャージ(追加購入)した経験のある人は多いのではなでしょうか? ただ、大手キャリアのデータチャージは、ちょっと高いのがネック……。そこで今回はiPhoneユーザーがお得にデータ容量を追加できちゃう、おすすめ「eSIM」をご紹介します!

本音でテストする家電購入ガイド
家電批評
家電専門誌。スマホ、イヤホンなどのガジェットから、テレビや冷蔵庫などの大型家電まで、実際にテストしてレビューする本格テスト雑誌。


パソコン 大手キャリアより半額で ギガチャージできるんです!

ついつい動画やウェブを見過ぎてデータ容量を使い切ってしまい、“ギガ不足”になったことがある人は多いと思います。やたら通信速度が遅くなったり、写真や音楽などのデータダウンロードもスムーズにできず何かと困りますよね。

ギガ不足を解消には、データチャージ(追加購入)が必要になりますが、ネックはその料金。auだと500MBで550円、ドコモだと1GBで1000円ほどかかってしまい、大手キャリアはちょっと高いのが悩ましいところです。

そこで今回は、そんな“ギガ不足”にお悩みの皆さんに「eSIM」という仕組みを利用した「容量のちょい足し」を大手キャリアよりも格安でできちゃう方法をご紹介します!


<外部サイトでご覧の方へ>
見出しなどのレイアウトが崩れている場合があります。正しいレイアウトはthe360.lifeオリジナルサイトをご確認ください。

パソコン [eSIMとは?]iPhone XS以降なら SIMカードなしで回線を増やせる!

「eSIM」とは、SIMカードがいらない回線契約の仕組みで、ハードウェアではなくソフトウェアで提供される仮想的なSIMのことです。

iPhone XSシリーズ以降や最新のiPadは、この「eSIM」という仕組みで、2回線を同時に使える「DSDS(デュアルSIMデュアルスタンバイ)」に対応しています
XSなどに装着できるSIMカードは1枚だけですが、eSIMを利用すれば、SIMカードなしで回線を増やすことができるんです。
例えば、主回線のau LTE回線データ容量を使い切ってしまった場合、副回線の香港eSIMに、500MBを210円でチャージして使うといったことが可能になります。(副回線の香港eSIMは、日本ではdocomo回線を利用します)

しかも契約や開通作業は端末上で完結するという手軽さ! 利用できるeSIMは海外向けが大半ですが、なかには日本で使えるものもあります。つまり、月間データ容量を使い切ったときにデータ容量が回復する翌月までの短期間だけeSIMで別回線を利用するという使い方が可能というわけです。なお、電話やSMSはキャリアの番号を同時に利用することができます。

ベストバイ おすすめeSIMは「3香港」! 約210円で500MB増やせます

日本で使うeSIMでおすすめなのが「3香港」。このeSIMは日本を含め20カ国で通信可能で、日本ではドコモ回線にローミングされます。実測では20Mbps程度の速度となりました。
3香港(3 Hong Kong)Travel Data
初回契約:138香港ドル(約2000円)
利用日数:最初の利用日から合計10日間※
リチャージ:1日500MB:15香港ドル(約210円)
SIM有効期限:初回アクティベートから180日

※10日はローミングした日の通算、連続10日でなくてもOK(アクティベーション後90日以内)。
※1日500MBで速度制限
※料金は香港ドルを日本円に換算したものです(1HKD=約14円 3月5日現在)
「3香港」の魅力は、必要なときだけチャージできる点。

初回必須の10日プランは約2000円かかりますが、その後は180日の契約期間のうち使いたい日だけ1日約210円で500MB分のデータチャージができます。 約210円=500MBはドコモやauのチャージ料の半額以下です!

なお、3香港の公式サイトに記載されている対応iPhoneは、XS、XRなどで、11は対応デバイスの記載はありませんので、ご注意ください。ただし、編集部にて「iPhone 11 Pro Max」も試したところ、問題なく使えました。

パソコン 手続き・契約の手順もカンタン! 設定もラクラクで開通可能です

約半額でギガチャージをするには、いくつかの手続きや設定が必要になります。とはいえ、とてもカンタンなのでご安心を。ここでは手順をご紹介します。

[手順①:SIMロック解除する]eSIMを使うにはSIMロック解除が必要です

eSIMを使うにはSIMロック解除が必要になります。もちろん、キャリアのWebサイトで申し込めるので手続きは数分で完了します。またeSIMはiPadでも使えます。普段はWi-Fiで必要な時だけ、eSIMでLTE通信しましょう。

