【折りたたみタイプ】携帯スリッパおすすめ4選|『MONOQLO』が人気製品を徹底比較
テスト
高瀬 央樹
高瀬 央樹/Test by MONOQLO編集部
公開日: 2020年01月18日

【折りたたみタイプ】携帯スリッパおすすめ4選|『MONOQLO』が人気製品を徹底比較

滞在先にスリッパがあるかどうか分からない海外ホテルなどの場合、持参したいのが「携帯スリッパ」です。でも、荷物は少しでも軽くしたいですよね。そこで今回は、折りたためてかつ履き心地最高の一足を求めて、Amazonなどで手軽に購入できる4製品をテストします。また、旅先であると重宝するスニーカーやサンダルもあわせてご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。

テストするモノ批評誌
MONOQLO
辛口レビュー雑誌。生活用品や家具、ガジェットに加え、保険やクレジットカードなどのサービスも比較検証する。

<外部サイトでご覧の方へ>
見出しなどのレイアウトが崩れている場合があります。正しいレイアウトはthe360.lifeオリジナルサイトをご確認ください。

トラベル 滞在先のホテルにはスリッパがない! そんなとき携帯スリッパはマストです

(C)  PaylessImages/123RF.COM 

日本国内のホテルには、必ずといっていいほど備え付けがあるスリッパ。しかし、海外のホテルでは備えられてない場合も。よって、海外へ行く際は携帯性のマイスリッパを忘れずに持っていくようにしたいものです。
また、ホテルだけでなく、機内や車内での移動をラクにするのにも携帯スリッパは必須!スリッパがサービスで備え付けられている航空会社もありますが、LCCなどはありません。そういったときに靴を脱いで、携帯スリッパで疲れた足を休ませておけば、旅先でのフットワークはとても軽くなるはずです。

ということで今回は、『MONOQLO』編集部がAmazonや楽天で見つけた人気の折りたたみタイプのスリッパ4製品をテストして、旅行先のホテルや移動中を快適に過ごせる優秀な一足を見つけたいと思います。

トラベル 最高の履き心地を求めて 折りたたみスリッパ4製品をテスト

テストするのは、Amazonや楽天で人気の下記の折りたたみスリッパ4製品です。

・CONCISE メトリックプロダクツ トラベルスリッパ
・パラデック Plier Kilk(プリエ キルク) 携帯スリッポン
・YAKIDA 携帯スリッパ
・グンゼ ルームシューズ  大人のうわばき

重点的にチェックしたのは、①重さ、②コンパクトさ、③履き心地の3項目。それぞれを徹底比較して、旅先に最適な一足を見つけます。

はたして、いったいどの製品がベストバイの座を獲得したのでしょうか。

それでは、テストの結果を発表します。

S評価 超コンパクトで軽いのに 履き心地最高のCONCISE

CONCISE(コンサイス)
メトリックプロダクツ
トラベルスリッパ
実勢価格:2080円
▼テスト結果
 重さ    :◎
 コンパクトさ:◎
 履き心地  :◎

見事ベストバイに輝いたのは、CONCISE(コンサイス)「メトリックプロダクツ トラベルスリッパ」です。その理由は履き心地の良さとコンパクトさ。歩くたびに土踏まずを適度に刺激してくれるクッションと、折りたたんでも約1.5cmほどというコンパクトさが高評価でした。
土踏まずにある盛り上がったクッションが気持ちいいです。
こんなに薄くたためてコンパクトになりますが、靴カバーは付いていません。

スリッパ自体が1足あたり約84gと、全4製品中最も軽くて薄くてコンパクトに折りたためるCONCISE。スリッパを横から見ると上方向に反っており、パタパタと音がせず、脱げにくいようになっています。

A ソールが薄くて2番目に軽い 素足で履くと気持ちいいパラデック

パラデック
Plier Kilk(プリエ キルク) 
携帯スリッポン
実勢価格:3218円
▼テスト結果
 重さ    :◯
 コンパクトさ:◯
 履き心地  :◯

