耳にスッポリ! 小さいサイズのおすすめ完全ワイヤレスイヤホン7選【2020年】
2020年03月20日(金)
西尾 崇彦
西尾 崇彦/Test by 家電批評編集部
耳にスッポリ! 小さいサイズのおすすめ完全ワイヤレスイヤホン7選【2020年】
新製品が登場するたびに注目が集まる完全ワイヤレスイヤホンですが、実は気になっているのが、“大きさ”です。音質やバッテリーを重視するあまり、だんだん大きくなってきているような……。「耳から大きくハミ出すのはイヤ!」という方のために、今回は、耳にスッポリ、コンパクトに収められるイヤホンを選りすぐって紹介いたします。

▼本記事のテスト、および監修・取材協力はコチラ

家電批評 本音でテストする家電購入ガイド
家電批評
創刊9年を迎える家電専門誌。スマホ、イヤホンなどのガジェットから、テレビや冷蔵庫などの大型家電まで、実際にテストしてレビューする本格テスト雑誌。
大澤大輔 氏 サウンドプロデューサー
大澤大輔 氏
メジャーアーティストのCD制作や番組プロデュース、空間音響やプロダクション・システムのデザインなど、音響と音楽制作に関わる様々な領域で活躍する毒舌のアイデア・マン。
原田裕弘 氏 東京音研放送サービス代表
原田裕弘 氏
長年AM・FMラジオ局のスタジオ、中継、収録ミキサーを担当。局外中継、収録の際にはヘッドホンミキシングをしてきたため、ヘッドホン・イヤホンには強いこだわりを持ち、愛用機はモディファイして使用中。
向谷文臣 家電批評編集部
向谷文臣
家電批評編集部所属。「欲しいなら買えばいいじゃない、ローンで」と唱えるガジェットギーク坊主で、ことモノ批評においては「めっちゃええやん」「これはあかんわ」をきっぱり述べる生粋の大阪人。ハイテクも好きだがローテク・ヴィンテージにも目がなく、古今東西に手を出すことにより自己破産に磨きをかけている。
坂本知大 氏 家電・モノライター
坂本知大 氏
生活を豊かにする家電やガジェット、カルチャーに興味津々のライター。モノ系やレトロゲームの編集・執筆をするほか、ライトノベルなどの装丁も手がけるフリーランサー。

本文中の製品画像をクリックすると購入ページへ移動します。
  • デカいイヤホンは時代遅れ?
    スマートな見た目のイヤホン
完全ワイヤレスイヤホンが普及しだしてからは、街を行き交う人々は三者三様のイヤホンを装着しています。

ただ、耳から大きく飛び出すイヤホンを見て「音質が良くても、見た目がちょっと」と思っている人も少なくないかもしれません。

ということで、今回はアマゾンや楽天から、とにかく小さいイヤホンだけを集め、どのイヤホンが耳の穴にすっぽり収まりスタイリッシュなのか、編集部で検証いたしました。

もちろん、音のプロによる音質検証も行っているので、ぜひ比較してみてください。
  • 見た目重視するとともに
    音質が良いものを選ぶ
  • 【選ぶポイント①:サイズ】
    耳への収まりやすさを重視
耳へ入れるということは、何はともあれ小さいことが重要です。メーカーが公表しているサイズを確かめてから装着してみました。

すると、耳の溝をうまく利用したイヤホンなどもあって、なかなかの奥深さを感じました。
  • 【選ぶポイント②:音質】
    性能とともに音質も向上している
完全ワイヤレスイヤホンというと、利便性が重視されがちで、正直なところ音質は期待されていませんでしたが、最新モデルは打って変わって音質が飛躍的に向上しています。

高音・中音・低音がバランス良く出力され、迫力のある音になっているイヤホンが良い音といえます。
  • 編集部と音のプロが厳正チェック
    音質も合わせてテストしました
上の基本を抑えつつも、購入前に店舗のデモ機で聴いたところで、正直どれも良く聴こえる……なんてことありがちです。

そこで今回は音のプロであるサウンドプロデューサーの大澤大輔氏と、東京音研放送サービス代表の原田裕弘氏にご協力いただき、「音質」「装着感」「遮音性」を検証してもらいました。
辛口識者による厳正なテストで行ったテスト内容は以下の通りです。

なお、今回は点数順によるランキングではありません。
  • 【検証①:音質】※各20点満点
    各音域の出力量とバランスの良さが重要
採点方法は音質にこだわるために、「高音域の質」「中音域の質」「低音域の質」を各20点満点。総合的な音の広がりや響などを考慮する「ダイナミクス」も20点満点としています。
  • 【検証②:装着感】※10点満点
    イヤーピースの進化も重要
激しい動きをするとポロポロ耳から落ちがちな完全ワイヤレスイヤホンですが、イヤーピースの進化により紛失の心配は格段に減りました。

また装着感の良さは音楽を聴くうえで大事な要素です。
  • 【検証③:遮音性】※10点満点
    音漏れしないイヤホンはもはや常識
イヤホンを適切に装着した状態で、外の音がどの程度遮断できるかを検証しました。

以上、合計100点とし、接続安定性を考慮したうえで、今買うべきモデルを選びました。

それでは、「見た目重視」の完全ワイヤレスイヤホンおすすめをご紹介していきます!
  • 【1】高級オーディオメーカーも参戦!
    小さくてカワイイ奴
Cambridge Audio
Melomania 1
実勢価格:1万5889円
[TOTAL]
66.5/100
高音域の質
12.5 /20
中音域の質
13.5 /20
低音域の質
12.0 /20
ダイナミクス
13.0 /20
装着感
7.5 /10
遮音性
8.0 /10