参考までにeSIM対応のiPhone端末はこちらです。

iOS 12.1 以降を搭載した

・iPad Air(2019)
・iPad mini(2019)
・iPad Pro(Face ID採用機)
・iPhone XS/XS Max
・iPhone XR
・iPhone 11 Pro/Pro Max
・iPhone 11

最新世代のiOS端末なら幅広く対応しています。なお、上記にあるiPadでもWi-Fi版はeSIMが使えないのでご注意くださいね。

[手順②:申し込み]「3香港」のサイトにアクセスし契約を行います

まず、「3香港」のサイトにアクセスします。
左下「Travel Data」の「 BUY NOW」のボタンから申し込み開始。
最初はこちらのプランのみなので、チェックを入れて「Next」をクリックします。
国番号(+81)と使用するiPhoneの電話番号(最初の0は入力しない)を入力。下部の「Captcha」には、表示されている大文字のアルファベットを入力。最後に「Get One Time Password」をクリックします。
上記で入力したメールアドレスに、認証コードが送られてきますので、そちらの番号を入力します。

[手順③決済方法の選択]決済はクレジットカード。VISA、Master、AMEXが使えます!

続いて、名前、メールアドレス、クレジットカードの番号、有効期限、カード裏のセキュリティコードを登録します。決済は香港ドル建でクレジットカード決済になります。

[手順④eSIMの設定]手続き後送信されるQRコードを読み込みます

手続きを終えてしばらくするとQRコードを含んだメールが届きます。パソコンなどiPhone以外の端末でメールを開いておき、iPhoneの設定アプリにある「モバイル通信」→「モバイル通信プランを追加」からQRコードを読み込みます。

[手順⑤回線の振り分け]どう割り振るかを選択します

QRコードから自動的にeSIMの設定が行われます。次にデータ通信や通話を主回線(キャリア)と副回線(eSIM)でどう割り振るかを決める画面が表示されます。「副回線をモバイルデータ通信に~」を選びましょう
設定アプリにある「モバイル通信」で「データローミング」を有効にします。
するとSMSで開通通知が届き、データ通信が利用可能になります。最初が「開通のお知らせ」、つぎに「データチャージ完了」のお知らせが届きます。

こんな感じに、キャリア名がふたつ表示されるようになりました。

副回線の方に万一、SoftBankと表示される場合は、「設定」→「モバイル通信」→「副回線」→「ネットワーク選択」から「自動」をオフにして、マニュアルで「NTT docomo」を選択しましょう。
実測してみると、下り24.3Mpsb、上り14.0Mpbsをマークしました。十分実用的でした。

以上が手続き~設定、開通までの手順でした。

続いて、リチャージの方法をご紹介します。

パソコン 3香港eSIMへのリチャージは ユーザー用のサイトから

リチャージは、購入とは別のユーザー用のページを利用します。こちらに、モバイル番号とパスワードを入力してログインします。(上の画像をクリックするとページが開きます)

モバイル番号とパスワードは、開通時に届いたSMSに記載されています。

ログインしたら、ページ下の「Roaming Data Daily Pass」をクリックします。

こちらです。

データプランは上のふたつになります。10日プラン(上)か1日プラン(真ん中)を選択します(Subscribeをチェック)。1日プランは15香港ドルですので、約200円となります。安い!

なお、データ容量は1日500MBで、それを超えると128kbpsに制限されます。
続いて、「Confirm」を選択。

続いて、支払い情報を入力します。左の「Online Recharge」を選択。

「Next」をクリック。

前回同様、必要事項を入力します。1日プランを選択した場合、金額(Recharge Amount)が「15」になっているのを確認します。

支払いが完了しましたので「Next」をクリックします。

これで1日プランの購入完了です。

こちらのSMSが到着すれば、設定完了です。

なお、残りプランの確認などは、3香港の回線にした状態で、「##107#」に電話発進すると、情報がSMS宛てに送付されますので、活用ください。

以上となります。

ギガ不足でお困りのiPhoneユーザーのみなさん、ぜひ大手キャリアよりも約半額で利用できる「3香港」で、心置きなくデータ通信を楽しんでくださいね!

the360.life(サンロクマル)は、テストするモノ誌『MONOQLO』、『LDK』、『家電批評』から誕生したテストする買い物ガイドです。やらせなし、ガチでテストしたおすすめ情報を毎日お届けしています。
  • facebook
  • twitter
  • LINE
  • hatena
  • pocket

関連記事