A評価だったのは、パラデック「Plier Kilk(プリエ キルク)  携帯スリッポン」。微起毛によって素足で履くと、CONCISEとは違った気持ち良さを感じられます。

また、2足あたり約100g(実測値)と全4製品中2番目の軽さですが、軽さを求めた結果からかソールが薄く作られており、固い履き心地を感じました。二つ折りにして付属のカバーに入れると厚みが出てしまうので、コンパクトさは◯でした。

B かかと留めがあるから脱げにくく 固めの履き心地のYAKIDA

YAKIDA
携帯スリッパ 
折りたたみ サンダル メンズ
実勢価格:1549円
※リンク先のカラーはAmazonは「ネイビー」、楽天は「ブラック」です
▼テスト結果
 重さ    :◯
 コンパクトさ:◯
 履き心地  :△

B評価だったのは、YAKIDA「携帯スリッパ  折りたたみ サンダル メンズ」。2足あたり約118g(実測値)と全4製品中3番目の軽さです。

かかと留めがついている点が他の製品にはない特徴で、実際に使ってみてもかかと留めを使えば脱げることはありませんでした。固いスポンジソールが入っていて、履き心地はそれほど良くなかったです。

B ソールがしっかりしていて 履き心地は悪くないグンゼ

グンゼ
ルームシューズ 
大人のうわばき
実勢価格:1322円
▼テスト結果
 重さ    :△
 コンパクトさ:△
 履き心地  :◯

同じくB評価だったのが、グンゼ「ルームシューズ  大人のうわばき」。2足あたり約270g(実測値)と全4製品中最も重く、ソールがしっかりしていて履き心地は悪くありませんが、その反面でコンパクトさに不満が残りました。

また、他のかかとがある製品によりも脱げやすく、サンダルにスニーカーのインソールを入れたような感じで履きにくさを感じました。

全4製品をテストした結果、CONCISEがベストバイに。旅先では足元の環境はとても大事で、重宝するのは折りたたみのスリッパだけはありません。その他にもオススメのアイテムを発見しましたので、ご紹介します。

トラベル [おまけ1]折りたたみスニーカー 持ち運びに最適なMTKCNTL

MTKCNTL
アウトドアシューズ
実勢価格:2810円
※リンク先のカラーは「イエロー」です
ファスナーで折りたたむことで手のひらサイズの大きさになるMTKCNTLの「アウトドアシューズ」。普通のスニーカーよりも片足あたり100gほど軽いため、持ち運びに適したスニーカーです。
折りたたむと、こんなにコンパクトに! ちょっと使い専用なら買って損はありません。
アウトドアシューズということもあり、靴底の溝が深く彫られています。
スリッポンのように、あらかじめかかとを踏める作りになっています。サンダル履きとしてもOKです。

トラベル [おまけ2]折りたたみビーチサンダル ビーチやホテルで使いたい

TAKURO屋
ビーチサンダル
実勢価格:1090円
かかとからストラップ部分を、親指と人差指の間から鼻緒を起こして引っ掛ければビーチサンダルになるアイディア品。ストラップ部分と鼻緒、ソールが真っ平らになるので、コンパクトに収納できます。

実際の履き心地は少々硬めですが、あくまでビーチやホテル内で使うだけなどのちょっと使いにオススメです。

以上、折りたたみスリッパおすすめ4選でした。ずっと履いていたくなる気持ちいい快感スリッパNO.1は、CONCISE。たためて持ち運べるうえ洗えるので清潔感も保てます。折りたためるスニーカーや携帯に便利なビーチサンダルも一足あると、旅先で重宝するに違いありません。

※ご購入前にサイズをご確認ください。

the360.life(サンロクマル)は、テストするモノ誌『MONOQLO』、『LDK』、『家電批評』から誕生したテストする買い物ガイドです。やらせなし、ガチでテストしたおすすめ情報を毎日お届けしています。
  • facebook
  • twitter
  • LINE
  • hatena
  • pocket

関連記事