Cambridge Audioは1968年に設立されたイギリス・ロンドンに位置するの最先端オーディオメーカーです。軽量で高剛性かつ高耐久性の素材を利用したイヤホンで、最大連続9時間の長時間再生が可能です。

高級オーディオメーカーらしい音で、少しワイド過ぎる面もありますが、価格相応の音質の良さが感じられます。他のメーカーにはない独自のカラーを品良く提示してきたセンスがあるブランドでしょう。
  • 【2】イヤホンのフラットな面が
    スッキリ感を与える
SOUL
ST-XX
実勢価格:7678円
筐体が小さいカナル型のタイプ。フラットな面がスッキリ感をプラスしてくれてスタイリッシュです。

[TOTAL]
54.0/100
高音域の質
10.0 /20
中音域の質
10.0 /20
低音域の質
9.0 /20
ダイナミクス
9.5 /20
装着感
8.0 /10
遮音性
7.5 /10

J-POPのようなシャキンとした音源を小音量で電車内で聴くのに向いているイヤホン。中音が主に出ている印象です。
  • 【3】丸型が好きな人に
    オススメのイヤホン
オウルテック
SE03
実勢価格:8610円
大きさはSOULの「ST-XX」と大差ないですが、丸っこい形なので、耳にはめたときに若干大きく感じます。スタイリッシュというより、ソフトな印象を与えてくれるイヤホンです。

[TOTAL]
62.0/100
高音域の質
12.0 /20
中音域の質
12.0 /20
低音域の質
11.5 /20
ダイナミクス
12.5 /20
装着感
7.0 /10
遮音性
7.0 /10

それなりにバランスは取れていますが、価格相応のイヤホン感が払拭できません。しっかり合うイヤーピースを使ってみてください。
  • 【4】メタリックでかっちょいい!
    耳の溝にもぴったり
HACRAY
W1 True wireless earphones
実勢価格:1万2100円
少し変わった形のイヤホンで、筐体も小さく収まりよし。色はメタリックで派手ですが、人とかぶりたくない人にオススメです。

[TOTAL]
75.0/100
高音域の質
14.5 /20
中音域の質
14.5 /20
低音域の質
14.0 /20
ダイナミクス
14.5 /20
装着感
9.0 /10
遮音性
8.5 /10

高音域の質自体は高いレベルにあるのですが、量がともなわず少し落ち込んでいるのがわかります。
  • 【5】奥行きがないので
    外側に飛び出ない
Anero
T6
実勢価格:4280円
面積は広めですが薄っぺらいので、耳にはめたときに収まりがよく、横へのハミ出しが少ないのが特徴です。

[TOTAL]
62.5/100
高音域の質
11.0 /20
中音域の質
11.5 /20
低音域の質
11.5 /20
ダイナミクス
12.0 /20
装着感
7.5 /10
遮音性
9.0 /10

一聴すると普通に聞こえるように思えますが、価格なりの安いドンシャリイヤホンで音は細く遠い。トータルとしては悪くありません。
  • 【6】耳の溝にぴったりはまる
    オシャレ系イヤホン
Sabbat
X12 Pro
実勢価格:5980円

※リンク先のカラーはブラックです。
AirPodsの先っぽをくっつけたような形の変わったイヤホン。耳への収まりがいい。カラバリが豊富にあるので、お気に入りを見つけましょう。

[TOTAL]
53.0/100
高音域の質
9.0 /20
中音域の質
9.5 /20
低音域の質
11.0 /20
ダイナミクス
10.0 /20
装着感
7.5 /10
遮音性
6.0 /10

耳のくぼみにきれいにハマって収まりがいい本体ですが、音漏れがあるので注意が必要です。中音は多少安っぽい印象です。
  • 【7】イヤホンも小さいけど
    ケースも小さい
Mavin
Air-XR
実勢価格:1万681円
楕円形のデザインで耳への装着感はよいですが、上位と比較すると若干大きめ。落ち着いた色合いは服にも合わせやすそうです。

[TOTAL]
60.0/100
高音域の質
11.5 /20
中音域の質
11.5 /20
低音域の質
10.5 /20
ダイナミクス
10.5 /20
装着感
8.0 /10
遮音性
8.0 /10

やや中高音が多く、バランスがひと昔前の印象。クラシックロックを聴くにはちょうどいいイヤホンではないでしょうか。
  • 【参考】「最も小さい」の名前通り
    耳にすっぽり収まります
Eonfine
Smallest
編集部購入価格:3999円
重量:4.3g(本体)、43g(ケース)
最後にご紹介したいのがコレ。

残念ながら品切れですが、アマゾンや楽天で売られている中華系の格安イヤホンで、なんと言っても小さくて、耳にすっぽり収まっちゃうのが魅力。

「Smallest」という製品名はダテじゃなく、小さい耳栓のようなサイズのイヤホンで、いかにも高級なイヤホンしてます!といった感じを出したくない人にはオススメでした。

音質は編集部で検証したソニーやアップルなどを含めたランキング100選の中で32位。決してよいとは言えませんが、特段悪いわけでもなく、いわば普通のイヤホンといったところで、値段も超お手得でした。
極端な欠点は見つからず、コスパは高い1台でした。
以上、耳にスッポリ収まる小さいサイズのイヤホンを紹介しました。

小ささや耳への収まりのよさを売りにしている中華系のイヤホンを片っ端から探してみましたが、小さくないんですけど……なんてイヤホンが結構ありした。小さいサイズをお探しの方は、ぜひこちらの記事を参考にしてみてください。

360.life(サンロクマルドットライフ)は、テストするモノ誌『MONOQLO』、『LDK』、『家電批評』から誕生したテストする買い物ガイドです。広告ではない、ガチでテストした情報を毎日お届けしています。

関連する記事はこちら